アドレスV125Sのボアアップをご使用のお客様にはエンストなどの使いづらい部分もある車体がありご迷惑をおかけしております


アドレスV125Sのボアアップ車(156、161)のエンスト軽減とアイドリング安定対策としてディスチャージポンプのオリフィス加工のご案内です (無償対応)




・不具合の内容

アドレスV125Sのボアアップ車で信号待ち時にエンストしてしまう

発進時にエンストする

エンストはしないがアイドリング時が止まりそうなくらい低回転

ごく低回転の一定走行でギクシャクしてのりづらい



・該当の車種

当店にて2010年8月から2015年7月までのアドレスV125Sのボアアップコンプリート販売車、持込ボアアップ施工車で現在の状態がノーマルのディスチャージポンプとノーマルのスロットルボディが装着されていてご来店が可能な車 組込み時と同じシリンダーとコントローラーを使用車  ご希望の方、試してみたい方はぜひご連絡ください



・対策の内容

ディスチャージポンプのオリフィスをAタイプ1の大きさに変更します(無償対応です加工費、作業費はかかりません)




・ご依頼方法

お手数ですがご連絡をいただきまして(メールでも可)日程を打ち合わせします

作業の入庫数ではお時間や日程をのばしていただく場合もございます


・作業時間

約40分


・対策後の効果

本日で15台の対策テストをしました

現在のところ全車でアイドリングの安定向上とエンスト回数の大幅低減の結果がでました

加速などの走行感は意見がいろいろありますが良くなったや変わらないなど・・・

効果は100パーセントではないですがアイドリング安定度は全車で向上してます

燃費は少し変化があるかもしれません ここもいろいろな意見があり・・・


・車体番号で管理していますので、エンジンを別フレームに乗せ替えの場合は対象外となります



楽しいアドレスライフを過ごせますように(^o^)/


あとは、わがままなお願いですが ガソリンはなるべく少ない状態で持ち込みお願い致します(^_^;)












AD