FUJITA'S BAR
August 19, 2016

監査法人等の実態調査2016年 報酬編の結果発表

テーマ:会計監査業界

監査法人実態調査、給与編の調査結果が集計できました。

 

2016年の最新の情報を多くの読者がそれぞれ自分の所属法人について情報をくれた結果として出来上がったものです。

 

ひとまずBig4のリアルな給与相場を報告しますので、ご覧ください。

若手の待遇を明らかにする趣旨ですので、読者様はどんどん拡散どうぞ。

 

スタッフ年収2016調査2

 

みなし残業制を導入しているあらたの基準である30時間残業(年間360時間)を想定して、各法人のモデル年収をグラフにしてみました。

 

注1)モデル年収は月間30時間(1日あたり1.5時間程度)の残業を想定していますが、アンケートをみているとその倍くらいの水準で皆さん働いていますから、実際の年収は更に100万円くらい高いと思います。(残業水準は今後、このブログでリリースします)

注2)あらたは以前はみなし残業により年収を抑えていましたが、現在は30時間超の残業についてはしっかりと残業手当を支払っていると報告されています。

注3)各法人のサービス残業の有無についてはメルマガで詳細に報告しますね。

 

また、トーマツ・あずさでは首都圏と地方で年収が違いますのでこれも分けています。

なおトーマツの首都圏手当の範囲は東京・横浜・千葉・埼玉事務所が該当します。あずさは東京・横浜・北関東事務所です。ついでに、地方Big4としてもよい京都も並べます。

 

上記のように、試験合格後の年収はほぼ横並びですが、基本給が高い親日・トーマツ、そして京都が高めに出ています。

 

しかし、これが数年経って新米公認会計士(有資格者)のシニアの時には下記になります。

 

シニア年収2016調査2

 

シニア年次の基本給は結構違っていました。注目すべきは新日本で東京事務所でも35万円しかないんですねぇ。。これは意外でした。

 

トーマツ・あずさは月30時間程度のライトな残業でも800万円超が見込めるのに対して、親日・あらた・京都は700万円くらい。100万円の年収差が生じます。

 

更に、経験10年くらいになって新米マネージャーの給与格差や内訳が・・

 

 

マネ年収2016調査

 

 

マネージャーになると、管理監督者となり、残業手当がつかなくなります。しかし実態はこの水準を賞与で反映しているという情報が一部の法人から寄せられました。

 

今はマネージャーでだいたい年収1000万円くらい。新日本は一連の東芝件が響いています。

 

続いて、パートナーになる一歩手前のシニアマネージャーの水準です。(その後にディレクターという職位を挟む法人もありますが。)

 

 

シニマネ年収2016調査

 

監査法人のシニマネは、概ね1200万円くらいのイメージでいましたが、その通りの調査結果でした。

 

さて、上記から細部にわたる読者からの各種の福利厚生などの情報や声も反映して、来週以降のメルマガでは記事を書いていきます。賞与の実態なども実に面白い。

 

論文式試験が終わったら就活です。今年のメルマガは生々しい現場の声が手に入る優良な情報が溢れています。人生を左右する一大事にぜひ読んで活かしてください!

 

六本木の公認会計士いきぬき(生き抜き編)


 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

JoJoの奇妙な会計士 太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。