やっと訪れた幸福

テーマ:

忙しい日々を過ごしていた
妻との、コミュニケーション不足の折りか


ベットに入り淡々とした口喧嘩が始まってしまった



そして、喧嘩の話題はSEXにもおよんだ


我が輩が求めても中々応じてくれない妻への不満

妻の言い分・・・ハァ~の連続

気づくと月明かりに照らされた妻の顔が光っている
そう、泣いちゃった・・あっちゃ~

妻の得意技、いきなり怒る、泣く、笑うの
泣く攻撃が始まった

男は弱いよね、女の涙


優しく慰めお互いを見つめ合ってみた

二人に足りないのはね、

「ありがとう」
「ごめんね」

「そして、お互い様と言う気持ち」

だよね

そう言って手を握りしめたまま眠りに付こうとした




んん、我が輩の足に妻の足がからみつく


もしや・・・すぐ横に顔が近づいていた


おぉこれはもしや「ムフフ」かなぁ?

我が輩に覆いかぶさってくる妻

ホンに、久しぶりのディープなキス

エロエロモード全開の妻

待ってたよ、この時を


間髪入れず左手は胸を、右手はパンティーの中へ滑り込む

モミモミ、ちょんちょん、モミモミ、ちょんちょん


乳鈴をなぞるように下をはわせ、中心の突起を

優しく口に含み転がす「あん」

漏れ出す吐息、荒くなる息

自らパジャマをはだけさせる妻
そして、下半身にあるじゃまな布を脱ぎ合う





上半身から下半身へとゆっくりなぞる指

右手はゆっくりと陰部にある茂みをかき分け
人差し指と、薬指が


花園をゆっくりV字に開く

中指が待っていましたと言わんばかりに

動き出す、優しく→←↑↓時にをなぞる



溢れ出てきた体液がうれしそうに音を立てる

ゆっくり2本の指を押し入れてみる


「ああん」「もぉうぅ~」
「はぁはぁ」


クチュクチュ、クイックイッ


「ねぇ」・・・「来て」

トロォンとした目で求める妻
ササッとスキンをかぶせ


ゆっくりと時間をかけ奧まで挿入する

{あーおいらはこの瞬間を待っていたぞぉー}と心の中で叫ぶ

焦らすつもりでじっとしている

と、妻の腰が堪えきれずに蠢き出す

我が輩の腰に回り付く妻の足

激しくなる互いの↑↓


「あっああん」「あー」

ますます激しくなった↑↓↓↑↑↓↓↓↓↑↑↑

んで、堪えきれず我が輩のスペースシャトル発射いたしました

「あーえがった」
「んもぉ、もっとだったのにィ」
「んじゃ、も一回する?」
「(*^_^*)うん!」





・・・・・・・・


「んじゃちょっとペロッテ(^^;)」




今度はいきなり挿入じゃぁー

何せ2回目は我が輩に圧倒的に有利
多少無茶しても全然持つ
余裕じゃーーー


ええい、まずは正常位でほいさっさ


「あん、あん、あー、あん、ああん」

「うりゃうりゃうりゃりゃぁ」

「ねっえっぇーん、・・・・・」

これはもしや、BACKオーライか?


妻を四つんばいにし後ろから突く

これ、妻がとっても悶えちゃうのよ

突きながら、右中指はクリを刺激し
左手で乳房を愛撫、舌で背中をなぞってやる


「もっもぉ~」「あっ」


崩れ落ちる妻の姿勢、がかまわず後ろから突きまくる
体位も少しづつ変えていく♂♀


そして、正常位に戻り




「あん」「おかしくなぁるぅ~」


いくぞぉーと布団に潜り込んでいる我が輩は心で叫ぶ










「お母ちゃん?」

「お母ぁちゃんどおしたのぉ?」

「具合悪いのぉ?」




二人の動きが一気に急停車する




「グー」「グー」「ガー」「ぴゅーんぐっ」「すーすー」「ガー」


再び息子のイビキと吐息が


笑ってしまった、二人して

おまけにしらけてしまった・・・

「何か、ねぇ」

「寝るか?」




耳元で妻がささやく

「毎日求めだしたらどうする?」
「おう、いいぞぉー」ちょっと見栄を張った

1日おきにしない?と心の中で思いつつ

何となくとっても幸せな気分だった

次回はまた、青春路線に戻るぞぉー























AD

淡い思い出

テーマ:

微笑み


それは妻と二人のお子たちを連れだってスーパーへ行った時のこと

買い物カートに乗せているもうじき3歳になる娘をあやしている時の事だった
優しい微笑みが我が輩を見つめている


微笑みの先には20年前に付き合っていた
元カノと言うにはほど遠い、記憶の片隅にいた昔の彼女だった


妄想ではなく、当時の記憶が所々鮮明に蘇ってくる

彼女との出会いは20年ほど前のちょうど今時期だった

当時我が輩デスコ通いを週に2度はこなし
次から次と女の子を取っ替え引っ替え遊び盛りの頃だった


何度かSEXをしたことのある知り合いの娘と一緒に来ていた彼女


彼女を見た瞬間に一方的な恋が始まっていた

遊び相手だった知り合いの子からなりふり構わず
連絡先を聞き、翌日からはもう口説きの連続


実は、知り合う前に地方紙の職場の新人紹介欄に彼女が掲載されていて
我が輩、そのちっちゃなモノクロ写真に恋(妄想)をしていた
あ~こんな子を彼女にしたいと・・・


その子が目の前に現れたのだ
当然、口説かずにはいられなかった


俗に言う「甘酸っぱい思い出」なのだ


今で言うストーカー並の口説き、たぶん相当強引だった
自分で言うのも何なんだけど、惚れると強引な男だったと思う
(まっ、自分勝手なだけなんだが・・・)


一週間ほどかけやっとの思いで口説き落とし、めでたく付き合うことに
我が輩より一つ年上の彼女、とっても綺麗でめっちゃ可愛かった


1ヶ月ほど付き合った頃、やっと彼女も彼氏として我が輩を
友人に紹介してくれるようになり


2ヶ月ほどで、二人っきりの旅行へ行き
結ばれた


もちろん二人ともSEXは初めてではなかったし
相応の経験もあったが
我が輩は、遊びではなく
心のこもったSEXの喜びと快感を初めて得たような気がしていた


それほど好きだったし、いとおしかった
彼女と出会うまでは、自分が気持ちよければそれでよかった
そんなSEXしかしていなかったし、それで満足できた


彼女と体を合わせる度、はてる度に何かが変わった
たぶん我が輩が最初にいかせた?女だと思うし
初めて、わが輩自身を口に含んでくれた女性だった
彼女とのSEXは、本当に楽しく気持ちよかった


あっという間に夏が過ぎ、秋が訪れ始めた頃



突然、彼女の口から「子供、できたかもしれない」


そう聞かされた・・・


「俺の子だもん、産んでいいよ」(後先考えてなかったなぁ)
「まず病院へ行って検査しよう」(ちょードキドキだった)


産婦人科は二人とも、もちろん初めてだった
着たことのない似つかわしくないスーツを着た自分を
看護婦さんが気を遣い「旦那さん」と呼び

医師の待つ部屋へはいる若い二人


「クラミジア感染ですね」「妊娠に似た症状を起こすことがあるんです」
クラミジア?ハァ?初めて聞く言葉だった
そう、当時クラミジアは一般的にほとんど知られていない性病で
一部の病院でしか検査をしても解らなかったのだ


妊娠じゃない。正直ほっとした、反面ほんの少しがっかりもした

我が輩、結構若い父親にあこがれてた


我が輩も検査してみた、結果は未感染・・・・


つまり彼女が保菌者で、彼女は前の男から移された物だった

我が輩が口説いた時は、遊び人の彼氏と別れた直後で
そんな傷心な時に強引に口説いたのが我が輩だったことが判明





少しずつ歯車が狂い始めた



保健婦だった彼女は病気になったことと、抗生剤の効きが悪く
完治に時間がかかったこと
元々腰が悪くヘルニアの治療で休職し入院することが決まった事も重なり
ずいぶん悩んでいた


僕は、病気のことなど気にしていなかったし
まして、付き合う以前のことだ


でも彼女は違った



彼女の心が混乱し、心が離れそうになっていくのを感じた我が輩からは
彼女を口説いた時の強引さは消え
女々しさが増殖していった
しっかり、強い男として彼女を支えて行けなくなっていた

一つ年下の、背伸びする男になっていた


そして別れ・・・



彼女から別れを告げられ1ヶ月ほど会えない日々を過ごし

吹雪のクリスマス前夜再会、彼女への気持ちに変わりのないことを伝える

だけど、いつものように助手席に座っている彼女を

強く抱き寄せることができなかった

自分の弱さだった



あれから20年、今彼女は変わらぬ笑顔で微笑んでいる

我が輩と娘を包むように・・・・

何か、互いの、いや我が輩のわだかまりが

春の残雪のように解けていった


旦那とおぼしき人物と、むつまじく買い物する彼女
目と目とで短い会話をした


「幸せそうだね?」

「あなたも良いお父さんやってるのネ」
「ああ、妻も子供達も大好きだからね」
「じゃあ」

「またいつか」




淡い、淡い僕の恋の思い出・・・・





それにしても、旦那結構年上?

髪薄いじゃん、俺よりずっと親父に見えるじゃん
だけど優しくて強引なんだろォ?

・・・・・何となく負け惜しみ・・・・・・^^;



タグ打ち

テーマ:

ちょっと勉強すてみますた!!



以前は自分の釣りやアウトドアのHPを持っていたのですが

簡単作成ソフトを利用していたので

タグ打ちが良く解らんm(_ _)m




ブログを掲載するに当たり、ただでさへ無い表現力がよけいに

乏しく感じる・・・・






じつは、情報処理技術者・・・の中のシスアドも持っている




が、タグ打ちが大の苦手(いかんのじゃ、これでは)





が、このままでは、このままでは




ということで、まず文字を大きくする練習をかねてUPしてみました






ブログとしての妄想的内容はないョ~

すんまそん!!

ちゃんと文字大きくなったかなぁ??

???

・・・・

あれ?おっきいまま

まっいっか

誤送信

テーマ:

ネット懸賞に応募したら同時に出会い系サイトに
登録になったことはブログにも書いた


そのことは妻も周知している


そんな折・・・最近ご無沙汰の夫婦生活をどうにかしようと
思いついた我が輩(^_-)



こんなんしてみますたワぁ



○○さん 僕のような40になるおっさんへ
メールくれてありがとうございます


実話、出会いを求めてサイトに登録したわけではなく
ネット懸賞に応募したら登録になってしまって・・

と言うわけで、出会いを募集していないのです

貴方のような素敵な方は大変魅力を感じます、が

大変申し訳ありませんが、僕は妻をとても愛していますし

子供達が大好きな普通の父親です

サイトへも、僕のデータを削除して頂くよう連絡しております
このような事情から、あたなのご期待には添えないのです



このメール返信先を間違ったふりして妻へ送信




膨らむゾぉー 妄想が
今晩はすっごいですねー
頭の中は妻との××妄想でいっぱいになり
股間と共に噴火寸前


ムフフフフ きっと今晩  ラブラブ

必ずや今晩 ハゲシイ?

久しぶりに、燃えるぞぉ






帰宅


妻・・・・無反応?


食後しばらくして



「ちょっと、変なメール来たヨぉ」
「どんな?」
「あんた、誰におくってんのぉー!(^^)!

作戦成功か?

「見せてみぃ」
「あー、俺送信先間違ったんだなぁ?・・(^^)
「ま、まっ本当の気持ちだからさぁ」
「(^o^)」

入浴、子供達は就寝



夫婦そろってベッドイーーん


いよいよ、来たるときが来たかぁー?





モゾモゾ

モミモミ・・クリクリ・・


「ちょっとぉ、眠たいからぁ」   そう言いつつ


「いやだって!」  いやよいやよも好きの内

「メールで俺の気持ち分かったろぉ?」

「だから何?(?_?)」


「(^_^;)」

「だから、ネッ・・・」モゾモゾ



「眠いの、育児は疲れんの!!」




「分かる???」

「お休みなさい (>_<) 」



おい、ちょっと それはねぇーべや(T_T)









我が輩、愛の誤送信作戦










大 失 敗




とほほ状態、当分続きそうです、ハイ



忙しいと忘れる

テーマ:

PCを自作し、使えるようにしたのに
ブログの更新もままならない
そんな日々が続いている


2名の部下が退職し1名の新人が配属された今春
実質的な人員削減、決算期
毎日毎日残業、土日も仕事
友人の父の突然の死

心にまったっくと言って良いほど余裕がなかった


いつも巡回して見て回るお気に入りのブログを見る
そんな余裕すらあまりなかった


コメントいただいた方々返信できずすみません!!



明日明後日も仕事、だけど一区切りがつく



ちょっと思い返して考えた、いや

考える余裕が少し生まれた



だから今こうして本当に久しぶりのブログを記入している



忙しい、という字の中には亡という字があり

れるという字もしかり


れるという字は、心を亡くすと書いて忘れると読む・・・



そう、我が輩 仕事や忙しさで


心を亡くしていたんだと思う


妻や子供たちへの心、気持ち


僕のブログへ度々訪れてくれる方々への心、思い



何かを殺して、仕事に打ち込んだり

悩んだり、忙しいそして忘れると


時に大切なものを失うことがある


今回は、大切なもの?は失っていないと思う?が


家族との大切な時間や、コミュニケーションの場を

失ってしまった


唯一、5月5日の息子の誕生日だけは忘れずこなした

ムシキングもいっぱい一緒にやってきた


来週の土日は完全of、息子と娘を連れて

のんびり釣り糸を垂らそうか

それとも、山に入って行者ニンニクをとってこようかなぁ



少し心を取り戻しつつある我が輩です