C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com


テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

この映画、世界最古のおとぎ話と言われ、17世紀にイタリアで書かれた民話集「ペンタメローネ 五日物語」を映画化したものなんだって!? メガホンをとったのは『ゴモラ』『リアリティー』で、カンヌ国際映画祭グランプリを2度受賞したイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ。これまでの作風とは違うタッチで異世界を描いた映像美重視のファンタジー。デコレートされた登場人物は、みんな個性的で人間離れしたキャラクターばかり。「女の性(さが)」をテーマに、3つの王国に住むそれぞれの世代の3人の女たちが自身の欲望を爆発させる。生身の人間を最大限にデコレートし、奇妙なクリチャーを創造し、CGと特殊メイクを組み合わせて独特な映像世界を創り上げている。ギレルモ・デル・トロ監督とか好きな映画ファンにオススメ!

キャストには、サルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセル、トビー・ジョーンズ、ジョン・C・ライリーが出演しているが、個人的にオーガ(鬼)役を演じた男優が気になる!?



『五日物語 3つの王国と3人の女』2016年11/25(金)→TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、12/3(土)よりセンチュリーシネマにてROADSHOW

公式サイト

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS



#エーガね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

エミリー・ブラントという女優さん。個人的には『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のような男前な感じが好き!どこか凛としていて、真のある力強さを感じる女優さんだ。でも、今回演じた主人公のレイチェルという女性は、オープニングから生気がなく、負のオーラが充満している感じ。それもそのはず、離婚、アル中、記憶障害、情緒不安定・・・まさにド不幸ガールという設定なのだ。仕事もしてないのにニセ電車通勤を繰り返し、電車内で酒をくらい、車窓を眺めながら妄想する危ないキャラクター。現実と妄想が錯綜して記憶が曖昧な主人公の視点で描かれる物語なので、何が真実なのかが見極めにくい。また、時間軸が小刻みに過去に戻ったり、主要登場人物も曲者揃い。エミリー・ブラントが演じる人生の負け組女のBADな日常に辟易としてきた頃、元夫の近所に住む若い女性の失踪事件が起き、ここから物語が急展開し始める。

原作は、NYタイムズベストセラーにて21週No.1&77週ランクイン、サンデー・タイムズ・ベストセラー(UK)にて30週No.1&66週連続ランクインの驚異の記録を打ち立て、45ヵ国で空前のベストセラーとなったミステリー小説。絶妙なさじ加減で、犯人探しを幻惑させ、予想外のクライマックスに突き進む!

※ちなみに、自分の犯人探しは失敗に終わりました(笑)。

『ガール・オン・ザ・トレイン』2016年11/18(土)→TOHOシネマズ名古屋ベイシティほかROADSHOW

公式サイト

(C)Universal Pictures



#エーガね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

オスカー女優のジュリアン・ムーアと『JUNO ジュノ』のエレン・ペイジという演技派が共演。LGBTを題材にした映画であり、権利を勝ち取るデモクラシーを描いた映画でもあり、病に冒された闘病の映画でもある。愛する人と家族になること、愛する人に何を遺せるのか?いろいろ考えさせられる映画だが、何と言ってもジュリアン・ムーアの包み隠さない演技に観る者は引き寄せられ、最後には応援しているような気分になってくる。

『ハンズ・オブ・ラブ』2016年11/26(土)→ミッドランドスクエアアシネマ、MOVIX三好にてROADSHOW

公式サイト

(C)2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.



#エーガね


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

宮沢りえが『正』のオーラを身に纏い、1人の女性として、そして母として、そして妻として、残された余命を懸命に生き抜く闘病&家族ドラマ。『チチを撮りに』の中野量太監督の商業用長編デビュー作だが、もうこれで悔いはなしというほど、フックとなる素材をちりばめ、実に映画らしい感動作に仕上げた。泣けるポイントは人それぞれだと思うが号泣必至!娘役の杉咲花、頼りない夫役のオダギリジョーという絶妙なキャスティングの中、先立つ母という難役を見事に演じ切った宮沢りえさんにアッパレ!

『湯を沸かすほどの熱い愛』2016年10/29(土)→109シネマズ名古屋ほかROADSHOW

公式サイト

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会



#エーガね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

小松菜奈、菅田将暉という人気若手俳優がW主演する青春“衝動”ラブストーリー。小松菜奈といえば『渇き。』でミステリアスな役を演じた後は、『近キョリ恋愛』『黒崎くんの言いなりになんてならない』の少女コミック的ヒロイン、『ヒーローマニア 生活』でアクションに挑戦したかと思えば、『ディストラクション・ベイビーズ』で万引き&キャバクラ勤めのヤサグレキャラと、新しいモノにチャレンジしているイメージがある。『ディストラクション・ベイビーズ』で菅田将暉とダークサイド共演しているから、本作ではどんな化学反応をみせるのか興味津々。漫画家・ジョージ朝倉の原作少女コミックは読んでないけど、一昔前の「男は度胸、女は愛嬌」、草食男子にはない男らしさ、恋に夢中になる女らしさが描かれていた。新鋭女性監督・山戸結希のパッョン溢れる演出が、青春の青臭さを倍増させ、抑えきれない「好き」感情がスクリーンから溢れ出す。

それにしても、東京で雑誌モデルをしていた少女・夏芽役を演じた小松菜奈がハマリ過ぎ!原作漫画のキャラクターにかなり近い小松菜奈、菅田将暉のキャスティングは大成功と言えるだろう!

『溺れるナイフ』2016年11/5(土)→TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会



#エーガね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

「キャット驚く!」ケビン・スペイシー主演作。なんか久しぶりのケビンに興味津々。彼が演じるのは大企業のゴウマン&ワンマン社長。そんな彼がある事故をきっかけに、自分は意識不明、そして意識がネコに移ってしまい「さあ大変!?」という、ハリウッド的な映画ならではの設定。仕事一筋男が、意識不明になって初めて家族(妻&娘)のありがたさを知り、人間関係を見直し、改心していく大人の成長物語。ネコのシーンも、ホンモノとアニマトロニクスとCGをコメディラインのさじ加減で配合していて笑わせていただきました。メガホンをとったのが『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督だからその辺は本当に上手です。自分的には怪しいペットショップの経営者役を演じているクリストファー・ウォーケンの人間離れしたオーラが大好き!ネコ好きな方にもオススメなニャンとも娯楽映画。

『メン・イン・キャット』2016年11/25(金)→TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、センチュリーシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved



#エーガね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

原作者・奥浩哉さんの漫画版「GANTZ」が好き!平面だから出せる人間の表情や丸みといった漫画ならではのタッチがいいと思っていた。これが実写になった時に、CG凄いと思ったけどキャラクターはやっぱり原作の方がいいと思っていた。それが今回、フル3DCGでアニメーション映画化。キャラクターたちが生き生きと、そしてバトルが大迫力になってなかなかGOOD!

『GANTZ:O』2016年10/14(金)→ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会



#エーガね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

監督がクリント・イーストウッド 、主演がトム・ハンクスという「鬼に金棒」コンビが、実話であり、“奇跡”と称賛された史上最大の航空機事故の真相に迫る。IMAXで観たから、航空機のジェットエンジン音の臨場感も加わりスクリーンで奇跡の生還ドラマを目撃した感じ!


『ハドソン川の奇跡』2016年9/24(土)→ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved



#エーガね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



川本朗のモットエーガね!レビュー

すい臓がんで余命わずかと宣告された放送作家の男が、妻と息子のために何を残せるか?という物語。この男性の選択はさて置き、男として、家族のために何ができるのか?感情移入しきり・・・。

『ボクの妻と結婚してください。』2016年11/5(土)→ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)2016「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会



#エーガね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



エーガね!レビュー

『アーロと少年』観ました。ピクサー・アニメーションは、映画的な「もしもの世界」設定が上手!ありそうでなかった絶妙な切り口で誰もが感情移入できる映画に仕上げる天才!! 今回の設定は、「巨大隕石が地球に墜落せず、氷河期に突入せず、恐竜たちが絶滅しなかったら」という面白設定。生物の進化がまさにピクサー流で、草食恐竜は××を、肉食恐竜は××を、人間は××をと、生物の関係性が面白すぎ!!そんな独自の進化を遂げた世界で、恐竜アーロと少年スポットが出会う。そして、あるアクシデントをきっかけに故郷から離れてしまった恐竜&少年コンビが、故郷を目指して旅をする冒険成長物語。今回観たのは日本語吹替版。ファミリー層を意識して、日本語吹替版がメインになりそうだが、違和感はまったくなかった。老若男女、幅広い層が楽しめるファミリー映画になりそうだ。

『アーロと少年』2016年3/12(土)→ミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.



#エーガね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。