春の嵐 3

テーマ:

 

小説更新しました。

 

 

春の嵐 3

 

 

中編3話目です。

原作の剣心は、いつ薫殿への恋心を自覚したのか?わりと早い時期から気づいていたのか、それとも5月の別れの瞬間になってはじめて気づいたのか―――どちらもアリだと思うのですが、拙サイトでは「わりと早い時期」という設定で二次を書いております。だってそのほうが、ぐるぐるおろおろ思い悩んでいる期間が長くなるわけで、おもしろ・・・いや、美味しいじゃないですか(鬼か)。

 

そんなわけで、第3話はただ剣心がぐるぐるおろおろ悩んでいるだけの話です。

もー、ぶっちゃけ大変でしたこのあたり書くの(知るか)。

 

どこでヒキにするか、区切るか、ぎりぎりまで悩んだのですが・・・3話はここでヒキ。

そして決めました、「春の嵐」は全5話とさせていただきます。と、いうわけで残り2話、ひきつづきよろしくお願いいたします!

 

あ、作中で「この道場に来た日」的な文章が出てきますが、それにつきましては「ふたりになった日」をご参照くださいませ♪

 

 

忙しい夜。

 

 

感情の面でです。

 

「こあけさんの描く髪をおろした剣心は色気がない」と言われたことがありまして、その時はちょっと落ち込みましたが考えてみると別に剣心に色気なんてなくてもいいじゃん!ということに気づきました。

 

ともあれ、髪おろした剣心は描きやすくて好きでございます。

 

 

突発的東京日記、つづきです。

もう随分日が経ってはおりますが、でも今日がその日以来の休日なのですよ。はい、16日ぶりの完全オフでございます。

 

とはいえ、殆どをPC前で仕事して過ごしましたが。

やすんでないじゃん!

 

 

あさごはん。

 

未央さんからもらったエッグタルト!

え、朝ご飯これだけ?

いいんです、今日はこのあと食べ歩きをする予定なのですから!

 

 

さくらのお守りブレスレット。

 

これも未央さんからもらったやつ・・・

装着して、おさんぽスタート!

 

 

橋をわたる。

 

てくてく歩いて日本橋。

 

 

日本橋さくらフェスティバル

 

こんなんやってました。

ビルの間に架けられた飾り付けが、きれーい!

 

風にはためく

 

 

福徳神社

 

おみくじもひきましたが、なかなかに辛口な内容でした。

速攻結んできましたとも。

 

とりの唐揚げ

 

みごとなピンクの唐揚げをたべたり。

 

ひるまから飲む。

 

桜のスパークリングワインを飲んだり。

屋台でもぐもぐ食べ歩きをしてまいりました。

のんびり、たのしい。

 

思い立って行った突発的小旅行でしたが、その後全然やすめず今日に至ってるわけですから、やっぱり行って正解だったなぁ、と。

 

 

さて、明日は4時起きですよ。

5時台のJRで日帰り地方ですよ。

 

がんばらねばー!

 

春の嵐 2

テーマ:

 

小説更新しました。

 

 

春の嵐 2

 

 

中編2話目です。

るろ剣連載終盤の薫殿って「たいへんよくできた女の子」になっているなぁと思うのですが、それは好きになったひとがあんなだったため連載の途中で成長せざるを得なかったから、だと思うのですが。そしてわたしはどの時期の薫殿も好きでして、すっかり成長した薫殿も好きですが、連載初期の「こむすめ!」な薫殿も大好きだったりします。

 

今回の「春の嵐」は、原作の時系列的には雷十太騒ぎのあと、斎藤さん登場の前くらいのつもりで書いています。つまりは、まだまだ小娘な時期の薫殿です。

 

あの頃の、ツンツンしたりキーってなったり意地を張ったりすぐ手が出たりの薫殿を思い浮かべながらお読みいただけると幸いです。そんな時期の薫殿もかわいいでござるよー。

 

 

 

不穏・・・

 

 

 

 

げんざい連載中の小説のタイトルは「春の嵐」ですが、こちらは「はなにあらし」。

昨日購入して帰りの電車の中で読んであまりの尊さに身悶えしそうになりました。

 

 

尊いとは。

 

 

尊い、という言葉がネットでよく使われるようになったのは、いつ頃からでしたでしょうか。

ありがたいことに、拙作にもその言葉を頂戴することもたまにあるのですが、わたしはどうも、「尊い」という言葉の感覚がわからなかったのです。いただくと嬉しいけれど、自分では使い方がわからなかったのです。

 

でも、昨日このマンガを読んで、はじめて「尊いとは、こういうことか・・・・・・!」と震えました。

 

そうか、これが「尊い」か。

いや、これは多用してはいけない。軽々しく使ってはならない。

だからこそ、「尊い」のだ。

 

同級生の女の子同士カップルのものがたり。

自分たちの関係を「親友で、恋人」というのがとてもよいのです。

恋人、って。いまどきなかなかつかう呼称ではないようにおもうのですが。

 

帯にもありますが、「人目を忍ぶ」というのがいいのです。

清潔感あふれる絵柄がすてきなのです。

えろい場面はありません。ラッキースケベなイベントもおきません。

なんというか、奥ゆかしいのがよいのです。

 

はー・・・・・・いいもの読ませていただきました。

し あ わ せ ・・・・・・

 

 

 

 

「春の嵐」も「はなにあらし」も春らしいタイトルですが。

日記書いている外の気温、1度です。

 

・・・・・・冬かよ!!!

 

花の季節はまだまだ遠いです。

 

 

 

「春の嵐」1話に、たくさんのコメントありがとうございました!!!

 

まだ、わたしの小説を読んでいる方は、いらっしゃるんだなぁと。

こんなふうに、呼びかけにこたえてくださる方がいらっしゃるんだなぁと。

とてもとてもとっっっても、嬉しかったです!ありがとうございます!!!

 

おかげさまで、ノートに小説を書くのにも慣れてきました(いや、そこはスマホに慣れろよ)。

明日はちょっと仕事がばったばたしておりますので、2話の更新は日曜日になるかと思います。なにとぞ、よろしくお願いいたします・・・・・・

 

 

もういちど。

コメントくださったみなさま、どうもありがとうございました!

 

また、がんばります!!!がんばるぞー!!!

桜が見たくなって・・・

テーマ:

 

3月、なんか異様に忙しくなって、ああなんかとおくにいきたいなぁと、そんな気持ちに火がついて、思い立ってふらりと東京に行ってきました。

 

3月31日と4月1日のことですが、ちょろっと日記にしたためておきます。

 

 

ぱぱーん☆

 

のっけから食べ物画像です。

こちら新千歳空港の出発ゲートでいただける、ショコラティエマサールのサンドイッチ!

保安検査場の向こうにあるお店なので、飛行機乗らないひとしか利用できないカフェなので、この機会にー!と思って、がぶり。

 

これはさぁ・・・コーヒーじゃなくて赤ワインあわせるべきだよ・・・メニューにワインを加えてくれよ・・・と切実に思う午前10時。

 

さくらだー!

 

北海道民はこれだけでテンション上がりますよ!しかも天気いいし!

ホテル近くで、がまんできずに、ぱちり。

 

さて、今回のふらりと旅行、思い立ってすぐに未央さんに連絡しました。

と、いうわけで、着いてすぐに未央さんと待ち合わせをし、デートでございます♪

 

まんまるる。

 

東京駅近くのビルで、メリーチョコレートのカフェに連れて行ってもらいました☆

ふたりでこちらのスイーツを注文・・・

 

とろろろろん。

 

お店のスタッフの方に、ドームの上から練乳とミルクのソースをかけてもらって・・・

 

どーだ!

 

チョコの器がとけて、中からムースやフルーツが出てきました♪

さすがチョコ専門のお店です、器のホワイトチョコまでしっかりおいしいのー!

 

こんなかわいらしいデザートをいただきながら、わたしと未央さんはひたすらるろ剣の話をしておりました。と、いうか、るろ剣に関する愚痴をマーライオンのごとく吐き出し続けました。はー・・・すっっっっっきりした!!!

 

北海道編はどうなるのか再開したとして二百五十五幕以上のハッピーエンドを期待できるのか(我々はネガティ部なのでとても期待ができない)。実写の続きはほんとにやってしまうのかだとしたら過去編をやるのか人誅編なのか、どちらも嫌なのでオリジナルストーリーにしてくれとか。まぁ延々とそんなことを・・・

 

「北海道編も、週間連載のときにやってくれたならばまた違ったのに」

「北海道でラスボス(?)越パパが『俺を倒せたら娘と結婚することを許してやろう』とか言って」

「それを経ての人誅編という順番がよかった・・・」

「ところで和月さんは、薫殿を生かすか殺すかギリギリまで悩んだって言ってましたよね」

「ん・・・?ってことは、『越パパ生きてた』ってやっぱり後づけだったんじゃないですか!」

このへんが当日のハイライトでした(笑)。

 

 

二軒目、居酒屋さん。

 

面白いお店だったー!めちゃくちゃ急な階段のぼったけれど、あれ階段というよりハシゴでしょう。酔っ払いすぎると帰りに転げ落ちるやつです。天井も屋根裏部屋みたいにナナメになっていて、なんだかたのしかった!

 

ここでもやはりるろ剣の話しかしなかったのですが、今書いている小説について助言してもらったりして、あああ来てよかったなぁと心から思いました・・・

 

心細いんですよ。

これ、ほんとうにおもしろいのかなぁ。

そう思いながら、どうしたらいいのかわからないんですよ。

 

だから、ことばを頂戴できて、ほんとうに嬉しかったです。

どうもありがとうございました!!!

 

デザートに杏仁豆腐

 

7時間くらいしゃべりたおして、かなり心が軽くなりました!

たーのしかったぁぁぁぁ!!!

 

お天気よくて、桜はきれいで、たべるものはおいしくて、未央さんに会えて、わーっ!て心にあるもの気兼ねなく吐き出して、ひたすらおしゃべりして・・・

 

思い立って、よかった!そう思ったいちにちでした。

未央さん、どうもありがとうございましたー!!!