3年生のみなさん初めまして!
元重ゼミ4年の菅万里子と申します。

本郷ライフ最初の一週間はどうでしたか?
時間割組んだり、ゼミ説明会があったりと、忙しかったと思います。
お疲れさま^^
そして忙しい中わざわざブログを見に来てくれて、ありがとう!


私からは特にダブゼミについてお伝えしたいと思います!
〈Contents〉
①自己紹介
②志望理由
③ダブゼミ



①自己紹介

文科二類10組→経済学部、第二外国語はスペイン語です。
元重ゼミと、経営の高橋伸夫ゼミに所属しています。

サークルはESSで、ドラマとディスカッションをやっていました。
小学校の時からずっと演劇をやってきたので、劇を観るのも演じるのも大好きです!
特にミュージカルが好きです。

また、大学2年の夏に一か月、カナダのトロントへ語学留学をしました!
トロントはとっても過ごしやすい街なので、中期滞在にはおススメです。
そして、本当にどうでもいいことだと思いますが、私は金魚が大好きなので、
もし金魚が好きな方がいたらぜひお話したいです笑


②志望理由
ゼミ選びの時点で、ダブゼミをしたいなと考えていました。
先に経営の伸夫ゼミが決まり、もう一つはマクロ経済で、
経済を幅広く見ることができるようなゼミに入りたい、と思っていました。
そこで、先生の有名さや、一つ上のゼミ生の方々の他ゼミと比べた時の圧倒的グローバル感に憧れ、
元重ゼミを志望しました。
なんだかひどく単純な理由で、他のゼミ生と比べると申し訳ないですね!笑

でも私はこのゼミで良かったと思っています。
なにより先輩方が素晴らしかったのと、
同期のゼミ生がとっても面白い!
そして、先生はいろいろなトピックについて、毎週お話をして下さります。
先生はたいへん博識な方で、経営学についても当然の如くご存じです。
テレビや新聞、雑誌にも出演なさっている先生から、毎週タダで、
経済の知識を広げるお話をきけるのは、ゼミ生ならではの特権だと思います。

ゼミ自体は和気藹々と進んで、質問がある場合は先生にその場で聞くこともできます。



③ダブゼミについて
今までダブゼミと何度か書いてきましたが、
ダブゼミとはダブルゼミの略、2つのゼミに所属することです。
大学院進学を目指す方は3つ以上のゼミに入ることもあるそうですが、
単位の認定は演習は1年間に8単位(ゼミは1つで4単位)なのでご注意を。

ダブゼミって負担はどうなの?と、思われる方も当然いらっしゃると思います。
負担が増えるのは事実なので、自分が入りたいと思っているゼミの、
準備にかかる時間を先輩に聞くなどしてよく調べて、
自分の能力・体力と相談して決めることは必須です。
また、曜日もできれば連日ではないほうが良いと思います。
(もし土日に準備できなかった場合も、間1日空いていればなんとかなる)

ここまで読んでダブゼミ大変そう・・と思った方、
ダブゼミにはいいこともたくさんあります!

好きな教授の授業を受けれることはもちろん、
テストや就活において入ってくる情報量が2倍に、
学部の中での友人も増えます。

経済学部ライフの中心にして、他学部(主に法学部)の方から羨まれる
ゼミシステムを、ぞんぶんに活かしきりましょう!!


ここまで読んでくださってありがとうございました!
ゼミ選びは経済ライフを楽しくする上で本当に重要なので、頑張ってください!
AD
初めまして、経済学科4年の山田狩(やまだがり)です。
今回はゼミ選びなどを書いていこうと思います。


まず、ゼミ選考について


【選考情報】
今年の選考は「1次選考のみ」です!

① レポート課題
内容:自己紹介+α(最近関心ある事やゼミで学びたいことなど)
条件:A4、2枚まで

② 面接
元重先生と1対1で面接+ゼミ生(2-3人)と面接


レポート課題は、面白いことを書いたほうがいいと思います。例年、オリジナリティーあふれるレポート課題が出てくるようです。
面接は、とにかく言いたいことを気が済むまで言いましょう。


レポート提出に加え、以下の事項を記入の上、指定されたアドレスにメールを送信してください。後ほど、面接日時をお伝えします。
1:氏名、2:学部・学科、3:学籍番号、4:連絡先(基本的に、送信時のアドレスで構いません)
送信先:motoshige2015 at gmail.com (←atを@に変換してください)
締切:2015年4月13日(月)17:00



選考情報はこれくらいにして、
【なぜこのゼミに入ったか】
せっかくゼミに入るのだから有名なゼミに入ろう、ということで、WBSなどのテレビ番組に出演され、経済財政諮問会議の民間議員を務められている伊藤元重先生のゼミに入ろうと思いました。

【ゼミに入ってよかったこと】
①今の経済が分かる!
今、経済で起こっていることで疑問に思っていることを質問する機会が頻繁に設けられ、その質問に対して元重先生が丁寧に答えてくださいます。
②色々な分野について学べる!
昨年度は、経済連携協定(TPP、EPA等)、中国経済、ハイエク、ゲーム理論、日本の財政・成長戦略、トマ・ピケティの『21世紀の資本』を扱いました。
③「国際貿易」の単位が楽に取れる!(はず)
昨年度前期に開講されていた元重先生の「国際貿易」を併せて受講するといいかもしれません。



【ゼミ選び】

ゼミ選びは以下の3つを中心に総合的に決めるといいと思います。
①ゼミの雰囲気
②ゼミが扱う分野
③教授


最後に。例年、説明会に多くの3年生が集まり、選考も厳しいらしいですが、昨年度は1次選考で定員割れが起きました。今年の選考の倍率がどうなるかは蓋を開けてみないとわかりません。今年も定員割れするかもしれませんよ。たくさんのご応募をお待ちしております。
AD

Hello~~^^ はじめまして!
経済学部金融学科四年の李悦銘(り えつめい)と言います。
ゼミでは清華インゼミ係を担当しています。(後ほど紹介します!)
そして現在はもう活動していませんが、昨年までは国際交流系サークルLEAFに所属してました。

私は留学生で、大学から日本に来ました。そして運がよく元重ゼミに入れて、本当に幸せでした。私が知っている限り、元重ゼミでは優秀な留学生のOBOGさんも沢山いらっしゃいいますし、そして今日本で活躍しています。なので、ブログを読んでいる留学生たちも元重ゼミに興味を持ってくれればと思います^^
欢迎加入伊藤元重研究室~~(元重ゼミへようこそ)


☆元重ゼミを選んだ理由

1,先生との縁を感じたら(笑)
 東大入試の準備期に偶然元重先生の本を一冊拝読したことがあります。そしてなんと、東大の面接でまさに「何か経済の本を読んだことがありますか」って聞かれて、元重ゼミの本の内容と自分の理解について話してみたら、面接官たちがうなずいてくれたのを今でも鮮明に覚えています。なので、ゼミのことを知ってからずっと元重ゼミに入ることに憧れていました。

2,元重先生の下で興味のある国際経済を勉強しかいから
 伊藤先生は日本国内外問わず、様々な経済分野で重要な影響力を持っています。なので、もし元重ゼミに入れるなら、先生の下で国際貿易、国際金融など幅広い知識を学べるだけではなく、さらにより高い視点に立って、多様的で複雑な国際経済現象を俯瞰することができるようになると思い、元重ゼミにしました。



☆元重ゼミに入ってよかったこと

いっぱいあります!!
ゼミの雰囲気もすごく良いと思いますし、ゼミイベントも豊富ですし、同期の学生も先輩も優秀でかつ優しい人ばっかりですから、本当に入ってよかったなぁと思います。
そして何より、やはり元重先生の貴重な話を聞けてよかったです。リアルタイムの日本経済や世界経済の話を聞けますし、とても面白くて勉強になります。皆さんもぜひゼミに入って経験してください!!



☆清華インゼミ


清華インゼミ係を担当していますので、今回は清華インゼミについて少し話します。
「清華インゼミ」とは、名前通り、清華大学とインゼミするってことです!!Cool~~
(清華大学は中国の北京にある大学で、北京大学に次ぐ中国第二の大学として有名です)

清華インゼミは基本毎年一回くらいありますが、相互の予定によって変わる可能性もあります。実際、去年の夏に我々は清華大学に訪問し、今年の2月末には向こうの人たちが来てくれて、二回もありました。
インゼミ内容としては、特に決まっているわけではなく、毎回フレキシブルに決めれば結構なので、今年も新入生の皆さんと一緒に楽しいイベントを企画したいなと思います~~
ぜひ清華インゼミ楽しみにしてね>o<!
AD
こんにちは。阿部友厚です!
新3年の皆さん、本郷キャンパスへようこそ!
東京大学経済学部経営学科4年の阿部友厚と申します。


ちょっと自己紹介を。
東大では
・川人ゼミ(駒場時代のゼミ)学生責任者
・経済学部学生経友会のITベンチャー部門長


課外活動として
・ソウル大学との学生交流団体の設立
・キャリア教育プログラムの運営
・教育系ベンチャー企業でインターン


などしています。そうそう、文Ⅲ出身です。



さて、今回は僕が伊藤元重ゼミになぜ入ったのか、また入って何をしているのかをお話しします。
特に、伊藤元重ゼミならではの特別イベント、「他大学とのインゼミ」について触れたいと思います。

僕だけでなく、他の4年生のブログ記事を参考に、伊藤元重ゼミについてのイメージを
よりリアルなものにしていただけたら嬉しいです!!



≪その前にちょっとお知らせ≫
明日4/6(月)16:40から204演習室で(経済学部棟2階)で説明会を開催します。
説明会の後は軽食を用意した懇親会も企画してありますので、ぜひご参加ください!




○なぜ、伊藤元重ゼミ??

さて、なぜ伊藤元重ゼミに入ったのでしょうか。

皆さんの選考理由の参考になるかもしれません。必見ですよ!
・・・と言いたいのですが、昨年は定員割れで無条件に入れてしまった幸運者だったのです。
(14枚書いた選考レポート、あれは何だったんだ)


僕はもともと経営系の学問に興味がありました。今もです。
課外活動として、ベンチャー企業の長期インターンも行っています。
では、なぜ経済学?それも国際マクロ経済?

それは将来経営をするような人材になった時に、まず大事なのは何か考えたことからスタートしました。
そして、世の中のを、それも国境とか関係なくダイナミックに変化する世界経済について理解する基礎体力が必要なのではないかと考えたからです。
それで、経済学を、それも理論に偏らず政治や社会との現実的な関わりについて勉強できるテーマを扱っている伊藤元重ゼミにしました。

まぁ、入って気づいたのですが、国際マクロ経済と言っても、経営学とかできます。
ゼミ論と言って自分の興味あるテーマで研究できたり、卒論だってテーマは自由です。
あまり、ゼミの専攻内容にこだわりを持たなくてもいいのかもしれませんね。

(簡潔にまとめてしまいました。ゼミ説明会におりますので、詳しい話を聞きたい方はいつでもどうぞ!)




○「有名ゼミだから入りたい」でもいいと思う(笑)

さて、皆さん。胸に手を当てて自分に聞いてください。
「伊藤元重先生が超有名だから」「就活に強そうだから」という理由で選んでいる人も一定数いますよね(笑)
(明確な志望動機がある人はここは飛ばしてください)

ふざけてしまい、ごめんなさい。

真面目な話をします。
別に、そのような理由でいいと思います。本当に。

少し考えてみてください。なぜ伊藤元重先生がこんなに有名なのでしょうか。
それは、先生が今の、そしてこれからの日本経済・世界経済について多大な貢献をされているからです。
経済財政諮問会議の委員としてアベノミクスを牽引し、TPP交渉の最前線にも立たれています。

そして、伊藤元重ゼミで僕らが学んだことは、きっと将来社会のためになるのだと思います。
ですから、今までのゼミの先輩方は就職活動に自信をもっと臨まれていました。

ですから、伊藤元重先生のネームバリューに惹かれるのは決して悪いことではありません。
「自分の興味関心あるテーマ+その理由」、これをきちんと持っているだけで十分だと思います。

ぜひ、伊藤元重先生のお立場・ご見地から多くのことを学び成長したいという情熱をもってゼミ選考に
いらしてください!!
そういう4年のゼミ生が多いです。僕は元重ゼミの仲間が大好きです。



○今日、紹介するゼミの企画は、「国内インゼミ」です!

伊藤元重ゼミにはインゼミというイベントがあります。
インゼミとは合同ゼミのことを指し、他のゼミと共同発表・討議会などを通して一緒に学びます。

毎年、海外と国内のゼミ1つずつと、なんと計年2回インゼミをしています。
そのうち今回は、僕が運営責任者を務めた国内インゼミを紹介します。(海外インゼミは次の人が紹介します。)


相手は慶應大学の土居ゼミ(財政学)
内容は一言でいうと、「丸一日みっちり議論。終わったらパーッと飲む!」です。

2014年度は本郷キャンパスで開催し、
①政策立案勝負
「地方創生」「エネルギー推進政策」のそれぞれのテーマで、土居ゼミと伊藤ゼミの混合2チームが
政策立案をしてプレゼンを行います。最後には両先生方を交えて投票を行いました。

②各ゼミが互いに研究発表
伊藤ゼミ側が「中国の不動産バブル」、土居ゼミ側が「経営効率性の観点から道州制を設計する」でした。


を行いました。
土居先生、伊藤先生から直接フィードバックをいただくという貴重な時間も。
終わった後は、キャンパス近くの居酒屋で懇親会をしました。



○楽しくて、学びになる。後悔しないゼミ、それが伊藤元重ゼミ。

土居ゼミとのインゼミ、楽しそうでしょ?
新3年の皆さんのうち、1,2名が運営責任者としてインゼミを設計してもらいます。
新たな企画を考えてくれる人、大募集です!!

講義などの一方的な学びでなく、先生に質問したり、先生に議論を吹っ掛けたり、仲間と一緒に研究したり・・・
双方向の学びが、経済学部での学生生活に刺激を与えてくれます。
ゼミは本当におススメです。

その中でも伊藤元重ゼミは楽しい仲間と刺激を与え合いながら勉強ができるゼミだと思います。
そして、その仲間はもはや東大の外にもいます。インゼミは本当に楽しいです。


読んでいただき、ありがとうございました!
ぜひ、充実した本郷キャンパス生活を楽しんでください!!

はじめまして!
東京大学経済学部伊藤元重ゼミ、新4年の 前川将章 と申します。
元重ゼミでは、合宿係を担当していました。
①自己紹介 ②志望理由 ③ゼミ合宿について書きます。



①自己紹介


熊本高校―文3(8組)-経済学部金融学科
このゼミは文2以外の出身が多く意識の高い人が多い気がします。
8月末から留学する予定ですので、新しくゼミに入ってきた人と卒業の時期が同じになります。来年からは自主ゼミ?かもしれませんが仲良くできる仲間欲しいです!
現在は医学部のバスケ部のコーチ・クラブチームでの試合などなど、バスケばっかりしています。バスケと筋トレが好きで基本的に御殿下にいます。



②志望理由

A先生のネームバリュー
B専攻を絞らず広範囲にわたって経済情勢を理解できるようになりたかった
*実際に先生はいろんな話をしてくださいますし、エコノミストを目指しているけどまだ経済の基本を分かっていない、、という方にはおすすめです。



③ゼミ合宿

ゼミ合宿は毎年秋に一回あります。去年は9月に千葉へ赴き、一泊二日の合宿を行いました。内容は年によりますが、基本的には
A 3年生によるプレゼン 
B その時期にゼミ生で取り扱っていた題材の勉強会

の二本立てです。
Aに関しては3年を3グループに分けて各グループでテーマを設定して、研究発表をするというものでした。Bに関してはART OF STRATEGY の輪読を行いました。

以上が合宿の表向きの内容ですが、合宿の真の目的はほかにあります。
、、、、、、飲み会です!一日目の夜に飲み会をします。ここで次年度のゼミ長、会計、パ長が決まるのですが、とりあえず飲みます!昨年は飲みすぎて二日酔いをくらい、3人ほど翌日のゼミに大幅遅刻をかましていました。(みんな見て見ぬふりで通すのが筋です笑)
このゼミは割とコミュ強が集まっているので普通に飲み会は楽しいです。



最後に、、、
このゼミはとても自主性が問われるゼミで、意欲的な学生には凄くおすすめです。
また個人的には冒頭で申したように卒業年が被るので、遊べる友達めっさ欲しいです。
最近凄く麻雀欲が高いです。雀友欲しいです。待ってます!!