凱旋門賞の予想

テーマ:
凱旋門賞ですが、まずサトノダイヤモンドとサトノノブレスは厳しいでしょう。

サトノダイヤモンドは日本だと2番人気だが、海外だと10番人気。そして雨降って重馬場じゃ厳しくてしょうがない。

サトノノブレスなんて海外だと最低人気。応援で買いたい奴等は買えばいい。

エネイブルは強いんだけど多頭数の内枠がどうでるかという所。

でもオーダーオブセントジョージを本命にしたい。

凱旋門賞の予想は下記。

◎オーダーオブセントジョージ
○エネイブル
▲チンギスシークレット
★カプリ
△ウィンター
△ユリシーズ
△アイダホ
△クロスオブスターズ
△ザラック
△セブンスヘブン
△ブラムト

買い方

馬単
◎↔️印
AD
色々あって、ブログをサボっていましたが、この秋のG1シーズンは頑張ります。

第1弾スプリンターズステークスの予想は下記。

◎ワンスインナムーン
○レッドファルクス
▲レッツゴードンキ
★メラグラーナ
△セイウンコウセイ
△フィドゥーシア
△ファインニードル
△モンドキャンノ
△ブリザード

今の中山は、やはり前目の内で競馬している馬が残る率が高い。外枠の差しはあまり期待できない。

 ワンスインナムーンの一発に期待したい。
1400での好走が目立つが、いや、実際はスプリンターだ。
何て言うか1400向きのスプリンターと言えばいいのだろうか。
若干時計の掛かる中山1200と化しており、逆に1400向きの馬が合う馬場。
調教も抜群に良く、枠も内枠をとれてスタートが上手い為、前目番手の内ラチ位置を確保し、しっかり折り合い、最後の直線まで手綱持ったままなら爆走の可能性十分可能性大!

対抗はレッドファルクス。何だかんだでこの馬が一番安定ある。今年G1は2回共3着だが、G2の1400は勝っており、元々1400で頭角出してきた馬だ。

3番手はレッツゴードンキ。これも1400向きの馬。内枠に入り、高松宮記念同様にイン差し期待。

3番手は迷ったが、中山1200得意のメラグラーナ。できれば揉まれない外枠が良かったが。

内枠引いたセイウンコウセイ、中山得意フィドゥーシア、前目で競馬できるファインニードル、2歳時だが1400重賞勝っているモンドキャンノ、海外馬ブリザードまでを紐に。

買い方
3連複
◎➡️○▲★➡️○▲★△

馬単
◎↔️○▲★△

中山得意だからメラグラーナを上にしたが、セイウンコウセイが気になる。

AD

札幌記念の予想

テーマ:
札幌記念の予想ですが、

人気馬はヤマカツエース、マウントロブソン、エアスピネルを各馬マークしてレースを進めるだろう。そして3コーナーから進出して外を回して、4コーナーで先頭にとりついて直線へという展開だろう。

どう考えても、穴は前かインにいる馬。

結果、◎はロードヴァンドール。ロードヴァンドールはあまり強い馬と思われなければ、逃げきりも可能と思われる。右周りの小回り2000が今の所、一番能力発揮できる可能性が高いとみれる。ここで勝たないと賞金的に重賞に出るのでさえも、厳しいので調教もよく、ここはメイチでしょう。

○対抗はモレイラ要するマウントロブソン。これも賞金がなく、当初騎乗予定のネオリアリズムからのスライド騎乗という事は、モレイラに対しても、万全の状態で馬を預けないといけない為、必戦必勝だろう。正直、ロードヴァンドールとマウントロブソンのどっちを本命にするかで迷った。

▲はヤマカツエース。夏苦手と言われているが、格は違うこの馬が、凡走するとは思えない。

☆はサクラアンプルール。中山記念みたいなイン差し競馬ができるとみた。

何気に舐められているのは、ディサイファとマイネルミラノ。ディサイファは連を外していない得意の洋芝、ここで凡走なら終わりだし、マイネルミラノはスムーズな競馬ができれば残れる可能性が高い。

印は下記。

◎ロードヴァンドール
○マウントロブソン
▲ヤマカツエース
☆サクラアンプルール
△ディサイファ
△マイネルミラノ
△エアスピネル
△ツクバアズマオー
▽アングライフェン
▽サウンドオブアース
▽タマモベストプレイ
▽ナリタハリケーン

買い方
馬連
◎➡️○▲☆△

3連復
◎➡️○▲☆➡️○▲☆△▽


AD