なんとも脱力する始まり。なんら新鮮さがない。

Digの焼き直し。しかもサイズを小さくして引きこもっている。

まったく期待が持てない。この時間はNHKを聞くことにする。

さよなら、TBSラジオ。もう聞かない。
AD
在日ファンク。すばらしい!俺は在日クラシックだけどね!!
日本にいてウィーンだ、ザルツブルクだ、ライプツィヒだとか言っている。
「爆弾こわい」というアルバム。
「最北端」とか「はやりやまい」「むくみ」「毛モーション」「才能あるね!」など、みんな面白いが、俺は特に「城」が好き。
音楽にペーソスがある。歌詞がいい。
爆弾こわい/Pヴァイン・レコード

¥2,625
Amazon.co.jp

朝からずっと聞いていたのが、ショスタコーヴィッチ。いいね!!
自作の「祝典序曲」のパロディみたいな曲も入っている。なぜか、血沸き肉踊る。
ピアノコンチェルトも傑作だね。プーランクのパロディみたいなのも入っている。
意外に複雑。
ショスタコーヴィッチが軽い曲を書いたつもりでも、天才の手にかかると完全なオリジナリティが刻印されている。あなどれない。
ショスタコーヴィチ:ジャズ音楽集/ユニバーサル ミュージック クラシック

¥1,600
Amazon.co.jp

テンシュテットのマーラーは素晴らしい。そういえば、朝、ずっと聞いたのはマーラーの7番だった。夜の歌。冒頭のテナーホルンの響きが切ない。一楽章の再現部で、同じフレーズが低音弦に現れて、対位的にトロンボーンのソロが嫋々と歌うところが特に良かった。テンシュテットの演奏で初めてこの場面の構成がくっきり聞き取れた。
続く楽章でギターやマンドリンがちまちま出てくるあたりも風情があって聞きほれた。
夜曲、セレナーデだ。蘇州夜曲もいいね!!

今聞いているのは9番。一楽章に轟音が三箇所ほどあるが、Carot Oneでなんとか歪まずに聞いている。ヘッドフォンをもっといいのにしたい。

Complete Mahler Recordings/EMI Classics

¥4,727
Amazon.co.jp

AD
まず、電源を入れる。青く光る真空管に胸がときめく。
最近の電気製品でこんな感情を抱いた製品は他にない。
【Carot One】 Fabriziolo ヘッドフォンアンプ

¥27,800
楽天

思ったより小ぶりで精緻にできている。仕上げが素晴らしい。
さすがにカンパニョロの国だ。職人技を感じる。

色がまたいい。粋なにんじん色だ。愛着を感じる。

真空管が温まるまでのほんの数秒(?)ジャーっという音がして、そのあとサッと静まり返る。
なんともいえない真空管風味。
昔、真空管キットのラジオを持っていたが、そのラジオの立ち上がりを思い出した。

澄み切った静けさ。

おもむろにiPodのデジタルドックからアナログに変換して入力してみる。
比較は、iBassoのポータブルヘッドフォンアンプ、A02.

iBasso ポータブルヘッドホンアンプ A02

¥16,980
楽天

音の広がり方がまったく違うね。ポータブルのものは外出先で使うからいいけど、家でCarot Oneと比較したら、違いがはっきりわかる。。iBasso 02は、相当よくできているが、デジタルアンプの音を帯域ごとにくり抜いたような感じに違和感がある。にごった感じ、詰まった感じがする。

Carot Oneの自然な音の伸びにかなわない。音が澄んでいる感じ。

当たり前か。値段が違うしね。

とにかく、いい買い物をして俺はうれしい。大満足。

今度はシュアーのSH940を買うことにしよう。
AKGのK550も気になっている。どっちにしようかな?

SHURE リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940/SHURE

¥19,800
Amazon.co.jp

AKG ダイナミック密閉型ヘッドホン K550/AKG

\24,800
Amazon.co.jp

AD
ペーター・ダムの仕業だ。

俺が指揮者だったころ、演奏会が終わった翌日に、糞生意気な幼稚園児から「おまえだろう、指揮してたのは」と言われて大笑いしたことがある。お公家さんのような白くて可愛い男の子だった。前の日の演奏を聞いていたのだ。今はどこかでサラリーマンにでもなっているのだろう。

それはともかく、この「魔弾の射手」。

ホルンが狂ったような轟音を鳴らしている。血沸き肉踊る響きだ。こんな面白い演奏は無い。

カルロス・クライバーという人がやっぱりどこか狂ったところがあって、冒頭の序曲の入りからしてやらかしている。クレッシェンド、面白すぎ。

ワイルドだろ~アップ

序曲でたっぷりペーター・ダムとその仲間たちのホルンが聴ける。ビブラートをかけた同質の演奏法でよくそろっている。楽器はメーニヒだっけ?ドレスデンの弦楽器の音がまたいい。

風流だぜ~アップ

グンドラ・ヤノヴィッツ、テオ・アダム、ペーター・シュライアー、エディット・マティスと、旧東ドイツのスター総出演。懐かしい。

ウェーバー:魔弾の射手 全曲/ライプツィヒ放送合唱団

¥4,077
Amazon.co.jp

とにかくホルンがティルシャルすぎてすごい。

いい音オケのチェコフィルの能力全開の演奏だ。

全体に近接音で録音されていて、特に金管楽器のブレスがはっきり聞こえる。コラール部の一斉に息を吸う音には、はっとさせられる。このような息遣いが聞こえる演奏こそが聞く価値のある演奏だ。

マタチッチもよくうなっている。

この曲はなんだかもやもやした意味不明の前奏があって、今ひとつ印象が薄かった。第4楽章でも跳躍のあるひょうきんな主部が始まってからしか印象がなかった。今回聞いてみて、これはMozartのレクイエムのなかのレコルダーレじゃないか、と思った。

アーノンクールの考察を読んで、ブルックナーのこの曲についてレクイエムを引用していることを知った。そう思って聞くと面白い場面がいっぱいある。それにしても、ブルックナーが憧れてやまないMozartとはなんと芸風の違うことか!

ひたすら巨大で崇高な「感じ」を突き詰める愚直なブルックナーと、死者のための音楽を書いても透明で儚い風情を漂わせるモーツァルトとはずいぶん方向が違うような。

ブルックナー:交響曲第5番/マタチッチ(ロヴロ・フォン)

¥1,050
Amazon.co.jp

【Carot One】 Fabriziolo ヘッドフォンアンプ

¥27,800
楽天

これが欲しくて注文した。イタリア製のヘッドフォンアンプ。真空管を使ったプリアンプだ。

真空管の味わいがいい。音を聞いてみたらブルックナーのホルンの炸裂音が幅広く聞こえる。
届くのが楽しみ。色合いがいい。にんじん色。

みんなに見せびらかしたくなる。
とにかく、目に付いたそこそこの値段のCDを躊躇なく買ってみた。

シューリヒトのブルックナーの8番9番。ウィーンフィルのホルンが強烈な音を出している。
気持ちよくカタルシスが得られる。ベタな熱演。ブルックナー中毒者はこんな感じの演奏を欲しているんだな。
Symphonies No.8 & 9/A. Bruckner

¥1,692
Amazon.co.jp

ベイヌム/コンセルトヘボウのCD。ブラームスの交響曲全集、ブルックナーの9番を買った。
ブルックナーの9番はすごい。シューリヒトより俺は好き。コンセルトヘボウのホルンの深々とした音が凄い。管楽器もチャーミング。弦楽器のしなやかさはため息が出る。この時代のコンセルトヘボウを生で聞きたかった。録音は古くて、スケルツォのティンパに連打のあたり音程がゆがんでいる。でも全体の響きは鮮明に聞き取れる。ブラームスもすばらしい。四番が特に好き。一楽章の始まりのため息とか、二楽章の古色蒼然たるホルンの響き、チェロのメロディなど枯淡の味わいがある。

ブルックナー:交響曲第9番/ベイヌム(エドゥアルト・ヴァン)

¥1,200
Amazon.co.jp

ブラームス:交響曲全集/ベイヌム(エドゥアルト・ヴァン)

¥2,400
Amazon.co.jp

マタチッチのブルックナー、二枚。七番と五番。この演奏も大好き。チェコフィルのホルン、管楽器の艶やかな響きが好きなんだ。弦楽器もつやつやしている。チェコフィルのホルン吹き、ティルシャル兄弟に会って話をしたことがある。普通のあんちゃんだった。舞台裏で聞いているとあのチェコフィルの音。ノイマンの指揮で日本に来たときだ。懐かしい。


ブルックナー:交響曲第7番/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 マタチッチ(ロヴロ・フォン)

¥1,200
Amazon.co.jp

ブルックナー:交響曲第5番/マタチッチ(ロヴロ・フォン)

¥1,050
Amazon.co.jp

ケーゲルのマーラーの三番。ドラティのマーラー9番。どちらも激安ワゴンに入っていた。ドラティなんて540だったかな?ケーゲルも990円。十分楽しめる内容。ライブ録音はどんな演奏でも聴いてみたい。わくわくしてくる。

マーラー:交響曲第3番 ヘルベルト・ケーゲル指揮ドレスデン・フィル他/マーラー

¥4,600
Amazon.co.jp

マーラー:交響曲第9番 アンタル・ドラティ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団/グスタフ・マーラー

¥2,300
Amazon.co.jp

苛立つことばかりの世情だが、俺はいたってハッピーだ。

ハワイの若き歌姫、ライアティア・ヘルムを聞いてご機嫌だ。
Hawaiian Blossom/Raiatea Helm
¥1,346
Amazon.co.jp

NHK BSのAmazing Voiceで見て知った。伝統的なファルセットを使う唱法を子供のころから古いレコードで聞き覚え、現代に生きる音楽として歌っている。

「伝統を現代に」

これこそ、立川談志が古典芸能に求めたモットーだ。伝統の上に立ち新しい創造をする。苦しい道だ。
  


半日、ヨドバシカメラでヘッドフォンを試した。iPod とiBassoのヘッドフォンアンプを持って、あれやこれや試した。密閉式のいいのが欲しかった。

・・・で、SHURE SHR940が一番いい。中音域の抜けのよさ!解像度の高さ!!見た目のかっこよさ!!!

SHURE リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940/SHURE

¥19,800
Amazon.co.jp

これ。欲しい。


SENNHEISER HD25-1II 
これもすばらしい音がする。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 『並行輸入品』/Sennheiser

¥17,920
Amazon.co.jp

バランスがよく、解像度もいい。「音楽的」とすら言いたくなるような音の伸びがある。・・・・だが、多くの人が言っていることだが、作りが安っぽい。驚くほどチープな感じ。なのに音がいい。2万円近く払うならSHUREのほうがいいのだが、こっちも気になる。

いっそ、両方買っちまおうか。

悩むところだ。

試聴に使ったCDは レヴァイン/ウィーンフィルの「白鳥の湖」

チャイコフスキー:3大バレエ組曲/レヴァイン(ジェイムズ)

¥1,800
Amazon.co.jp

ガーディナーのモーツァルト ハ短調ミサ
モーツァルト : ミサ曲ハ短調「グレイト」/ガーディナー(ジョン・エリオット)

¥2,548
Amazon.co.jp

ジェフリー・テイトのモーツァルト
モーツァルト:後期5大交響曲集(来日記念盤)/テイト(ジェフリー)

¥3,000
Amazon.co.jp
アーノンクールのCDを非圧縮でiPodに入れ、iBasso A02をつなぎ、AKG K121 Studio で聞く。
ヘッドフォンアンプは効果絶大。音の精度が格段に上がった。空間の広がりもいい。

トラベルソ一本と歌の小さなアンサンブルから、合唱とトランペット三本がフォルテで歌いまくる 曲まで音量の幅が大きく、なかなかいい音で聞けなかったが、ヘッドフォンアンプを入れることで相当改善した。

テナーソロと重なっている音が、バスーンなのか、オルガンなのか、チェロかビオラか、というあたりが良く聞き取れる。中音域の音の伸びがいい。低音域も引き締まった感じで全体がクリアに聞こえる。

コールアングレの幅の広いリードの歪み音(ガチョウの鳴き声みたいな感じ。ブレスやフレーズの変わり目にどうしても入ってしまうゆらぎ音)まで克明に聞き取れる。楽しい。

バッハのロ短調ミサが好きで、ずっと聞き入っている。俺はオケでこの曲を二回演奏したことがある。東京カテドラルと紀尾井ホール。プロだからね。コーラスでも二回やったかな?これは物好きでアマチュアの合唱に入れてもらったんだ。

最近、英国大使館合唱団の演奏を目黒で聞いて、またこの曲のCDを聴きたくなった。

冒頭のキリエの叫びから、バッハとしか言いようのない、たくましい歩みのようなフーガ。

クリステ エレイソン の華麗なギャラントスタイルのデュエット。この曲好き。

その後の、二度目のキリエ。倍全休符なんてめったに見ないけど、この曲のスコアを見ればいっぱい見る。音楽史の授業や楽典でサンプルに出てくるのがこのキリエだな。バッハの時代にはもはや古いスタイル、古様式で格調高く収まる。

トランペット三本で三拍子の グローリア。Et in terra pax からの四拍子がいいな。胸に迫る。神の数は3、地上=人間をあらわす数は4だからね。この箇所のブレーキ感と「地に満つる」感が大好き。

次の Laudamus te がまたいいんだ。ここまで聞くともう止まらなくなってくる。ソプラノのソロだが、その前のヴァイオリンソロのリズムパターンが癖になる。

Gratias agimus tibi の厳かな合唱。感謝します、と言うわけです。この曲がまたすごい。大クレッシェンド楽曲。アラブレーベでまたしても倍全休符、倍全音符が出てくる。他の曲では見たこと無いね。楽典の教科書には必ず載ってるけど。

ああ、止まらない。このくらいにしよう。どうせ誰も読んでるはず無いんだから。
自分のためだけに自分の気まぐれに書き飛ばす。