あの伴奏は日本の伝統音楽ではない。西洋和声の実に中途半端な「あてはめ」だ。音楽として愚劣。

「君が代」の旋律は、古代支那から伝来した律旋法に基づいている。日本雅楽の多くに用いられている。歌詞は日本の和歌。

なのに何?あのアレンジ。

「れーどーれーみーそーみーれー」 の冒頭と、「らーそみれー」の結尾部になぜ和声が当てはめられない?

それには以下のようなへなちょこな経緯がある。以下をよく読んでみてください。面白いから。

1880(明治13)年、海軍省は宮内省にふさわしい軍楽曲を作ってほしいと要請。宮内省では、傭い教師ドイツ人エッケルトがいわゆる雅楽調をとり入れて新しく作曲、それが今の「君が代」である。
 しかし、これも歌詞の意味もよく分からない外国人の編曲なので、作曲家の中田喜直 氏は、「・・・・『さざれ石』が、さざれ、と石に割れてしまい、歌詞の長さとメロディー の長さがつり合わず、無理に引き伸ばしているのです・・・・」(1)と語っているし、

日本の伝統音楽も歌詞もわからないドイツ人が、コテコテの西洋和声を無理矢理当てはめたからあのへんてこな(キッチュな)伴奏ができた。

弾いてみるとはっきりわかるが、(俺はピアノで弾けるよw)旋律が「ちーよーにーーー やーちーよーにー」のところから急にハ長調の主和音が鳴り響き、実にぎょっとする。

西洋音楽の感じ方だと、旋律が「みーそーらーーー」って動けば、「どみそ」の和音だろう、という安心感が広がる。なので主語であるべき「君が代は」という歌詞が、意味不明の前奏のように聞こえる。

すもうなどで演奏されるとき、冒頭の「きーみーがーよーーはーーー」というところを前奏に使うので、前奏が二回あって主和音に入るということになる。

変なの!

しかも、律旋法の下降形の「れーしーらーそー」という旋律が、属和音(主和音 Cに対して五度上のG)に一致しているので、Gに入りやすくするため、すぐ さま、属和音上の属和音(ドッペル・ドミナント)である、Dの和音が挟まれる。(左手の和声に、れふぁ#らが入るということです)。

すわ!転調か?(古くさい言い回しですw)と思うと、何ごともなかったかのように、左手ベース音が「れれ#み」と動き、騙されたように主和音、Cにもどる。

このあたりで、和声を追うのに疲れる。騙されたようなつぎはぎ和声だから。西洋音楽としての意味を聞き取れなくなっちゃうからね☆

で、挙げ句の果て、最後はどうにも和声が付けられず「らーそみれーーー」と投げっぱなし。やっつけ仕事だな、エッケルト!!

西洋音楽に慣れた耳で聞くと、途中で間違って中断した、ように聞こえる。どみそ、で終わらず、れ、で終わるからだ。

思想信条の問題ではなく、純粋に日本の伝統音楽の問題だ。こんな和洋折衷のグロテスク伴奏ではなく、日本の伝統に基づく律旋法、雅楽様式の伴奏を付けるべきだ。

なぜ日本の右翼や、君が代を強制する馬鹿都議会議員や、都知事石原税金乞食はそう主張しない?おまえらの言う「伝統」がどれだけ薄っぺらで無教養なのか明白だ。

東京都の狂った都知事の腰巾着、土屋なんとかという都議会議員のせいで、北朝鮮のような国家崇拝を強要されている都立校の教員たち。可哀相に。職務命令書という現代の赤紙が配られるんだぜ。アホか!

馬鹿の論法を根底からひっくり返せばいい。

誰か日本の伝統に従った雅楽様式で伴奏して、都の処分を受け最高裁まで戦ってくれ!
AD
今回のラリーなんとかの件について、思い出すことがある。

かつて「漫画評論」の分野で、呉智英が【ニセモノ】石子順【ダメダメ】をやっつけたことだ。

「漫画評論」なんていう分野は、B級グルメ評論のようなもので、冗談を言っているようなものだった。(プチ鹿島氏の言い回しをうっすら盗用)。

そんな時代に、碩学・石子順造先生が、白土三平、つげ義春、水木しげる等を評論の対象とし、さっそうと漫画を学術の分野に取り上げた。美術評論家、漫画評論家。本名は木村泰典。東京大学経済学部卒、同大学院と文学部美学在籍。輝かしい経歴と業績の持ち主。

惜しむらくは49才であまりにも早く世を去ってしまったことだ。

その後、石子順という「漫画評論家」を名乗る東洋大学卒のセンセーが出た。本名は石子糺というらしい。本名の方がかっこいいのに、なぜか順。

当然、浅はかなマスコミや役人が、あの石子先生、と間違って?かどうか、仕事を発注したわけだ。

ところがその仕事ぶりが、呉智英にあげつらわれ、

(以下、wikiからはっきり盗用。)

呉智英から「日本共産党の御用評論家」と著書『現代マンガの全体像』で強く批判される。本書が後の漫画評論および漫画研究の世界で基本参考文献として扱われるようになったこともあり、以後、漫画評論家としては(手塚のインタビューを除いて)完全に黙殺された存在となっていたが、近年紙屋高雪や伊藤剛らによってある程度の評価もなされている。

現在、和光大学表現学部教授(視覚文化論)。映画についての研究も多い。

(盗用、ここまで。)


「完全に黙殺された存在」という言葉が悲しい。和光大学で教えているのを知ってさらに悲しい。残念ながら俺は和光大学に二年ほど不定期で教えに行っていたことがあるからだ・・・。情けない。何を教えていたかは内緒w

AD
金持ち階級の共和党支持者が金を出して、大々的に広がったティー・パーティ運動。

デラウェア州で、オドネルなんていう、ビッチだか、ウィッチだかわからない馬鹿女を擁立したりして大はしゃぎ。

幸いにもオドネルは落選した。

この運動は、草の根に見せて、本当のところ白人中間層の苛立ちを吸収して拡大したキャンペーンだ。白人中間層が持っているリベラリズムに対する反感、黒人に対する反感が運動となって表れたものだ。

その気持ちがわかるだけに不愉快になる。

アメリカってそういう国だぜ。

自由の前には平等なんて糞食らえ!

それがアメリカの本心だ。平等、なんて言ったら「赤」呼ばわりされる国アメリカ。

自由のためなら、どれだけ貪欲でも傲慢でも差別しても略奪しても搾取してもいい。

自由だから。

貧乏人は死ね。それがアメリカ。それがティー・パーティの本心。

AD
民主党の貧乏神、機密費猫ババ男、元民主党官房長官平野がやってくれた。

「平野官房長官は、機密費の使途を明らかにしない以上、俺たちの税金である機密費を猫ババしたと言われても仕方がない」という上杉隆氏の日頃からの主張に対し、TBSラジオ小島慶子キラキラ内での上杉隆氏の言葉尻をとらえTBSに抗議し、同番組内で謝罪文を読ませた。

フリーアナウンサーになった小島慶子は蚊帳の外。自分の番組内でTBSの局アナに謝罪文を読まれ、歯ぎしりして聞き苦しい弁解をしている。聞くに堪えない。曰く、私が謝罪した訳じゃない。笑止だ。

フリーになるって言うのはそういうことだよ、思い知ったか!!ついでに番組も終了すればいい。路頭に迷うのは小島慶子。
NHK記者が、懇意の相撲の親方だか誰かに、警察の捜査の事前情報を漏らしたとのこと。
だが、警察も記者クラブにリークしてるんだろう。同罪だ。

以下の、記者のメールの文面を見て大マスコミの記者の水準の低さに慄然とする。こんな馬鹿が威張っているんだぜ。ま、どうせNHKだって要らないし、廃止してしまえばいい。ほっといても自滅するだけさ。

これがメールだって。
「明日賭博関連で数カ所に警察の捜索が入るようです。既に知っていたらすいません。またガセ(偽)情報だったらすいません。あと他言無用で願います。NHKから聞いたとばれたら大変な問題ですので。」

「すいません」が気持ち悪い。吐き気がする。少なくとも俺は絶対使わない。

「既に知っていたらすいません。
またガセ情報だったらすいません。」

この卑屈さ。二重に予防線を張ってあらかじめ「すいません」。こんな無様な文面を見たことがない。

「あと他言無用で願います。」
この常套句の汚い響き。しょっちゅう使っているんだろう。手あかにまみれた不快な言い回しだ。

「NHKから聞いたとばれたら大変な問題ですので。」
なにをか言わんや。

薄汚い連中の毎日が、はしなくも露見されたメールだ。

世界最高のビルが建てられなくなった。

馬鹿な芸能人が盛んにドバイに行っていたが、ついに破綻が迫っている。

ドルの信頼が低下して、金が高騰し円高が進む。中国がアメリカのこ国債を売り始めたら一気にドルは暴落する。アメリカの繁栄もバベルの塔なのだ。アメリカ=ドルの終焉がすぐそこに迫っている。

ドバイの危機が一気にアメリカの終焉に拍車をかける結果になるだろう。

欧州銀、リスク最大400億ドル ドバイ危機 世界に混乱広がる
2009/11/28


 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールドの債務返済延期要請を受け、世界の金融機関が新たに損失を抱える懸念が出てきた。震源地のドバイやペルシャ湾岸諸国でも混乱の拡大が懸念されている。

 ◆「最悪でも管理可能」

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、米金融大手シティグループと英バークレイズ、ドイツ銀行、クレディ・スイスは26日、債務繰り延べ要請を行ったドバイ・ワールド関連のリスク資産はわずかだと非公式に説明したという。

 しかし、業界アナリストはドバイの経済情勢の悪化に伴い、数十億ドル規模の損失が発生する可能性があると分析。同紙がクレディ・スイスの資料を基に報じたところではドバイの政府系企業体が発行した債券への欧州の金融機関のリスク資産は最大400億ドル(約3兆4380億円)に上る可能性がある。アナリストによれば、これはドバイ全体の債務800億ドルの半分。ドバイ・ワールドだけで約600億ドルの債務を抱えている。


ドバイ・ワールド傘下の開発会社ナキールがドバイで進めている住宅建設事業。資金難により新たなデフォルト発生が懸念されている(ナキール提供)
 クレディ・スイスによれば欧州金融機関はドバイに対するリスク投資推定額の50%が失われた場合、2010年に貸倒引当金の5%増に相当する税引き後で約50億ユーロ(約6400億円)の負担を強いられる恐れがあるという。
アルコール依存者によくある事故死だ。

アルコールと睡眠薬のカクテルは死を招く。吐瀉物で窒息したかも知れない。インフルエンザだったという説もある。アルコール依存者は免疫力も極端に低下しているから、普通の風邪でも死ぬのかも知れない。

中川昭一の「問題飲酒」を明らかな依存症状態であると判断して治療しなかったからこうなった。

アルコールは危険な薬物だ。酒を飲んでいる奴らを俺は信用しない。俺は飲酒癖を嫌悪している。

有能な芸術家や芸能者で60代ぐらいで急死する人がいる。確実にアルコール常用者だ。大酒飲みは60歳ぐらいで死ぬから覚悟しておけ。

以下、共同通信から。

中川昭一元財務相が死亡 睡眠薬服用、病死の可能性

 4日午前8時15分ごろ、自民党の中川昭一元財務相(56)が、東京都世田谷区下馬の自宅2階にある書斎兼寝室のベッドでうつぶせの状態で死亡しているのが見つかった。捜査当局は行政解剖の結果、死因は循環器系の持病の可能性があるとみて今後、血液や細胞を病理検査して詳しく調べる。

 中川氏は最近、不眠を訴えて睡眠薬を服用していた。行政解剖で遺体からアルコールの成分が検出されたことも判明。警視庁世田谷署などは死亡との関連を調べるとともに、遺書がないことから、自殺の可能性も低いとみている。
学校なんか作って、不正なことを教えているんじゃねぇか!!

英検の問題を事前に生徒に教えていたんだってさ。やることがセコイ。居酒屋程度の発想だ。

なにが、達成感だ。カンニングをしてもとにかく点数を取れば世の中うまく渡っていける、というのが和民の社長の考えだ。

こんな奴らが、教育や経済に偉そうなことを言っているんだ。

教育再生委員会というのはろくでもない奴らばかり集まっている。

くだらない。

いけ好かない。

■■■以下、新聞記事■■■
英検解答、事前に指南…郁文館の前校長ら問題開封

不正受験があった郁文館(東京・文京区で)=三浦邦彦撮影
 東京都文京区の私立郁文館中学・高校の英語教諭3人が2002年まで複数回、同校を会場に行われた「実用英語技能検定」(英検)の問題を試験実施前に開封したうえ、対策講座の名目で中学生に模範解答を指南していたことがわかった。

 堀切一徳前校長(48)=26日付で辞任=も当時、英語教諭として不正に関与しており、27日午前の全校集会で生徒に謝罪した。

 英検を運営する「日本英語検定協会」(東京都新宿区)によると、英検2~5級の試験は10人以上が受験する場合は学校や塾単位で試験会場の指定が受けられるが、これまでに学校からの漏えいは確認されていないという。

 同協会では「信用を裏切られて残念。会場指定取り消しなどの処分を検討したい」としている。合格の取り消しなどの対応は今後検討するという。私立学校を監督する都私学部も「早急に学校関係者を呼んで事情を聞き、事実を確認する」としている。

 英検の問題は、同協会から会場あてに2日前までに送付され、試験開始まで会場側で管理するルールになっている。同校によると、堀切前校長らは送付された問題を事前に開封。解答となる単語などを書かせる学習プリントを作成して、受験する生徒を指導していた。堀切前校長は「生徒たちに達成感を得させたかった」と話しているという。

 同校を経営する学校法人「郁文館夢学園」は、居酒屋チェーン「ワタミ」社長で教育再生会議委員なども務めた渡辺美樹氏(49)が03年3月から理事長に就任している。渡辺氏は26日に報道機関の指摘で不正を知り、同日の理事会で堀切校長の辞任と自らの校長就任を決めた。

 同校では28日午後、緊急の保護者会を開いて、渡辺氏が事情を説明する予定。

(2009年2月27日 読売新聞)
渋い高級車を売っていたサーブはGMの傘下に入っていたのか。

この金融危機でついに破綻に追い込まれた。スウェーデン政府もGMを信頼せず、サーブへの緊急融資を断ったとのこと。

時代は変わる。なにもかも過ぎ去っていく。

そう感じざるを得ない。

ヨーロッパの金融危機は深刻だ。この先、まだまだ名門、老舗の危機を見ることになるだろう。

さまざまな時代を過ごしてきたわけだが、今のような閉塞感、虚無感が漂う時代を味わったことがない。

日本が衰退していくのを身をもって味わっている。特に悲しくもない。傍観者、観察者の立場でしかない。

どのような愚か者が偉そうにしてきたか、今現在どれほど傲慢なことを言っているか、曇りのない目で見届けたい。


俺は東京新聞を購読している。毎日掲載される「こちら特報部」が面白くて購読を決めた。

昨年頃から、もやいの活動を大きく取り上げたり、一貫して「貧困問題」を取り上げている。

いい新聞だと思う。

「こちら特報部」は毎日二本の記事が掲載される。話題になった事件のその後など、週刊誌的な後追い取材が面白い。

昨年の一月は「反貧困」についての特集コラムが充実していた。

その東京新聞の今朝の社説。

週のはじめに考える 反貧困ネットのその後
米国発の金融危機は実体経済に波及して世界同時不況です。一過性でなさそうなのが厄介ですが、危機こそ人間が試される時、腰を据えなければ-です。
 リストラや企業の惨憺(さんたん)たる中間決算、暗い事件の連続といったニュースのなかで、沈みがちな気分をちょっと明るくさせてくれたのが特定非営利活動法人(NPO法人)「自立生活サポートセンター・もやい」(湯浅誠事務局長)のホームページでした。
 十月一日から始まった緊急カンパキャンペーンの中間報告。まだ二カ月に満たないというのに、寄付金総額が「三千四百二十五万二千三百二十四円」に達したというのでした。
 ◆万灯も貧者の一灯も
 「もやい」はホームレスやネットカフェ難民など生活困窮者の相談や生活支援をしている組織。先月に報じられましたからご記憶の方も多いと思いますが、米国のサブプライムローン不況で大ピンチに立たされてしまいました。年間活動予算の四割の千五百万円ほどの資金を提供してくれていた不動産会社が九月、突如、倒産したからです。
 年末を無事越せるのか。関係者をやきもきさせましたが銀行口座や郵便振替口座への振り込みは予想外でした。もやいメンバーの友人や知人、支援者たちのカンパに加えて、「二百万円」「百万円」といった大口は全く見ず知らずの人からの寄付だといいます。
 長者の万灯も貧者の一灯もことのほか貴重。ホームページには感謝の言葉とともに「今年度及び来年度については活動継続の目処(めど)が立った」とあります。もっとも、永続的な活動のためにはさらに多くの草の根の支援を仰がなければなりませんが、多額寄付金は湯浅事務局長を励まし勇気づけているようです。
 ◆大量離職発生の恐れも
 この湯浅さんらの奔走によって昨年十月、貧困問題に取り組む市民団体、労働組合、法律家、学者たちの初めての組織「反貧困ネットワーク」が結成され、十二月には湯浅さんと首都圏青年ユニオンの河添誠書記長共同企画の「反貧困たすけあいネットワーク」が生まれました。こちらはワーキングプアの若者たちの互助組織。社説で「反貧困に希望がみえる」と期待を込めました。 
 それからほぼ一年、反貧困ネットワークは愛知、岐阜、滋賀にも組織ができて全国に広がっています。政官界への労働者派遣法改正や社会保障費削減方針撤回の働きかけ、貧困問題の存在そのものを世に知らせることも大切な取り組みです。「もやい」への多額寄付は反貧困キャンペーンの社会への着実な浸透の表れでしょう。
 しかし、貧困問題の取り組みは転がり落ちる大石を山頂に上げる刑に処せられたギリシャ神話のシジフォスの運命に似たところがあります。すでに全雇用者の三分の一の千七百万人が非正規労働者、年収二百万円以下のワーキングプアは一千万人。そこに世界同時不況の不気味さが加わります。
 厚生労働省の調査では、この十月から来年三月の間に全国で三万六十七人の非正規労働者が失業の見通しで、うち愛知が最多の四千百四人、岐阜千九百八十六人と続きます。企業業績悪化-雇用削減-消費冷え込み-の悪循環が懸念され、今後のさらなる大量離職発生が恐れられています。
 何とも不可解なのが経済危機の現状を「百年に一度の暴風雨」と表現した当の麻生太郎首相から危機感が伝わってこないことです。二兆円の定額給付金などの景気対策が盛り込まれた第二次補正予算案の今国会提出も見送られました。
 世界同時不況の今後は暗いのかもしれません。明るい予測を語る経済専門家もいません。だからといって貧困との戦いをやめるわけにはいかないでしょう。
 貧困は国や社会の衰退から生まれる病です。失業保障や生活保護、医療や年金といったセーフティーネットの機能不全や優しさや思いやりを欠いた社会からも生まれてきます。人間が人間らしく生きるためにどんな社会にするのか、政治に何を求めていくのか。危機だからこそ国民の一人ひとりが真剣に考える時でしょう。
 ◆一銭の儲けもないけれど
 湯浅さんは著書「反貧困」(岩波新書)で、出会った活動家たちに「深甚な敬意」を表します。
 「知り合いの活動家、労働組合のほとんどがワーキングプア。『もやい』でも月六十万円の人件費を四、五人で分け合う。膨大な相談をこなしても一銭の儲(もう)けにもならないが、彼、彼女たちの活動が、日本社会の生きづらさをこの程度に押しとどめている」
 こんな人たちが支える日本の未来を信じようではないですか。