2005-09-11 23:45:02

銀河ヒッチハイク・ガイド

テーマ:映画・SF/コメディ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
銀河ヒッチハイク・ガイド

 

原題   The Hitchhiker's Guide to the Galaxy

邦題   銀河ヒッチハイク・ガイド

公開年  2005年

制作   USA / UK

 

監督   Garth Jennings

原作   Douglas Adams

 

評価   5

 

配役

Martin Freeman     Arthur Dent             平凡な地球人
Zooey Deschanel    'Trillian' Tricia MacMillan     冒険好きの地球人女性
Sam Rockwell      Zaphod Beeblebrox        銀河系大統領
Mos Def           Ford Prefect           Arthurの友人
                                    銀河ヒッチハイクガイドの編集調査員
Warwick Davis      Marvin: The paranoid Android  Zaphodの鬱病ロボット
Alan Rickman      Marvin: The paranoid Android (voice) 
Bill Nighy          Slartibartfast             Magratheaの案内人
John Malkovich      Humma Kavula           元大統領候補
Anna Chancellor     Questular Rontok          副大統領
Helen Mirren        Deep Thought (voice)       偉大なコンピューター
Stephen Fry         Narrator/The Guide (voice)   ナレーター
Thomas Lennon     Eddie the Computer (voice)   宇宙船『黄金の心』のコンピューター
Richard Griffiths      Prostetnic Vogon Jeltz (voice)  Vogon軍の司令官
Jack Stanley        Lunkwill                Deep Thoughtの操作員
Dominique Jackson   Fook                  Deep Thoughtの操作員
Simon Jones       Ghostly Image            Magratheaの警告画面

 

あらすじ

 

 地球上からイルカがいなくなった。危険を事前に察して逃げたのだ。
 Arthurの家がバイパス建設のために即刻立ち退きを要求される。Fordが来て、一緒にパブへ行き、ビールを飲む。Arthurは以前に自動車を知的生物と勘違いしたFordの命を助けていた。
 物音に驚いて家に帰ると、Arthurの家は取り壊されていた。
 その時、Vogonの宇宙船が飛来して、銀河バイパスの建設で地球を破壊するという。
 地球が破壊される直前に、ArthurはFordと一緒にVogonの宇宙船に隠れてヒッチハイクするが、詩を朗読されて宇宙に放り出される。
 二人は丁度通りかかったZaphodの宇宙船に拾われる。中にはZaphodにArthurの目の前でナンパされたTriciaと人生を悲観しているロボットのMarvinが同乗していた。
 Zaphodは自分を誘拐した罪でVogonと副大統領に追われていた。
 Magratheaに行こうとハイパー・スペースをジャンプしたが、Humma KavulaのいるVitvodle第6惑星に着く。ここでは神のクシャミが銀河になったと伝えられていた。Humma Kavulaはそこの教祖だった。
 Humma KavulaはMagratheaにある価値観転換銃を持ってくることを条件に無限不可能性ドライブの座標位置特定装置をZaphodに渡す。人質はZaphodの第2の頭。
 外では副大統領とVogonの追っ手が待ちかまえていた。Triciaが一芝居打って脱出しようとするが、Triciaは捕らえられる。他のメンバーはそのスキに宇宙に飛び出す。
 Triciaを助けに行こうとするが、宇宙船の追尾装置はマウスに破壊されていた。Arthur、Ford、Zaphodは脱出用ポッドでVogon星に行く。考えると頭をぶたれる星だった。
 尋問で出生地を聞かれたTriciaは地球が破壊されたことを初めて知る。しかも、大統領が「愛とキスを」と署名していたことも。
 他の三人は大統領の解放申請書を提出してTriciaを釈放させる。Vogon人は官僚的だった。
 無限不可能性ドライブで伝説の星Magratheaに到着。しかし、電送画面のGhostly Imageが「閉鎖中」と告げる。無理に突入すると熱核追尾ミサイルが2基発射された。逃げ切れずパニクッて、Arthurは無限不可能性ドライブのボタンを押す。すると、宇宙船は何処にも飛んでいかなかったが、ミサイルはペチュニアの鉢とマッコウクジラに変身して落下した。
 Magratheaは雪の世界だった。

 Zaphodが次元移動装置を発見して飛び込む。Zaphod、Tricia、Fordは巨大なスーパー・コンピューターのDeep Thoughtと対面。Deep Thoughtは以前に「人生、宇宙、そして万物に対する答え("answer to life, the universe and everything" )」を聞かれて750万年考え、「42」と答えていた。理解できない者に、「究極の質問("the Ultimate Question")」を他のもっと大きなコンピューターで考えろと言う。

 Deep Thoughtに地球は究極の質問を考え出すための大がかりなコンピューターだったと教えられる。Deep Thoughtから価値観転換銃を受け取る。この銃は自分の考えを相手に打ち込むことが出来た。夫婦げんかで口論に飽きた主婦が考案した銃で効果は男だけ。
 次元移動装置に飛び込むのを躊躇したArthurは雪原にとり残される。Slartibartfastと出会う。惑星製造工場を見学。壊されたのは地球のバックアップで完成間近の地球を見せられる。Slartibartfastは複雑な地形のノルウェイを担当していた。
 新しい地球に戻る。Arthurの家も建て直されていた。家の中では他の仲間がパーティをしながら待っていた。
 この地球の制作を依頼したのは、マウスに化けているLunkwillとFookだった。マウスは答えを得るためにArthurの脳の一部を欲しいという。破壊された地球の唯一残されたプログラムの一部だった。切り取られる寸前に機械を破壊してマウスを叩き潰す。
 そこへVogonと副大統領が現れる。銃撃でMarvinの頭が打ち抜かれる。
 激しい銃弾の嵐で反撃できない。Marvinが最後の力で価値観転換銃を拾ってVogon軍を撃つ。Vogonの全員が鬱な気分になり気力をなくして母国に強制送還される。

 地球はArthurの申し出でArthur抜きで再生される。
 大統領と副大統領は仲良く元の鞘に。ArthurはTriciaに愛の告白。みんなで宇宙の果てのレストランに向かう。(乞う、続編)
 元通りに復元された地球にイルカが戻る。

 

感想

 

 最近のSF映画のようにSFなのにラスト・アクションがチャンバラなのは本当はとても不自然なことです。それは娯楽映画なのであって、真のSF映画とは言えません。未来はたぶん摩訶不思議な武器で争われるはずです。一瞬で決着がついては面白くありませんが、少なくともチャンバラではないでしょう。
 
 悲惨な夢も希望もない暗い未来を描いたアクションだけのSF映画には正直、うんざりしています。飽き飽きしています。バラ色の未来ではなくても、もっと色んな多種多様の未来があってもおかしくはありません。そして未来は想像もつかない馬鹿馬鹿しいものになるはずです。予測がつかないから驚きの連続です。良いことも悪いこともすべてが同時に一切合切押し寄せて来るでしょう。
 
 世界的に有名な英国のSF小説『銀河ヒッチハイクガイド』が映画化されると聞いて以来ずっと首を長くして待っていました。1979年に発表された飛び抜けた空想に満ち溢れた傑作です。英国らしい毒のあるユーモアと底抜けの笑い、奇抜なアイデアで読者を銀河の世界に彷徨わせてくれました。
 
 私が思う理想的なSF映画のひとつです。こんな未来があってもけっして不思議ではありません。コメディですがパロディではありません。その世界は一から創造され、その世界が存在する可能性はほんのちょっぴりでしょうが残っていると思います。
 
 「すべては『銀河ヒッチハイクガイド』に書かれています。ぜひ読んでください。楽しい銀河の未来への旅が待っています。」と言い切ってしまいたいのですが、しかし、残念ながらこの電子ガイドブックが我々の目に触れることはまだありません。映画を観ることで、取りあえず、我慢して下さい。どこへ行くのかはいつも予測不可能な楽しい旅が待っています。
 
 なのに、たぶん同時に公開されているどんな映画より傑作だと思うのに、日本での上映館は9館だけ。日本はSF後進国になりつつあるのに誰も気づいてないようです。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると英語圏のGoogleの電卓機能は、"answer to life, the universe and everything" の計算をサポートしており、ちゃんと「42」と答えるそうです。

 
 但し、原作に比べて映画では毒気が多少抜かれているのはちょっと残念かも!

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-09-09 11:56:38

Ray / レイ

テーマ:映画・伝記
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
Ray / レイ

 


 チャーリー・パーカーを始め素晴らしい才能を持ちながらボロボロになって砕け散った同時代の若きミュージシャンはたくさんいた。Rayが立ち直れたのは支えてくれる人たちがいて、みんなに愛される音楽があったからだろう。
 Rayの若き日の所業と苦悩の一端を知ることで巨人の生身に一歩近づけたことが嬉しい。
 さらに映画ではその音楽を堪能できることがなによりだ。
 
 レンタルで見て、直ぐに追悼BOXを注文した。愛蔵版がひとつ増えた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-04 23:00:45

マイ・ボディガード

テーマ:映画・アクション
松竹
マイ・ボディガード

 

原題     Man on Fire
邦題     マイ・ボディガード
公開年    2004
制作国    USA / UK / Mexico
監督     Tony Scott
ジャンル   Action / Drama / Thriller / Crime

  
配役
 
Denzel Washington    John W. Creasy        元CIAの狙撃兵
Dakota Fanning      Lupita Ramos        少女
Radha Mitchell      Lisa Ramos          Pitaの母親
Christopher Walken    Paul Rayburn        Creasyの先輩
Marc Anthony       Samuel Ramos         Pitaの父親・自動車部品会社経営
Giancarlo Giannini    Miguel Manzano       捜査官
Mickey Rourke      Jordan Kalfos        弁護士
Rachel Ticotin      Mariana Garcia Guerrero  女性記者
Gustavo Sanchez Parra  Daniel Sanchez        The voice・誘拐組織のボス
Jesus Ochoa       Victor Fuentes        刑事
Gero Camilo       Aurelio Sanchez        弟
 
 
あらすじ
 
 護衛をしていたPitaが誘拐された。Creasyも撃たれて重態。
 
 退院したCreasyは復讐を誓う。「事件に関わった奴、うまい汁を吸った奴は皆殺しだ!」。
 
 誘拐事件は組織的で、ワル組織と汚職警官の組織 La Harmandadが深く関わっていた。
 
 Creasyは尾行していた車のナンバーからMarianaの協力で実行犯を突き止める。

 
 少女をディスコの支配人に引き渡していた。

 

 1000万ドルの身代金が支払われる予定だったが、警官の待ち伏せがばれて黒幕の弟が殺される。


 身代金の1000万ドルは犯人に渡った時には250万ドルに減っていた。
 

 途中でLa Harmandad会長のFuentesが掠めていた。しかし、250万ドルだけ。
 

 金を車に移し替えた時に細工した弁護士のKalfosの家に行く。何者かにKalfosは殺されていた。
 

 Kalfosの事務所に残されたいた隠し口座の入金記録には少女の父親Samuelの名があった。
 

 Samuelを問いつめると、金に困った自作自演だと白状する。しかし、2日後に戻ると言われていた子供は返ってこなかった。

 

 SamuelがKalfosを殺した。Samuelに自殺を促す。
 

 ついに誘拐組織のボスを突き止める。CreasyはDanielの身重の妻と弟を誘拐。
 

 Danielは生きていた少女と、弟+Creasyと交換を提案してくる。銃撃戦で重傷を負ったCreasyは了承する。
 

 Lisaに協力させて、人質を交換する。Danielたちの車に乗せられたCreasyはそのまま眠るように死ぬ。
 

 Danielは翌年逮捕されて射殺される。
 
 
評価    4
 
 
感想
 
 緊迫感の溢れる映像の連続で見応えはありますが、長いです。

 誘拐事件が発生して本来の物語が始まるまで1時間以上待っていました。

 ラストは残念です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-03 23:44:11

ウィンブルドン

テーマ:映画・ラブコメディ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ウィンブルドン

 

 

原題    Wimbledon
邦題    ウィンブルドン
公開年   2004
制作国   UK / France
監督    Richard Loncraine
ジャンル  Comedy / Romance / Sport
 
配役
 
Kirsten Dunst        Lizzie Bradbury   プロテニスプレイヤー
Paul Bettany         Peter Colt       プロテニスプレイヤー
Sam Neill           Dennis Bradbury  Lizzieの父親
Jon Favreau          Ron Roth      エージェント
Bernard Hill          Edward Colt     Peterの父親
Eleanor Bron         Augusta Colt     Peterの母親
Nikolaj Coster-Waldau   Dieter Prohl     Peterの友人・3回戦の対戦相手
Austin Nichols        Jake Hammond   Lizzyの恋人・決勝の相手
Robert Lindsay        Ian Frazier      テニスクラブの支配人
James McAvoy        Carl Colt       Peterの弟
John McEnroe         Himself       テレビ解説者
Chris Evert           Herself        テレビ解説者
Mary Carillo           Herself        テレビリポーター
 
 
あらすじ
 
32歳、ランキング119位 最高は11位のPeterはウィンブルドンの出場を最後に引退するつもりだった。
ホテルのフロントが部屋のキーを間違えたことからLizzieと知り合って付き合い始める。
Peterは調子が良くなり勝ち進むが、Lizzieは乱れ始める。
Lizzieは準決勝で破れる。Peterと喧嘩して米国に帰るという。
決勝戦の前にPeterはインタビューでLizzieへの愛を告白。
Lizzieは戻る。Peterは優勝する。
結婚して子供にテニスを教える二人。
 
 
評価  4
 
 
感想
 
 試合のシーンはカメラワークに工夫が凝らしてあり見応えがありました。
 ラブストーリーはひねりが少なくストレート。
 悪くはないけれど、Kirsten Dunstの魅力を最大限に引き出しているとは言えません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-02 23:59:08

オーシャンズ12

テーマ:映画・サスペンス
ワーナー・ホーム・ビデオ
オーシャンズ 12

 

 

原題    Ocean's Twelve
邦題    オーシャンズ12
公開年   2004
監督    Steven Soderbergh
ジャンル  Comedy / Crime / Action
 
配役
 
George Clooney      Danny Ocean     怪盗
Brad Pitt           Rusty Ryan      Oceanの仲間
Matt Damon         Linus Caldwell   Oceanの仲間
Julia Roberts        Tess Ocean     Oceanの妻
Catherine Zeta-Jones   Isabel Lahiri    捜査官
Andy Garcia         Terry Benedict    カジノのオーナー
Don Cheadle        Basher Tarr     Oceanの仲間
Bernie Mac         Frank Catton     Oceanの仲間
Casey Affleck        Virgil Malloy     Oceanの仲間
Scott Caan         Turk Malloy      Oceanの仲間
Vincent Cassel       Francois Toulour  フランス侯爵・Night Fox
Eddie Jemison       Livingston Dell   Oceanの仲間
Shaobo Qin         Yen           Oceanの仲間
Carl Reiner         Saul Bloom      Oceanの仲間
Elliott Gould        Reuben Tishkoff   Oceanの仲間
Bruce Willis        Himself 
Robbie Coltrane     Matsui          情報屋
Cherry Jones       Molly Star/Mrs. Caldwell  FBI捜査官/Linusの母親
Jeroen Krabbe      van der Woude     金持ちの隠遁者、骨董収集、
Albert Finney        LaMarc         世界一の大泥棒
 
あらすじ
 
 Benedictから盗んだ金を返せと言われたOceanたちはアムステルダムに飛んで、Matsuiの斡旋でvan der Woudeからオランダ東インド会社の世界最古の株券を盗もうとするがNight Foxに盗まれた後だった。 
 Night FoxはLaMarcから世界一と認められようとOceanたちに挑戦状をたたきつけていた。OceanたちをBenedictに密告したのは彼だった。
 
 ファベルジェの戴冠式の卵の本物をどちらが盗むかで競う。
 Oceanたちは逮捕される。逮捕を免れたLinusはTessに応援を頼むが結局一網打尽に。
 
 FBIのMollyが来てOceanたちを連行する。Oceanたちを逮捕するためにボスのサインを改ざんしたIsabelはRustyと行動を共にする。二人は昔の恋人同士。行き先はLaMarc。Isabelの実の父親だった。 
 OceanとTessはToulourの屋敷へ。Night Foxは自分が勝利したと確信していたが、博物館から盗んだのはレプリカだと知らされる。LaMarcの元にあった本物はOceanたちが盗んでいた。
 
 Benedictから盗んだ金はToulourが代償する。
 
評価 4
 
感想
 
 思い思いの自然体の演技、奇抜な映像、時間軸を無視したカット割り・・・。
 でたらめな思いつきの連続のようでいて Soderbergh監督の映像はしっかり細部まで計算し尽くされている。
 
 勝手な思いこみでしかないだろうが、この監督の作品は監督の意図が良く読めて楽しい。入り組んでいて万事が一筋縄ではいかないけれど、映画を観ながら知的なゲームを遊んでいるような気分になる。この監督の映画は映画以前にそのひとつひとつの映像が好きだ。
 
 映画の初めの頃にあった埋葬シーンはラスト近くでIsabelの母親の葬儀とわかる。そして、死んだと思っていた父親との再会シーンに繋がる。説明はしてくれないが、何気ないシーンでもちゃんとした意味があるとわかる。
 
 
 この映画では主人公グループの派手な活躍が見られない。アクション豊富な立ち回りを期待していると肩すかしを食らってしまうが、多彩な俳優陣など他のお楽しみは満載。決して悪い映画ではない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-02 23:22:06

ジーリ 恋は雨模様

テーマ:映画・ラブコメディ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ジーリ

 

 

原題   Gigli
邦題   ジーリ 恋は雨模様
公開年  2003
監督   Martin Brest
ジャンル Romance
 
配役
Ben Affleck      Larry Gigli       用心棒
Jennifer Lopez     Ricki / Rochelle  用心棒
Justin Bartha     Brian          検事の弟・知恵遅れ
Lenny Venito      Louis         地元のボス
Christopher Walken   Det. Stanley Jacobellis  刑事
Al Pacino        Starkman       親分
Missy Crider      Robin         Rickiの元恋人
 
あらすじ
 
 誘拐されたBrianの面倒をLarryとRickiがみる。BrianはStarkmanを起訴しようとしている検事の弟で脅迫材料にしようとStarkmanが誘拐した。
 しかし、計画は挫折し、Starkmanが来てLouisを殺すが、RickiはBrianを返すことでけりを付ける。
 
 レスビアンのRickiだったが、LarryとRickiは愛し合うようになった。
 
評価   3
 
感想

 
 誘拐事件がどうなったのか、曖昧なまま終わる。それがこの映画の本筋なのに、映画はそれを無視してラブ・ロマンスに集中する。となると、Jennifer Lopezのための映画で、ワルぶって見せているBen Affleckは引き立て役に過ぎない。Jennifer Lopezは綺麗だが、欠点がレスビアンなことだけとは美化しすぎ。
 それぞれワン・シーンでしか出てこないAl PacinoやChristopher Walkenたちはお得意の役柄で観客を楽しませてくれる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。