『Carpe-Diem』~渋谷ではたらく男のプライド~

≪メンズプライド≫

≪覚悟≫

≪エゴイズム≫

≪挑戦≫

≪ファクト≫

≪創出≫

死ぬ気でやります。死なないから。

「Carpe-Diem」はラテン語で、「今日を征服せよ」という意味。

今というこの瞬間を、1秒1秒を大切にしつつ、一生懸命生きていきたいと思います。


このブログを通じて『今という瞬間を一生懸命生きているか?』自分自身に日々問いかけたいと思います。夢中になった時のもっと見たい、もっと知りたいという好奇心、探求心は成長への道具。



夢中になれること見つけた気がする。

でも霧中にはなりたくない。周りを見失いたくはない。出会ってくれた仲間と共に夢中になりたい!


「人」  人生のテーマ

友達、恋人、家族、先輩、後輩、同期、これから出会っていく人。


まず、出会いに感謝したい。「俺に出会ってくれてありがとう」

そして、その恩返しがしたい。「おまえに出会えてよかった」 と言われるように。




テーマ:
年始ということもあるので、勝手に2015年を予測してみたいと思います。
ネット上にも様々な記事が上がっていますが、完全に独断の内容なので悪しからず。

Keywordは大きく5つかなと思います。
------------------------------------------------------------
●多様性
●ゲーム性とIPタイトル
●マーケティング手法
●コミュニケーション設計
●KPI
------------------------------------------------------------

①多様性
マーケティング手法が多様化している。

事前登録に力を入れるタイトルや、リリース後間もない段階でTVCMを実施するタイトル
イベントやPRなどリアルなプロモーションに力を入れるタイトル
ADNWやノンインセンティブメディアでコツコツとユーザーを獲得するタイトル
リワードで上位滞留を継続的に行うタイトル
初速は広告をかけず、中のKPIを整備してからマーケティングを行うタイトルなど、

戦い方が多様化している。
なので、市場環境やタイトル特性、競合状況、ターゲット等を踏まえたマーケティング
戦略が必須になってきている。


②ゲーム性とIPタイトル
2014年後半からIPタイトルが続々とリリースされている。
IPタイトルは、既ファンがいるメリットと世界観に固定概念を持たれてしまうといった
一長一短あるが、やはりメリットの方が大きい。

非IPタイトルは新しいゲーム性が求められるし、非IPにおいても
「パズドラ」や「チェクロ」のようにIP化を狙う動きが増えてきている。

IPにせよ非IPせよ「ユーザーのエンゲージメント」つまりは『ファン化』が
重要なフェーズに来ている。

一時的な獲得ではなく、どうファンになってもらい、遊び続けてもらうか
そういった思考が非常に重要。


③マーケティング手法
冒頭の多様性に関連するが、フェーズ毎の考え方及び訴求、
ユーザーコミュニケーションが多様化している。

なかなか効果の出る新しいプロダクトが現れない状況ではあるが、
既存メニューのちょっとした工夫や、なかなかトライしづらいプロダクトの
思考転換による実施など、「アイディア」「創造」が差別化に繋がる。


④コミュニケーション設計
ターゲットを意識したゲーム設計、マーケティング設計が増えてきている。
スマホユーザーも右肩増加の中で、「幅広く攻める」タイトルもあれば、
「特定の層を狙ったタイトル」も増えてきている。
特定の層にしか響かなそうなタイトルにも関わらず、TVCMを実施するタイトルが
増えてきているのは、実に興味深い。


⑤KPI
やはりここかなと。
ここでの具体化は避けるが、KPIの置き方で戦略は大きく変わる。


2014年は、ネイティブ元年。
2015年、パズドラ・モンストに次ぐアプリは登場するのか?

マーケティングはどのように変わっていくのか、非常に興味深いし、
その最先端に立って、新しい形を作っていきたい。

パズドラがスマホゲーム業界を牽引したように、マーケティングの観点から
市場全体を盛り上げるような取り組みを今年はしていきたいと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
またまた久しぶりの投稿になってしまいました。

2015年、あけましておめでとうございます。
9日間の年末年始休みを終え、明日からいよいよ2015年仕事始めです。

簡単に振り返ると、2014年は最低限のことは出来たけど、全然納得のいく
成果は出せなかったと思います。
もっと出来た、もっとやりたかった、素直にそう思う1年間でした。

原因は、明確で「目標設計」と「時間の使い方」
2015年、その反省を生かしていきたいと思います。

30代を迎える2015年。
30代の始まりであり、10分の1なので本当に重要な1年になると思います。


そんな中、非常に感銘を受ける記事を、紹介してもらったので、
こちらでも紹介したいと思います。

http://www.ex-ma.com/blog/archives/2057


箱根駅伝は、小さい頃から大好きで毎年欠かさず見ています。
2年に1回は、実際、沿道に足を運んで、応援に出向きます。

そんな箱根駅伝の記事。

私自身、この記事を読む前に今回の箱根駅伝を見ていて思ったことは3つ。

・流れが非常に重要
∟置かれている状況に寄って、走り(タイム)が変わる、本当に不思議な競技。
シンプルに言うと、首位争いやシード権争いで走っている選手は、普段以上、普段通りの
実力を発揮しやすい。逆に良い選手でも順位が低いと、自分の力を出せないケースが多い。

・誰もがエースになり得る。
∟優勝の立役者5区の神野君。正直、走る前までは、「山登りの為に練習してきた。監督は18分は切れると自信を持っている」その程度の情報しかありませんでした。

・「ワクワク大作戦」って何?
∟監督が優勝後のインタビューでしきりに、「ワクワク大作戦」といったワードを発しており、
一体何なんだろう?と疑問に思っていました。


この記事を読んで、感銘を受けると同時にものすごく納得しました。

いかにビジネスを楽しむことができるか。
いかに今やっていることをうれしがることができるか。
いかに今やっている仕事に感謝できるか。


楽しみながら、面白がりながら、感謝してうれしがりながら、ビジネスをやることです。


2014年は大事なことを忘れていたなと。。

このタイミングで大事なことを思い出させてくれる、そんな記事だったので、
紹介させて頂きました。


明日から、2015年。
今はワクワクしています!

「やってやろう」「覚悟を決めて」「腹を括って」「大きな成果」
毎年、ほとんどの人が、このタイミングでそう思うと思います。

大事なことは、その気持ちを1日も欠かさず、1年間、誰よりも
思い続け、行動に繋げること。

今年は、インプット・アウトプットを強化していきたいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願いします!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
精神論を否定する人もいると思います。
ただ、やはり最後は気持ちだと思います。

スラムダンクの「あきらめたら、そこで試合終了ですよ?」もそうですし、
今年の高校サッカー決勝もそうですし、気持ちが折れたら終わりです。

『心技体』
心があってこその技と体。

燃え尽きない執念があれば、必ず出来る。
「なせばなる」と思います。

小さな話ですが、
私自身『新人賞が獲りたい』と思い、宣言し、行動に置き換え、コミットし、
実際獲れましたし、『ベストプレーヤーを獲る』と宣言し、1年半後に獲れました。

運だったり、タイミングだったり、他の要素ももちろんあります。
そんなに上手くいかないよ!と思う方もいると思います。

でも、あきらめなければ絶対にやれます。

今年、本部は大きな目標を掲げています。
もちろん所属しているスマートフォン局の目標も大きいです。

正直、今のままでは達成できません。


ただ、出来ない理由を上げるのではなく、
『どうしたら出来るのか』出来るか、出来ないかではなく、どうやるのか?

そこだと思います。

ということで、今年もやります!
引き続き、よろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



本日から2014年度の営業が開始しました。

今日はブログを更新している人が多いですね!
私自身も毎年、新年が始まると「今年はブログ書くぞー」と意気揚々とブログを更新するのですが、3日坊主で終わってしまうので、今年はマイペースに『継続』を意識して発信していければと思います。

簡単に2013年の振り返りと2014年の抱負を。

■2013年
会社の中でプレーヤーとして、テッペンを獲れた年。

2012年10月に優秀ベストプレーヤー賞を受賞。(壇上まで後一歩でした・・・)
2012年マネジメントを経験させてもらい、プレーヤーに戻り、
1年弱で受賞出来たので、最低限のパフォーマンスは出せた年でした。

ただ、この時により突き抜けた成果を出したいと再認識した記憶が鮮明に残っています。
シンプルに2番じゃやっぱりダメで、1番にならないと意味がないなと。

そして2013年10月に最優秀ベストプレーヤーを受賞。(6年間の念願が叶いました)
受賞できた要因を冷静に振り返ると大きく2点。

①組織ベクトルとの合致
②「圧倒的な」成果を「出し続けた」

①に関して。
今年も引き続きですが、サイバーエージェント全体、スマホが勝負。
代理事業においても、King100といった1本のプロジェクトが走っていました。

ベクトルを合わせて、自分自身がやるべきことを考え、成果を定義し
後はひたすら走りづづけました。

②に関して。
目標はあってないものだと思ってます。(非常に重要なものです)
目標は1つの目安、経営からの期待値です。

目標達成に目線を合わせてしまうと、人は往々にしてそれ以上の成果は出せません。
2013年度は、良い意味で目標はあまり気にしませんでした。
というのも常に目標の200%程度を目指してやっていました。
結果、200%近い数字まで持っていくことが出来ました。

藤田社長からもお話し頂きましたが、受賞の効果は2か月。
重要なのは、その後の思考・行動・成果だと思います。

既に期限は切れておりますので、2014年をどうしていくか。


■2014年
目標はシンプルに1つ。『組織として市場のテッペンを獲る。』

ですので、まずは引き続き、プレーヤーとして最先端で、サイバーエージェントを引っ張りつつ、業界を牽引していきたいと考えております。

いずれはマネジメントに戻り、組織を創っていきたいと考えておりますので、
いつ戻っても成果が出せるよう、マネジメントの勉強も並行してやっていきたいと思っています。(この時に、プレーヤーとしてのパフォーマンスは絶対に落とさない)

トップアップとボトムアップを両立したいと思っています。
その上で意識していきたいことは2点です。

①3つの視点を同時に見つめていく
∟「鳥の目」「虫の目」「魚の目」
経営者に必要な要素としてよく挙げられる3つの目。
現代においては、経営者関わらず、必要な要素だと思います。

特に現状の広告市場は、近年においても非常に変化が激しくなっています。
足元はもちろん重要で、細部にこだわり、突き詰めていくことは必要です。
しかしながら一方で、俯瞰し、間違った方向に進んでいないか、冷静に判断する
力も必要です。

②『チャレンジは当たり前。発信・共有を増やし、業界全体のレベルを引き上げる』
スマートフォンの広告市場は、正解のない市場です。
現状の成功論に固執してしまうと、イノベーションが生まれず、
気付いたら衰退を迎えます。

固定概念を捨て、常に新しいものにチャレンジし、良い悪い共に
組織に還元していきたいと思います。


2013年は「思考は現実化する」と確信出来た1年でした。
2014年は「未来を切り拓いていく」覚悟で頑張っていきたいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願い致します!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
営業7年目を迎えました。
営業問わず、社会人として、重要なことだと思いますが、最近僕自身が最も意識してることです。

『成果を定義する』
組織に所属する以上、組織に貢献することが求められてるし、当然果たすべき責任です。

新卒の頃、当時の上長に言われたことがあります。
『働きながら、自分探しとかやめてもらっていいすか』
当時の自分は、本当に未熟だったなと思います。

もちろん自分のやりたいことをやる、といった姿勢も重要だと思います。
ただ、なら起業すればいい。

なぜ、会社という組織に属しているのが、その組織にどう貢献したいのか?
同じようで違う、このベクトルは非常に重要です。

矛盾するようですが、新卒の時は、がむしゃらでいいと思います。
変に考えて、行動•実行力が落ちると本末転倒ですので。

中堅•ベテランの営業は、『成果を定義する』改めて意識してほしいです。
自戒を込めてですが。

必死で頑張っても、それが、組織に自分自身に求めている役割•方向性と違うと、誰も幸せじゃないです。
頑張ってる本人が一番幸せじゃないかなと、『何でこんなに頑張ってるのに、評価してもらえないんだー!』そんな悪循環に陥ります。
それは、ベクトルがずれているからです。

しっかり上長と対話し、自分が組織から求められていることは何なのか、どうすれば最大限組織貢献出来るのか、レバレッジをきかせられるのか、それをしっかり定義すれば、後はその成果にコミットするだけです。
そこからの成果の差は、コミット力だと思います。

今、僕自身に求められていることは、スマートフォン市場で、最前線に立ち、市場を創っていくこと。
最前線で顧客と向き合いながら、新しい事例を創り、それを組織に共有し、会社全体の戦闘力向上に貢献すること。
そう認識しています。

スマートフォン市場は、広告市場、広くいうと経済だったり、生態系やルールを変える滅多に訪れない機会だと思います。

今やらないと、絶対に後で後悔します。ということで、しっかり自分の成果を定義し、コミットしていきます!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
流れってあると思う。

野球。
負けてるチームが三者凡退に抑えると、次の攻撃でいきなり打撃か活気付いたりするし、
よくピンチの後にはチャンスありというが、ピンチをしのぐと不思議とチャンスが訪れたりもする。

営業もどこか似たようなことを感じるタイミングがある。
トラブるが起きると、意外に続いたりするし、逆にコンペに勝つと、全く負ける気がせず、勝ち続けたりする。

悪い波を良い波に変えるタイミング、
良い波に乗り続けること。

意外に重要だったりする。

矛盾するようだが、悪い時は、これを乗り越えれば必ずチャンスが来ると信じ、前を向いて一歩ずつ踏み出すことが重要だし、良い時は、油断せず、いつワナがあるか分からないというネガティブに考え、ポジティブに生むことが重要。

今どっちだろう?
どっちの波に乗ってもおかしくない絶妙なタイミングなのかもしれない。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
弊社ビジョン。
4月3日に半年に1回の社員総会があった。

今半期のスローガンは『熱狂』
今の環境で「熱狂」して仕事出来ているか。

4月で7年目を迎えました。
簡単に6年間を振り返ってみたいと思う。

■1年目
とにかく「新人賞」を目標に、がむしゃらに仕事に打ち込む。
10月新人賞獲得。一度、燃え尽きるが、半年後の通期新人賞を狙い、自分を追い込む。
通期では新人賞獲得ならなかったが、G2に昇格。

■2年目
「新人賞」を通過点ではなく、ゴールにしていたことで、燃え尽きる。
慢心という腐った心が生まれ、仕事に精が出ず、当然成果も出ない日々。
12月、モバイルSEMグループを1人で立ち上げる。

■3年目
引き続き、モバイルSEM提案を担当。
8月の局制度発足により、営業に戻る。
2年半、『新規』のみをやってきたので、運用を経験していなかったが、2月より
着うたのお客様の大型運用を経験。

■4年目
引き続き、営業。運用を多数経験することにより、自分自身の強みもようやく見えてくる。
3月マネージャーに昇格。

■5年目
マネージャーとして、大きな成果の出ない日々。
10月、自ら志願し、スマートフォン局に異動。
12月、自ら志願し、アカウントプランナーに復帰。

■6年目
プレーヤーとして、成果が出続ける。
10ヶ月連続達成、本部ベストプレーヤー獲得。全社ベストプレーヤー獲得。
営業最高位、エグゼクティブアカウントプランナー昇格。


そして、迎えた7年目。

5年間は全力で、がむしゃらに働こうと決め、入社した。
気付けば6年。

『死ぬ気でやります。死なないから。』を合言葉に、とにかく頑張ってきた。

さて、ここからどうする?


最近、実感する自分自身の無力さ。
市場のスピード変化の早さ。

いよいよラストチャンスかなと。
21世紀を代表する会社を創る、当事者としてふさわしいのか。
背負う覚悟があるのか。

もう1度、初心に戻った気持ちでやりたい。
あの光景を又、見る為に。
自覚と覚悟をセットで。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
当たり前のことを当たり前にやる。
簡単なようで、意外と難しい。
そして、実は重要なことだと思う。

周りのビジネスマンを見渡しても、意外と出来てない人が多い。

例えば、期限を守るとか、時間に遅れないとか、本当にそんなシンプルな当たり前のこと。

俺自身、この能力は一つの強みだと思ってるし、逆に弱みだと思ってる。
というか、最近そう感じてきた。

裏を返せば、驚きがない。
当たり前にしか出来ない。

延長線上の話ではあるが、クリエイティブに欠けるんだと思う。

当たり前✖⚪⚪

自分自身の当たり前のことを当たり前にやる。力に何か新しいエッセンスを加える、そんな半年にしていきたい。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は半年に1回の社員総会。
半年に1回のマインドセットが出来る非常に有意義な取り組み。

半年前は、ワクワク•ドキドキがあった。自分自身やり切ったと心から思えたし、結果も出ていたので、手応えもあった。
ただ、昨日は全くドキドキ感はなかった。
前回を上回る結果を残せていないのもそうだし、やっぱり自分自身やり切ったと思えていなかったからだと思う。

昨日の受賞者の方は、Amebaの方が多かった。そこから、学んだことが2つ。
一つ目は、自分自身の作っているサービスに誇りを感じ、熱狂しているということ。
二つ目は、本気で日本一、いや世界一を目指しているということ。

仕事の性質はAmebaと違うが、上記二点は共通すると思う。

代理店営業は、クライアントを成功に導く仕事。
クライアントサービスに熱狂しているか。クライアントより、詳しくなれてるか、当たり前のことだけど、ここの質の差が結果に繋がるんだと思う。

改めて意識。




iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1日は人類皆24時間。
どんなに忙しい人でも、時間を持て余している人でも平等。

その中でパフォーマンスをいかに最大化するか。
そう考えた時に意識してることは3つ。

1.やらないことを決める
業務内容的に、やろうと思えば、どこまでも出来てしまう。
妥協が大事とか言ってるわけではなく、本当に大切なことに時間を投資する為に、捨てることは重要。

2.常にボールは投げる
プロジェクトにおいて、自分でボールを止めている時間が一番損失。
自分で止めずに、常に誰かにボールを投げていれば、物事は前進する。
他人に押し付けるという意味ではなく、プロジェクトを進める中で、停滞させないことが大切。

3.自分がやるべきことをやる。
今自分がやっていることは、本当に自分自身でやる必要があるのか?アウトソース出来ないのか?
逆に自分がやるべきことに時間をさけていないのではないか?
もちろん工程を把握する為に、最初は自分でやることが重要。
1番あってはならないことは、自分が出来ないことを、関係者にやってもらうこと。
ただ、自分でも出来るけど、アウトソース出来ることは、人に任せることも重要。

色々書いたけど、シンプルに限られた時間を、成果を考えた時に、自分がやるべき、仕事に時間を当てる。

改めて意識していきたい。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。