1954年に作られたイタリア映画「道」。

とにかく、ジェルソミーナが可愛くて切なくて。いま考えてみると、ジェルソミーナは「知的に遅れのある」女だ。横暴なアンソニー・クイン演じる旅芸人のザンパノにこき使われる。ザンパノに依存するしかない、無力な人格として描かれている。

ジェルソミーナのしでかす失敗は、旅芸人の親方としては苛々の種だ。しかし、その悪意のなさに思わず笑ってしまう。天然のピエロだ。一生懸命やればやるほど、おかしくて切なくて。

今思い出すだけでも胸が熱くなってくる。ジェルソミーナに深い愛情を感じてしまう。ザンパノも自覚していなかったが、心の底でそのようなことを感じ取っていたのだろう。映画の最後の慟哭はそのためだ。もうすべてが遅いのに。そこがいっそう切なさをかき立てる。

現代の人権感覚から言えば、大変な虐待、人権侵害だ。こんな映画をいま作ろうと思っても絶対に作れない。あらゆる人権擁護団体から抗議が殺到するだろう。これがイタリア映画の古典的名作で、行政主導の「鑑賞会」などで好んで取り上げられるのが面白い。

有閑マダムさんが記事にされているので触発されて。

道 [DVD]

¥3,300
Amazon.co.jp

NHKの教育テレビで初めて見たのかどうか。子供の頃見たと思う。一番最近見たのは、地元の市民会館で「鑑賞会」のような催しがあって「自転車泥棒」「鉄道員」などと一緒に大きなスクリーンで見た。もう、7年ぐらい前になるかな?

ザンパノの仕打ちは本当に酷い。なのに、この映画が好まれ、繰り返し見られるのはなぜだろう。

俺の考えでは、やはり、ジェルソミーナの愛らしさなのだと思う。演技とは思えない、ジェルソミーナの、のろまぶりが心に残る。イタリア版「山下清・裸の大将」だ。

山下清氏も、知的障碍をもった人だ。日常生活では周りの助けがないと過ごせなかったようだが、貼り絵や、絵画、日記などで多くの人に愛された。思わず笑ってしまう言動も多くの人に愛された所以だ。テレビドラマにもなり、芦屋雁之助、ドランクドラゴンの塚地が演じて、高視聴率をとっている。

身の回りにたくさんいる知的障碍者たちの愛らしさ!!電車の車掌の真似をしている自閉症のいい歳をしたおじさん!まん丸の顔でにこにこ歩いてくるダウンの子供!見えない天使と話しているのではないか、と思うほど、虚空を見つめぶつぶつつぶやいている真っ白な頬の美少女!

なんて愛すべき人々なのだろう。知的障碍者のことを知れば知るほどそう思う。知らないと言うこと=無知が偏見を育て、偏見が差別を生む。

彼ら彼女たちは不完全に生まれてきた人たちではない。生まれてきたありのままで、尊いのだ。石井筆子も「人は人であることで神聖である」と言っている。俺は全くその通りだと確信している。

この映画になんらかの感興を覚える人は、実は心の底でそのことを認識しているのではないか、と密かに思っている。愚かな人から感じられる聖性を心の底で感じ取っているに違いない。

この映画をまた見たくなった。
AD
前の記事で書き足りなかったことを書く。

グロテスクな自己愛とは、家族愛のことだ。自分の娘、息子を自分の拡張自我として偏愛する姿が美しいわけないだろ!!

自分のガキの写真だけを何の説明もなしに年賀状にしてくる馬鹿!お前だよ。

家族愛は利己的な自己愛の極みなのでキモいのだ。

キャメロン・ディアス演じる母親の不気味さは、ビジュアルでもキモい!!

鏡の前で、いきなり髪をバリカンで刈り上げるシーン!正視できないくらい怖い!落ち武者の亡霊のような顔つきなのだ。これが、「エエ話し」のエピソードとして出てくるのがいたたまれない。

そんな母にほだされる反抗期の長女が嘘くさい。死に行く思春期の病人としては底が浅いんだよ。

そういうところが嫌。この映画。

AD
この映画に出てくる主人公夫妻はものすごい。長女が白血病であることがわかると、医師の遠回しなサジェスチョンによって、将来、長女の延命に必要であろう骨髄や、臍帯血、腎臓を移植するため、移植しやすい遺伝子をもった妹を作ってしまう。長女のスペアだ。

その考えかた方にまず吐き気が襲ってくる。

で、スペアの妹が成長して、自分の腎臓を姉に提供することが嫌だと言って、有能な弁護士を雇い、母親を訴える。母親はかつて弁護士だった。

母親は自分の下の娘の言い分に納得するだろう。当たり前だ。ところが、アメリカがそうなのか、母を演じるキャメロン・ディアスがそうなのかわからないが、母親は幼い妹の言い分を頭ごなしに否定する。法廷で、自分の14歳の娘と争うのだ。

全く不愉快。

あとは、感傷的なお涙頂戴場面がだらだら続く。

臓器移植について漠然と医療技術の進歩であってすばらしいことだ、と感じる人が多いだろう。

福岡伸一先生の臓器移植についてのコメントや解説を聞くと、臓器移植というものがどれだけ非人間的でグロテスクな行為か考えさせられる。

短く言うと、生物は全てどこからどこまでが心臓で、どこからどこまでが肝臓だ、などと部品のように切り分けることができない。そのようなものであるのに、他人の臓器を切り分けて移植する。他人の臓器を受け入れるために、生物に本来備わっている、異物に対する「拒絶反応」を薬物で抑制し、極めて不自然な形で騙し騙し安定したかのように見せかける。これが医療行為と言えるのか。

映画は、泣かせる場面がたくさんあるので、泣いている観客が多かったが、俺はまったく共感できなかった。

映画の語り口が問題。それぞれの主観ナレーションが交錯して混乱する。映画の視点が誰のものなのかわからなくなる。その結果、誰にも共感できなくなってくる。

しかも、出てくる人物たちが底の浅い、いい人ばっかり。え?そこスルーかよ?というようなゆるい人間関係。

瀕死の病人が出て、死んで、母親が泣く。そういう映画だ。

妹が母を訴えたのも、ある理由があってのことだったのだが、その理由もそれでよし、なのかよ?という感じ。死ねばなんでもありなのかよ。

問題は「ミリオンダラーベイビー」で扱われた事柄になってくるだろ。そこのところの追及はしないの?

家族はそこで葛藤して苦しむはずじゃないか。妹の意志の問題にすり替わってしまって、本当の問題がスルーされているのが最後まで気になった。

感傷的なだけで、扱っている問題が大きそうなふりをし、論理的な思考が全くなされていない頭の悪い作品だ。
AD
アルコール依存者によくある事故死だ。

アルコールと睡眠薬のカクテルは死を招く。吐瀉物で窒息したかも知れない。インフルエンザだったという説もある。アルコール依存者は免疫力も極端に低下しているから、普通の風邪でも死ぬのかも知れない。

中川昭一の「問題飲酒」を明らかな依存症状態であると判断して治療しなかったからこうなった。

アルコールは危険な薬物だ。酒を飲んでいる奴らを俺は信用しない。俺は飲酒癖を嫌悪している。

有能な芸術家や芸能者で60代ぐらいで急死する人がいる。確実にアルコール常用者だ。大酒飲みは60歳ぐらいで死ぬから覚悟しておけ。

以下、共同通信から。

中川昭一元財務相が死亡 睡眠薬服用、病死の可能性

 4日午前8時15分ごろ、自民党の中川昭一元財務相(56)が、東京都世田谷区下馬の自宅2階にある書斎兼寝室のベッドでうつぶせの状態で死亡しているのが見つかった。捜査当局は行政解剖の結果、死因は循環器系の持病の可能性があるとみて今後、血液や細胞を病理検査して詳しく調べる。

 中川氏は最近、不眠を訴えて睡眠薬を服用していた。行政解剖で遺体からアルコールの成分が検出されたことも判明。警視庁世田谷署などは死亡との関連を調べるとともに、遺書がないことから、自殺の可能性も低いとみている。