2007-02-18 23:47:11

ドリームガールズ 補遺

テーマ:映画・ミュージカル

 助演のジェニファー・ハドソンがアメリカのアイドル発掘番組に出演していたと言うことで早速アメリカン・アイドル BEST DVDDISK 1を調べた。50分以上流し見して、やっとシリーズ 3ジェニファー・ハドソンを見つけたのだが、彼女は12人のファイナリストに選ばれたものの残念ながら最後の6人には残らなかった。従って彼女のパフォーマンスはこのDVDでは観ることが出来ない。優勝を信じていたジェニファー・ハドソンの落胆する姿しかこのDVDには写っていない。DVDの編集者に先見の明はなかったようだ。
 アメリカン・アイドルは視聴者参加型公開オーディション番組で視聴者の電話投票がすべてを決める。ジェニファー・ハドソンは前週はトップで通過したのだが、その週は票が割れて最下位になってしまったとか。
 審査員のひとりはこの投票結果に「この番組は歌唱力が審査対象でルックスで選ぶのではない」と苦言を呈していた。まるで『ドリームガールズ』の一場面のように。

 

 

ジェネオン エンタテインメント
アメリカン・アイドル BEST DVD-BOX
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-18 17:08:24

ドリームガールズ

テーマ:映画・ミュージカル
 椅子に押しつけられて身体がのめりこんでいく。圧倒的な迫力に出来るなら後ずさりしたかった。誰かが歌い始めるのを待っているのに恐かった。余りものエネルギーが放射されてくるのでとっくの昔に許容範囲を超えてオーバーヒートしていた。それでも次から次へと歌が大量のロケット弾のように打ち込まれて来る。
 
 テレビ画面では味わえない壮大なシーンはこの映画にない。しかし、この音量で歌を聞くことは普通の家では無理だろう。映像ではなく歌声を身体で感じるために映画館へ行くだけの価値は十二分にあると思った。
 
 ラブストーリではないのに見事に歌と物語が絡み合って、素早い画面展開でスピーディに物語は進んでいく。形としては音楽界の内幕モノになってはいるが、成功を夢見る人間の葛藤と努力のドラマがメインで、心の雄叫びが胸を打ち続ける。
 
 これが歌で、これが映画で、これがミュージカル。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-08 18:03:21

五線譜のラブレター

テーマ:映画・ミュージカル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
五線譜のラブレター

 

 

原題    De-Lovely
邦題    五線譜のラブレター
公開年   2004年
監督    Irwin Winkler
ジャンル  Biography / Musical
配役
Kevin Kline     Cole Porter     作曲家
Ashley Judd     Linda Porter     妻
Jonathan Pryce     Gabriel     案内人
Kevin McNally     Gerald Murphy   Coleの友人
Sandra Nelson    Sara Murphy     Geraldの妻
Allan Corduner    Monty Woolley   イェール大学の友人
Peter Polycarpou    Louis B. Mayer  映画会社重役
Keith Allen     Irving Berlin    作曲家
James Wilby     Edward Thomas    Lindaの元夫
Kevin McKidd     Bobby Reed     詐欺師
Richard Dillane    Bill Wrather    室内装飾家・付添人
Edward Baker-Duly    Boris Kochno    Coleの愛人(男・バレエダンサー)
 

 

あらすじ

 

 映画は死期の迫ったColeに迎えに来たGabrielがColeの一生を見せる形で進行します。
 

 ひとりでピアノを弾いているCole。
"In the Still of the Night" (唄 Kevin Kline)

 

 裏階段と秘密の情事に包まれたショーが始まる。
"Anything Goes" (合唱)

"Weren't We Fools" (唄 Kevin Kline and Kevin McNally)

 

 パリのパーティでLindaと出会う。
"Well Did You Evah!" (唄 Kevin Kline, Kevin McNally, Ashley Judd, Sandra Nelson and Chorus)

 

 パリの10年間。二人だけの世界。公園で歌。愛さずにいられない。
"Easy to Love" (唄 Kevin Kline)

 

 求婚。男色趣味と告白。「あらゆる愛を求めていた」。

 結婚式に元夫が乱入。
"It's De-Lovely" (唄 Robbie Williams)

 

 ベニスに移り住む。スランプに陥り、IrvingをLindaが呼ぶ。

"What is This Thing Called Love" (唄 Kevin Kline, Lemar)
バレー公演。
Borisとは公演先で付き合う。

 

 仮装パーティ。
"Let's Misbehave" (唄 Elvis Costello) 。
 Irvingからニューヨーク公演の誘いが来る。

 

 ニューヨークへ。マネージャーとしてLindaが取り仕切る。
"Let's Do It, Let's Fall in Love" (唄 Alanis Morissette)
公演は大成功。シガレットケースをLindaが贈る。以来、恒例になる。

 

 Murphyの家の家族のパーティ。
"True Love" (唄 Ashley Judd and Tayler Hamilton)

 

 次の公演。
Night and Day" (唄 John Barrowman and Kevin Kline)
「メロディを忘れて歌詞に集中しろ。音域の少ない私にも歌える。」とColeは歌唱指導。

 

 Lindaは結核に罹患。
Cole「Lindaが現れ信じることを知った。すべてを彼女に捧げた。」
"Love for Sale" (唄 Vivian Green)

"Begin the Beguine" (唄 Sheryl Crow)

 

 Lindaは流産。
新しい土地を求めてハリウッドへ行く。
 

 映画スタジオでLouis B. Mayerと会談。
"Be a Clown" (唄 Kevin Kline, Peter Polycarpou and Chorus)

 

 映画の撮影が始まる。
"I Love You" (唄 Mick Hucknall)

 

 スタジオのパーティ。
"Just One of Those Things" (唄 Diana Krall)

 

"Experiment" (唄 Kevin Kline)
 Coleの男漁りにあきれたLindaは一人アリゾナへ行く。

 

"Love for Sale" (唄 Vivian Green)

 リードが男色の写真で脅す。
 Coleの傲慢さにLindaはひとりでパリに行く。

 

 Coleは落馬。両足骨折。Lindaが戻る。
 数年、手術を繰り返す。
 

 Coleの伝記をケリー・グラントで映画化。
 Lindaは結核が悪化。

"Another Openin', Another Show" (唄 Lara Fabian)

 

 久々のショーKiss me,Kateの挿入歌。
"So in Love" (唄 Kevin Kline, Lara Fabian and Mario Frangoulis)

 

 Linda亡くなる。
"Ev'ry Time We Say Goodbye" (唄 Natalie Cole)

 

 右足切断。Coleは孤高の人に。

 慰めに来たMurphy夫婦に歌う。「もう帰れ。」
"You're the Top" (唄 Kevin Kline)
"Get out of Town" (唄 Kevin Kline)
"Goodbye, Little Dream, Goodbye" (唄 Kevin Kline)

 

 エンディングは華やかに。
"Blow, Gabriel, Blow" (唄 Jonathan Pryce, Kevin Kline, Cast and Chorus)

 みんなが消えた後に一人で歌う。Lindaもくわわる。
"In the Still of the Night" (唄 Kevin Kline and Ashley Judd)

 

 エンドロール
You're the Top" (唄 Cole Porter)


評価   3

 

感想

 全編、Coleの名曲で彩られています。
 
 しかし、内容は散漫な伝記映画。最後まで主演の二人の人物像が浮かび上がってきません。
 
 Coleの人間性を暴くようで、結局柔らかく包み込んでしまいます。非難する気をちらつかせて、結局容認してしまいます。これでは何も語らないのと同じ。Coleを刷毛でなぞって見せただけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。