moppyのブログ

走る税理士。中小零細企業のホームドクターが、皆様のお悩みお聴きします。2009年の秋からランにはまりだして、2012年3月に鳥取で念願のサブ4達成!! 2013年2月に2度目のサブ4するも、欲が出てきて、3.5切りをランのゴ-ル目標として走り続けています (^_^)v


テーマ:

篠山について、FBでは、応援してくれた人たち対する感謝の意を込めて

速報記事をアップしました。

 

しかし、ブログに書くのは初めてですパー

 

毎年 「お仕事忙しいでしょうびっくりはてな」  と、廻りから気遣われる3月ですが、今年は贈与の件数も多く、本当に忙しかった汗

 

元来、あまり過去を振り返るのは好きな方ではないし、時間も経ちすぎましたが、数名の友達からのリクエストもあり、自分自身整理のためにまとめますビックリマーク

 

まずは、結果タイムこれ

4:00:07 (グロス4:00:42)

3段階目標として掲げていた一番下の3時間50分切りより、10分遅いタイムでしたがく・・・

 

平均心拍数 140  という数値 が示す通り、不完全燃焼でモヤモヤが残る結果でした。

 

「荒れる篠山」が嘘のような快晴、自分自身どちらかといえば絶好調に近い感覚。

なのに何故こんな結果だったのか!?

 

最初は??でしたが、名将野村克也監督の 「負けに不思議の負けなし」 という言葉の通り、日が経つにつれて、私は負けるべくして負けたと思いました。

 

では、5㎞ごとに振り返ってみますこれ

 

【スタート~5㎞】 25:14

あまり考えずに自然に走って、ほぼ、キロ5分。

結果的にこれがツッコミ過ぎということになるのでしょうけど、心拍数もほとんどZ3前半で、

篠山のこの区間は下り基調なので、途中で気づきましたが落としませんでした。

この時、私の頭をかすめたのは、第一目標タイムの大幅な上方修正です。

暑すぎる気候、見えない疲れが溜まっているのに絶好調という勘違い、現実の自分の走力を忘れた希望的目標の追求。

とんでもない錯覚で、今年一番かけていた篠山を、自分でぶちこわしてしまいました。

 

【~10キロ】 25:46

さすがにペースを落としたつもりでしたが、なぜ、ここでもっと落とさなかったのか?

やはり自分の中の調子の良さが、逆に落とし穴でした。

実はここでも3時間35分ぐらいが狙えると思っていたのです。

 

【~15㎞】27:09

10㎞を通過した頃、ようやくこのままでは20㎞からの上りがもたないと気づき、自分本来の目標ペースになりました。

 

【~20㎞】 27:30

20㎞からの上りに備えて、5分半ペースになりました。

ここはこれで間違っていなかったと思います。

 

【~25㎞】 27:48

ここから上り基調。しかし、このままでは3時間40分切りは難しいと、まだ、欲が強すぎて、

頑張りすぎたのかもしれません。

 

【~30㎞】 28:33

「篠山は20㎞からは折り返しの30.6㎞までは上って、後は下るだけ」

スタート前のチームメイトの言葉が耳に焼き付き、

「ここで頑張れば30.6㎞からは得意の下り」

さすがに3時間30分台は難しくても、PB、45分切りは狙えると、後の結果から考えると、ここで足に力を入れすぎたのかもしれません。

 

【~35㎞】 31:17

30.6㎞からの折り返し。下り。

得意な下りで、勝負をかけようと思っていました。

ところが、一向にストライドが伸びず、足に力が入りません。

そこに私の夢をうち砕くかのような逆風。

下りと逆風。この±で、PBどころか、3時間40分台も消えて、3段階目の目標=3時間50分切りのシ-ズンベストの歯止めもぷっつりと切れてしまいました。

 

【~40㎞】 33:31

もはや、糸が切れたタコ状態です。

夢も希望もなく、ジョグ状態になってしまいました。

 

【~42.195㎞】

それでもサブ4はいけるだろうとタカを括っていたら、ラスト500mで危ない事に気づき、最後は渾身の力を振り絞りましたが、時すでに遅し。

4時間すら切れない結果となりましたえーん

 

終わった当初、私はこの結果を「惨敗」と思いました。

しかし、日が経つにつれて、この結果は、ある意味、今の実力通りではないかとも思えてきました。

 

錯覚の始まりは、1月の大阪ハーフで3年ぶりのハーフPB更新。

「1時間41分台は、持久係数から、3時間40分は切れる」

しかし、それはランニングエコノミーが平均レベルの話で、自分の走りはムダが多すぎる。

 

また、自分は、元々暑さに強く、寒さに弱いと思っていたら、マラソンタイムは不思議なほど、気温が高い時はダメ。

 

ここ数年は、10月~12月は、ほぼイーブンで走れているのに、1月~3月のレースは、後半落ちる。

このような自己分析が、キチっと出来ていれば、篠山のレース戦略は変わっていたと思います。

無謀にも、分不相応な夢を追いかけて、あろうことか自分が立てた第一目標をレース中に上方修正などしなければ・・

 

いやいや、勝負事で「タラレバは北海道か肉屋で買え」と言われるだけですショック!

 

今回は、準備も調整も間違ってはいなかったと思いますし、負けない状況は作れていたと

思います。

 

間違ったのは、勝てるチャンスまで待てなかった事です><

 

来週は、いよいよ最後のレース徳島ですが、PBとか3時間50分切りなど、ここのところの気温から、かなり確率が低いと思います。

 

場合によっては、4時間切りにもこだわらず、下の目標は完走という事で、楽しんできます。

 

最近、試している腕振りで、どこまで上体の力が抜けるか?と!

 

徐々にではありますが、VO2MAXは少しずつ動きだし、来シーズンは、ハーフでは100分切りも夢ではなくなってきたのに、非常に遠い道のりに感じだしたサブ3.5。

 

近道ばかり考えないで、走るという事の原点に返って、オフに鍛え直しますチョキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「1月は行く、2月は逃げる」 昔の人はうまいこと言いましたね!!

 

でも、待てよ?? 

いくら逃げる2月でもあと1日と数時間あるのにもうラン総括とは!?

 

実は、昨日の日曜日に篠山1週間前の調整走として、9㎞、キロ5分ほどで走ってみたところ、思った以上にいつもよりキツク感じ、もう一度疲れをリセットすべく、月曜日と火曜日の2日連続レストを決めましたパー

 

1週間前の調整方法って、人それぞれですが、私の周りでは、結構、レース直前まで、そこそこ走っている人もいます。

それでも、自分の年齢、目標タイムなどから、今は無理をせず、感覚を何より大事にしようと思うのです。

 

そこで、変に明日、走りたくなった時に自分を抑えるため、総括してしまう事に決めました笑

 

2月は、口熊野のフルを入れても、驚くほど少ない距離になりましたこれ

 

176.01㎞  12日  1日当たり@14.67㎞ 16時間31分42秒  10,082カロリ-

 

しかし、バイクインターバルや、筋トレも週1~2回できて、それほど不安はありませんOK

 

状態は悪くないし、このまま日曜日にピークが持って行ければと思っていますゎお

 

さて、篠山の目標ですが、今回は下から書きます!!!

 

今まで3段階目標の下は、前回の口熊野を除き、常にサブ4でした。

 

私のレベルは、初サブ4を目指す人とそれほど大きく変わらないからです。

 

余談ですが、7年も走ってきて、大体どのくらいの練習メニューが消化できれば、4時間を切れるか、身をもって知っています。

 

スピード練習、ミドル練習、ロングの距離練習

 

おそらく、よほど体調が悪くない限り、今の私はサブ4メニューはどれでも消化できます。

 

では、これが3.5メニューならどうか!?

 

一部メニューによっては、近づいているところもありますが、全般には、まだまだだと思っています・・・。

 

ですので、周囲で気の早い方は 「3.5切りを狙いにいけば」 と仰る方もいますが、今のレベルで、仮に4:58/㎞ペースで走れば、うまくいって、30㎞。

そこで、余裕度が限りなく、ゼロに近づき、大失速する汗

これは弱気でもなんでもなく、自分が一番よくわかっていますパー

 

閑話休題

 

 

【篠山の3段階目標】

 3. 3時間50分切りのシーズンベスト

 2. 3時間47分切りでPB更新

 1. 3時間45分切り

 

3.は今までのように、下のストップ目標をサブ4にしてしまうと、それに合わせてしまい、去年11月の岡山や福知山のように、3時間55分台程度に終わってしまうからです。

 

もう、自分はいつまでも「サブ4ができた」と喜んでいてはいけない!!!

 

大してサブ4を目指している人と差はないのに偉そうですがそう思いましたひらめき電球

 

実際、去年の篠山は、その前の年の低体温症失速があり、サブ4もそれなりに満足していましたが、今回はサブ4が出来たからといって、感動も、喜びもないと思っていますビックリ 17

 

1.は大阪ハーフの持久係数から考えると、若干甘いように思われるかもしれませんが、まずは来シーズンに向けて、このラインを超えておきたいのです。

 

【篠山のレース戦略】

篠山は、20㎞過ぎから、ゆるやかですがタフな上りがあります。

元々、私は練習でもビルドアップがやや苦手で、このコースで2015年10月の大阪のようにネガティブスプリットが出せる自信はありません。

また、去年の岡山、福知山の失敗も中間地点、30㎞地点で、後半相当上げていかないとPBがないという計算になってしまい、気力が折れたのが敗因でした。

 

すると、戦略としては、ズバリびっくりマーク 1の目標に照準を合わせた、イーブンペースですゎお

 

3時間45分=225分

 

イーブンにすれば、5分20秒

 

篠山は、ランナーの密集度も少なく、前半に若干、下りもあるので、このリズムは早めに作れると思います。

 

例によって、1㎞ラップにこだわらず、5㎞毎に幅を持たせたチェックをしようと思っています。

 

5㎞ラップ  26分30秒~26分

 

最近は、前半渋滞の大会が多いのもあって、入りのペースが遅くなりがちですが、今回は最低でもこの下を意識してみます。

 

中間地点通過タイムは、1時間51分45秒~1時間49分40秒

 

前回は、トイレ6回ネタで笑われましたが、今回はノートイレ。

 

ウォーターローディングも早めに、木曜日辺りからカフェイン抜き、吸収力の良いOS1をぜいたくに飲みます。

 

レース中、どうしても、ガマンできなくなったら、チビってでも、タイムを削りだそうと思っていますグー

 

徳島は考えずに、今シーズンのラストチャンスのつもりでピース❤

 

 

明日はスペシャルドリンクの容器も買いに行こうと思っていますにじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに早朝のジョグをしました逢いたい!

 

いろいろと諸事情でなかなか、朝走る時間がなかったので、久しぶりの早朝空腹ジョグですびっくり

 

ここのところ、スイーツも食べまくりしているぐらいですから、早朝空腹ジョグの目的の一つである体重コントロールの必要性を感じていなかった事もあって、久しぶりとなりました。

 

9㎞ 52:08  5:47/㎞

 

「ジョグ」といっても、昨日完全レストしているので、「ほぐし」という意識はなく、私にとっては、ペース走に近いジョグとなりました。

 

今、ジョグの難しさ、重要性を、改めて感じていますにじ

 

最近は、練習会でも、頑張らない練習、快調走、つなぎジョグのような形で参加させて頂く事も、たまにあります。

 

そんな時に、ペーサーコーチの後ろで、じっと観察させて頂いていました目

 

同じ6分/㎞設定で走っているはずなのに、なぜかコーチの走りは軽やかで速く見えます。

 

それは何故か!?

 

「ゆっくりと走るコツは、ピッチを極端に落とさず、ストライドで調整する」

 

そんな事も念頭に置いて、色々なコーチの後ろを走っていました。

そして、速い人がゆっくりと走られている時の、ある共通点を発見したのですひらめき電球

 

速い人はゆっくり走っても、接地時間が短く、トントンと走られるから

軽やかなのですビックリ 17

 

そこで、私もそれを意識して、ジョグや快調走をするようにしました。

いえ、普段、歩くときも意識するようになりましたチョキ

 

すると、腰高も保てて、大きな筋肉がうまく使える事がわかりました。

 

以前は、「ほぐしのジョグ」と言いながら、ふくらはぎ辺りの疲労がよりひどくなる事もありましたが、この感じをつかんでからは、そういう事もなくなり、本当の「ほぐし」になっています。

 

走り始めて、7年も経ってから気づくって、どうかとも思いますがあせる汗

 

以前聴いた言葉を思い出しました。

 

師曰く  「ゆっくりと走るって、難しいんですよびっくりゆっくりと走るのも練習」 と!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の足りないところ、補強ポイントをまとめてみましたチョキ

 

1. 筋持久力

  週1~週2 レッグエクステンション、レッグカール

  バンドで特に、ジャンプ系

  但し、直前10日になればやめる

 

2. ビルドアップ走

  最後の粘りのため、ミドル、ショートのビルドアップでは、「水道の蛇口をひねり出す」から、最後までしっかりと上げる。

 

  特に、長居の15㎞以降は、17キ㎞で終わる代わりに上げる

 

 

3. VO2MAX

  次の目標が、3時間45分なので、あまり今以上のVO2MAXは必要ないが、少しでもペース走を楽にするため。

   来シーズンのため。

① 4:30/㎞~4:45/㎞のペースに体を慣らす。

  インターバルや長居ウィンドの4:45組を活用してペースコントロールできるようにする。

 

② エアロバイクの活用

 

 

4. 疲労抜き

  今から篠山までは、25㎞以上は走らない。

   19日からは、MAXで15㎞

 

5.靴を買う

  大阪ハーフ、口熊野で、ジール5ワイドの感触が良かったので、さらに色違いでもう1足購入する

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

記憶が新しいうちに、そして悔しさを忘れないうちに、先日の口熊野の敗因と次回篠山への対策をまとめてみました!!!

 

敗因って、前日から「今回はロング走にする」と言ってたんだから良いんじゃないのびっくりはてな

 

それもそうかもしれませんが、気持ちのどこかで、行けたら行こうと、思う部分もあったのですから、やはり、今回は間違いなく負けです。

 

まずは、簡単に今回の結果と概略についてこれ

 

タイム 4:25:30

 

前シーズン、ダメダメだった徳島以来のオーバー4です下矢印

 

考えられる敗因

1.気持ち面

前日からブログに書いたような弱気な話では、良い結果が出るはずがありません。

あれは、完全に気持ちの逃げ、ダメだった時の格好つけでした。

確かに天気予報は悪かったけど、それだけでPBやるぞという気持ちが折れていた時点で負けでした。

 

 昔若かりし日の話、税理士試験を受けているときに、「今年は家で○○があったから」「仕事がメチャクチャ忙しく残業が多かったから」「子供が○○だったから」・・・こんな話を周りで耳にする事がありました。

 

私も、最初の1年は、そんな言い訳ばかりで、結果は、不合格でした。

多分、「自分は本当は賢いんだけど○○だったから落ちた」と自分にも周りにも言い聞かせていたのでしょうね。

 

そんな時に、私を変えたのは、宝ヶ池でナマの大学ラグビーの試合をたまたま見かけた時です。

 

確か、同志社大学と京都産業大学の試合だったと思います。

別に、ラグビ-経験者でもなく、どちらの学校のOBでもなかったのですが、たまたまぼんやり見ていたら、雨で泥だらけの中を、彼らはただひたすらに楕円形のボールを追いかけ、体をぶつけ合って、ひたすら前へ、前へ、バカみたいに向かうのです。 

その泥だらけの姿には、何の言い訳も妥協も入り込む余地はありませんでした。

それから、私は、がむしゃらに、必死で試験勉強に取り組むようになりました。

言い訳は一切せずに、時間はないのではなく、作り出すものとして!

そこからは一つも取りこぼす事なく、順調に合格して、今の仕事をしています。

 

今の自分に言いたい!!!

「あの時の熱い気持ちを思い出せ!! と

 

篠山は何があっても、一切言い訳なしのガチンコ勝負ですグー

 

2.トイレ対策

  まず、スタート前に念のためにもう一度小をしておこうと思い、トイレに並びましたが、

スタート2分前となり、がまんできそうな気がして断念しました。

 18㎞辺りで、どうしてもガマンできずに行きだしたら、すぐまた、すぐまたと繰り返し、終わってみたら、合計6回を数えました。これでは勝負になりません。

最近、加齢によるものもあるのか、トイレが近く、練習会の時も不安な事が多くなっていました。今回も一応は、カフェイン断ちと、前日のOS1によるウォーターローディングもしていたのですが、次回の篠山では、さらに以前ラン友に教えて頂いた、カイロ膀胱温め対策 もしてみます。事前の練習でも試します。

 

3.寒さ&雨対策

 口熊野は雨でしたが寒さはそれほどでもありませんでした。

しかし、水たまりに何度も飛び込んでいる内に、足下から冷えてきました。やっぱり、ランパン&ランシャツで走る状況ではなかったのかもしれません。

タイツは走りにくく、なるべく履きたくないのですが、

篠山ではせめて半パン、ロングソックスと長袖のシャツぐらいは念のため準備します。

 

4.疲労抜き

  1週間は疲労抜きに努めましたが、最初10㎞の感覚から、もしかしたら1週間前の大阪ハーフでベストを出し尽くした疲れはあったのかもしれません。

  実は、大阪ハーフで私より約30秒速くゴールした女性が、同じ条件の口熊野で3時間32分台のPBを出されました。

  それを考えると、大の男が「疲れ」を言い訳にするのも情けないのですが、事実は事実として、根性論ではどうしようもない、年齢による疲労回復の遅さはあったのかもしれません。

それは3日前にトレッドミルで走った時にも感じていました。

 

篠山はさらにフレッシュな状態にして臨みますグー

 

5.スタート渋滞と入りのリズム

  口熊野では、道の狭さもあって、想像以上に都市型マラソン以上の渋滞ストレスを感じました。整列も「3時間~4時間」という非常におおざっぱな区分で、ギリギリまでトイレに並んでいた(結局、行けなかった)私は、この団体の最後尾に位置取りしました。

そのせいか、何となく入りはキロ6分から5分台後半の集団についてしまい、なかなかそのリズムが抜けきれなくなりました。

ただ、篠山は陸連登録者が少ない前から出るので、この心配はなく、むしろ後ろから来るAナンバー、Bナンバーの抜いてくる速い人との衝突に気をつけなければなりません。

それと、最初の方の下りでペースアップしすぎない事、ちょっと口熊野とは状況は違うと思います。 

 

背水の陣

 

7年連続のPBが途絶える事がないよう、また、来シーズンのサブ3時間半への架け橋となるよう、3時間45分切りは目指しますパー

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。