「あの日」を克明に覚えている。玉音放送を聞き、敗戦を悟り皇居前にひれ伏した「あの日」・・・・じゃなくって。。。。(w


夜10時からTBSラジオ「アクセス」を聞いていた。asahi.comに、おや?というような画像が貼ってある。火事のようだ。ビルから煙が・・・・ え?貿易センタービル?ニューヨーク?ラジオから小島慶子アナウンサーの声でニュースが読み上げられる。ビルに小型機が衝突、炎上している・・・すぐにテ レビ朝日の「ニュース・ステーション」を見に走る。その後深夜までテレビの前に釘付け。

 

ユナイテッド航空93便 は定刻より15分ほど遅れてニュージャージー州ニューアーク空港からサンフランシスコに向けて飛び立つ。ありふれた日常を乗せて。2001年9月11日の朝だ。素晴らしい快晴のマンハッタンを見下ろしながら。

UA931  

アルカーイダの若者たちがホテルの一室でコーランを読みメッカに向けてひれ伏す場面からこの映画は始まる。淡々とした描写。ハンディカムを使い、ドキュメンタリ・タッチで出来事が時間の順に語られていく。

 

 

その朝は次々と異常事態が起こり、空港の管制官も軍も政府もまったくの混乱状態に陥っていくことが語られる。いくつもの旅客機が管制官からの支持に 応答せずにコースを変え急降下する。ハイジャックされたとの情報も未確認なままだ。管制官がレーダーで追尾していたアメリカン航空11便が突然レーダーか ら消え去る。


マンハッタンの貿易センタービルに「小型機が衝突した」との情報が入る。航空管制の担当者がCNNのその画像を見ると、小型機とは思えない大きな穴がビルに空いている。混乱の極みのなかでやっと目の前で起こっている出来事の恐ろしさがわかってくる。

他の応答しない航空機はどうなるのか?衝突したのはアメリカン航空機11便なのか?なにもかも未確認のまま、目の前でもう一機がビルディングに衝突する。この場面の衝撃は忘れない。俺もテレビの前で声をあげた。映画のピークも実はこの場面だ。不覚にも涙がこみ上げてくる。

UA933

 

これら一切のことがあったにもかかわらず、ユナイテッド航空機は飛び続ける。アルカーイダのメンバー四人を乗せて。

淡々とした描写の積み重ねが恐ろしいサスペンスを生む。アルカーイダのメンバーの恐怖心も感じられる。乗客乗員の混乱と恐怖も身に迫る。


この事件の直後、ホワイトハウス突入を阻止した乗客たちの反撃が美化されてさんざん語られた。特に原理主義基督教徒たちが、クリスチャンの誰それが いかに自分の命を省みずアルカーイダに立ち向かったか、というような話だ。英雄譚になってしまっている。一般の新聞でも読んだし、熱心に語り聞かせる鬱陶 しい知り合いがいた。


この映画はそのような映画でなかった。誰一人英雄めいた人物が出てこない。アルカーイダの四人も乗客たちもごく普通の人間にすぎない。それなのにこの悲劇。アルカーイダの目的は達せられなかったが乗客乗員は全員死亡した。

UA932

航空機が何機も乗っ取られ、軍も政府もなすすべもなく何千人もの命が失われた。アメリカの衝撃は計り知れない。もっとも、アメリカはよその国に原爆 を落としたりして何十万人も一遍に殺しているけどな。東京の大空襲だってひどい話だろ。非戦闘員をめちゃくちゃに殺すのは日本だって支那や朝鮮でやったけ どさ。おたがいさまだね(w


アルカーイダの四人が乗客たちの反乱に怯えて一心に「アッラー、アクバル!」と唱え続け、乗客たちが一心に「天にまします我らの神よ」と祈り続けているのが緊迫の中で笑える場面だった。


この人たち、乗客もアルカーイダも拝んでいる「主」「ヤーウェ」「天地の創造者である神」は同じものでしょ。イスラム教徒たちもいわゆる旧約聖書の「創世記」を信じているわけだし。キリストに対する態度の違いだけでしょ、結局。


アメリカ人の夜郎自大な感性が余すところなく伝わってくる佳作だ。自分たちが受けた被害を冷静に作品として残していく。素晴らしいことだ。原爆や東京大空襲もこのような冷静な視点で再現して欲しい。安っぽい再現ドラマではなく。泣き叫ぶだけのうるさい感情移入ばっかりの映画ではなく。見るに堪える映画作品にすれば原爆も東京大空襲も上質な娯楽として受け入れることができる。天皇だってそうだ。冷静にヒロヒトを映画にすればいい。そのような作品を見たい。日本の歴史上の重要人物だ。皇室そのものを冷静に見ることが重要だ。


サスペンスとして上出来。「あの日」の思い出に浸りたいとき見るといい。俺はここに書かない「あの日」の特別な思い出もありありと再現できた。懐かしい。会いたいよ、もう一度。。。(w

AD
昭和天皇裕仁に扮したイッセー尾形が面白い。もぐもぐさせる口許。手の表情。眼鏡の横顔。海洋生物を観察する首の傾き。有名な「あ、そう」という拍子抜けするリアクション。

昭和天皇を映像で見たことのある人なら、にやりとする演技だ。爆笑を誘うような下品な表現でない。押しつけない演技だ。演技者イッセー尾形の素晴らしさを堪能できる。

映画「The Sun(太陽)」 はロシア人の映画作家が歴史上の著名人を扱った作品の一つ。シナリオは愚劣なものだ。演出はどう見ても「コント」としか言いようがない。侍従たちの演技は噴飯ものだ。物々しく意味ありげな映像が鬱陶しい。アメリカ兵の描写も下品であくどい。どこまでも「醜い」描写と洗練されたイッセー尾形の「ヒロヒト芸」が続く。

実ににちぐはぐだ。上品なコメディと田舎芝居が未整理なまま偉そうな顔をして進んでいく。ロシア人作家の傲慢さと愚鈍さに苛立ち、見るに耐えない作品である。

映画は、昭和天皇が連合国に全面降伏を伝え、玉音放送をした後の皇室の日常を描写する。マッカーサーに会いに行く場面もある。歴史の転換点を描くのだが、このロシア人監督はあまりに昭和天皇を矮小化する。およそ緊迫感もなにもない。この映画の唯一の見るべき点はイッセー尾形の「ヒロヒト・コント」のみだ。

この程度の皇室描写を恐れてろくに劇場公開しない日本の映画興行業界には相変わらずがっかりさせられる。昭和天皇裕仁の物まねが入っているから、と言うだけで、公開しようとする劇場が極端に少ない。くだらないことだ。この映画を実際に見れば、どれほどロシア人作家が何もわからずにしたり顔で作品を作っているかわかるのに。日本人こそこの映画をみてその愚鈍さを笑うべきなのに。

テレビでイッセー尾形の上品な「ヒロヒト・コント」を見たいが腰抜けテレビでは無理なんだろう。嫌な世の中だ。

終わり近くに桃井かおり扮する昭和天皇の奥さん(皇后)が出てくる。失笑する。どの映画に出ても彼女は「桃井かおり」以外のキャラクタを演じられない。そこが良さであり悪さである。外国人映画監督は桃井かおりが好きだねえ。日本人が桃井かおりを見て失笑するとはわからないんだろうな。そういうことだ。いっそのこと、清水ミチコにすればよかったのに。清水ミチコの「桃井かおり」まねでイッセー尾形の「ヒロヒト芸」を受ける。実にマニアック。NHKでやったらいい。絶対見るけどな(w

おまけ。

日本の生物学業界ではいまや単なる一仮説に過ぎない「進化論」を「進化学」に昇格させたいという強い動きがある。京都大学霊長類研究所を中心に世界の常識からは大きく逸脱した「進化」の研究に巨額の国費を投じている。先進諸国でこれほど「進化論」を盲信しているのは日本だけだ。その理由が昭和天皇の海洋生物の研究にあるのではないか?と感じた。映画の中でヒロヒトの机の上に、ダーウィンの小さな胸像が置かれている描写があった。それで気が付いた。「進化論」を揶揄している。日本人だけは猿から進化したと思っているんだろうな(w

え?あなたも自分のお父さんお母さんをたどっていけば猿になると思ってる?馬鹿だねえ。んなわけねぇよ。靖国神社で、戦争で死んだ人間が「英霊」になっているなんていうオカルトを信じないくらい俺は進化を信じない。悪いか!

イッセー尾形の「ヒロヒト・コント」、万歳!!
AD