暮らしにPlus  ‐美住食‐

子連れランチやおうちグルメやお取り寄せなどの美味しいもの
子連れでのお出かけ情報やオススメのグッズなどをご紹介しています。


テーマ:
悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ----7年前、25歳で死んだ一樹。遺された嫁のテツコと一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフの何気ない日々に鏤められたコトバが心をうつ連作長篇



亡き夫の父すなわち義父と同居生活をおくっている嫁のテツコと亡くなった夫の父ギフ
なかなか普通ではあり得ないような設定だけど物語をよんでいると
不思議としっくりくる2人の暮らしぶり

テツコの今の恋人岩井さん
2人が住む家のお隣さんタカラ
ギフの山登りの師匠となるテツコの友人
テツコの夫一樹のいとこ虎尾

が順番に登場し
最後にはすでに亡くなっている一樹の母でありギフの妻 夕子のお話や
生前の一樹のお話なども出てきます。

気象予報士でもあるギフの最初の印象は穏やかないいお父さんという感じで
それはそうでもあるんだけど若いうちはいろいろと失敗もあったり
いや今でもちょっとおちゃめ(?)な失敗もやってしまったりと不思議な人

でも夕子の章で出てくるギフの過去そして現在を知るともしかしてとても可哀想な運命の人なのか?と
とても悲しいものを背負っているような気がします

岩井さんは最初ちょっと感じ悪い人だなと思ったりしたけど
途中からは実はいい人なのかも…
さらに後半の岩井さん自身の詐欺事件やギフの詐欺事件のあたりから
あれ?すごくいい人かもと印象が一気に変化
最初はテツコとわかれちゃえと思っていたけど後半になるにつれぜひ岩井さんも含めて幸せになってほしいなと思うように


人は人とかかわりながら生きている
人によって伝えられるコトバによって何かを考えさせられたり
扉が開けられたり

何か大きなドラマがそこにあるわけじゃなく
家族の日常がそこにあって悲しみの中にもあたたかな幸せがある
そんな当たり前だけど忘れがちなことを感じさせてくれます

テツコとギフの2人の暮らしは実の親子ではないからこその
心地よい絶妙な関係がそこにあり
でもこの先、年月とともにこの暮らしは変わっていくかもしれない

それでも今はこの暮らしが一番しっくりくる
これから先ゆっくりとゆるやかに変化しながらもみんなが幸せに暮らしていけるといいなと
思わずにはいられない

動画での紹介はこちら





AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。