輝く!日本ブログ大賞2005 


に参加してみました。



[主催者より]

このプロジェクトは、日本を代表するブログサービスが一丸となってイベントを行うことで、ブログの認知を高め、ブログシーンをさらに盛り上げることを目的としています。

2004年は「ブログ元年」といわれ「ココログブックスコンテスト」はじめ、多くのコンテストも行われましたが、これらは同じレーベル(サービス)内のものでした。
「日本レコード大賞」にあたるような、すべてのサービスが集まる、業界を代表するイベントはまだ存在しません。
そこで、誰よりもブログを愛するプロジェクトメンバーがここに集い、ブログ界をさらに盛り上げるため、サービス・プラットフォームを問わず、おもしろいブログを選出し、「日本ブログ大賞」として表彰します!


[審査基準]

プロジェクトメンバーが「おもしろい!」と思うブログを、それにふさわしいテーマの部門賞として選出します。
とくに、・オリジナリティのあるブログ!・フレッシュなブログ!・がんばってるブログ!に注目しています。



面白い企画だと思うので皆さんもよろしければいかがですか?

楽しいブログに出会えるチャンスと楽しみにしております^^



‡ブログのタイトル‡  母を尋ねて三千里~父子家庭日記~ 

‡ブログのURL‡    http://mow.ameblo.jp/

‡作   者‡      mow

‡内 容 紹 介‡   娘の???発言に日々悪戦苦闘中! 

                  

AD

雲を尋ねて・・・

テーマ:
  
 洗濯をしているとお風呂場がなにやら騒がしい・・・

娘 (´・ω・`)ふぅ~
「も~、またマネして~
本当にしつこいんだから!

Σ(´Д`;)まだそんな事いってるの・・・?

って話と関係ないけど、今朝の会話・・・





俺 ( ・∀・)ノ日本晴れっ!
「いい天気やね~。雲ひとつないよ~。」


「雲はみんな風邪ひいて寝てるんだよ。」


「雲って風邪ひくの?」


「お母さんは働いてるから大丈夫だよ♪」

俺 ( ´Д`)ノ質問に答えろよ・・・
「お母さんもいるの?」

娘 ( ̄m ̄*)あのね
「みんな風邪ひいたから
ワタアメになって休んでるの。」

俺 (゜Д゜) ハア??
「風邪ひいたからワタアメになる???」


「そうだよ、寝る時もワタアメになるんだよ。」

俺 (つД`)
「そんな情報をどこから・・・?」


「本当はお父さんもいるんだけど・・・」


「いるんだけど?」


離ればなしになっちゃったの。」


「離ればなれでしょ?」


「いっつも子供に優しくしてるのにお姉さんが怒ったから
 離ればなしになっちゃったんだよ。」

俺 :(;;゜ロ゜)離ればなれだってば・・・
「お姉さんも子供なんですけど・・・?」


「お姉ちゃんが離婚するって
 言ったから子供とお父さんが出て行ったの。」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「お姉さんと離婚・・・?お母さんではなく?」


「お母さんはいつも買い物行ってるから。」


「全然関係ないがな・・・」


「お母さんは元気がないね~。」

俺 (p_q、) 会話しようよ・・・
「お店で売ってるワタアメは雲って事?」


「そうだよ。」


「どやって雲をとってくるのよ?」


「梯子にトコトコ登って。」

俺 (!? ̄Д ̄)トコトコ・・・
「お店の人も大変やね・・・」


「雲にお顔あるけどワタアメにはお顔ないでしょ?」


「雲にもお顔はないのでは・・・?」

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「お顔がある雲は偽物で、お顔がないワタアメは本物です。」


「???意味わかりません???」






















娘 (#゚Д゚)クワッ!
「とうちゃんだってお顔があるから
偽物なんだからね!





























(; ̄□ ̄)ナヌッ?























お前にも顔があるのでは・・・?
てか、本物の俺はどこに・・・?
AD

参観日訪ねて・・・

テーマ:
参観日です。

親も給食出ると期待してたのに・・・

一心不乱で食べてる顔がアホっぽい・・・

とうちゃんはお母様方と交流出来なくて

ちょっと孤独だよ・・・


AD

こだま尋ねて・・・

テーマ:
 
 毎朝玄関にて


「今日も元気に!」


「がんばるぞ~♪」

って声を出すのが日課とか

 
 寝る時に


「おやすみなコ~ン♪」


「コ~ン???」


「キツネの言葉だよ。」


 ( ̄へ ̄|||) ウーム


「だってキツネのお母さんが教えてくれたもん♪」

って話と関係ないけど、先日の話・・・









「つぅ、ボケッとしてないで家に帰るよ。」


「とうちゃん、誰かいるよ?」


「誰かって誰・・・?」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
「そんなのわかるわけないでしょっ!」

俺 Σ(´Д`;)
「・・・なんで誰かいるって思ったの?」


「誰かがつぅのマネしてるんだもん・・・」


「マネ?」


「そうだよ、つぅがお話しするとマネするの。」


「こだましてるって事?」


「こだまって何?」


「何でもいいから大きな声で言ってごらん。」

娘 (ノ`○´)<<
「つぅ~!!!」

俺 (゜Д゜) ハア??
「何でもいいとは言ったけどさ・・・」


「次はどうするの?」


「ちょっと静かにしてみ。声がきこえるから。」



つぅ~

    つぅ~ 





「あ~っ、やっぱり誰かマネしてるよ。」


「それは誰かがマネしてるんじゃなくて、つぅの声がこだましてるんだよ。周りに大きな建物があるでしょ?そこにつぅの声が反響して・・・え~っと、声が壁に当たって跳ね返って来てるの。山とかに行って『やっほ~』とか大声出すと山からも『やっほ~』っきこえるでしょ?やまびこって言うんだけどね。声が山に当たって跳ね返って聞こえてくるわけ。ボールを壁に投げると跳ね返ってくるでしょ?それと一緒で声も跳ね返って来るのです。昔は山彦の声とか山の神様の声だと考えられてたんだって。説明が難しいけどなんとなく理解した?」

娘 ( ̄m ̄*)ふふ
「こだまか~♪」


「わかったの?」


「うん、もう一回こだましていい?」

俺 (!? ̄Д ̄)こだまして・・?
「そりゃかまわんが・・・」


「あのね~!」



あのね~


     あのね~





「ね?つぅの声が聞こえるでしょ?」



「保育園でね~」



保育園でね~

    保育園でね~




「周りの壁に反響してるね~^^」



















娘 (*゚Д゚)=3 フガー!
「しつこいな~、
マネしないでって何回も

言ってるでしょ!」
 


























?(゚Д゚≡゚Д゚)?


























えっと、父の話を聞いてるかい?

喧嘩訪ねて・・・

テーマ:
 娘の大好きな妹が東京に帰ってしまいました・・・


「つぅ達も東京に行こう♪」


「何しに?」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
ままごとでしょっ!」

俺 (´Д`) =3 ハゥー
「絶対です・・・」

って話と関係ないけど、喧嘩の会話・・・








「外から帰ってきたら手洗いうがいでしょ?」


「つぅはノドが痛いんだよ・・・」


「でしょ?治す為にもうがいしなさい。」

娘 
「嫌っ!!!」


「つぅ、これで3回目やで。手洗いうがいをしなさい。」


「・・・・・・・。」


「そか、なら勝手にしー。とうちゃんはもう知らん。」


「そんな事ばっかり言ってとうちゃんと遊んであげないからっ!」


「結構です。てか、同じ事を何度も言わせるおバカとは遊びたくないです。」


「バカって言った人がバカなんだから。」


「バカって言った人がバカなんだから。」


「真似しないでよっ!」


「真似しないでよっ!」

娘 (つД`)
「とうちゃん意地悪だっ!!!」


「意地悪って言った人が意地悪なんだから。」


「つぅ意地悪じゃないもん!」


「さっきお前が提唱した理論に基づいての発言です。」


 。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん


「さ、とうちゃんは遊びに行こうっと♪」

娘 
「一人で行くなんてやっぱズル助だっ!」


「とうちゃんと遊ばないって言った人~?」










      ( -д-)/ 










「ウソをついたらダメだと思う人~?」














      (つД`)/ 








「やろ?だったら一人で遊べや。」
 



 。・゚・(ノД`)・゚・。 うぎゃぁ~




「己の発言には責任を持ちましょう。」



「そんな事ばかり言うと
心が傷つくんだからね・・・



 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?大人な発言・・・ 


娘 (p_q、)
「本当に傷つくんだから・・・」

俺 
「・・・つぅの心はそんなに傷ついたの?」





















娘 (#゚Д゚)クワッ!
「何言ってるの?つぅが傷つくんじゃないよ・・・
傷つくのは
とうちゃんだけでしょっ!
」 

























Σ( ̄□ ̄;)

























意味が違うのでは・・・?
いや、深読みすれば・・・・?

雪遊び訪ねて・・・

テーマ:
 年末年始の孤独に押しつぶされそうな僕は

 るるすけ殿の募集 に思わず立候補してしまいそうでしが・・・ 

 読者登録のコメントを読んでみると 
 
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!
 
 な、なんと嫁希望が現れたではありませんか♪

 その奇特な方とはせりか殿 19歳。

 カナダ在住だから遠距離だな~、まずはメル友か? 

 と喜んだのもつかの間、現在2人に片思い中らしい・・・('A`)

 一瞬でも夢をありがとう・・・_| ̄|○って話と関係ないけど

 昨日の会話・・・





「うぅ~、もう寒いから帰ろうよ・・・」


「嫌っ!もっともっと雪で遊ぶのっ!!!」


「風邪引いてまうがな・・・」


「とうちゃん、雪合戦しよう♪」


「手袋してないから嫌です・・・」


「雪だるま作って遊ぶ?」


「だから手が冷たいから嫌っ!」

娘 (#゚Д゚)クワッ! 
「とうちゃん我侭っ!!!」 


「知らんかった?冬はコタツから出たくないのよ。」


「コタツはお部屋にあるよ~。」


「そんなん言われんでも知ってるがな。」


「とうちゃんは寝てばっかりだから。」


「へいへい、すいませんね。あと少し遊んだら帰るからな。」


「何して遊ぶの?」


「ん~?どうしましょうかね~。」


「お家作って2人で入る~♪」


「かまくら?何度も言うけど手が冷たいんだってば・・・」


「つぅの手袋かしてあげようか?」


「手が入らないので結構でございます。」


「じゃ、何して遊ぶの?」


「あ、そこの斜面つかって滑って遊ぼうか?」


「うん♪やる~。」


「ソリないけど座って滑れるから見てて。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「と、まあこんな感じに滑ればいいから。」

娘 ( ̄m ̄*)
「面白そう♪」


「見ててあげるからやってみ。」

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「とうちゃん行くよ~♪」












Σ( ̄□ ̄;)えーっ


















⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩                 __乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。A。)   

















俺 ( ̄へ ̄|||) なぜ横に転がる・・・?
「こらーっ、やめろ!危な・・・」




























「ヌハハハハハハハハハハハハハハハハハハ~♪」

























(゜Д゜) ハア??
 
























滑り方?いや笑い方・・・?
どっちにつっこめば・・・・・?

神社訪ねて・・・

テーマ:
 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は本当にお世話になりました。
  
 今年もゆっくりと更新していきますので

 よろしくお願いいたします。











「賽銭箱にお金入れて。」


「入れたよ~。」


「じゃガラガラして。」


「ガラガラした~。」


「では祈りましょう。」


「はーい。」











「何を祈ったの?」


「みんなが風邪引きませんようにって♪」


「そりゃいいこっちゃ。」


「とうちゃんは?」


「えっ?秘密や。」


「とうちゃんズル助っ!」


「そうでっか、まぁ寒いから焚き火にあたろうや。」

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「龍がいるよ~。」

俺 
「そんなんいません。」


「龍が火吐いてるから燃えてるんだよ。」

俺 ( ̄へ ̄|||) ウーム
「じゃそうかもね・・・」


「暖かいね~。」


「シャキーン、氷の剣っ!」


「あ~っ、なにそれ???」


「ツララです。あげないよ。」


「え~っ、つぅも欲しいっ!」


「我侭なやっちゃな・・・。ほれ。」

娘 (σ´∀`)σゲッツ!!
「わ~い、つぅの魔法の氷の杖だ~。」

俺 (゜Д゜) ハア??
氷の剣やって・・・」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
「つぅのなんだから触らないでっ!」

俺 Σ(´Д`;)
「お前は・・・」


「魔法ビューンドカーンビカーン♪」

俺 ( ̄ー ̄)フフフ・・・
「・・・もっと強い炎の剣あるから。」


「あ~っ、燃えてる木を持ったらダメなんだよ。」


「魔法剣だからいいのです。」


「そんな事してると火がお家に来るんだからねっ!」


「家が燃えたら住むとこなくなるよ?」















娘 ( ̄m ̄*)大丈夫^^
「お家は燃えないよ・・・
とうちゃんが燃えるんだよ。」 






(; ̄□ ̄)ナヌッ? 







「恐いね~っ♪」

俺 (T T)お前がな・・・ 
「燃えたら死んでしまいますが・・・」


「大丈夫だよ、つぅが病院に連れてくからっ♪」


「病院に行っても火傷するんですが・・・」


「湿布はってあげるから平気だよっ♪」


「湿布はっても火傷の痕が残るのでは・・・?」














娘 (*゚Д゚)=3 フガー!
「つぅにばっかり言わないで
自分でどうにかしてっ!」 






















?(゚Д゚≡゚Д゚)?
 























今年もそういう方向・・・?