2011-04-28 00:39:51

南三陸を抜けて、気仙沼へ

テーマ:東日本大震災

<ツイッターやFacebook、ブログなど
常に自由に情報を発信できるからこそ
今回の震災後、それぞれご意見があるかと思います。
ここでは、地名や写真を載せさせていただきますので、ご了承ください。>


気仙沼の鶴ヶ浦生活文化センターへ向かいました。
本当に被害の大きい地域でした。

南三陸に
入ったあたりから、ガラッと景色が変わりました。
しかし、なぎ倒された電柱があるかと思いきや、
新しい電柱がいくつもたてられていました。
何日か前にそこを通ったいやし隊の方は、すごいスピードだ!と、感心していました。

なにひとつ、お店や人影なども失われているのに、
数々の努力はそうやって、どの町でも目に映ります。

唯一、ガソリンスタンドがやっているはずだ、と辿りついたところは、、

屋根も事務所もない、あたり一面瓦礫に囲まれた
給油するバーのひっかかった機械がぽつんと残っているだけ

そこで女性が、緊急車両のために、ひとり働いてくださっていました。

気仙沼に入ると
鉄骨も、ガードレールも、電柱も引きちぎられています
水がこうしただなんて、もはや想像もつきません
瓦礫も、もとが何だったのか、まったくわかりません

ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


どんどん奥へ進むと、焦げた臭いがしてきます。
津波の上、火事にもなった地域です。

船も車も建物も、焼けていました。
地盤沈下で、道も冠水しているところがあります。

この日は気温も低く、冷たい雨の振る中、自衛隊の方々や、
道路を確保する方々が働いていらっしゃいました。
あの状況の中、本当に頭が下がります。

わたしたちの車をよけるために立ち止まる自衛隊の方々のお顔がはっきりみえました。
二十歳くらいにみえました。
表情をみたときは、胸が締め付けられました
どの舞台におられる方にも、感謝してもしきれないのではないでしょうか、、


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。


ロミロミセラピスト マウのブログ。

出来ることをやればいい、そうわかっていながらも
信じられない光景を目の当たりに、
『わたしに一体何が出来るというんだ』
それ以前に、恐ろしく、車に乗っていながらも、足がすくむような感覚でした

この先に、人など生活しているのか、、
複雑な思いもありながら、少しだけ高く上がった場所に、避難所をみつけました。


こちらで、本当に来れてよかった、と思う、良い時間を過ごさせていただきました。
また改めて書かせていただきます。




mou(マウ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。