そんなもんだとは思っていたが。。。。

冒頭は快調で、期待が持てたが、見れば見るほどうんざりさせられる場面ばかり。

ホラー要素で言えば、音や場面でドッキリするシーンは皆無。わざとのようにタイミングがずれていて、苛々してくる。つまらねぇよ。

コメディとしても、竹中直人の怪演と、竹中の持ちネタをさせられる他の出演者(ものすごくいてぇ~、と言いながら落ち武者に切られて死んでいく人たちとか・・)という感じで、笑いようがない。

登場人物の女子高生たちが少し面白かった。波留という人の言葉がおかしくて何度か笑った。悪態をつくタイミングと声がいいのだ。自分の記憶のために書いておくが、後半いいところで出てきて「・・・歌、聞いてねえし」というのには笑った。もう一つ中盤の「サプライズ、うざっ」だったかな?よかった。波留を見るためにもう一度見てみたい。

成海璃子は太ってしまって、ドタドタと走る後ろ姿が、毎朝駅で見かける高校生のようだ。普通に話すときの仏頂面がいい。薄幸な姫君に扮した姿にはちょっと笑った。どう見ても悲劇のヒロインに見えない。あまりに天真爛漫なまん丸な顔をしているので・・・・。

映画として終わり方がすっきりしなくて納得がいかなかった。

例えば、首を切られた女将や番頭はもう一度出てくるべきだろう。マイコさんの美貌がもう一度見られないのは嫌な感じだ。温水さんなどのゾンビは何????などなど。

冒頭でカーテンから出てくる竹中直人は、ここから先は作り物ですからね、と言う宣言ではないのか?だとしたら、さんざん自分がもてあそんだ出演者たちの現状を復帰して出演者たちと観客を現実に戻してくれるのが当然だろう。どうせ悪ふざけ映画なのだから。ちゃんとケツを拭け!!

こういうところの首尾一貫した感じがクリント・イーストウッドの映画にはある。映画として清潔な感じがする。

竹中直人は面白いのだから、馬鹿な映画こそ丁寧に作って欲しい。

あ、もう一つ、重々しい音楽としてのヘンデルのサラバンドはもうやめて欲しい。センスなさ過ぎ。劒岳・点の記でもさんざん使われ、鬱陶しいことこの上ない。波留の台詞で言えば「ヘンデル、うざっ!」
AD
久々にわくわくする映画だ。

内容や出来はどうでもいい。深田恭子のドロンジョ様が見られたらそれだけでいい。

「下妻物語」で、衆愚に媚びない孤高のゴスロリ少女を好演した深田恭子にはなんだか思い入れがある。

アイドルとしては、なんだかデブだし、勘違いバカ女のような感じもするのだが、映画のなかの深田恭子さんはいい。

今回のドロンジョは、よく引き受けてくれた!深田恭子、えらい。自分に求められているものをよくわかっている。

あの体つきから発散する「エロ」はなかなか他のアイドルや女優では出せない。古くは、エリザベス・テーラーのような大女優のみ発散できる「エロス」だ。広末涼子や竹内結子も好きだが、見た目があっさりすっきりしていて、濃厚なエロスは感じにくい。その点、深田恭子はいいでしょう。

なんて、どうでもいいか。

どうせ誰も読まない書き飛ばしblog。なんだって書いておけ。
AD
全智賢の姿を見たくなって「四人の食卓」をまた見た。この作品は良くできている。感想は、以前このblogに書いたとおり で変わりはない。

改めて見て、全智賢の女優ぶりがとても好ましかった。演技がうまい。暗くて地味な役。不気味で怖い主婦をほとんどノーメイクで演じる。インタビューでもすごく難しかった、と言っているほど。

顔のアップでは額にある傷もわかるくらいの素顔。生々しく全智賢の肉体を感じることができる。マニア必見です。

いいシーンがいろいろある。今回特に印象に残ったところ。主人公の男が、いろいろないきさつがあって全智賢とつき合っているのではないか、と疑いを持たれる。男の婚約者が、二人で寄り添って(いるように見える)ところを目撃するのだ。

男と婚約者が車の中で話し始める。婚約者は男に説明を求めない。男にはもっと恐ろしい出来事があって、誤解を持たれるどころの状況ではない。婚約者の抱く不審は男の抱えた問題と比べたら些細なことなのに。。。説明できないもどかしさ。誤解を解けないまま婚約者は車を降り、去っていく。

この場面で婚約者が語るエピソードがとてもいい。誰もこの映画を見ないだろうし、俺も忘れてしまうかも知れないので書き留めておく。こんな話しだ。

ある村で日照りが続き、このままでは村の作物や飲み水にも事欠く状況になった。村人は教会に集まって雨を降らせてもらうように神に祈ることにした。信じて祈れば雨は降るはずだ。大勢の村人たちが何日も祈り続けやがてその祈り会は終わった。帰り道に祈ったとおり雨が降った。終わり。

聞いている男が、つまらない話しだな、と言う。俺もそう思った。

婚約者は続ける。「そうよ。これで終わり。つまらない話。でも帰り道、雨が降ってきたのに傘を持って来たのは小さな男の子一人だけ。その子は、祈ったら雨が降るから傘を持って行かなくちゃ、と言って家を出たの」。

婚約者が話を終えると映画の中でも雨が降りはじめる。渋滞した男の車から婚約者は降りる。鞄から折りたたみの傘を出して。

映画らしい、いい場面だ。傘の伏線は映画の初めの方に張ってある。小物の活用例として巧妙だ。映画の主題とはあまり関係ないのだが、この場面だけで完結していていいな、と思った。

全智賢、姿が美しいなあ。顔は丸く、顎が短くてアジアの顔だ。そこがいい。手足が長くスレンダー。見とれてしまう。
AD

「あの日」を克明に覚えている。玉音放送を聞き、敗戦を悟り皇居前にひれ伏した「あの日」・・・・じゃなくって。。。。(w


夜10時からTBSラジオ「アクセス」を聞いていた。asahi.comに、おや?というような画像が貼ってある。火事のようだ。ビルから煙が・・・・ え?貿易センタービル?ニューヨーク?ラジオから小島慶子アナウンサーの声でニュースが読み上げられる。ビルに小型機が衝突、炎上している・・・すぐにテ レビ朝日の「ニュース・ステーション」を見に走る。その後深夜までテレビの前に釘付け。

 

ユナイテッド航空93便 は定刻より15分ほど遅れてニュージャージー州ニューアーク空港からサンフランシスコに向けて飛び立つ。ありふれた日常を乗せて。2001年9月11日の朝だ。素晴らしい快晴のマンハッタンを見下ろしながら。

UA931  

アルカーイダの若者たちがホテルの一室でコーランを読みメッカに向けてひれ伏す場面からこの映画は始まる。淡々とした描写。ハンディカムを使い、ドキュメンタリ・タッチで出来事が時間の順に語られていく。

 

 

その朝は次々と異常事態が起こり、空港の管制官も軍も政府もまったくの混乱状態に陥っていくことが語られる。いくつもの旅客機が管制官からの支持に 応答せずにコースを変え急降下する。ハイジャックされたとの情報も未確認なままだ。管制官がレーダーで追尾していたアメリカン航空11便が突然レーダーか ら消え去る。


マンハッタンの貿易センタービルに「小型機が衝突した」との情報が入る。航空管制の担当者がCNNのその画像を見ると、小型機とは思えない大きな穴がビルに空いている。混乱の極みのなかでやっと目の前で起こっている出来事の恐ろしさがわかってくる。

他の応答しない航空機はどうなるのか?衝突したのはアメリカン航空機11便なのか?なにもかも未確認のまま、目の前でもう一機がビルディングに衝突する。この場面の衝撃は忘れない。俺もテレビの前で声をあげた。映画のピークも実はこの場面だ。不覚にも涙がこみ上げてくる。

UA933

 

これら一切のことがあったにもかかわらず、ユナイテッド航空機は飛び続ける。アルカーイダのメンバー四人を乗せて。

淡々とした描写の積み重ねが恐ろしいサスペンスを生む。アルカーイダのメンバーの恐怖心も感じられる。乗客乗員の混乱と恐怖も身に迫る。


この事件の直後、ホワイトハウス突入を阻止した乗客たちの反撃が美化されてさんざん語られた。特に原理主義基督教徒たちが、クリスチャンの誰それが いかに自分の命を省みずアルカーイダに立ち向かったか、というような話だ。英雄譚になってしまっている。一般の新聞でも読んだし、熱心に語り聞かせる鬱陶 しい知り合いがいた。


この映画はそのような映画でなかった。誰一人英雄めいた人物が出てこない。アルカーイダの四人も乗客たちもごく普通の人間にすぎない。それなのにこの悲劇。アルカーイダの目的は達せられなかったが乗客乗員は全員死亡した。

UA932

航空機が何機も乗っ取られ、軍も政府もなすすべもなく何千人もの命が失われた。アメリカの衝撃は計り知れない。もっとも、アメリカはよその国に原爆 を落としたりして何十万人も一遍に殺しているけどな。東京の大空襲だってひどい話だろ。非戦闘員をめちゃくちゃに殺すのは日本だって支那や朝鮮でやったけ どさ。おたがいさまだね(w


アルカーイダの四人が乗客たちの反乱に怯えて一心に「アッラー、アクバル!」と唱え続け、乗客たちが一心に「天にまします我らの神よ」と祈り続けているのが緊迫の中で笑える場面だった。


この人たち、乗客もアルカーイダも拝んでいる「主」「ヤーウェ」「天地の創造者である神」は同じものでしょ。イスラム教徒たちもいわゆる旧約聖書の「創世記」を信じているわけだし。キリストに対する態度の違いだけでしょ、結局。


アメリカ人の夜郎自大な感性が余すところなく伝わってくる佳作だ。自分たちが受けた被害を冷静に作品として残していく。素晴らしいことだ。原爆や東京大空襲もこのような冷静な視点で再現して欲しい。安っぽい再現ドラマではなく。泣き叫ぶだけのうるさい感情移入ばっかりの映画ではなく。見るに堪える映画作品にすれば原爆も東京大空襲も上質な娯楽として受け入れることができる。天皇だってそうだ。冷静にヒロヒトを映画にすればいい。そのような作品を見たい。日本の歴史上の重要人物だ。皇室そのものを冷静に見ることが重要だ。


サスペンスとして上出来。「あの日」の思い出に浸りたいとき見るといい。俺はここに書かない「あの日」の特別な思い出もありありと再現できた。懐かしい。会いたいよ、もう一度。。。(w

主人公には特別な能力がある。懇願されて、やむを得ず能力を使う。しかしそれを望んだ人が、能力の故に主人公を激しく憎悪する。

特別な力を持つことと、その悲しみを全智賢が好演している。実年齢より十才以上老けた役で、落ち着いた演技が要求される。はじけるようにしなやかな全智賢を期待するとはずれだが、演技の幅を持つ全智賢を見ることになる。

悲しく恐ろしい出来事の描写や、不気味な子供たちの出現など幻想的で美しい。俺はこの映画の静けさが好きだ。なにせ、全智賢全肯定のマニアだから。

ソウル郊外の高層団地群。

映像を見ていて、デジャビュにおそわれる。高島平、多摩ニュータウン、八潮の団地群。くらくらと目眩がしたまま、映画に引き込まれた。
四人の食卓1
俺の大好きな全智賢が、暗い、精神を病む主婦の役で出てくる。作品の中の天気も悪かったり、夜の場面も続き、白く美しい智賢の顔をなかなか見ることが出来ない。

映画として見て損はない。全智賢が好きな人はもちろん、映像美に浸りたい高踏趣味のスノッブにおすすめ。ソウル郊外の団地群の荒涼たる風景が恐ろしいと感じられる人に勧める。