思いつきの言葉たち~書道・筆文字・アート文字~

『心が軽くなる言葉たち』『夢追い人への夢の理解者たちの言葉たち』 
『伝えたい言葉たち』の3つを書いています。

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -



ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

テーマ:
https://www.bizocean.jp/doc/nenga-ranking/
 
今年も、年賀状デザインの投稿をしました。
昨年は、10位、今年は7位でした!!
まさか今年も受賞できるとは思いませんでしたが、とても嬉しいですニコニコ
ダウンロードしてくださった方々、ありがとうございました!
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
bizocean会員のみなさま、期間中はたくさんのご投稿、ダウンロードありがとうございました。
ランキングの結果と受賞者様たちのコメントなどを発表いたします!
 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

自分では抱えきれない 
重荷を背負って歩いていた少年 
「どうかこの重荷を軽くしてください」と 
人に尋ねて歩いていく 

「オモソウダネ」  「スコシオロシタラ?」 
人の優しい言葉が  頭の中を通り過ぎていく 

少年はある男に出会った 
「僕も 重荷を背負って歩いているんだ」 
2人は 同じ時間を過ごすようになって 
いろいろな話をした 
「この重荷を理解してくれる人がいるなんて思わなかった」 
2人は 心の中でそう思った 

少年を孤独にしたキッカケが 少年の重荷を軽くしたキッカケにもなった 


2人は 交互に重荷を背負って歩くことにした 
1人が疲れているときは 
もう1人が長い時間 
重荷を背負って歩いていった 

「いつか この重荷をなくしたいね」 
それが2人の目標だった
2人を繋げてくれた重荷 

2人の孤独から解放してくれた重荷 


2人が出会った瞬間に 
もう  その重荷は 
重荷ではなくなっていた 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういや僕が出せない言葉の裏には

必ず何かの出来事が隠れているな

鮮明に思い出せる その記憶は

さも生きるために必要なんだと 不要な勘違いだ

 

描いていた未来とは かけ離れた今の生活

それでも得たものは たくさんありすぎて

幸せだと思える心を 手に入れたことが最高の幸せだ

 

気づかないうちに 自分に足かせがついていた

それは人の言葉で気づくことができた

「救って」と言わない 心の叫びは

どうやら人の心に届いていたようだ

 

きちんとする きちんとしすぎて

嫌なこともたくさんあった

それでも大事なことで 信用されて

向かうべき道に必要な 人生訓

 

もしもタイムマシンがあって 過去の僕が未来を見たら

未来への不安を大きくするだろう

でも 今の僕が過去に戻りたいかと聞かれると

首を縦に振ることはできないな

苦労はいつも想像よりも下で

人間の中にある向上心

今いる大切な人 もの 経験 心 考え方

それを失わずにいられるから

過去を積み重ねた今を愛おしく思えるんだ

 

辛さは比較できないのと同じように 幸せも比較できない

だからもう 何も考えずに 目の前のことに対して

失敗と反省を繰り返し 徐々に階段を上っていこう

見える景色を楽しんで それもまた思い出にしていこう

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

目指すことへの批判的な意見は

何度この耳が聞いただろう

僕の中では夢への階段を上っている途中も

夢が叶っていることの一部なんだ

その人の中では どうやら「食べていくこと」を考えているようだけど

僕の中では「続けていけること」の方が大事だったんだ

 

周りの目を気にしていたとき 

やっつけた魔物には 見向きもしなくなっていった

自分のプライドの高さは 依然高いままだけど

横に広がり 大きくなっていった

 

動物たちは皆 欠点があったからこそ

伸びていった体の構造や能力がある

人間だって同じ 欠点は他の才能を

活かしていくための 縁の下の力持ち

欠点が見つかったら 喜ぼう

そして必死に お互いの良い部分を探していこう

 

「こんなに頑張っているのに」って 

誰からも褒められなくても

他人の欠点を口に出すことはやめようか

自分の普通と他人の欠点を比べて

優越感に浸るのはやめようか

できないことがある 当たり前の人間

切りのない批判のやり合いは いずれ自分に返ってくる

 

誰かを喜ばすことで 与えてもらえる 形なき価値のあるもの

誰かを褒めることで その人の能力を伸ばす特効薬

誰かに笑顔を与えることで その人を幸せにする

生まれながらにして与えられた能力

 

占いでの年齢の転機は 

あくまで背中を押してくれるためのキッカケにすぎない

当たっているかどうかは関係なくて 

どう生かしていくかでしかなくて

「信じる者は救われる」という言葉は 

そういうことなのかもしれない

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

頭の片隅に追いやった 嫌な記憶 
ときどき夢に出てくる人たち 場面 
もう思い出したくもないのに 
夢はコントロールできない 仕方ない 

自分が悩んでいることすら 
わからなかった子ども時代 
なぜだかわからないが辛かったんだ 
それをわかってくれない大人に 
また辛さを感じてたんだ 
解決なんて必要なかった 
ただ「愛」という全肯定が欲しかった 
きっとそうだ きっとそうだ 
辛いときに欲するものは 
「愛」と呼ぶものなんだ 


人の優しさを 跳ね返してしまうのも 
自分を守るためなのかもしれないな 
まだ受け皿が準備できていないから 
待つことも大事なんだな 
「わかってくれない」という歯がゆい思い 
「どうせ」をつけるから 
優しさも 敵意に感じるのかな 


自分を愛する 自分は愛されている 
誰かを愛する 誰かに愛されている 
自分が愛で 満たされているのなら 
そんなことは考えないだろう 
のどが渇いていないのに 
水が欲しいとは思わないだろう 


1つの漢字 2つの平仮名 
50音で最初に来るのは 
意味を持ってのことですか 
いちばん大事なことだから 
最初の2文字を取ったのですか 

もしも誰からも愛されてないと 感じても 
それは幻想でしかなくて 
頭の中にいる出会った人たちで 
創り上げた世界でしかないんだ 
そんな風に思ったとき 
自分で自分を愛してみて 
言葉にすると照れくさいかな 
つまりは自分を褒めるんだ 
頑張り屋さんのあなただから 
人を褒めて 自分を責めるのでしょう 


頑張りすぎるのは 

自分を傷つけているのと同等で 
自分を責め続けるのは 

自分の存在を否定しているのと同等で 


人ひとりの力は 本当は弱くて 
だからこそ協力することで 
いろんなことができるもので 
20階建てのマンションが 
いつの間にか完成しているのは 
人が協力しているからであって 
人ひとりで作れるものは 
本当に限られていて 
時間がかかってしまうもので 


何かを言う前に 
あれこれ考えてしまうのは 
傷つくのが怖いからだろ 
言葉に正解なんてなくて 
いくらでも修正できて 

愛はやはり まずは受け取るもので 
あふれ出してきたら 他人に与えられるもので 
赤ちゃんは そこにいることで 
愛を与えているのであって 


「愛」という抽象的なもの 
難しいよね 何だろね 
小さなことから 大きなことまであるけれど 
きっと 誰かのためにすることは 
すべて「愛がある」って呼んでいいんじゃないかな 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

希望が生まれるのは絶望にいるときで 希望は必ず良くなることで 

「希望者は?」尋ねに 「はい」と手を挙げなければ 

望みが通ることはない だったらまずは自分が望むこと そこから始まっていく 

 

絶望は望みを絶つことではな 望みを絶たれることならば 

やはり自分で望みを 作ることは可能 可能 

 

自ら選んだ選択肢に愚痴は言わないよ 選ばされた選択肢にも愚痴は言わないよ 

どんな場所でも学んでやる 批判されたって その場所で学んでやる 

逃げずに闘っても逃げて闘っても 等しく時は過ぎていき 

スタートの遅さを 加速力だと信じてきた 

本当は羨ましく思えて 感情に嘘をついて 後悔したらキリがない思い出たち 

 

「よっぽどやることないんだな」という 言葉の凶器に 僕は何も言い返さず 

その時間が無駄に思えた 言い返したところで ケンカになるだけとわかっていたから 

物事に費やした時間は 他人の目には見えず 

結果という目に見えるもので その費やした時間を想像する 

結果が出て初めての方法論 結果が出る前の過程段階での方法論は それほど多くないもんだ 

 

人に与えてきた蓄積は 人には見えない透明体 その人と自分の頭の中だけにある 

共有している宝物 他の人には見えない それでいい それでいい 

 

偽れる言葉も表情も 辛さを物語るには不適当で 日々接する物事だけが 自分を丸裸にする 

一滴の涙すら我慢する君 涙すら出ない君 そろそろ人に頼っていい時間だよ 

辛いときに涙が出ないのは 人に頼りなさいというサインなのだから 

 

100人と10人の差は 実はあまり差がなくて 

1人と0人の差は 思った以上の差がある 

たったひとりの味方がいること それだけで じゅうぶん救われる 

 

困っている人を放っておけないのは 困っている辛さを知っているからでしょう 

頑張りすぎてしまうのは 頑張らなければ認めてもらえないと思っているからでしょう

 

人を褒めたら なぜだか涙が出た いつかのあの頃の自分になった気がした 

苛まれた罪悪感から謝ってみたら 優しくされて涙が出た

人と分かり合えることができたら 嬉しくて涙が出た 

少しの言葉で勘違いして 傷つけられたら 心だけが泣いていた 

 

昔の自分も 今の自分も 同じ自分 探して見つからなかったもの 

考えてもわからなかったもの いつだって わかりえるのは自分自身 

心の中にはすでにある 布をかぶっている本当の答え 

それがわかるようになる瞬間は いくつかの偶然と奇跡が 重なったときなのかもしれない 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

それまでを変えてくれる  
衝撃的でなく 漢方薬のような出会い 
諦めずにコツコツと  
同じ人 同じ場所 同じ時間 
人との関係は 浮き沈みと  
あるときからの比例曲線 
まずはどちらからの勇気 見定め  
自分を受け入れてくれるという確信 

人の心が優しいと感じるようになったなら 
それはあなたの心が優しくなった証拠でしょう 
どちらが先かは サイコロの目 
思った方が 手を差し伸べる 笑顔を投げかける 

まだまだ出逢っていない人に 出逢う確率100% 
諦めるには早すぎるだろう? 
まだまだ出合っていない 解決策がある 
愚痴を言うには早すぎるだろう? 
まだまだ出会っていない ありのままの自分 
これからも進む以外ないだろう? 



悩みごとを置いてけぼりにして 
今を楽しむということ 
いつの間にか拾って手なずける 
違う視点から追い詰めて あとは風任せ 
人ひとりが多くの人のことを考えるようには 
どうやらできていないみたいだ 
だから 人ひとりひとりが 
その瞬間瞬間に  
目の前の人 そばにいる人 大切な人を 
考えて 考えて どうしたら喜ぶかな  
幸せかなと 考えて 考えて 



人は本当に いろんな人がいる 
それがわかるのは 大人になってから 
子どものときも いろんな人がいた 
でも 大人になってからの それぞれの人生の幅は 
増える選択肢と興味が 時間と比例していく 
子どものとき地元のスーパーなら 
日曜日でなくても 誰かに会った 
日曜日なら ほとんど誰かに 会っていた 

まだまだ出逢っていない人に 出逢う確率100% 
諦めるには早すぎるだろう? 
まだまだ出合っていない 解決策がある 
愚痴を言うには早すぎるだろう? 
まだまだ出会っていない ありのままの自分 
これからも進む以外ないだろう? 



まだまだ まだまだ 
箱の中の数人で生きているあの人に伝えたい 
まだまだ まだまだ 
声 言葉を 心の中にパンパンに詰めて 
下を向き 歯を食いしばっている人に伝えたい 
まだまだ まだまだ 
失恋した人 受験に失敗した人 子育てで悩んでいる人 
自信がない人 好きなことが見つからない人 
仕事がうまくいかな人 伝えたい 伝えたい 
まだまだ まだまだ 
あの頃の自分に伝えたい 
「辛い」という言葉すら出なかったあの頃 
信じてくれるのは 自分の未来だけだった 



過去と今と未来を つなげることができたとき 
見える世界が変わっていく 
過去の自分を否定から肯定したとき 
見える世界が変わっていく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつの時代 どの世代でも 永遠に続く悩みの種 

いろんな人との関わりの中で いろんな問題は出てくる 

喜び 楽しさ 嬉しさもあるから 

辛さ 苦しさ 悲しさもあって当然のこと 

比較をすることで 幸せを膨れ上がらせる うまく考えた神様の方法 

それを繰り返すことで ますます人との繋がりは深くなっていく 

 

コンビニのレジの定員さんに 研修バッジ 

電車の遅れに 人身事故 理解不能な行動に 隠れた叫び 

なぜかがわかれば 名前がつけられたなら 

相手の背景がわかれば 少し前の相手が見えたら 

許せるんだ わかってあげられるんだ 

 

優しい心の人が増えた 

好きなこと 嫌いなこと したいこと したくないこと 

それを押し潰して 声を殺して 

別の表現方法で 爆発的に露わにする 

わかってくれよ こんなに苦しいんだよって 

周りの人たちは それを見て わがまま 言うこと聞かず 

ゆとり しつけ 病気 病気 なんとかかんとかと言う 

 

断ることをしないから したくないと言わないから 

他人のうなずきが怒りへと変わる  

他人がすべて思い通りにしていると見えてくる 

 

自分がして欲しいこと して欲しくないこと 

相手にうまく伝えてくれる アプリがあったらなんて 

また機械に頼ってしまいそうだけれど 

やっぱり自分自身の口から 声で 言葉で 文字で 

 

今まで溜め込んだイライラを 下の人にぶつけていく 

まったく因果関係のない物事に 批判の嵐を浴びせていく 

その相手にしてもらったこと全部 

目についたひとつの欠点で帳消しにする 

過去の後悔は 誰でもあるものだから 

すべてを完璧にやられるはずないから 

その後悔を 人のせいにしてばかりだと 

何にも変わっていかないんだ 

後悔は 反省すると 成長に変わっていくんだ 

今までできていなかったことが 

自分の辛さに繋がっているのなら 

それを知った瞬間から 良い方向へと変わっていくんだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何か変だと思うなら どうぞ笑ってやってください 
それが僕の欠点 人を笑わせられる 誇りのある欠点 

人をバカにした分だけ できることが減っていく 
人を褒めた分だけ 人から褒められることが増えていく 
人を傷つけた分だけ 自分自身も傷つけている 
人に与えた分だけ 人に感謝されることが増えていく 


自分と違う存在が出てきたら 
即座に排除する自己防衛 
僕の友達の友達の友達が 
それとは知らず傷つける無知な人間 

人を笑い者にすることで 自分を優位にしたりして 
叩きたい衝動があるから 叩く対象を生み出す天才たち 


人を喜ばせたいという 本能がありながら 
人を喜ばせる喜びを知らなくて 
人を傷つけることを面白がって 
それを喜びとして勘違いしてしまう 
「なくならない」という前提とするもの 
誰かが教えていたならば 
「取り戻したい」という悲しみは 
生まれなかっただろう 

あの頃 今の僕を想像できていただろうか 
未来は予測不能 誰もがそう 今辛いなら 
その頃から今までと同じくらいに 
福に転じる未来は転換可能 

人に優しさを配った分だけ 柔らかい空気が心を埋める 
人を助けた分だけ 人から助けてもらえる 
人に笑顔を見せた分だけ 人から笑顔が返ってくる 
人に感謝しようとする分だけ 感謝したいことが顔を出してくる 



終わることを考えすぎて 始めるなんてのは 
脳みその無駄使いってもんだ 
方程式から導かれた答えが 常に正解になるようなら 
案外味気ないものだ 
ハンデがあっても 打ち負かすことができる 
だからこそ面白いってもんだよな 


なんだかよくわからないけれど 
どんな過去でも無駄にしたくないし 
活かしたいよな 
誰かの役に立つように 
誰かの悲しみを 喜びに変えられるように

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。