【パリ=山口昌子】パナソニックヨーロッパは、23日から6月6日までパリ郊外のテニス場、ローラン・ギャロスで開催される全仏オープンテニスをスポーツ専門テレビ局ユーロスポーツなどとの提携で、3D(3次元)テレビで生中継する。

 世界的に有力なスポーツイベントが3Dで生中継されるのは初めての機会となる。

 パナソニックヨーロッパのローラン・アバディ最高経営責任者(CEO)兼会長は、「生放送イベントの魅力を伝える大きな一歩。今後の3D放送の青写真を描くことになる」と将来性に期待感をにじませた。

 生収録された3D映像は光ファイバーなどを経由してフランスでは生中継するほか、フランス以外の欧州各国では電器店の店頭に配信する。

【関連記事】
黒木メイサ、3D映像の迫力にびっくり
ソニーの3Dイベントが開幕 東京・六本木ヒルズ
3D映像、子供の目への負担懸念
液晶一筋「裸眼で3D」実現 異色の技術者がリベンジ果たす
3D映像を配信、最先端技術を駆使 サッカーW杯招致ブック
中国が優等生路線に?

皇太子さま、スウェーデンへ(時事通信)
かすむ明石海峡 神戸などで濃霧(産経新聞)
口蹄疫 家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
<著作権>権利制限の一般規定導入へ(毎日新聞)
AD