2007-01-31 22:48:33

マリー・アントワネット

テーマ:映画・ドラマ
 週刊文春の映画評は『豪華な少女コミック風』、『たわいなく絢爛たる世界』、『少女趣味の浮薄美』と誉めているのかけなしているのかよくわからない表現ばかりなのだが、良くも悪くもその通りだと思う。
 
 『ベルサイユのばら』をイメージして豪華絢爛な歴史絵巻を期待すると裏切られるだろう。マリー・アントワネットを描くが歴史は語られていない。マリー・アントワネットが見たり聞いたりやっただろう事がスクリーンに映し出されていく。監督のソフィア・コッポラは「最後の瞬間の直前まで、彼女の世界はシャボン玉だった」という。その世界は下界から切り離され歴史も政治もない。時間が止まっているかのようだ。
 
 そこはまさしくソフィア・コッポラの世界だった。演劇は物語を文字通り台詞で語られるが、コッポラは台詞を極力排し、映像で物語を構築していく。しかもソフトさを敢えて避けて、必要以上に硬い画像は大理石に描いたフラスコ画のようだった。
 
 ソフィア・コッポラの個性が光っていた。独自の世界を築いたのだから、ある意味では傑作といっても過言ではないと思うが、豪華絢爛な歴史絵巻を観たかったかなりの観客の期待を裏切っていることは事実で故に駄作とも言える。今後のソフィア・コッポラに注目したい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-14 01:16:15

プライドと偏見

テーマ:映画・ドラマ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
プライドと偏見

 文芸超大作はやはり苦手だ。

 
 テンポについていけなくて早々に飽きてしまった。そこで覚悟を決めて、物語を追うのではなくキーラ・ナイトレイだけを見ていることにした。
 表情の多様さ、表現の巧みさ、変幻自在の演技に改めて感心した。
 

 物語の進行はかなり端折っていて、時に説明不足で、しばしば原作を知らない観客が置いてけぼりにされてしまうのだが、キーラ・ナイトレイは表情の変化だけで見事に表現してしまう。同じ人とは思えない色んな顔があった。
 
 映画は後半になってやっと緊迫感が増してきて中に入り込むことが出来た。我慢して見続けて良かったと思う。ロケーションも見事。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。