2007-01-14 01:16:15

プライドと偏見

テーマ:映画・ドラマ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
プライドと偏見

 文芸超大作はやはり苦手だ。

 
 テンポについていけなくて早々に飽きてしまった。そこで覚悟を決めて、物語を追うのではなくキーラ・ナイトレイだけを見ていることにした。
 表情の多様さ、表現の巧みさ、変幻自在の演技に改めて感心した。
 

 物語の進行はかなり端折っていて、時に説明不足で、しばしば原作を知らない観客が置いてけぼりにされてしまうのだが、キーラ・ナイトレイは表情の変化だけで見事に表現してしまう。同じ人とは思えない色んな顔があった。
 
 映画は後半になってやっと緊迫感が増してきて中に入り込むことが出来た。我慢して見続けて良かったと思う。ロケーションも見事。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

movememoriesさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。