ショスタコーヴィッチのジャズ組曲。これは掘り出し物。すばらしいアルバムだ。すべての人に聞いて欲しい。790円で買った。安かった!!
ショスタコーヴィチ : ジャズ音楽集 / 2人でお茶を/ブラウティガム(ロナウド)

¥2,039
Amazon.co.jp

プーランク:オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲/クラヴサンと管弦楽のための「田園のコンセール」(リール国立管/カサドシュ)
これがまたいい。「クロード・ジェルヴェーズによるフランス組曲」は知人がアレンジして、地方で演奏したことがあったのだが、プーランクのオリジナルを聞いたのは初めてだ。いいCDを見つけた。

$映画侍、ぶった斬り!!!

あと、エディット・マティスの歌うMozart:戴冠式ミサ。
ペーターシュライヤー指揮のシュターツカペレ・ドレスデン。東ドイツ時代のオールスターズ。曲目も日本版にはない感じのもの。戴冠式とAve verum corpusは定番だが、KV 339のヴェスペレがすばらしい。この曲好き。アダージョとフーガ( KV 546)、フリーメイスンのための葬送音楽、という組み合わせ。

エディット・マティスは美貌で可愛くて、フィガロのスザンナや、魔弾の射手のエンヒェンなんて良かったなあ!いまCDで聞いてみると、歌もうまいなあ。太くて澄み切った声の響き。素晴らしい。

映画侍、ぶった斬り!!!
AD