すり鉢屋の料理ブログ

実は簡単・楽チン・便利な
『すり鉢』を使った料理をお届けします。


テーマ:

おはようございます!すり鉢屋元重製陶所の元重慎市です。

数あるブログの中からこのブログを訪問していただき誠にありがとうございます。

このブログではすり鉢を使った料理や便利な使い方、すり鉢を作る工程など、

すり鉢に関することを色々と発信しております。



はじめましての方は是非こちらをご覧ください↓
~自己紹介~


すり鉢レシピを見たい方はこちらを見ていただくとわかりやすいかと思います↓
すり鉢の便利な使い方まとめ




この記事はこちらの記事の続きです↓
よくすれるすり鉢のポイント①




モノが溢れていると言われている現代において、すり鉢も例外ではないようです。

昔はすり鉢といえば、赤茶色の「ザ・すり鉢」1択だったかと思うのですが、



今はネットで調べてみても、形や色、様々なデザインのすり鉢が出てきます。



色々な種類のすり鉢があるので、お皿のようにデザインの好みで選びたい方は全然それでも構わないと思うのですが、

とはいってもすり鉢は『調理器具』なので、是非とも機能性で選んでいただきたく思っております。



すり鉢の機能性といえば、何といっても『よくすれること』

ということで『よくすれるすり鉢』について前回に引き続きお伝えいたします。



前回の記事では、よくすれるすり鉢のポイントの1つ目として、櫛目(内側のギザギザ)をつける方法についてお伝えいたしました。

型押しでつける場合と、手作業でつける場合があるのですが、

型押しで付ける場合は櫛目が丸くなってしまい、手作業でつけると櫛目を尖らせることができます。

この手作業でつけた尖った櫛目がすりやすいすり鉢の1つ目のポイントでした。




今回お伝えする「よくすれるすり鉢のポイント2つ目」は、

手作業でつける場合の櫛目の良し悪しです。




前回、いいとお伝えした「手作業でつけた櫛目」

しかし、手作業だからこそ、ちゃんとしたやり方で櫛目をつけないと、かえってすりにくいすり鉢になってしまいます。



ポイントは2点です。

①櫛目をつける時の力加減
②道具のメンテナンス




①櫛目をつける時の力加減について

これを説明するためには、まず、すり鉢の櫛目がどのように付けられているかを説明しないといけません。

機械と石膏型を使って、すり鉢の外側の形を作ります。
この時点ではまだ櫛目がないのでただの器です。



そして、この専用の金属の道具を使ってギザギザをつけて行きます。


くし目をつける作業では、さきほどできた器にめかきを押し付け、粘土をかきとるようにして、くし目をつけていきます。


1箇所くし目をつけたら、器を少しだけ回転させ、新たに次のくし目をつけます。このとき、前に付けたくし目の一部を消すようにして新たなくし目をつけます。




これを繰り返して、器を1周させて内側の全体にくし目をつけます。




では、本題に戻ります。

前に付けた櫛目の一部を消すようにして次の櫛目を入れる作業。
この作業の力加減が難しいことはなんとなくわかっていただけますでしょうか?



力が弱いと前の櫛目を十分消すことができずに、かすれたような見た目になってしまいます。


こうなると見た目も全然だめなので、この状態で売られているすり鉢はほぼありません。



逆に力が強いとどうなるか。
前の櫛目をきれいに消すことができるので、見た目は全然きれいです。


見た目はきれいなので、この状態で売られているすり鉢はけっこうよく見かけます。

見た目はきれいだけど何か問題でもあるの?と思われました?


実はこのすり鉢
すり鉢の中に段差ができていて、すりこ木が引っかかってしまうのです!

前の櫛目と次の櫛目の境目のこの部分ですね。
この部分に段差ができてしまいます。


正確にいうと、右に回すときは段差を下るようなイメージになるので、すりこぎはスムーズに回せますが、
左に回すと、段差にすりこ木が引っかかるので、とんでもなく回しにくくなります。

一時期、一般的なすり鉢は右利き用だから右回しでお使いくださいと言われていたのはこれが原因です。


なので、見た目もきれいで、なおかつすりやすいすり鉢を作るためには、
強すぎず、弱すぎず、絶妙な力加減で櫛目をつける必要があります。

自分でいうのも変なのですが職人技ですね。
私自身、売り物になるレベルの櫛目をつけれるようになるまで1年かかりました。
今すり鉢を作り始めて3年くらいになりますが、ベテラン職人さんに言わせると私なんかまだまだのようです。



では、絶妙な力加減でちゃんと櫛目がつけられているかどうかはどうすれば見分けられるのでしょうか?

結論から言うと、お店に行って自分の手で触って確かめるしかありません。

どうやって確かめるかというと、

すり鉢の内側を手のひらを左右に往復させるようになでます。


その時に、ほとんど段差が感じられないすり鉢はちゃんと櫛目がつけられているすり鉢です。

もし、なでたときにどちらかに段差を感じるようなすり鉢はすりこ木が引っかかるすり鉢なので避ける方が無難です。



ちなみに元重製陶所のすり鉢は、この「段差が少ない」という点に一番こだわって製作しております。

どのすり鉢を手に取っていただいても、段差を感じられないように作っておりますので安心してお選びください。



②道具のメンテナンスについて
ポイント1点目がだいぶ長くなってしまったのですが、もう1点ポイントをお伝えさせてください。

それは道具のメンテナンスです。


道具とは、こちらの櫛目をつける専用の道具のことです↓



こちらの道具、金属の板をやすりで削って自作しております。

この道具、実は奥が深いのです!

企業秘密で詳しくはお伝えできませんが、この道具がいまいちだと良い櫛目はつけられません。

櫛目の大きさがバラバラだったり、深さがバラバラだったりしてしまいます。


そしてそれよりも大事なのがメンテナンスです。

この道具を粘土に押し当てて、粘土を削り取るようにして櫛目をつけるのですが、


何度も行っていると金属の道具の方がへたってきます。



へたってきた道具をそのまま使うと、櫛目が丸くなります。

丸い櫛目は前回の記事でもお伝えしたように食材をしっかりととらえることができず、うまくすれません。



ですので、このめかきは常に鋭い状態を保つようにメンテナンスする必要があります


元重製陶所では約3ヶ月に1回のペースでこの道具をやすりで研いで鋭さをキープしています。



では、ちゃんと道具がメンテナンスされて尖った櫛目になっているかどうかはどうやって見分けるか。

これも触って確かめてみるしか方法はありません。



丸い櫛目は触ったときに引っかかりが少なく尖った櫛目は触ったときによく引っかかる感じがします。

とてもあいまいな表現しかできないのが申し訳ないのですが、こればかりはご自分で確かめていただくしかないのです。

色々なすり鉢が置いてあるところで触り比べることができたら一番いいのですけどね。



元重製陶所では、先ほどお伝えしたようにきちんと道具のメンテナンス行っていますので、

自信をもって尖った櫛目のよくすれるすり鉢をお届けいたします。




以上が「よくすれるすり鉢のポイント②」となります。

今回は見分け方が自分の手で触ってみないとわからない点が多かったので、見分ける自信がないという方がいらっしゃるかもしれません。

そんな場合には、是非、元重製陶所のすり鉢を選んでいただけると幸いです。

元重製陶所のすり鉢は手作業で作るため、手間がかかるので、百円均一では売っていません。

ただ、手作業で作ってる割にはそこまで高いわけではなく、日常使いのサイズであれば何百円~二千円くらいで購入いただけます。

是非オンラインストアも覗いてみてください。
https://www.iwamiyaki.com/

ちなみにamazonにも出品しておりますので「すり鉢」もしくは「元重製陶所」で検索してみてください。



最後までお読みいただきありがとうございました!
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!すり鉢屋元重製陶所の元重慎市です。

数あるブログの中からこのブログを訪問していただき誠にありがとうございます。

このブログではすり鉢を使った料理や便利な使い方、すり鉢を作る工程など、

すり鉢に関することを色々と発信しております。



はじめましての方は是非こちらをご覧ください↓
~自己紹介~



こちらで色々なすり鉢レシピを紹介しておりますので是非ご覧ください↓
すり鉢の便利な使い方まとめ




本日もすり鉢レシピの紹介です。


すり鉢を使うと混ぜるのがちょっと楽になるので、

調味料を混ぜたり、そこで具材と和えたりする作業をボウル代わりにすり鉢を使うだけというシンプルなものです。



「そんなもんすり鉢なくてもできるじゃん!」

というツッコミが来そうですが。



でも、すり鉢がこのくらい気軽に使ってもらえる存在になってもらえたら嬉しいな。

と思っていますので、どうぞお付き合いください。




◇作り方

すり鉢にわさび、めんつゆ、マヨネーズを入れます。



調味料を混ぜます。



具材を入れます。
今日の具材は、ジャガイモ、にんじん、グリーンピース、コーン、かにかまです。



混ぜたら完成です!
わさびがいいアクセントになります!



最後までお付き合いいただきありがとうございました!
是非お試しください!
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!すり鉢屋元重製陶所の元重慎市です。

数あるブログの中からこのブログを訪問していただき誠にありがとうございます。

このブログではすり鉢を使った料理や便利な使い方、すり鉢を作る工程など、

すり鉢に関することを色々と発信しております。



はじめましての方は是非こちらをご覧ください↓
~自己紹介~


是非こちらの記事もご覧いただけると幸いです。
すり鉢の便利な使い方まとめ



モノが溢れていると言われている現代において、すり鉢も例外ではないようです。

昔はすり鉢といえば、赤茶色の「ザ・すり鉢」1択だったかと思うのですが、



今はネットで調べてみても、形や色、様々なデザインのすり鉢が出てきます。

日本で作ったものもあれば、中国で作ったものもあり、

型押しで作ったものもあれば、すべて手作業で作ったものもある。



色々な種類のすり鉢があるので、お皿のようにデザインの好みで選びたい方は全然それでも構わないと思うのですが、

とはいってもすり鉢は『調理器具』なので、是非とも機能性で選んでいただきたく思っております。



すり鉢の機能性といえば、何といっても『よくすれること』ですよね。

ということで今日は『よくすれるすり鉢』についてお伝えいたします。



よくすれるすり鉢のポイント① 櫛目をつける方法

すり鉢の命ともいえる存在が『櫛目』です。内側のギザギザのことをこう呼びます。



これがなければすり鉢とは言えません。

そして、よくすれる櫛目のポイントは単純で「尖っていること」です。

丸みを帯びた櫛目ではしっかりと食材をとらえることができず、食材が逃げてしまうため、なかなかうまくすれません。



櫛目に違いなんてあるの?って思っていました?



実は櫛目をつける方法によって尖り方が全く違います!



櫛目をつける方法は2種類あります。

①型押しでプレスしてつける方法
②ギザギザの道具を使って粘土を削り取ってつける方法



①のプレスについては、イメージしやすいのではないかと思います。
②の粘土を削り取ってつける方法。写真のように金属の道具を粘土に押し付けて手作業で行われます。





どちらの方が尖った櫛目になるか。

②の手作業で粘土を削り取ってつける方法です!


理由は、

プレスで付ける場合、型から外すときに櫛目が尖っていると尖っている部分が折れてしまうため、尖らせることができません。

粘土を削り取る方法は、ギザギザの道具を包丁のように研いで鋭さを維持しているので、尖った櫛目を作ることができます。


粘土を削り取る方法については、こちらの記事で詳しく説明しておりますので、よろしければ是非見てみてください↓

すり鉢の製造工程③ すり鉢の命である『内側のギザギザ』実は1つ1つ手作業で入れられています!




プレスで作ったすり鉢と手作業で作ったすり鉢の見分け方ですが、

まず、手作業で作ったすり鉢は、
三角形のピザのような形で櫛目がついている箇所と、四角い形で櫛目がついている箇所があります。




手作業の場合にはかならずこの四角い櫛目ができるというのがポイントです。
(この四角い箇所ができる理由については説明すると長くなりますので、是非製造工程の記事をご覧ください→



一方プレスで作ったすり鉢は、
全体的に均一な櫛目がついています。
手作業ではこの櫛目は作れません。
均一なため見た目はプレスで作ったものの方がきれいです。





以上が「よくすれるすり鉢のポイント① 櫛目をつける方法」でした。

よくすれるすり鉢のポイントはまだまだあるのですが、長くなりすぎてしまいますので、続きは次回にします。



ちなみに、元重製陶所のすり鉢はすべて手作業で櫛目を付けたすり鉢です。

手作業で作るため、手間がかかるので、百円均一では売っていません。

ただ、手作業で作ってる割にはそこまで高いわけではなく、日常使いのサイズであれば何百円~二千円くらいで購入いただけます。

是非オンラインストアも覗いてみてください。
https://www.iwamiyaki.com/

ちなみにamazonにも出品しておりますので「元重製陶所」で検索してみてください。



最後までお読みいただきありがとうございました!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!すり鉢屋元重製陶所の元重慎市です。

数あるブログの中からこのブログを訪問していただき誠にありがとうございます。

このブログではすり鉢を使った料理や便利な使い方、すり鉢を作る工程などを紹介しております。



はじめましての方は是非こちらをご覧ください↓
~自己紹介~

是非こちらの記事もご覧いただけると幸いです。
すり鉢の便利な使い方まとめ




本日もごま和えのごまのすり加減について、ちょっとしたお話です。

ごま和えのごまのすり加減は皆様どうされていますか?

すり鉢を使えば、よくすったごまと粒が残ったごまを自分の好みで調整できます。

私は普段ごまあえを作る場合には、少し粒が残るくらいのすり加減でごまをすっています。



が、



すり加減を変えるとどう変わるのか?



気になったので、試しに2種類作ってみました。

・よくすったごま


・あまりすらないごま




この2種類のすり加減のごまでごま和えを作ってみて、
食べてみて感じたこと

ごまをよくすると
・和え衣がなめらかになり、食材とよくなじむ。


ごまをあまりすらないと
・ごまのプチプチとした食感が楽しめる。
・ごま自体の味はこっちの方が強い。


どちらの方が美味しいかは好みによるかと思いますので、
どこまでごまをするかの参考にしてもらえれば幸いです。



ちなみに本日のごま和えは定番『いんげん』に厚揚げを加えてボリュームアップしました。



◇作り方
いんげんは両端を切り落として、3等分に切ります。



厚揚げは食べやすい大きさに切ります。



いんげんは軽く塩を入れたお湯で1分茹でます。



最後の30秒で厚揚げも投入し一緒に茹でます。



茹でたらざるにあけて常温で冷まします。水にはさらしません。


すり鉢でごまをすります。
すり加減は上記を参考にお好みで!



調味料を入れて混ぜて、
いんげんと厚揚げを入れて混ぜれば完成です!



◇材料(3人分)
いんげん        :7本
厚揚げ         :100g

ゴマ          :大さじ2
みりん         :小さじ1
だし醤油        :小さじ1





最後まで読んでいただきありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんばんは!すり鉢屋元重製陶所の元重慎市です。

数あるブログの中からこのブログを訪問していただき誠にありがとうございます。

このブログではすり鉢を使った料理や便利な使い方、すり鉢を作る工程などを紹介しております。



はじめましての方は是非こちらをご覧ください↓
~自己紹介~


是非こちらの記事もご覧いただけると幸いです。
すり鉢の便利な使い方まとめ



本日の元重家の夕飯は、ぼたん鍋でした。



知り合いの猟師さんからもらったイノシシ肉。
まったく臭みがなく美味でした!



元重家では鍋の取り皿にたまにすり鉢を使います。


すりたてのごまに、


味噌ベースのスープを入れて、
特製ごま味噌だれの完成です!


美味しくいただきました!



最後まで読んでいただきありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。