{18820D03-9468-4F6B-9D1B-688B836C4347:01}


もっとも近くでカートの人生を辿る旅。


監督はローリング・ストーンズを
題材にしたドキュメンタリー映画
「クロスファイヤー・ハリケーン」の
ブレッド・モーゲン。


カート・コバーンしかりNIRVANAの
書籍、映像作品は沢山でている。
その中で自分が「カート・コバーン」という
人物を知ってもらうなら迷わず本作を
上げる。なぜなら、この作品は
カートへの愛が溢れているからだ。
インタビューがカートの身近な
人間である父のドン、母のウェンディ、
妹のキム、妻のコートニー、NIRVANAの
クリスの5人に限定しているのもあるが、
皆がありのままのカートを話している。
(ように感じる。)
母のウェンディが話す、
「幼児期は活発でいつも周りに人が
集まる子だったわ」と。
バンドメンバーのクリスが話す、
「彼は繊細で神経質だった、
いつも批判に悩まされていたよ」と。
誰もコカイン中毒のイカれたロックスター
なんて話さない。
皆が話すその一言一言が、本当の彼を
浮き彫りにしていく。


「アートは事実じゃない。けれど、
アートは感情とつながるものだ。
彼のアートには本物の感情がある。
恥、罪の意識、反発、カートの曲に
あるのと同じ感情がある。
彼は自分の感情や視点、経験を
音楽や絵、ショートフィクションで
表現し、世代を超えた人々とつながる
ことが出来た。共感を生んだり、
慰めあったり。それこそが僕が
この映画で描きたかった事なんだ」
と、監督がインタビューで語っているように
本作では、カートのヘタクソな絵、
ラクガキが動き出したり、部屋で1人で
録音した音声がアニメーションによって
その時の風景や感情がダイレクトに入ってくる。
そうする事によって彼のアートに魂が宿り、
よりカートの内面を表現しているように
見えた。


製作総指揮に実の娘である
フランシス・ビーン・コバーンが
名を連ねているのも父への愛なのか
はたまた父の思い出がない
フランシスにとってはこの作品を
通して父を身近に感じたかったのだろうか。
映画終盤、カートがフランシスをあやす
映像が出てくるがなんとも微笑ましかった。


カートを身近に感じ、彼の人生を
最前列で眺めているような作品。
少しでもカート・コバーンに興味が
湧いたならまずは本作を観ていただきたい。


★★★★



AD

「ゴーン・ガール」

テーマ:
{1939D45B-6EA0-40FD-AED7-1FED30A9548A:01}


壮絶なる復讐妻。


監督は「ソーシャル・ネットワーク」の
デヴィッド・フィンチャー。
主演に「アルゴ」のベン・アフレック。


結論から言うと、後味は悪いが面白い。
最初はどこにどう転ぶのか着地点を
探しながら観ていたが、中盤からネタが
少しずつ明かされるにつれ、
なるほど!そっち系の映画かと納得。
妻エイミーを演じたロザムンド・パイクに拍手。


結婚とは何か、幸せとは何かを
考えてしまう映画。
マスコミに翻弄されるニックの姿と、
エイミーの日記による回想を交互に
展開させ夫婦関係がどんどん
壊れて行く様を描く。
そこから見えてくる夫婦の姿とは。


自分はどっちもどっちと感じた。
男だからと言ってニックの肩を持つほど
ニックも良き旦那ではないし、
かと言ってエイミーに至っては、
「それはちょっとやり過ぎじゃないの?」
と思ってしまう。結局の所、一方的に
どちらが悪いとは言いきれない。
映画の描写的にはニックが悪いように
捉えてしまうがどっちもどっち。


未婚者と既婚者、また新婚夫婦と
熟年夫婦で感想が変わってくる映画なので
そこがまた面白い。
デヴィッド・フィンチャー映画特有の
色調を抑えた暗い画が夫婦の状態を
表しているようでそれもまた良い。
付き合いたてのカップル、新婚夫婦で
観に行く事はオススメしない(笑)
中島哲也監督の「渇き。」とは
また違った意味で、「失踪した妻の本性は
とんでもなかったです」な映画。


★★★★






AD

「インターステラー」

テーマ:
{6D46FEC4-C039-44CD-86B4-46295374672B:01}


クリストファーノーラン、宇宙の旅。


監督は「ダークナイト」、
「インセプション」の
クリストファー・ノーラン。


これは僕ら世代にとっての
「2001年宇宙の旅」だ。
ネットでは親子愛なんて上辺だけの
ストーリーを観るには勿体無い作品だ!
なんて意見もあった。
確かに理論物理学者のキップ・ソーンが
監修を務め、今までのどの映画でも
観る事の出来なかった
より深く入り込んだ宇宙構造と映像世界。
それだけでも確かに観る価値はある。
しかし、自分の意見としては、
ワームホールだの相対性理論だの
ガルガンチュアだの宇宙用語を
並べなれても分からない人が
大半なわけで…
根本としてある壮大な宇宙を
舞台とした親子愛作品として
楽しめば良いのではと。単純に。
そして、宇宙への憧れを絶やさない
という監督のメッセージを受け止める事。
マシュー・マコノヒーが瓶ビール片手に
空を眺めるシーンがある。
それがすごく印象的に映った。
ポスターでも親子で空を眺めている。
それは監督のそうゆう想いが
色濃く出たシーンだと自分は感じた。


「ファミリー映画を作ると言うと、
昨今ではソフトな感じのものになるという
軽蔑的な意味合いに取られてしまうだろう。
しかし私の子供の頃のファミリー映画は、
エッジが利いていて、超大作でも
挑戦的なものだった。私は、
何らかの方法でそれを復活させたかった」
クリストファー・ノーランがこう語るように
この冬休みは子供と一緒に
クリストファーノーランが描く
壮大な宇宙旅行に出掛けてみては
いかがだろうか。


★★★★
AD
{09B123CE-E91F-4F30-8211-8EAEC567DFAA:01}


なにげない時間=幸せ
今を楽しく生きる方法。


監督は「ラブ・アクチュアリー」の
リチャード・カーティス。
本作は監督3作目にして引退作に。


私達は、普段何を考えながら
生きているだろう。
慌ただしく過ぎる時間の中で、
毎日を充分に楽しめずにいるでは
ないだろうか?
自分を含め、そんな人達が大半だと思う。
これはそんな人達に送る
リチャード・カーティスからの
最後のメッセージである。


本作で監督業を引退し、脚本家に
専念すると決めている監督は、
インタビューでこう答えている。
「監督という仕事は、一つの場所に
じっとしてはいられない。
結果的に家庭を顧みず、
長い期間家族とも
離れていなくてはならない。
そういう時間の使い方は
今後はもうしたくない。
日常の大切な時間を、
愛すべき家族や友人たちと
満足のいくまで過ごしたい、
そんな風な心境になっています。」
まさにこのインタビューの
答えこそが監督が私達に
投げかける最後のメッセージである。


日常の大切な時間を無駄には
していないか?
日常のふとした瞬間にこそ幸せは
たくさん転がっている。
携帯に気を取られ、
私達は下ばかり向けている。
「ほんの少しでいいから顔をあげて
前を向いてごらん。それだけで
日常は少し幸せに楽しくなる。」 
そう優しく投げかけられているように
自分は感じた。
 

何か特別な事なんかなくたって
日常は楽しいと思える温かい作品。
少しでも興味が湧いたならぜひ観てほしい。


★★★★



「神さまの言うとおり」

テーマ:
{786209C3-3E88-445F-83D3-5419BF87D308:01}

バトロワ+GANTS?


監督は「悪の教典」の三池崇史。
主演に「好きっていいなよ。」の福士蒼汰。
共演に「るろうに剣心」の神木隆之介。

 
「悪の教典」の三池崇史と聞いて
反応した映画ファンは多いはず。
しかし、本作はそれを期待に劇場に
足を運ぶと肩透かしを喰らう。
類似した作品が多く出回っている中で
簡単に例えるなら、
「バトルロワイヤル」➕「GANTS」と
自分は感じたが、残念ながらどちらにも
至らない。完成度においては低く、
この出来では原作ファンも納得しないのでは。


神木隆之介君は「るろうに剣心」に続き、
漫画原作モノの出演で上手いのだが、
「るろうに剣心」の瀬田宗次郎役が
ハマり過ぎていたので、
本作ではどうも手を抜いているように映った。


最近なにかと多い漫画原作の
2部構成の映画化。
「るろうに剣心」しかり、
11/29公開の「寄生獣」しかり、
どうにか1本にまとめてくれんか。
映画=2、3時間で完結するストーリーの
自分にとってはどうも好きになれない。
その中でも興行収入次第で次回作も
作っちゃうよのノリな本作は、
原作未読者の自分にとって、
不親切に感じた。


主演の福士蒼汰が好き、神木隆之介が好き
以外の理由ならばおうちでゆっくり
レンタルでオッケーな作品。


★★

{5F04727B-5623-45B1-9848-151F56AECD01:01}


生きようとする意志。


原作は和月伸宏の同名人気コミック。
主演は「BECK」の佐藤健。
宿敵・志々雄真実に藤原竜也。
監督に「龍馬伝」、「ハゲタカ」の
大友啓史。


<あらすじ>
動乱の幕末で「最強」の伝説を残した男、緋村剣心。かつては“人斬り抜刀斎”と恐れられたが、新時代を迎えて、神谷薫ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。そんな時、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。新政府に裏切られ焼き殺されたはずが、奇跡的に甦った志々雄は、京都で戦闘集団を作り上げ、日本征服を狙っていた。剣心は必死で止める薫に「今までありがとう」と別れを告げ、京都へ向かう。かつては剣の腕も頭脳も剣心と互角だったが、今や誰もが恐れる魂の凶悪さを持つ最狂の敵、志々雄とついに宿命の対面を果たす剣心。だが、志々雄は部下の瀬田宗次郎に相手を命じ、宗次郎の最速の技で、なんと剣心の逆刃刀が真っ二つに!さらに剣心は、志々雄一派以外にも敵がいると知る。剣心に勝って己こそが最強だと証明しようとしている元御庭番衆の四乃森蒼紫だ。逆刃刀を失くした剣心は、不殺〈ころさず〉の誓いを破らずに、何人もの敵を倒すことができるのか?最大の危機に立つ剣心のもとへ、薫と仲間たちが駆け付ける。だが、志々雄の企てた京都大火の炎の影に、もっと恐るべき陰謀が隠されていた。


前編の「京都大火編」は、
志々雄真実の陰謀が露わになり
福山雅治登場でエンドロールという
「そりゃ、セコいよ~」、
「早く次!次!」な終わり方で、
本作を待ち望んだ方も多いはず。
私もその一人。公開2日目に鑑賞した。


前編よりも「溜め」は短く、
冒頭から福山雅治演じる剣心の
師匠である比古清十郎との
奥義習得、強さとは何なのか
に始まり、四乃森蒼紫との闘い、
東京集結、最終決戦と観終わって
みればあっという間の135分だった。
2部作を締めくくるには十分な
内容と大満足な出来ではなかろうか。


個人的には神木隆之介君演じる
瀬田宗次郎とのバトルをもう少し
観たかった。
初めて敗北し感情のコントロールが
効かなくなった宗次郎を見事演じた
神木隆之介君にMVPを。
「京都大火編」でも書いた
藤原竜也の声だけ聞いてたら
カイジに聞こえるはもうご愛嬌と 
いう事でこれ以上のツッコミはなしで。


興行収入も2日で9億円、
3日で13億円とまさに今年を
代表する邦画となった
るろうに剣心2部作。
原作ファンならずとも劇場で
鑑賞する事をお勧めしたい。


★★★☆





「るろうに剣心 京都大火編」

テーマ:
{E6318E0B-4B53-4CDE-BF40-BFF911B9DBB8:01}


日本最高峰のアクション大作。


原作は和月伸宏の同名人気コミック。
主演は「BECK」の佐藤健。
宿敵・志々雄真実に藤原竜也。
監督に「龍馬伝」、「ハゲタカ」の
大友啓史。


<あらすじ>
かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。


前作はまさに序章。
原作がなぜあそこまで人気なのか?
本作「京都編」があってこその
大人気漫画るろうに剣心と言える。
それを分かっているからなのか
大友監督の力の入りようも違う。
作品のスケール感、アクションも
前作と比べて、4割増し。
「原作ファン納得の出来」とは
まさに本作の事を指す。
事務所繋がりなあんちゃん登場で、
「そりゃ、ずるいよ~」と思わず
声に出てしまう幕の締め方も
後篇により期待が膨らむ。


しいて、「ん?」と残念に思って
しまうのが、藤原竜也の発声法。
舞台で培った発声法が逆に仇となり、
どの役を演じても良くも悪くも
藤原竜也にしか思わない。
志々雄真実の包帯を取れば中から
カイジが出てくるのでは?(笑)


主題歌は前作と同じくワンオク。
個人的には前作の「The Beginning」の方が好きだが、「Mighty Long Fall」も映画同様スケール感ある曲で◎。


9月13日公開の後篇「伝説の最期編」まで期待を膨らませて待ちたい。


★★★☆

「GODZILLA」

テーマ:
{B56733FC-278E-4E87-A47F-282C171C4A38:01}


日本よ、これがゴジラだ。


監督は「モンスターズ/地球外生命体」のギャレス・エドワーズ。


<あらすじ>
1999年、日本人研究者の芹沢博士はフィリピンの鉱山で謎の巨大古代生物の痕跡を発見する。同じ頃、日本の原子力発電所で大事故が発生。原発で働いていたジョー・ブロディは最愛の妻サンドラを失ってしまう。15年後、ジョーの息子フォードは、父が立ち入り禁止になっていた原発跡地に不法侵入し警察に逮捕されたという知らせを受けて、身柄を引き受けに向かうが…。


本年は1954年の「ゴジラ」から生誕60年。初代ゴジラよりもVSキングギドラ、VSモスラ、VSメカゴジラなどの「平成VSシリーズ」で、育った自分としては本作は大満足の出来だった。随所に監督のゴジラに対する愛情と敬意が見られ、トカゲのようなゴジラのデザインが多くの批判を買った前作ローランド・エメリッヒ版の「GODZILLA」(自分は意外と嫌いではない)でがっかりした人にこそ観てほしい。


ゴジラの全貌が写るまで引っ張り過ぎとの声もあるが、この「溜め」こそ後半のバトルを盛り上げ、あの重量感ある雄叫びに鳥肌すると自分は思う。敵のムートーもギャオスやガメラに顔が少し似ていて◎。ちゃんと尻尾アタックや放射熱線を出してくれてるのも◎。欲を言えばどうしても無理なのは分かっているが、あのメインテーマが聞きたかったぐらいか。劇場に足を運んで、興奮した少年心をハリウッド版ゴジラで思い出すというのもなんだか寂しい気もするが、結局は監督の愛が勝ったと言う事か。


日本でもゴジラシリーズ再始動との話があるとかないとか。しかし、これほど良い出来のゴジラを見せられては日本産ゴジラには勝ち目はないのでは。続編の制作も決定し、次作にはモスラ、キングギドラ登場と、そちらにさらなる期待をしたい。

 
さぁ、日本のジジイ達、
あの雄叫びを劇場で目撃せよ!


★★★★



「悪の法則」

テーマ:
photo:01




なにが大切か。


監督は「プロメテウス」の
リドリー・スコット。
脚本に「ノーカントリー」の
コーマック・マッカーシー。


<あらすじ>
若くハンサムで有能な弁護士(カウンセラー)が、美しいフィアンセとの輝かしい未来のため、出来心から裏社会のビジネスに手を染める。そのことをきっかけに周囲のセレブたちにも危険な事態が及び、虚飾に満ちた彼らの日常が揺るがされていく。


なんと言うかあんまり期待は
してなかったけど、
少し肩透かしを食らったような、
捻りがないように感じた。


けれど、そんな映画では
ないんだよね。
CMで謳っているような
「誰が一番の悪か」とか、
「誰が悪を操っているのか」とか
そう言う映画では。
欲に目が眩んだ弁護士(COUNSELOR)が、
罪を知り、破滅の先に何が大切かを
改めて知る物語。
欲が散漫している日常では、
ボヤけて見えぬ大切なもの。
失って初めて知る。
そう考えると邦題の
「悪の法則」よりは
原題の「THE COUNSELOR」の
ままで良かったのでは。


豪華スターの共演で話題の本作だが、
主要はキャメロン・ディアスと
マイケル・ファスベンダーの二人だけ。
「私の中のあなた」など脱ラブコメ女王を
狙っているキャメロン・ディアスが、
ミステリアスな役柄を演じているのも
見所のひとつ。


個人的にリドリー・スコット監督、
早く「プロメテウス」の続編を
お願いします。


★★★


iPhoneからの投稿

「ロード・オブ・セイラム」

テーマ:
photo:01




ロブ・ゾンビの集大成。


監督は「ハロウィンII」のロブ・ゾンビ。


<あらすじ>
「ロード・オブ・セイラム(セイラムの領主)」と名乗る7人の女性が魔女裁判で死刑を宣告されるが、死の直前に判事に呪いをかけていた。それから数百年後の現代、ラジオ局のDJハイジは、「ザ・ロード」と名乗る何者かから1枚のレコードを受け取る。判事の子孫にあたるハイジは、レコードを再生することで魔女たちの呪いを解き放ってしまう。


本作は1692年に米マサチューセッツ州の
セイラム村で起こった「セイラム魔女裁判」を
題材にしている。


「マーダーライドショー」2作、
「ハロウィン」2作を経て、
3年ぶりに監督するのは、
実際にあった魔女裁判。
ロブ・ゾンビの解釈が全編に光る怪作。


ホラー映画と言うよりは、
とてもトリップしたドラッグ的、
カルトムービーと言う方が正しいのかも。
冴え渡ったヴィジュアルに、
時折姿を現すサタンのチープな容姿。
うーん、この感覚がなんとも言えない。
確実に賛否両論が分かれる作品だが、
この感じにハマってしまうと、
抜けれなくなるまさにドラッグムービー。


唯一気になったのが、
事が起きているのが主人公の
アパート、ラジオ局と限定された
空間でしか起きていない事。
ラジオで街全体にあの曲が
流れるわけだから街全体が、
どうなっているのかを描いても
おもしろかったのでは?
と個人的に思った。


人を選ぶ作品なので、
ロブ・ゾンビと聞いてピンと
きた方なら観てみてはいかがだろう。


★★★

iPhoneからの投稿