キミノミライヲアカルクスルブログ

兼業主夫による株・FXトレード日記、政治や社会、芸能界の出来事に関するボヤき、その他



テーマ:

公務員を退職し高配当株で1億円超を
稼いだ驚きのカンタン儲けワザとは?

高配当株で配当と値上がり益の両方をゲットする手法を確立したのが、三重県在住のかんちさん。年間約700万円の配当金があることから2年前に公務員を早期退職し専業トレーダーに。ただし専業といってもパソコンの前に張り付くわけでもなく、特に1~3月は取引を停止し「冬眠状態」に入るという。そんな投資で1億円超の資産を作ったかんちさんが秘密の投資法を語ってくれた。

3月決算銘柄の配当の権利を取ったら
4月の2週目までに売り年内に買い戻す!

 かんちさんは3月末に配当の権利を獲得すると、4月の2週目までに全銘柄を売却してしまう。そして12月末までの9カ月間でゆっくりと買い戻すのだ。

 かんちさんによれば、「4月になると新年度入りで相場の雰囲気が変わる。機関投資家の買いなども入るからか、私が狙う高配当の大型株は、4月の1~2週目で7割くらいの確率で権利落ち(配当の権利を得た人が売ることで株価が下落する)を埋めて上昇してきます」と言う。そして、このタイミングに保有株を全て売却するのだ。

 「その後年内にだいたい2~3回は、短期間で日経平均が1000円程度下落することがあります。そうした時期に再び高配当株を安く買うのです」

 この手法で買うと平均して約3割も安く買い戻せるという。安く買えば配当利回りはアップするし、高配当銘柄は利回りが下支えになるので下落リスクも限定的。リバウンド力があるので値上がり益も得られるという。

 かんちさんは、年末までに買い戻したら1~3月までは動きなし。

 「高配当が話題にならない4~12月の9カ月間と異なり、1~3月は配当への注目度もアップしてくるので割高になりがち。下手に売却するより相場を休むのが最も勝率が高くなります」

狙いは商社や銀行株の高利回りの大型株、
9カ月間に3回に分けて買うのがセオリー!

 かんちさんの投資法のポイントは2つ。まず銘柄選び。高配当銘柄の中でも狙いは流動性の高い大型株で、減配リスクが小さい銘柄。最近、売買したのは丸紅(8002)三井物産(8031)などの総合商社とあおぞら銀行(8304)みずほフィナンシャルグループ(8411。配当利回りが3~4%の代表的な高配当の大型銘柄だ。

 「安定配当なら減益でも構いません。例えば石油最大手のJXホールディングス(5020)。3期連続減益だが16円配当が続き、減配リスクは小さく財務も不安はない。むしろ減益で株価が下がれば配当利回りがアップ、つまり減配リスクが低ければ減益はむしろチャンスとなるのです」

 次は買い戻しの方法。売った価格より株価が下落したからといって、慌てて買うのではなく、3回を目標に分割して買い戻すという。

 「買える期間は9カ月間もあります。1回で全額を投資してしまうと、その後にもっと安く買えるチャンスを逃す可能性があります」

 商社株は業績がよく低PERなのでリバウンド力がある。また、相場低迷期には金融緩和などの株価テコ入れ策が浮上し、高配当の大型株ほど、そうしたニュースに反応して株価を戻す傾向があるという。安値で拾うとリバウンドで利益確定をしたくなるが、かんちさんは短期売買はしない。

 「ITバブル期から成長株の短期売買中心で3億円儲けましたが、06年のライブドアショックで約2億円の損を出して今のスタイルへ変更。この手法を維持するほうがトータルでプラスになりそうです」

 かんちさんの投資は、高配当株をルールを決めて売買するだけの至って簡単な手法なのだが、これを真似てみる価値はありそうだ。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。