黒犬さんの憂鬱

テーマ:



黒犬さん、猫さんの写真撮影って難しくないですか!?


実際に目でその子を見るのと、レンズを通して写真になるのとではかなり差があります。




特に部屋の明るさだったり、天候によってかなり左右されますよね。


バロンがまだ里親さん募集の時は、可愛い写真を撮るのに苦労しました(笑)


表情で一番大切な 『目』 が写らないのですから・・・・




光の調節をしたり、なるべくおやつなんかでつって、上目線を撮ろうと必死。






それに、黒い爪を切るのはいつもハラハラドキドキします。


だって血管が透けて見えない。。。




バロンの顔色を伺いながら、一日2本づつ切ってます(ハハ)


いや~黒い子は難しい!!







元捨て犬 「オヤジたちの毎日」




光の調節を間違えると・・・・・↓↓↓















影!?

枕と一体化してる・・・





元捨て犬 「オヤジたちの毎日」





ベストホワイトバランス(Fn)は、

AWB-曇天 です!!!












元捨て犬 「オヤジたちの毎日」



でも、ちょっと白髪が目立つかな~


薄くなってきた地肌も。。。。(プッ)






撮られる本人にしてみればどうでもいい事みたいです。


必死に褒めて可愛い顔を引き出そうとするので、褒め言葉が心地よくて眠くなるらしい(汗)





元捨て犬 「オヤジたちの毎日」






レオ君も、お顔真っ黒さん+動きがうねうね早いので全然可愛く撮れません。


カメラに戦いを挑んでくるのでレンズが常にビショビッショ


レオ先生。


そろそろ落ち付いて頂けませんか??









・・・・・・・・・・。














元捨て犬 「オヤジたちの毎日」




元気な事は良きかな~






AD

勉強になります

テーマ:



元々、気配を消すのが非常に得意なバロン。


そろそろシャンプーをしたいので、なんとか自発的にお風呂場まで来て欲しい。




でも、何か嬉しい事がないとなかなかベットから起き上がってくれないので、


「ば~たんおいで~!お散歩行こうか?..( ´∀`)σ」←卑怯者





元捨て犬 「オヤジたちの毎日」




まぁ、なんとも可愛いらしい生き生きとした顔になります。


片耳なんか立てて、次のジェスチャーを期待している様子。。。。








あまりに純粋な表情に後ろめたさを感じ、


「ごめんなさい、シャンプーなんですけど・・・・・」










1秒後。













元捨て犬 「オヤジたちの毎日」





でた====!!

バロンお得意の 【自分関係ありません・フェードアウト】




耳をしっかり立てて、実は次の言葉を待ってるんです(笑)


気配は消しても、可愛さは消せてないよ??


シャンプーしたらもっと可愛くなるよ~??


おやつもいっぱいあげるよ~??









元捨て犬 「オヤジたちの毎日」


(※↑手前ジャーキーにご注目。シャンプーと言うと目の前におやつを置いても食べません。笑)







はうっ

見透かされてる・・・

邪悪な私の心が・・・








きょ、今日はやめておこうね。


また明日にしましょう。












元捨て犬 「オヤジたちの毎日」


レオ様、そのとぉ~り!!









AD

だらだら・ごろごろ

テーマ:

皆さまご無沙汰してました~!



先月、祖父が寿命を全うし天国へいきました。


実は容体が急変し、短期間で一気に要介護5になってしまったのです。

あんなに元気だった祖父の介護生活なんて、今まで考えたこともなかったし

まさか自分が介護というものに、こんなに早く直面するとは思ってもみなかったので、

正直心の準備が無く、毎日が辛くて心身ともに疲れてしまったのです。



動物の保護活動も出来ない状態で、ブログも全く更新しませんでした。





ですが、母と共にお互い励まし合いながら何とか頑張ってこれました。

毎日、勉強と失敗の繰り返しでしたが、家で最期を看取れたことは大きな自信になりました。



なにより、祖父が身をもって「生きる」という事を教えてくれた気がします。

日に日に歩けなくなり、話せなくなり、食べれなくなり、排泄できなくなる。



家族のそんな姿を見る事は、悲しみと恐怖以外の何ものでもありません。



それでも生きるという事は、こんなにも温かくて尊いものなんだと。




亡くなる前日、意識のない中でしっかり手を握り返してくれました。




眠るような安らかな顔が、祖父からの何よりの感謝の気持だと思いました。







介護を経験させてくれ、死と向き合えたことは後悔という想いを残しません。


ただただ「ありがとう。」という気持ちでいっぱいです。









さて、もう一つご報告があります!


バロンに新しい家族が見つかりました~!!










そう。

私です・・・・エヘ












早いもので、預かりっ子として我が家に来たのがもう1年前になるんです。

その間一件のお問い合わせも無しでした(ガックシ)



でも、一緒に暮らしてバロンの魅力のとりこになってしまい、

この度家族に迎えることにしたのです!



いや~まいった、まいった





母の新しい子供として、父の晩酌の相手として、毎日公務をキッチリこなしています。



ということで、こちらのブログでは「愛犬の老後」をテーマに

我が家のおやじ犬たちの日常を綴っていきたいと思います。







動物は歳を取ってからが可愛いのです。

そこにいるだけで幸せな気持ちになれますよ。









では、レオ君

皆さまに改めてごあいさつして下さい。




元捨て犬 「オヤジたちの毎日」


レオ・14歳・男子・雑種です。(当時レオナルド・ディカプリオのファンでした(笑))

長野県の保健所出身で、兄弟で段ボールに入れられ捨ててありました




好きな事は散歩・お腹ナデナデです。






はい、レオ君可愛い顔は??



元捨て犬 「オヤジたちの毎日」



んまっ



なんて顔・・・




無愛想・強気・甘え上手のようです。可愛い奴です。





元捨て犬 「オヤジたちの毎日」











お次はバロン。


もう、言わずと知れたゴロゴロ犬


いつカメラを向けても同じ表情・ポーズができるという特技をもっています。



元捨て犬 「オヤジたちの毎日」




バロン!

皆さまにご挨拶は??





元捨て犬 「オヤジたちの毎日」







ズームイン







元捨て犬 「オヤジたちの毎日」



寝グセ・・・・







このような感じでのんびり更新していきたいと思います。

それではまた!















AD