エプロン訪ねて・・・

テーマ:
餅つき大会で娘が着ているエプロンは僕が

小学4年生の家庭科で作ったやつです。

刺繍は『ドルアーガの塔』の主人公ギルです。

一生懸命作ったエプロンを娘が着るなんて

小学4年生の時は夢にも思いませんでした。

                って、当たり前ですよね・・・  
AD

餅つき訪ねて・・・

テーマ:
 ウソです・・・

 師走で仕事が忙しかったため

 訪ねる事はできませんでした。

 



 自分の代わりに妹を派遣してみました(謝礼はタコヤキ)

 お餅を何度もおかわりしてたとの事です・・・

 来年は行ける様にしたいな~。
AD

妹訪ねて・・・

テーマ:
 関東で大学生をしている妹が帰郷しました。

妹を慕っている娘は数日前から大はしゃぎでうるさかったです。

久しぶりに見た妹の腹は・・・


当社比1.5倍(σ´∀`)σゲッツ!! 


などと口が裂けても言えません。

妹もこのブログを見ているからです・・・

って話と関係ないけど、今日の会話・・・




娘 ( ̄m ̄*)
「おねえちゃん好き~♪」


「あっそ・・・」


「とうちゃん好きだよ。」

俺 ( -д-) 、ペッ
「そう?お気遣いありがとです・・・」


「いつ帰るのかな?」


「知らん。正月明けじゃない?」

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「つぅも一緒に帰る!」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「どこへ・・・?」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
東京へ!」 


「確かにお前は東京生まれだが・・・」


「東京行って何しようかな~?」


「東京のどこ行きたいの?」


「おねえちゃんとミッキーの世界っ!!!」


「ディズニーランドは千葉やで?」


「千葉って何?」


「東京の隣・・・。ミッキーの世界は東京にないよ?」


「・・・いいもん。あかちゃんの頃にいっぱい行ったから。」

俺 (゜Д゜) ハア??
「一度も行ってませんが・・・?」


「行きましたっ!」


「お前が行った事あるのはせいぜい石神井公園くらいやで。」


「ミッキーがいた?」


「そんなもん影も形もないし・・・」

娘 (*゚Д゚)=3 フガー!
「やっぱりミッキーの世界に行くっ!」


「遠いし混んでるから嫌や・・・」









「えっ?
とうちゃんは来なくていいよ。
おねえちゃんと行くから
。」    





















Σ( ̄□ ̄;)




















「どうしても行きたいんだったら
連れてってあげてもいいけど?




























凸(゚Д゚#)



























絶対いかね~よっ!
 

尻を訪ねて・・・

テーマ:

 今現在、唯一僕が自由に出来る

 ぷるぷるお尻に傷が・・・

シャワー浴びてからリビングのヒーターに

裸であたっていてお尻を近づけすぎた模様・・・


 
 見事に平行に2本火傷の傷跡が・・・

怒られると思って黙ってたんだって。

熱かったろうし、痛かったろうに・・・

しばらく触るのはやめとこう・・・

 クリスマス会に行ってきました。

早めに家を出たのですが場所取りを

なめていたようです・・・・


先生
「そこは園児の通路となってますので・・・」


と言われても移る場所がないのよ・・・

3時間以上も気を使いながら立ち見したので

かなり疲れてしまいました。

孫を見に来ていたおじいちゃん・おばあちゃんが可哀想かな?

老人優先とか事前に場所を抽選しとくとか

対策がほしい所です。


クリスマス会のほうは子どもの成長を記録しようと

頑張るお父様やお母様方に圧倒されっぱなし。


基本的には娘とその友達にしか興味ないので

暇暇ぷーでしたよ。


会場が暖かな笑いに包まれるとかえって引いてしまい

ちょっと疎外感かんじたりしてね^^


娘は頑張って歌って踊って演じてちょっと疲れ気味。

お土産と一緒に記念の写メ撮ってそそくさと帰ってきました。

来週は餅つき大会か・・・

更新訪ねて・・・

テーマ:
 初めて1週間以上も更新をストップしてしまいました。

そんな状況でも訪問していただいたりしたので順位は

思ったより下降してなかったです。


 本当は昨日から記事の更新をしようと久しぶりにパソコンの前に

座ったのですが、RSSリーダーに未読の記事が・・・




Σ( ̄Д ̄)2181件
 




もの凄い数+休息中に読者登録していただいた方の全記事を読んでいたら

朝になってしまい更新できませんでした。



先ほど全て読破したので今日から更新を再開します。

毎日は難しいですが、2日~3日に1度は更新って事で頑張りま~す。



お財布尋ねて・・・

テーマ:
 仕事で大ポカをしてしまい久しぶりに

頭が真っ白になりました・・・・

慣れ始めは危険だ、初心を大切にって話と関係ないけど

今日の会話・・・




「プレゼントが燃えちゃったからクリスマスは寂しいね~。」


「燃えのたのはとうくんのプレゼントでしょっ!」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「なぜに?みんな燃えちゃったんじゃないの???」

娘 
「つぅが出したでつぅのが燃えるわけないでしょっ。」


 σ(TεT;)他は犠牲にしても自分だけ・・・


「とうくんは貧乏だからな~♪」

俺 
「俺が貧乏だったらお前もそうだろ?」


「えっ?つぅはお金持ちだよ。お財布見る?」


「財布?持ってたっけ???」


「ほらっ、可愛いでしょ?」


 Σ( ̄□ ̄;)手作り財布か・・・


「ねっ?お金がいっぱいでしょ?」


 (つД`)チラシと折り紙で出来たお金がな・・・

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「つぅはカードも持ってるんだからっ♪」

俺 (; ̄□ ̄)ナヌッ? 
「カード?テレホンカードとかか???」 




「ちがうよ。
ピカチュウとアンパンマンのカード!」




俺 Σ(´Д`;)
「ピカチュウ・・・」


「でこぼこフレンズもあるんだから。」

俺 (´・ω・`)あのね・・・ 
「カードには買い物が出来るものと出来ないものがあります。」




娘 ( ̄m ̄*)ふふ
「だいじょうぶだよ。カードが2枚で
魔法のカードだから♪」





「魔法のカード・・・」


「とうくんに買ってあげるね♪」


「クリスマス近いから?」






すっごく貧乏だから。」






  。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
  











「次の日曜日に一緒に
車屋さんに行こうね♪
























( -д-) 、ペッ
























いらないもんっ!車なんか・・・
 
 順位が良い感じに降下してます^^

肩の力を抜いて楽しむと、青い矢印でも無問題。

1ヶ月くらい放置してどこまで行けるか試そうかな~

って話と関係ないけど、今日の会話・・・





「サンタさん早く来ないかな~?」


「この前も言ったが、煙突ないからこねーよ!」


「とうくん嘘つきだっ!」


「なぜに?」


「だって前のクリスマスの時にきたじゃんっ!」

俺 (σ- ̄)ホジホジ
「ああ、去年の話ね。あの時はとうちゃんが
窓閉め忘れたからそっから入ってきたのだよ。」 


「ウソだっ!」


「いやいや、ほんまやねんって。今年はちゃんと閉めなな。」

娘 ( ̄m ̄*)そんな事言ってもね
「天井を壊して入ってくるから大丈夫♪」

俺 Σ( ̄Д ̄)壊して・・・
「迷惑なやっちゃな・・・」


「帰るとき直してくから平気だよ。」


「そんな問題ではなく・・・」


「空からヒューンガキーンってくるんだよ。」


「サンタはどこから来る?」

娘 (*゚Д゚)=3 フガー!
「だから空からっ!!!」


「いや、サンタはどこに住んでるのって事?」


「空を真っ直ぐ飛んでったとこ~。」


「そこに住んでるの?」


「サンタの顔したお家に住んでるんだよ♪」


「真っ直ぐ行ったら宇宙では・・・」


「違いますっ!真っ直ぐ飛んでって、こっち行ってこっち行ってこっち行ってこっち行ってヒューン・・・ドーン、レンレンレンレンレンってしたらお家なんです。」 

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?レンレンレン・・・?
「・・・こっちとはどっちだ???」




娘 (#゚Д゚)クワッ! 
「口からが出た~っ!!!」




俺 Σ( ̄□ ̄;)出てねーよ・・・
「人の話を聞けってば・・・」









娘 
「あ~あ。サンタさんの
お家が燃えちゃった♪」 


























(つД`)放火?
  
























プレゼントも火の中へ・・・

ままごと訪ねて・・・

テーマ:
 カレーにマヨネーズ・・・・

昔からそうやって食べてきたけど市民権はないみたい・・・

娘にも避けられてるよって話と関係ないけど

今日の会話・・・



 

「エルモとかにチラシをかけてるのは何?」


「あかちゃんだから寝てるんだよ。」


「あ~、ままごとね。」


「そうだよ。つぅの子ども達なの♪」


「エルモやプーさんが子どもなんだ・・・」



娘 (*゚Д゚)=3 フガー! 
「エルモ達は大人ですっ!」  




 (つД`)子どもゆーたやん・・・


「みんな仲良く寝てるでしょ。」


「お父さんはどのヌイグルミ?」


「つぅが世話するんだからお父さんはいらないのっ!」

俺 Σ(´Д`;)いらない・・・
「・・・つぅお母さん一人で世話してる?」


「お母さんもいらないの。つぅお姉さんが世話するから。」


「・・・親はいらんのか」


「うん、そんなのいらないよ♪」


 そんなの・・・・_| ̄|○ 


「お父さんとお母さんは悪い人に殺されたの・・・」


「悪い人とは?」



「泥棒っ!!!」



「設定がちゃんとあるのね・・・」


「お父さんは強かったけど剣でジクジクジクジクジクジクジクジクって刺されて首切られて血がいっぱい出て死んだのです。」

俺 。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
「残酷だな・・・。お母さんは?」


「頭をジョキジョキ切られて食べられたの。」

俺 Σ( ̄□ ̄;)
「泥棒に食べられたの???」


娘 (#゚Д゚)クワッ!
「サメにっ!」


俺 ( ̄へ ̄|||) ウーム
「設定が変わってきてるやん・・・」 












娘 (゜Д゜) まったく・・・
「とうくんはいちいち聞かないで
自分で考えなさい。
だってもう大人でしょ?


















(´・ω・`)ションボリ
 





















大人だからこそ・・・