まったく観客動員が無いんだって。いわゆる大コケらしい。

痛快だ。

そこらにウジョウジョ歩いている田舎モンのガキンチョたちにまったくヒットしないということだ。

俺の見に行った映画館は、小さめの客席だったが結構たくさん入っていた。割と年配の夫婦みたいのが多かった。高田文夫先生が大絶賛の西村賢太の読者とかぶっている感じがする。森山未来も前田敦子にも興味なさそうな人たちが多かったのだ。

その人たちは満足して映画を見たはずだ。

それでいい。

それでいいから、見る人だけ見て、早いところ打ち切ってくれ。
AD
シモキタがどうたら言う不思議ちゃんサブカル馬鹿女をやっつける北町貫多が最高だった。拍手したくなったぜ。そうこなくちゃ。

中卒の日雇い労務者、北町貫多の鬱屈した日常を森山未来が好演している。どこかのインタビューで見たが、森山未来は、ちっとも北町貫多に共感していない。むしろ憐憫を感じる、と言っているそうだ。それを聞いた原作者の西村賢太がよろこんだそうだ。いい話だ。

いい歳をした日雇い労務者のオッサンが若造の北町貫多たちに説教する場面がある。おい、おまえら夢を持てよ!という。マキタスポーツが本人そのままのキャラで出演していて、台詞の一つ一つに笑ってしまった。俺は、歌がうまいんだ、というたびにおかしくて・・・。マキタスポーツ、最高!!

前田敦子って、顔がダウンタウンの浜ちゃんそっくりだね。どんぐりまなこ、口の感じ、角ばった顎の形など・・・。

でも、顔じゃなくて、あの頼りなげな儚げな感じがガキンチョの心を捕えて離さないのだろう。守ってあげなくちゃ、過呼吸で倒れちゃう・・・・、あっちゃん!!というわけだ。泥まみれの熱演?をしていた。がんばったね。

山下敦弘監督って、駄作「リンダリンダリンダ」を撮りやがった糞野郎だが、今回の「苦役列車」は良かった。・・・と思う。俺は、きっとひどい作品だろうと先入観を持って行ったら、最後までびしっと決まっていた。大ヒットはしないだろう。でも俺はこの映画が好きだ。

主人公、北町貫多の粘着体質の鬱陶しさにリアリティがあった。破滅していくしかないと見せて、最低の状況でかすかではあるが強烈な向上心が形を成していくところの見せ方が秀逸だった。




AD