「メアリー ポピンズ」の原作者と、ディズニー映画「メアリー ポピンズ」の話。

イギリスに住む、頑なに映画化を拒む原作者、トラヴァース夫人。

この人の性格が面白い。俗悪なものを嫌い、皮肉屋で、排他的。高慢で自己中心。とにかく嫌な女だ。こういう頑迷な女性はときどき見かけるが、決して一緒に仕事をしたくない。

しかし、ウォルト(もちろんディズニーのことだ)は、この女性の「メアリー ポピンズ」に魅了されている。何としても、映画にしたい。しかも、ミュージカル映画に。

トラヴァース夫人の嫌いなものリストのトップ10には、梨と赤いもの、酒と並んで、漫画(アニメ、カトゥーン)、ミュージカルが入っているだろう。

これはうまくいく訳がない。そうやって18年が過ぎ去った。

しかし、我々の目の前に、ウォルトが作った「メアリー ポピンズ」の映画がある。この映画がどのように作られていったか、原作者がこの作品に込めたものは何だったのか、サスペンスが生まれる。

原作者のトラヴァース夫人が、納得いくように、一字一句、脚本を読み合わせ、登場人物のキャラクタ設定を検討し、音楽、歌詞を直していく。その経過をすべて録音テープに残すように夫人は言う。そしてその通りにするスタッフ。素晴らしい結末も作り上げ、みんな満足、と思ったその時、大きな問題が起こる。今までの努力はすべて水の泡。

さあ、ウォルトはどうやって夫人を説得し、映画化に漕ぎつけたのか。

「メアリー ポピンズ」は素晴らしい映画だ。ジュリー・アンドリュースの英国アクセントが気持ちいい。音楽もダンスも最高だ。それらの一つ一つを作っていく過程を見ているだけで胸がいっぱいになる。

そして、バンクス氏。一家の主、お父さんが、銀行で働いていること、2ペンスをめぐるエピソード、最後に破れた帽子をかぶったまま、凧を上げる、喜びにあふれた姿・・・。

それらすべての意味を明瞭に悟ったとき、トラヴァース夫人も、俺も涙を抑えることができない。

アルコールに侵された父親と、家族の姿。いつの時代にも同じことが繰り返される。アルコールは依存性の強い危険な毒物だ。安易に、酒ぐらい、というべきではない。酒は飲むべきでない。

酒を飲んでだらしなく無様な姿をさらした翌日、平然と現れ、昨夜のことは全く覚えていない、という馬鹿が俺の周りにも何人かいる。俺は酒を一切飲まないから、そいつらの醜態をはっきり記憶しておく。何と言われようが、二度と同じ宴席には行かない。

しかし、そのアルコール依存の父親がいたから、「メアリー ポピンズ」が生まれ、ミュージカル映画が生まれ、この「約束」(日本語のタイトルは馬鹿みたいだ)が生まれたわけなので、いいこともあったとしておこう。人間の行いの善悪など誰が諮りうるだろうか。

嫌な人間は最後まで嫌な人間だが、愛すべき嫌な人間もいることを学んだ。

他人にこの映画を勧めたくて、とにかく書き留めておく。

AD
あの伴奏は日本の伝統音楽ではない。西洋和声の実に中途半端な「あてはめ」だ。音楽として愚劣。

「君が代」の旋律は、古代支那から伝来した律旋法に基づいている。日本雅楽の多くに用いられている。歌詞は日本の和歌。

なのに何?あのアレンジ。

「れーどーれーみーそーみーれー」 の冒頭と、「らーそみれー」の結尾部になぜ和声が当てはめられない?

それには以下のようなへなちょこな経緯がある。以下をよく読んでみてください。面白いから。

1880(明治13)年、海軍省は宮内省にふさわしい軍楽曲を作ってほしいと要請。宮内省では、傭い教師ドイツ人エッケルトがいわゆる雅楽調をとり入れて新しく作曲、それが今の「君が代」である。
しかし、これも歌詞の意味もよく分からない外国人の編曲なので、作曲家の中田喜直 氏は、「・・・・『さざれ石』が、さざれ、と石に割れてしまい、歌詞の長さとメロディー の長さがつり合わず、無理に引き伸ばしているのです・・・・」(1)と語っているし、

日本の伝統音楽も歌詞もわからないドイツ人が、コテコテの西洋和声を無理矢理当てはめたからあのへんてこな(キッチュな)伴奏ができた。

弾いてみるとはっきりわかるが、(俺はピアノで弾けるよw)旋律が「ちーよーにーーー やーちーよーにー」のところから急にハ長調の主和音が鳴り響き、実にぎょっとする。

西洋音楽の感じ方だと、旋律が「みーそーらーーー」って動けば、「どみそ」の和音だろう、という安心感が広がる。なので主語であるべき「君が代は」という歌詞が、意味不明の前奏のように聞こえる。

すもうなどで演奏されるとき、冒頭の「きーみーがーよーーはーーー」というところを前奏に使うので、前奏が二回あって主和音に入るということになる。

変なの!

しかも、律旋法の下降形の「れーしーらーそー」という旋律が、属和音(主和音 Cに対して五度上のG)に一致しているので、Gに入りやすくするため、すぐ さま、属和音上の属和音(ドッペル・ドミナント)である、Dの和音が挟まれる。(左手の和声に、れふぁ#らが入るということです)。

すわ!転調か?(古くさい言い回しですw)と思うと、何ごともなかったかのように、左手ベース音が「れれ#み」と動き、騙されたように主和音、Cにもどる。

このあたりで、和声を追うのに疲れる。騙されたようなつぎはぎ和声だから。西洋音楽としての意味を聞き取れなくなっちゃうからね☆

で、挙げ句の果て、最後はどうにも和声が付けられず「らーそみれーーー」と投げっぱなし。やっつけ仕事だな、エッケルト!!

西洋音楽に慣れた耳で聞くと、途中で間違って中断した、ように聞こえる。どみそ、で終わらず、れ、で終わるからだ。

思想信条の問題ではなく、純粋に日本の伝統音楽の問題だ。こんな和洋折衷のグロテスク伴奏ではなく、日本の伝統に基づく律旋法、雅楽様式の伴奏を付けるべきだ。

なぜ日本の右翼や、君が代を強制する馬鹿都議会議員や、都知事石原税金乞食はそう主張しない?おまえらの言う「伝統」がどれだけ薄っぺらで無教養なのか明白だ。

東京都の狂った都知事の腰巾着、土屋なんとかという都議会議員のせいで、北朝鮮のような国家崇拝を強要されている都立校の教員たち。可哀相に。職務命令書という現代の赤紙が配られるんだぜ。アホか!

馬鹿の論法を根底からひっくり返せばいい。

誰か日本の伝統に従った雅楽様式で伴奏して、都の処分を受け最高裁まで戦ってくれ!
AD
なんとも脱力する始まり。なんら新鮮さがない。

Digの焼き直し。しかもサイズを小さくして引きこもっている。

まったく期待が持てない。この時間はNHKを聞くことにする。

さよなら、TBSラジオ。もう聞かない。
AD
まったく観客動員が無いんだって。いわゆる大コケらしい。

痛快だ。

そこらにウジョウジョ歩いている田舎モンのガキンチョたちにまったくヒットしないということだ。

俺の見に行った映画館は、小さめの客席だったが結構たくさん入っていた。割と年配の夫婦みたいのが多かった。高田文夫先生が大絶賛の西村賢太の読者とかぶっている感じがする。森山未来も前田敦子にも興味なさそうな人たちが多かったのだ。

その人たちは満足して映画を見たはずだ。

それでいい。

それでいいから、見る人だけ見て、早いところ打ち切ってくれ。
シモキタがどうたら言う不思議ちゃんサブカル馬鹿女をやっつける北町貫多が最高だった。拍手したくなったぜ。そうこなくちゃ。

中卒の日雇い労務者、北町貫多の鬱屈した日常を森山未来が好演している。どこかのインタビューで見たが、森山未来は、ちっとも北町貫多に共感していない。むしろ憐憫を感じる、と言っているそうだ。それを聞いた原作者の西村賢太がよろこんだそうだ。いい話だ。

いい歳をした日雇い労務者のオッサンが若造の北町貫多たちに説教する場面がある。おい、おまえら夢を持てよ!という。マキタスポーツが本人そのままのキャラで出演していて、台詞の一つ一つに笑ってしまった。俺は、歌がうまいんだ、というたびにおかしくて・・・。マキタスポーツ、最高!!

前田敦子って、顔がダウンタウンの浜ちゃんそっくりだね。どんぐりまなこ、口の感じ、角ばった顎の形など・・・。

でも、顔じゃなくて、あの頼りなげな儚げな感じがガキンチョの心を捕えて離さないのだろう。守ってあげなくちゃ、過呼吸で倒れちゃう・・・・、あっちゃん!!というわけだ。泥まみれの熱演?をしていた。がんばったね。

山下敦弘監督って、駄作「リンダリンダリンダ」を撮りやがった糞野郎だが、今回の「苦役列車」は良かった。・・・と思う。俺は、きっとひどい作品だろうと先入観を持って行ったら、最後までびしっと決まっていた。大ヒットはしないだろう。でも俺はこの映画が好きだ。

主人公、北町貫多の粘着体質の鬱陶しさにリアリティがあった。破滅していくしかないと見せて、最低の状況でかすかではあるが強烈な向上心が形を成していくところの見せ方が秀逸だった。




在日ファンク。すばらしい!俺は在日クラシックだけどね!!
日本にいてウィーンだ、ザルツブルクだ、ライプツィヒだとか言っている。
「爆弾こわい」というアルバム。
「最北端」とか「はやりやまい」「むくみ」「毛モーション」「才能あるね!」など、みんな面白いが、俺は特に「城」が好き。
音楽にペーソスがある。歌詞がいい。
爆弾こわい/Pヴァイン・レコード

¥2,625
Amazon.co.jp

朝からずっと聞いていたのが、ショスタコーヴィッチ。いいね!!
自作の「祝典序曲」のパロディみたいな曲も入っている。なぜか、血沸き肉踊る。
ピアノコンチェルトも傑作だね。プーランクのパロディみたいなのも入っている。
意外に複雑。
ショスタコーヴィッチが軽い曲を書いたつもりでも、天才の手にかかると完全なオリジナリティが刻印されている。あなどれない。
ショスタコーヴィチ:ジャズ音楽集/ユニバーサル ミュージック クラシック

¥1,600
Amazon.co.jp

テンシュテットのマーラーは素晴らしい。そういえば、朝、ずっと聞いたのはマーラーの7番だった。夜の歌。冒頭のテナーホルンの響きが切ない。一楽章の再現部で、同じフレーズが低音弦に現れて、対位的にトロンボーンのソロが嫋々と歌うところが特に良かった。テンシュテットの演奏で初めてこの場面の構成がくっきり聞き取れた。
続く楽章でギターやマンドリンがちまちま出てくるあたりも風情があって聞きほれた。
夜曲、セレナーデだ。蘇州夜曲もいいね!!

今聞いているのは9番。一楽章に轟音が三箇所ほどあるが、Carot Oneでなんとか歪まずに聞いている。ヘッドフォンをもっといいのにしたい。

Complete Mahler Recordings/EMI Classics

¥4,727
Amazon.co.jp

これも古楽ピッチ。素直、というか純粋っぽくていい。聞き惚れてしまう。
ラ・プティット・バンドのT君は俺の後輩だ。いまや日本でもオランダでも、もちろん世界でも有名なヴァイオリニストになった。高校時代のT君の姿が懐かしい。風貌も変わらない。
何年か前、会ったとき、俺のことを覚えていてくれた。光栄なことだ。
クレドから改めて聞き直し、バッハの凄さを今更ながら感服している。

バッハ:ミサ曲ロ短調(全曲)/BMG JAPAN

¥5,250
Amazon.co.jp

テンシュテットのマーラー。いわゆる千人の交響曲。
冒頭のオルガンの音、「Veni, creator spiritus,」の歌声、金管楽器のアンサンブル・・。
オーケストラの楽しみが詰まっている。引き締まった演奏でいいな。

Complete Mahler Recordings/EMI Classics

¥4,727
Amazon.co.jp

バッハ ロ短調ミサ。

なんだかんだで5種類のCDを持っているが、今日はアーノンクール。ジュリーニの演奏と比べると、半音ぐらいピッチが低い。いわゆる古楽ピッチ。アゴーギクが効いた心弾む演奏。これが好きなんだ。

J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232/ワーナーミュージック・ジャパン

¥3,000
Amazon.co.jp

マタイ受難曲。ガーディナーのもの。

合唱大国イギリスの底力を感じる好演。ピッチは古楽ピッチ。テンポもきびきび進む。聞くのがやめられなくなる演奏。大好き。

バッハ:マタイ受難曲/ユニバーサル ミュージック クラシック

¥5,100
Amazon.co.jp

まず、電源を入れる。青く光る真空管に胸がときめく。
最近の電気製品でこんな感情を抱いた製品は他にない。
【Carot One】 Fabriziolo ヘッドフォンアンプ

¥27,800
楽天

思ったより小ぶりで精緻にできている。仕上げが素晴らしい。
さすがにカンパニョロの国だ。職人技を感じる。

色がまたいい。粋なにんじん色だ。愛着を感じる。

真空管が温まるまでのほんの数秒(?)ジャーっという音がして、そのあとサッと静まり返る。
なんともいえない真空管風味。
昔、真空管キットのラジオを持っていたが、そのラジオの立ち上がりを思い出した。

澄み切った静けさ。

おもむろにiPodのデジタルドックからアナログに変換して入力してみる。
比較は、iBassoのポータブルヘッドフォンアンプ、A02.

iBasso ポータブルヘッドホンアンプ A02

¥16,980
楽天

音の広がり方がまったく違うね。ポータブルのものは外出先で使うからいいけど、家でCarot Oneと比較したら、違いがはっきりわかる。。iBasso 02は、相当よくできているが、デジタルアンプの音を帯域ごとにくり抜いたような感じに違和感がある。にごった感じ、詰まった感じがする。

Carot Oneの自然な音の伸びにかなわない。音が澄んでいる感じ。

当たり前か。値段が違うしね。

とにかく、いい買い物をして俺はうれしい。大満足。

今度はシュアーのSH940を買うことにしよう。
AKGのK550も気になっている。どっちにしようかな?

SHURE リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940/SHURE

¥19,800
Amazon.co.jp

AKG ダイナミック密閉型ヘッドホン K550/AKG

\24,800
Amazon.co.jp

ペーター・ダムの仕業だ。

俺が指揮者だったころ、演奏会が終わった翌日に、糞生意気な幼稚園児から「おまえだろう、指揮してたのは」と言われて大笑いしたことがある。お公家さんのような白くて可愛い男の子だった。前の日の演奏を聞いていたのだ。今はどこかでサラリーマンにでもなっているのだろう。

それはともかく、この「魔弾の射手」。

ホルンが狂ったような轟音を鳴らしている。血沸き肉踊る響きだ。こんな面白い演奏は無い。

カルロス・クライバーという人がやっぱりどこか狂ったところがあって、冒頭の序曲の入りからしてやらかしている。クレッシェンド、面白すぎ。

ワイルドだろ~アップ

序曲でたっぷりペーター・ダムとその仲間たちのホルンが聴ける。ビブラートをかけた同質の演奏法でよくそろっている。楽器はメーニヒだっけ?ドレスデンの弦楽器の音がまたいい。

風流だぜ~アップ

グンドラ・ヤノヴィッツ、テオ・アダム、ペーター・シュライアー、エディット・マティスと、旧東ドイツのスター総出演。懐かしい。

ウェーバー:魔弾の射手 全曲/ライプツィヒ放送合唱団

¥4,077
Amazon.co.jp