学校なんか作って、不正なことを教えているんじゃねぇか!!

英検の問題を事前に生徒に教えていたんだってさ。やることがセコイ。居酒屋程度の発想だ。

なにが、達成感だ。カンニングをしてもとにかく点数を取れば世の中うまく渡っていける、というのが和民の社長の考えだ。

こんな奴らが、教育や経済に偉そうなことを言っているんだ。

教育再生委員会というのはろくでもない奴らばかり集まっている。

くだらない。

いけ好かない。

■■■以下、新聞記事■■■
英検解答、事前に指南…郁文館の前校長ら問題開封

不正受験があった郁文館(東京・文京区で)=三浦邦彦撮影
 東京都文京区の私立郁文館中学・高校の英語教諭3人が2002年まで複数回、同校を会場に行われた「実用英語技能検定」(英検)の問題を試験実施前に開封したうえ、対策講座の名目で中学生に模範解答を指南していたことがわかった。

 堀切一徳前校長(48)=26日付で辞任=も当時、英語教諭として不正に関与しており、27日午前の全校集会で生徒に謝罪した。

 英検を運営する「日本英語検定協会」(東京都新宿区)によると、英検2~5級の試験は10人以上が受験する場合は学校や塾単位で試験会場の指定が受けられるが、これまでに学校からの漏えいは確認されていないという。

 同協会では「信用を裏切られて残念。会場指定取り消しなどの処分を検討したい」としている。合格の取り消しなどの対応は今後検討するという。私立学校を監督する都私学部も「早急に学校関係者を呼んで事情を聞き、事実を確認する」としている。

 英検の問題は、同協会から会場あてに2日前までに送付され、試験開始まで会場側で管理するルールになっている。同校によると、堀切前校長らは送付された問題を事前に開封。解答となる単語などを書かせる学習プリントを作成して、受験する生徒を指導していた。堀切前校長は「生徒たちに達成感を得させたかった」と話しているという。

 同校を経営する学校法人「郁文館夢学園」は、居酒屋チェーン「ワタミ」社長で教育再生会議委員なども務めた渡辺美樹氏(49)が03年3月から理事長に就任している。渡辺氏は26日に報道機関の指摘で不正を知り、同日の理事会で堀切校長の辞任と自らの校長就任を決めた。

 同校では28日午後、緊急の保護者会を開いて、渡辺氏が事情を説明する予定。

(2009年2月27日 読売新聞)
AD
久々にわくわくする映画だ。

内容や出来はどうでもいい。深田恭子のドロンジョ様が見られたらそれだけでいい。

「下妻物語」で、衆愚に媚びない孤高のゴスロリ少女を好演した深田恭子にはなんだか思い入れがある。

アイドルとしては、なんだかデブだし、勘違いバカ女のような感じもするのだが、映画のなかの深田恭子さんはいい。

今回のドロンジョは、よく引き受けてくれた!深田恭子、えらい。自分に求められているものをよくわかっている。

あの体つきから発散する「エロ」はなかなか他のアイドルや女優では出せない。古くは、エリザベス・テーラーのような大女優のみ発散できる「エロス」だ。広末涼子や竹内結子も好きだが、見た目があっさりすっきりしていて、濃厚なエロスは感じにくい。その点、深田恭子はいいでしょう。

なんて、どうでもいいか。

どうせ誰も読まない書き飛ばしblog。なんだって書いておけ。
AD
あまりメディアでは言及されていないのだが、どうにも嫌でたまらないことがある。

馬鹿麻生、ass hole 麻生のことだ。

オバマと対談したあと、テレビのカメラに背を向けて、オバマと何か話していた。あの行為が許し難い。

こそこそと薄汚い内緒話。どぶねずみの振る舞いだ。

どういうつもりだ?

忖度もしたくない。

ただただ不愉快なものを見せられた。あんなことにオバマを巻き込んだ麻生がただただ嫌いだ。

やることなすこと不快きわまりない上に、声も汚い、顔つきはねじ曲がっている、テレビに映し出されると即座にチャンネルを変えたくなる。

直ちに首相を辞めてくれ。こんなことしか言えない自分が情けない。

こんな暗愚宰相が威張り腐っている我が国が情けない。
AD
テッサのような奔放さに振り回されるのはごめんだ、と思った。

ひどいじゃないか。

俺はジャスティンに大いに同情する。

正義か何か知らないが勝手に何の説明もせずに出かけていって殺されるなんて。

アフリカで行われている不正義はわかる。それを糺そうとする情熱もわかる。でもそれをジャスティンに相談もせず勝手に下らない男に身体をまかせるようなことまで約束して。

ヒロイズムに酔っているとしか思えない。

くだらねえよ。

ナイロビの蜂/洋画

¥3,551


以下のアルコール依存の説明を読んでくれ。中川昭一、どこか近くにあるAAに行きなさい。

1<アルコール依存症は、飲酒のコントロールを失う病気>
飲み始めたら止まらない病気。

2<失ったコントロールは取り戻せない>
治らない病気。

3<進行性で死に至る病気>
次第に悪くなっていく病気。

4<アルコール依存症は身体の病気>
次の一杯を飲みたいという体の衝動。

5<唯一の解決法。それは断酒>
最初の一杯に手をつけなければ、飲みすぎることは決してありません。

6<断酒ができない精神の病気>
自分の意思の力で止められるという幻想。

7<否認の病気>
自分はそんな病気ではないという逃避。

8<解決はある>
一方で多くの人たちが助かっている事実。

9<早ければ早いほど良い>
早すぎるということもなければ、遅すぎるということもありません。

10<あなたにしか決められない>
毎日の選択。決められるのはあなただけ。
仕事で横浜の某所にあるAAに行ったことがある。

AAとはアスキーアートのことではなくAlcoholics Anonymousのことだ。

Alcoholics Anonymousは何かというと、断酒を志すものがお互いを励ましあいながら断酒状態を維持していけるように考えられた相互啓発組織とでも言おうか。

カトリックの聖職者たちがアルコール依存に陥り、その状態を克服するために試みたことが始まりだと言われる。

ディズニー映画の「ファインディング・ニモ」に出てくる、魚を食べないようにしている鮫の集会の描写がある。あれは完全にAlcoholics Anonymousの集会のパロディだ。あれは爆笑だった。

酒を飲まなくなって変わった人生を語り合ったり、酒の上でどのようなひどい失敗をしでかしたかなど、とにかく語り合って、酒を飲みたくなる瞬間をやり過ごす。誰でもいつでもその場所に行ってよいように場所がしつらえてある。本名や仕事を言う必要はない。それが Anonymous の意味だ。

俺が取材に行ったときも、数人のホームレスっぽい人たちがいて思い思いに時間をすごしていた。コーヒーやスナック類が用意されていて、煙草も吸ってよい。その中の一人が、俺にアルコールで失われた半生を語ってくれた。坊主刈りの年配のホームレスだったが、横浜のAAの管理人というか代表だ。

「アルコール依存は、この吸いかけの煙草と同じ。」その人はそう言って煙草を見せた。

「ここまで吸ってある煙草の火を消せば、この長さ。また火をつけたら根元まで燃えていく。これと同じで、酒をやめているということは、火が消えているのと同じ。また飲み始めるというのは、この吸いかけの煙草に火をつけることと同じだ。新しい煙草に火をつけるのではなく、根元まで吸ってしまったら死ぬしかない」

このたとえ話が印象的だった。

こんな話を聞いて給料をもらっていた時期があったなあ。懐かしい。
渋い高級車を売っていたサーブはGMの傘下に入っていたのか。

この金融危機でついに破綻に追い込まれた。スウェーデン政府もGMを信頼せず、サーブへの緊急融資を断ったとのこと。

時代は変わる。なにもかも過ぎ去っていく。

そう感じざるを得ない。

ヨーロッパの金融危機は深刻だ。この先、まだまだ名門、老舗の危機を見ることになるだろう。

さまざまな時代を過ごしてきたわけだが、今のような閉塞感、虚無感が漂う時代を味わったことがない。

日本が衰退していくのを身をもって味わっている。特に悲しくもない。傍観者、観察者の立場でしかない。

どのような愚か者が偉そうにしてきたか、今現在どれほど傲慢なことを言っているか、曇りのない目で見届けたい。


廃棄処分した大量の食料に心が痛まないコンビニの本部。

廃棄品がどれだけ出ようが、損はコンビニの経営者がかぶるように出来ている。

詐欺だ。廃棄品を一定以上出すように通達する内部文書もある。

損を最小限にしようとして値引き販売をしようとしたコンビニの経営者をいじめ抜くコンビニ本部。

今日のセブンイレブンの記者会見を見れば、ひとめでコンビニ本部がどれだけフランチャイズの経営者に冷酷かよくわかる。しみったれた、どす黒い顔の奴らがふんぞり返っていた。

自民党が力を失ってきたことと関係があるだろう。オリックスの宮内のような政商の尻に火がつき、セブンイレブンを初めとしたコンビニ業界にも司直の手が入る。

いままで威張りくさっていた奴らをどんどん引きずりおろせ!

コンビニ本部の不正を徹底的に暴き出せ!!
ここに引用するのも不愉快だが、酒を飲んだとか飲まないとか言っていた中で「文字通りたしなむ程度。飲んではいない。口に含んだだけ」という言い草があった。

この言い訳にものすごく腹が立った。だいたい「たしなむ」という言葉の使い方が、口に含むか、嚥下したかどうかの比較に出てくること自体間違っている。

「たしなむ」という言葉を「少し飲む」という意味で使っているのだろうか?

馬鹿め。

こいつは間違いなくアルコール依存だ。酒飲みの言い訳は、常に「飲んでいない、口に含んだだけ」と言う。そしてそう言いながら泥酔している。全国に多数ある「アルコール問題家族」はこの中川昭一と同じ言い訳を何回聞いてきたことだろう。

家族(多くはその家の主)にアルコール依存者がいて、様々な問題飲酒のパターンを嫌と言うほど味わってきている人々は結構多いと推測する。日本は問題飲酒天国だ。汚らしい酒の飲み方を容認する風土がある。特に田舎ほど。

酒の上での重大な失敗。財務金融大臣であろうが、世界規模の会議の席上であろうが、アルコール依存者はしでかす。ここでやってはいけない、というタイミングでしでかす。

いずれにしろ、中川昭一の顔を二度と見たくない。帯広のAAにでも通って、ちゃんと断酒できたら本を書け。アルコール依存の悲惨さを世界に向けて書いてやれ。それまで世界の物笑い。仕方ないだろ、中川昭一。中川一郎の息子。