此方には長めな「年末年始の休業日」があります。

 

その為、今年訪問出来るのも残り3回程です。

 

新年初めてのラーメンは、何時も「佐久間町のお店」と決めていますが…年内最終は何処にしようか。

 

地元で済ますという手もありますし、やっぱり「弁天町」というのもありなのかな。

 

いずれにせよ、私の悩みなんてどうでも良いような事な訳で…。

 

 

『麺屋 永太』

 

今日を含めて昼営業は残り6日、「一年が早く感じるのは何故だろう…」。

 

ついこの前お母様に、新年のご挨拶をしたような気がします。

 

暫くお会いしていませんが、お元気なのかな。

 

 

さて粗何時もの時間に到着、まだ日が当たらない待機場所は寒いです。

 

他には誰も居ませんので、列から少し外れて日が当たる場所に、暖を求めるおじさん (^_^;)

 

そんな事をしていると、彼女が登場してご挨拶。

 

本来の並びに戻り、ひとり読書タイムに入ります。

 

そうだ!新しい本を購入して、紀伊國屋のポイントを使ってしまわないと…。

 

このポイントは、一年で消滅してしまいます。

 

このシステム、どうにかならないものだろうか。

 

 

さて今日も時間きっちりに暖簾、トップ8+数名が店内に入ります。

 

何にしようか考えましたが、基本のラーメンにしました。

 

限定の「あんかけ味噌」もすでに売り切れだし、迷った時は基本です。

 

テッパントッピングの海苔と、忘れてはならないビールも一緒にポチ…っとな。

 

 

何はともあれ「赤星」です。

 

 

登場~!

 

素敵盛と共に撮影してみました。

 

いいなぁ、これ。

 

 

温いメンマで至福の一時、こんなに幸せで良いのだろうか。

 

何も起こらない事を、祈りながらいただきます。

 

 

ラーメンなので、早めの提供です。

 

 

ちゃっくど~ん!

 

玉子ありがとうございます。

 

 

開店直後のド乳化スープ、何時もながらの濃厚でマイルドテイスト。

 

気持ちいいくらいの乳化度ですから、嫌な油っこさは感じません。

 

動物のうま味の中に魚介が入り込む感じ、どちらも強く主張はしません。

 

ん~このスープはやっぱり美味しい。

 

 

その美味しいスープに、どっぷりと浸かる自家製麺。

 

噛むと僅かに押し返すような食感と、口の中に残る小麦の余韻。

 

感じが似ている「赤羽の某店」にも匹敵する程で、有名製麺所の麺にも負けてはいません。

 

 

スープまで飲み干してしまい、今日は終了しました。

 

ご馳走様、また来週。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ラーメン・並盛+海苔」=800円(750+50)

 

今年のこちらへの訪問予定は、残り2回となりました。

年末年始の休業は11日間と長めです。

この間何処に行こうか何時も悩みますが、一番悩むのは年内最終の一杯。

去年は「弁天町」でしたが、今年はどうしましょう。

AD

3週間ぶりの兄弟弟子リレー、「待ち遠しい」とは、きっとこんな事を言うのか。

 

予定していた事が狂うと、必要以上にそんな気持ちが芽生えてしまいます。

 

今日は満を持しての訪問、「ちょっと大げさな…」と、何処からか聞こえて来そうです ( ̄□ ̄;)

 

でも私にしてみれば、時間的にもそれなりの覚悟が必要な訪問となる訳で…。

 

 

『自家製中華そば としおか』

 

「としおか」訪問の日は、雨だけは避けたいと日頃思っているのです。

 

幸いな事に、まだ本降りの雨の日には当たっていません。

 

今日もそれなりに恵まれた天気ですが、この待機場所は兎に角寒い。

 

 

そんな中でも椅子組常連さんは、ジッと座って待機中です。

 

「地面からの冷気が、ダイレクトに伝わりそう…」

 

そんな要らぬ心配をしてしまうおじさんは、今日も立ちんぼうで1時間超えの行列に挑みます。

 

「暇なやつ…」

 

何か言いましたか?

 

はい、仰る通りでございます (^_^;)

 

 

行列は相変わらずで、時間経過と共に延びて行きます。

 

すっかり見慣れた光景ですが、「皆さん本当に好きですな…」と思うのは私だけではないでしょう。

 

平日の開店前は常連さんが多い所為なのか、行列のマナーも比較的良いように思います。

 

皆さん静かに、列も乱さずひたすら待ちます。

 

待ちます。

 

…待ちます ( ̄_ ̄ i)

 

開店~、10分程前倒し。

 

 

トップ8と共に入店、券売機前、「つけ麺・小+海苔+辛味+ビール」をポチポチ…っとな。

 

あ!「つけ麺・小」押しちゃったよぉぉぉ。

 

前の方がポチったのを見ていて、つい同じ「つけ麺・小」のボタンを押しちゃいました。

 

ラーメンは、次回にしましょう (^_^;)

 

 

カウンター席で、店主による食券回収を待ちます。

 

此処では声が掛かるまで待つのが暗黙のルール、皆さん静かに待っています。

 

おじさんの順番、「辛味は半分で…」と、お願いして待ちます。

 

 

先ずは凍ったグラスと、冷え冷え世界一(スパドラ)です。

 

 

登場!

 

トクトクと注いで待っていると、素敵盛(メンマ+チャーシューのおつまみ)が登場します。

 

「これがあるから行列に並ぶ…」、そう言っても過言ではありません。

 

最早、お付き物のレベルではありません。

 

これだけで立派な一品、メニューにあればきっとポチってます。

 

 

今ロットで5杯提供、、塩ラーメン、新・塩ラーメン、ラーメンに次いでつけ麺の提供です。

 

 

ちゃっくど~ん!

 

スープ丼に玉子発見、麺上のラー油と共にありがとうございます。

 

店主のご厚意に感謝しつついただきます。

 

 

今日はスープの色が濃い、何故かは分かりませんが、以前ラーメンでもあった事です。

 

魚介強めの影響なのか…それとも?

 

まぁ、美味しければ問題ありませんが。

 

 

ツルツル自家製麺もいつも通り、冷たい水で〆た麺は最高です。

 

後半ラー油を絡め、残りの辛味と共に完食。

 

スープ割は、今日も無しにしました。

 

ご馳走様、また来ます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「つけ麺・小+海苔+辛味(半分)」=900円(750+50+100)

 

夏以降つけ麺が続きました。

次回はそろそろラーメンでも…今回もそう思っていたのですが、この様ですから注意しないと。

ボタンをしっかり確認しよう。

AD

兄弟弟子リレーとなりそうだった今週、しかし週半ばのプチ遠征は事情があり中止となりました。

 

「弁天町」を回避した為、お楽しみは来週に持ち越しです。

 

週末のラーメンは予定通りですので、何時もの此方での楽しみなひと時となる訳で…。

 

 

『麺屋 永太』

 

今日も雨は無し、ここ数回の訪問は、天気に恵まれているように感じます。

 

到着時に支度中の彼女が登場し、その場でご挨拶。

 

その後店主が登場し、冬休みの報告をしてくれました。

 

「存じておりますよ」

 

チェック済みですからね。

 

 

さて、「今日は何食べようかなぁ…」と、贅沢な悩みで時間が進みます。

 

「限定」があれば悩むことなくそれ、でも今日はありません。

 

それならば久しぶりに、「塩ラーメン」にしましょう。

 

 

きっちり開店、すぐに満席からの中待ち発生。

 

「並で…」と伝えてカウンター席、すぐにやって来るのが赤星くん。

 

 

登場!

 

温いメンマと共に、素敵盛おつまみをいただく幸せ。

 

 

塩ラーメンですので茹で時間は短め、店主の仕事を観ながら飲み調整します。

 

それでも余裕はありますので、焦って飲むような事はありません。

 

「ビールなんか飲むやつがいるから、回転が遅くなる…」

 

そんな事を言う人がいますが、そのような事はありません。

 

だってラーメンが着丼する前に、飲み終わっていますから。

 

 

さて、一番で塩ラーメンが提供されます。

 

 

ちゃっくど~ん!

 
久しぶり~な、懐かしいビジュアルです。
 
味玉ありがとうございます。

 

 

いい匂い、開店直後の「ド乳化」スープは、濃厚ながらマイルドテイスト。

 

このタイプのスープは、私は他店ではまず食べません。

 

似たようなスープは、ある事はあるのですが、比較になりません。

 

大量の素材で炊かれるスープは、「油っこい…」などという人も居ます。

 

でも此処まで乳化したスープは、そう感じる物なのだと思います。

 

 

例えば本当に美味しい「博多ラーメン」などは、見た目よりもさっぱりしています。

 

飲んだ時は油っこく感じるのですが、うま味が溶け込みあっさりと食べられたりするのです。

 

表面に油がギトギトと浮かぶような、油を足しているだけのスープとは違うのです。

 

 

豚・鶏・魚介が複雑に混ざり合ったスープは、うま味が凝縮していて美味しいです。

 

塩味が若干強めですが、「特・飛龍」の自家製麺を受け止めるには、このくらいの塩味は必要でしょう。

 

中途半端にぼやけた味になったら、あの美味しい麺が台無しになります。

 

 

後半は何時ものように自家製ラー油投入、海苔で麺をマキマキしていただきました。

 

スープは…飲み干しちゃいました。

 

ダメダメですね~、塩分採り過ぎです。

 

ご馳走様でした。

 

また来週訪問。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「塩ラーメン・並盛+海苔」=900円(850+50)

 

つけ麺も美味しいのですが、私はラーメンが好きです。

ベースとなるスープが、とても美味しいですから。

塩ラーメンは、少し硬めに仕上がった美味しい麺が楽しめます。

AD