とにかくホルンがティルシャルすぎてすごい。

いい音オケのチェコフィルの能力全開の演奏だ。

全体に近接音で録音されていて、特に金管楽器のブレスがはっきり聞こえる。コラール部の一斉に息を吸う音には、はっとさせられる。このような息遣いが聞こえる演奏こそが聞く価値のある演奏だ。

マタチッチもよくうなっている。

この曲はなんだかもやもやした意味不明の前奏があって、今ひとつ印象が薄かった。第4楽章でも跳躍のあるひょうきんな主部が始まってからしか印象がなかった。今回聞いてみて、これはMozartのレクイエムのなかのレコルダーレじゃないか、と思った。

アーノンクールの考察を読んで、ブルックナーのこの曲についてレクイエムを引用していることを知った。そう思って聞くと面白い場面がいっぱいある。それにしても、ブルックナーが憧れてやまないMozartとはなんと芸風の違うことか!

ひたすら巨大で崇高な「感じ」を突き詰める愚直なブルックナーと、死者のための音楽を書いても透明で儚い風情を漂わせるモーツァルトとはずいぶん方向が違うような。

ブルックナー:交響曲第5番/マタチッチ(ロヴロ・フォン)

¥1,050
Amazon.co.jp

AD
【Carot One】 Fabriziolo ヘッドフォンアンプ

¥27,800
楽天

これが欲しくて注文した。イタリア製のヘッドフォンアンプ。真空管を使ったプリアンプだ。

真空管の味わいがいい。音を聞いてみたらブルックナーのホルンの炸裂音が幅広く聞こえる。
届くのが楽しみ。色合いがいい。にんじん色。

みんなに見せびらかしたくなる。
AD
ショスタコーヴィッチのジャズ組曲。これは掘り出し物。すばらしいアルバムだ。すべての人に聞いて欲しい。790円で買った。安かった!!
ショスタコーヴィチ : ジャズ音楽集 / 2人でお茶を/ブラウティガム(ロナウド)

¥2,039
Amazon.co.jp

プーランク:オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲/クラヴサンと管弦楽のための「田園のコンセール」(リール国立管/カサドシュ)
これがまたいい。「クロード・ジェルヴェーズによるフランス組曲」は知人がアレンジして、地方で演奏したことがあったのだが、プーランクのオリジナルを聞いたのは初めてだ。いいCDを見つけた。

$映画侍、ぶった斬り!!!

あと、エディット・マティスの歌うMozart:戴冠式ミサ。
ペーターシュライヤー指揮のシュターツカペレ・ドレスデン。東ドイツ時代のオールスターズ。曲目も日本版にはない感じのもの。戴冠式とAve verum corpusは定番だが、KV 339のヴェスペレがすばらしい。この曲好き。アダージョとフーガ( KV 546)、フリーメイスンのための葬送音楽、という組み合わせ。

エディット・マティスは美貌で可愛くて、フィガロのスザンナや、魔弾の射手のエンヒェンなんて良かったなあ!いまCDで聞いてみると、歌もうまいなあ。太くて澄み切った声の響き。素晴らしい。

映画侍、ぶった斬り!!!
AD
とにかく、目に付いたそこそこの値段のCDを躊躇なく買ってみた。

シューリヒトのブルックナーの8番9番。ウィーンフィルのホルンが強烈な音を出している。
気持ちよくカタルシスが得られる。ベタな熱演。ブルックナー中毒者はこんな感じの演奏を欲しているんだな。
Symphonies No.8 & 9/A. Bruckner

¥1,692
Amazon.co.jp

ベイヌム/コンセルトヘボウのCD。ブラームスの交響曲全集、ブルックナーの9番を買った。
ブルックナーの9番はすごい。シューリヒトより俺は好き。コンセルトヘボウのホルンの深々とした音が凄い。管楽器もチャーミング。弦楽器のしなやかさはため息が出る。この時代のコンセルトヘボウを生で聞きたかった。録音は古くて、スケルツォのティンパに連打のあたり音程がゆがんでいる。でも全体の響きは鮮明に聞き取れる。ブラームスもすばらしい。四番が特に好き。一楽章の始まりのため息とか、二楽章の古色蒼然たるホルンの響き、チェロのメロディなど枯淡の味わいがある。

ブルックナー:交響曲第9番/ベイヌム(エドゥアルト・ヴァン)

¥1,200
Amazon.co.jp

ブラームス:交響曲全集/ベイヌム(エドゥアルト・ヴァン)

¥2,400
Amazon.co.jp

マタチッチのブルックナー、二枚。七番と五番。この演奏も大好き。チェコフィルのホルン、管楽器の艶やかな響きが好きなんだ。弦楽器もつやつやしている。チェコフィルのホルン吹き、ティルシャル兄弟に会って話をしたことがある。普通のあんちゃんだった。舞台裏で聞いているとあのチェコフィルの音。ノイマンの指揮で日本に来たときだ。懐かしい。


ブルックナー:交響曲第7番/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 マタチッチ(ロヴロ・フォン)

¥1,200
Amazon.co.jp

ブルックナー:交響曲第5番/マタチッチ(ロヴロ・フォン)

¥1,050
Amazon.co.jp

ケーゲルのマーラーの三番。ドラティのマーラー9番。どちらも激安ワゴンに入っていた。ドラティなんて540だったかな?ケーゲルも990円。十分楽しめる内容。ライブ録音はどんな演奏でも聴いてみたい。わくわくしてくる。

マーラー:交響曲第3番 ヘルベルト・ケーゲル指揮ドレスデン・フィル他/マーラー

¥4,600
Amazon.co.jp

マーラー:交響曲第9番 アンタル・ドラティ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団/グスタフ・マーラー

¥2,300
Amazon.co.jp

苛立つことばかりの世情だが、俺はいたってハッピーだ。

ハワイの若き歌姫、ライアティア・ヘルムを聞いてご機嫌だ。
Hawaiian Blossom/Raiatea Helm
¥1,346
Amazon.co.jp

NHK BSのAmazing Voiceで見て知った。伝統的なファルセットを使う唱法を子供のころから古いレコードで聞き覚え、現代に生きる音楽として歌っている。

「伝統を現代に」

これこそ、立川談志が古典芸能に求めたモットーだ。伝統の上に立ち新しい創造をする。苦しい道だ。
  


半日、ヨドバシカメラでヘッドフォンを試した。iPod とiBassoのヘッドフォンアンプを持って、あれやこれや試した。密閉式のいいのが欲しかった。

・・・で、SHURE SHR940が一番いい。中音域の抜けのよさ!解像度の高さ!!見た目のかっこよさ!!!

SHURE リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940/SHURE

¥19,800
Amazon.co.jp

これ。欲しい。


SENNHEISER HD25-1II 
これもすばらしい音がする。
Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン HD25-1:2 『並行輸入品』/Sennheiser

¥17,920
Amazon.co.jp

バランスがよく、解像度もいい。「音楽的」とすら言いたくなるような音の伸びがある。・・・・だが、多くの人が言っていることだが、作りが安っぽい。驚くほどチープな感じ。なのに音がいい。2万円近く払うならSHUREのほうがいいのだが、こっちも気になる。

いっそ、両方買っちまおうか。

悩むところだ。

試聴に使ったCDは レヴァイン/ウィーンフィルの「白鳥の湖」

チャイコフスキー:3大バレエ組曲/レヴァイン(ジェイムズ)

¥1,800
Amazon.co.jp

ガーディナーのモーツァルト ハ短調ミサ
モーツァルト : ミサ曲ハ短調「グレイト」/ガーディナー(ジョン・エリオット)

¥2,548
Amazon.co.jp

ジェフリー・テイトのモーツァルト
モーツァルト:後期5大交響曲集(来日記念盤)/テイト(ジェフリー)

¥3,000
Amazon.co.jp
アーノンクールのCDを非圧縮でiPodに入れ、iBasso A02をつなぎ、AKG K121 Studio で聞く。
ヘッドフォンアンプは効果絶大。音の精度が格段に上がった。空間の広がりもいい。

トラベルソ一本と歌の小さなアンサンブルから、合唱とトランペット三本がフォルテで歌いまくる 曲まで音量の幅が大きく、なかなかいい音で聞けなかったが、ヘッドフォンアンプを入れることで相当改善した。

テナーソロと重なっている音が、バスーンなのか、オルガンなのか、チェロかビオラか、というあたりが良く聞き取れる。中音域の音の伸びがいい。低音域も引き締まった感じで全体がクリアに聞こえる。

コールアングレの幅の広いリードの歪み音(ガチョウの鳴き声みたいな感じ。ブレスやフレーズの変わり目にどうしても入ってしまうゆらぎ音)まで克明に聞き取れる。楽しい。

バッハのロ短調ミサが好きで、ずっと聞き入っている。俺はオケでこの曲を二回演奏したことがある。東京カテドラルと紀尾井ホール。プロだからね。コーラスでも二回やったかな?これは物好きでアマチュアの合唱に入れてもらったんだ。

最近、英国大使館合唱団の演奏を目黒で聞いて、またこの曲のCDを聴きたくなった。

冒頭のキリエの叫びから、バッハとしか言いようのない、たくましい歩みのようなフーガ。

クリステ エレイソン の華麗なギャラントスタイルのデュエット。この曲好き。

その後の、二度目のキリエ。倍全休符なんてめったに見ないけど、この曲のスコアを見ればいっぱい見る。音楽史の授業や楽典でサンプルに出てくるのがこのキリエだな。バッハの時代にはもはや古いスタイル、古様式で格調高く収まる。

トランペット三本で三拍子の グローリア。Et in terra pax からの四拍子がいいな。胸に迫る。神の数は3、地上=人間をあらわす数は4だからね。この箇所のブレーキ感と「地に満つる」感が大好き。

次の Laudamus te がまたいいんだ。ここまで聞くともう止まらなくなってくる。ソプラノのソロだが、その前のヴァイオリンソロのリズムパターンが癖になる。

Gratias agimus tibi の厳かな合唱。感謝します、と言うわけです。この曲がまたすごい。大クレッシェンド楽曲。アラブレーベでまたしても倍全休符、倍全音符が出てくる。他の曲では見たこと無いね。楽典の教科書には必ず載ってるけど。

ああ、止まらない。このくらいにしよう。どうせ誰も読んでるはず無いんだから。
自分のためだけに自分の気まぐれに書き飛ばす。

恋愛感情の高揚感!

モーツァルトの「コシ ファン トゥッテ」でも歌われる恋愛の陶酔が面白かった。

「やったーーーーー!」という翌朝、町中が踊りだす感じ。俺にも経験がある。ああだよな。あの場面良かった。

長澤まさみ演じるみゆきの、あまりに魅力的で挑発的で何を考えているのかわからない感じに、俺は主人公同様イライラさせられる。見ている方俺もグラグラになってしまうほどみゆきは可愛い。だが、なぜあのような態度なのか。だんだん怒りも湧いてくる。

麻生久美子演じるるみ子もリアリティがある。あの種の「馬鹿女」が迫ってくる感じは恐ろしい。恐ろしいが大爆笑だ。なりゆきでああなってしまって、さらにダメダメになっていく。

結局、リリーフランキー演じる糞ジジイに弄ばれ、初めて自分が「自分探し馬鹿女」だとわかるところがよかった。牛丼を貪り食うシーンにるみ子の成長が伺えて俺は「よし!」と思った。

みゆきが抱えている闇が明らかになり、俺はみゆきが理解できた。ああいう女はいる。不幸な馬鹿女だ。

主人公が愛情を告白した時の断り文句がみゆきのジレンマをよく表している。みゆきも「本当の自分探し馬鹿女」に類型化される。何かの向上を目指していて、自分の向上や成長のためには、こんな惨めな境遇も喜んで受け入れる、という馬鹿さ加減。

だからだめなんだよ。んだすげまいね。

あれこれあって、主人公が不条理に突き進むのが恋愛の陶酔なのだ。走れぇ!なのだ。仕方ない。

俺の大好きな仲里依紗が、ほんの少しだけ実にチャーミングに登場してくる。馬鹿女にはちがいないのだが、可愛げがある。

モテるとはなにか。

好きな女に好かれること。これが一番大事だ。

嫌いな女に迫られても怖いだけ。可愛いと思っても、子連れのキャバ嬢と付き合うかどうかは考えてしまう。この主人公は、結局なかなかモテないのだ。

男はこんな感じだけど、女の人は、好きでもない男から何人にも言い寄られれて困ることがあるだろう。それはモテているようだが、全くそうではない。ひどい場合はストーカーされる心配もある。

モテてモテて困る。それは冗談ではなく、よくある事だと思う。

俺は、リリーフランキー演じる墨さんのような糞ジジイになりたい。るみ子さんが心底呆れるほどの馬鹿が墨さんだが、そのことでるみ子さんが成長できたんだから。自分が馬鹿だと自覚できたんだから。

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ
ひどい目にあう少女とその少女の唯一の友人、おじさん(アジョン)の物語。

少女は、これでもかという悲惨な境遇に陥る。少女の隣人であるおじさん(アジョン)は超人的な活躍で困難を乗り越える。しかし、少女の運命はもはや風前の灯・・・。いや、取り返しの付かないところに来てしまった・・・。強いサスペンスが生まれる。少女の命は?犯罪者たちは裁かれるのか?主人公のおじさん(アジョン)の正体と運命は・・・・?

無垢な少女の姿はあまりに哀れで、共感を呼ばずにはいられない。少女に降りかかる悲劇は、どんなものでもいい。継子いじめ、孤児、犯罪に巻き込まれる、貧困などなど。

この作品で少女が巻き込まれる悲劇は、臓器売買という陰惨な犯罪とやくざだ。子供を犯罪に使う手口がきめ細かく描かれる。麻薬の運び屋、加工工場の作業員、挙句の果てに生きながら眼球をえぐられ、角膜をとるために無造作に命を奪われる。

細かい伏線が生きていてぐっと来る。結末も注意深い観客なら読み取るはずだ。
いや、この結末が読めない観客の目は節穴だろう。映画は見るものだ。映像を読み解かなくては面白さが半減する。

韓国映画の成功は、きめ細かい伏線とその丁寧な回収にあると見た。王道の「ベタ」をやりきる力がある。

少女の唯一の自慢は、ネイルアート。この伏線の回収は痛々しい。

可愛らしいシールのような絆創膏をある人物に張る場面がある。この伏線が結末に生きてくる。俺は感心した。そうか、やっぱりそうか、と、映画の演出意図が理解できた喜びだ。

笑ったのは、中国語の通訳の男。取調べで食事を頼んだことが伏線になる。次にその男が画面に出てきたとき「私は食事を注文しただけです・・・・」と泣いているがよかった。うまい伏線だ。

印象に残る少女の台詞。

「おじさんに無視されて嫌われても、私はおじさんを嫌いにならないよ。だって、私がおじさんを嫌いになったら、私が好きな人がこの世から一人もいなくなるから。」

泣かせる台詞。

悪役が卑劣で憎憎しく、ウォン・ビン演じる主人公、アジョンが何度殺しても飽き足らない感じでいい。アジョンの敵役の中国人やくざがいい。なにも説明しないところが特にいい。

映像のみが真相を語る、映画らしい映画だ。映画好きは見るべし。

iMac 注文!!

テーマ:
オンラインで注文した。

21.5インチの高いほう。1Tのハードディスクがついている。
メモリを8Gに増やし、ソフトをいくつかつけて18万円ほど。

あとは送られてくるのを待つだけだ。

楽しみ!!

物欲で心を満たすのは久しぶりだ。わくわくして待ちたい。