リール改造

テーマ:
こんばんみ~♪
ロンソンっす。

めっきり、寒なってきましたねぇ。


今日は、一日家にいて、久々、ゆっくり休めましたわ。

んで、暇やったんで、リールのカスタムをしてみました。


筏で愛用している、

シマノ CHINUMATIC1000 っす。



$MOTORCYCLE CAMPERs RONSON-BLOG-attachment00.jpg

こいつは、チヌマチックシリーズでも、最下級モデルっす(笑)
何ぶん、無知な時に買ったのと、安いっすからね~

 ちなみに、1000と1001ってありますやん。
 あれ、右巻きと左巻きの違いって知ってました?
 1001の方が新しいんかと思って、ネットで調べまくりましたわ(笑)
 1000が右巻き。1001が左巻きね。



安ものやからか・・・
潮と共に、挿し餌流していくときなんか、糸出ていかないっすわ~
某、御方の高級リールなら、スーって出ていくのにね~


って、ことで改造ですわ!


最上級グレードにチヌマチック1000SPってのがありますが、
決定的な違いは、ギア比とボールベアリングの数です。


オレのチヌマチック1000には、


$MOTORCYCLE CAMPERs RONSON-BLOG-attachment01.jpg

樹脂性のパーツがついてます。
 ※画像ちっさいっすね。青い、丸い輪っかね。
多分、ポリアセタールかなんかで、摺動性があるんでしょうね。
よー知りませんけどね。


シマノのベアリングは、A-RBっていう、錆びにくい、
えぇーベアリングがついてるらしい。

調べたら、3つで4000円くらいやったかなぁ~
高すぎて、一瞬で忘れましたわ。


なんで、必殺!

$MOTORCYCLE CAMPERs RONSON-BLOG-attachment02.jpg

ラジコン用のボールベアリング!!

サイズは、φ3*φ10*4

 内径:3mm
 外径:10mm
 厚み:4mm

ってことですね。



しかーし!

これ、シールドベアリングなんす。

 シールドベアリングってのは、文字通り、シールドがあるから、
 ゴミ入りにくいよ仕様なんですね~
 んで、シールドの中には、グリスちゃんがたっぷりんこ詰まってます。

でもね、オレが求めてる、スーってのは、回転重視ですやん



なので・・・・
シールドを除去です



$MOTORCYCLE CAMPERs RONSON-BLOG-attachment00.jpg


オペ終了 ですわ。

シールド部分に押しピン、ブッ刺して、無理クソ剥がしてやりましたわ(笑)

で、グリスちゃんを除去する為、パーツクリーナー漬けで数時間放置。




数時間後



パーツクリーナーの池から取り出して、回してみると
よぉ~回りますわ~!

シュウィーーーーーーーーーーーーーンンンンン・・・ って♪


ついてに、本体の汚いグリスやら、ダンゴのカスなんかを
キレイキレイしてやって



ベアリングには、オイル

ギア部には、グリス

 ※きっとね~、オイルくらい挿しとかんと、錆びるね。確実。

で、チャッチャと組んだら

$MOTORCYCLE CAMPERs RONSON-BLOG-attachment03.jpg


完成っす!



バイクと共通するところも多くて、おもろかったですわ~
キャブよりは、簡単っすね。


で、こんな感じっすわ。

http://youtu.be/MqgcpKdDVa4

まぁ、チヌマチック1000SPの回転を知らないんで違いはわかりまへん。
でも、カスタム前とは、比較にならんわ。
よー回ってますわ~♪


早く実釣で試したいっすわ~♪
AD