新型 PCX さすがです!

テーマ:

新型PCX (画像は150)

販売はとても好調です!!

 

今回のモデルチェンジはとても良いですね

カタログなどではあまり感じませんでしたが現物みて、これはイイ~って (笑)

外装のデザインも細かいところも凝っていて良いです

 

フロント回り、ホイールも新しく、早くも一人勝ちの予感です

 

新しフロント

どうしても整備性はどうなの?と言う感じで色々見てしまいます

ここは悪そうです・・・

 

この辺りのデザイン最高~

エンジンのケース、エアクリーナの形状もデザインされています!

後ろ用のステップもきちんとデザインされてやる気を感じます

 

リアのステップはこんな感じ

 

大型のフル液晶メーター

見やすそうです! ハンドルのクランプボルトのカバーも新しいですね

120サイズになって、かなり後ろからが良くなりました!!

以前はカブっぽいタイヤとよく言われましたからね

スマートキー採用や各部分を見直しています

少し大きくなった?ようにも見えますが

125、150クラスでは完全にPCXが上でしょう!!

これは売れます!!

 

 

 

モトスポーツ予約システムはこちら

AD

PCX125のベルト交換費用

テーマ:

PCX125の駆動系メンテナンスの価格

当店の場合はアドレスV125よりはベルト交換が少ないですが、それでも販売は結構していますので、最近ベルト交換が増えています

 

フルノーマル車の場合になりますが価格になります

 

こちらの車体は約28000キロでしたがベルト、ローラーなど使用可能でした

 

PCXのパーツは常時在庫していませんので事前にご注文が必要となります

また、年末の作業が混み合っていますのでお時間等はお手数ですがお問合せ下さい

 

 

 

新車、中古オートバイ販売と修理や車検のモトスポーツ公式ページはこちら

AD

今日はPCXの駆動系のベアリング修理です



PCXで多いなって感じてる修理にドリブンフェイス内のベアリング交換があります


ユーザーの訴えは信号待ちのアイドリング時や引いたりするさいにゴーゴーやコーコー、シャカシャカした異音がする。


センタースタンドをかけてアイドリングさせタイヤを回転方向に回すと異音が消える(危ないので実際はやらないでください)


お客様によってはクランクのサイドベアリングから音が出てると心配される場合もありますが、ほとんどがドリブンフェイス内のベアリングです





画像はクラッチが下側です 中央のベアリングを交換します



変える部品は3つ ほとんどが中央のベアリングが異音の原因

※異音はさまざまな部位から出る可能性があります。実際は原因箇所特定から作業になります


ベアリング交換の際にトルカムのピン3個も外す必要がありますので、ついでに溝部の清掃と新しいグリスを入れます


2015年5月現在の税込の参考価格

部品代: 1473円(ベアリング2個とクリップ)

作業工賃:8640円(トルクカムグリスUP含む、フルノーマル車、社外ステップボードなし)

合計:10,113円(税込、参考合計金額)


☆カード払いも可能です 手数料はありません☆


○最近の大変ご迷惑をおかけしていること○

修理作業の日程遅れやお時間がかかっております


代車は現在のところ管理顧客様のみに無償貸し出ししております。


AD