全国中学高校Webコンテスト
第19回コンテスト
ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式に
お邪魔してきました。


19年前って…1998年?
まだ、WEBページを作ることも一般の身近には
なかったんじゃないかなぁ…。
そんな頃から中高生に向けての働きかけ
社会づくりにつながる活動ですよね。


今回はひょんなご縁で
取り組むテーマを伝統芸能に設定されたチームから
取材依頼を受けました。

取材をする姿勢や質問内容、受け応えなどに
賢さ、利発さを感じる好感の持てる中学生さんたち。
プロのライターさんでも校正のときには、
赤を入れさていただくことの少なくない
独特な世界の話…
上手くまとめているなぁ…と感心してました。

するとしばらく経って、
英語訳の掲載が必要とのことで
チェックの依頼がきました。
セミファイナルに進んだとこことでした。


中学生が学業も部活も忙しい中、
更に取り組もうとしたコンテスト出場。
その題材に古典芸能を選んでくれたこと、
中学生目線で紹介するWEBページが世界対応になる事
そして、それが評価される。
なんて素晴らしい事でしょう!



そうなれば
ファイナリストとなった晴れの姿を
一目見たくなるのは、
親心じゃないですか!
(我が子じゃないけど…)

取材対象者が見に言ったら変なプレッシャニーにっしまわないかなぁ…などと気にしながらも
お声がけいただいたことが嬉しくお邪魔してきました。


会場に着けば、
中学生の部全国131チームから選ばれた9チーム
高校生の部全国187チームから選ばれた9チーム
いずれも賢者の面持ち⁈


テーマも
大地震
色彩の心理学
これからの日本
環境問題
ユニバーサルデザイン
食品ロス
自動運転車
幸福度
などなど


ん?文化芸術に関しては…
1チームだけじゃない⁉︎



他チームは全て、
化学・数学、社会科学、学際(複数分野にまたがるもの)
と分類されたテーマばかり‼︎




身近にあるテーマとして取り組もうとしたとき、
やはり伝統や文化、芸術といった分野に目はむきづらいのかなぁ⁇





さて、結果やいかに❗️





最高評価のプラチナ賞




そして、閉会も近づきビデオも片付けたところで



会場参加者が一票ずつ投じて選ぶ
ベストオーディエンス賞の発表⁇




え!




チーム名呼ばれてるよ‼︎




というわけで、
変なプレッシャーなどどこにもなく
落ち着いて、ハキハキと明るく
表情豊かな語り口
プレゼンを含め多くの方々の
耳に、心に届いたようです‼︎



いや〜、いずれのチームも
素晴らしかったのです。



が、もはや既に身内びいき…
地道な努力と的確なプレゼン、
才気溢れるパフォーマンスという
「らしさ」がしっかりと評された結果の
ダブル受賞であったと思います。

そして、指導、引率と
夢を持って目標を掲げた生徒たちを
サポートし、目標の達成、夢の実現に尽力された
先生、コーチ、保護者の皆さんも

本当におめでとうございました。



そして、若者が
テーマを選ぶために
問題意識を持って世の中の様々な分野に目を向け、
情報を取捨選択しながら蓄積し、深く理解し
より多くの人にそれを伝えるために苦心する。
素晴らしい機会を作っている
運営サイドの皆様
継続した素敵な活動に頭が下がります。


互いの
益々の成長、発展を心よりお祈りしています。



そして、僕も負けていられない!