いつだって最終回

あなたは忘れなさい。
代わりにわたしが忘れないでいてあげるから


テーマ:
『太平記』は、とんでもない作品で、個々の武将はもの凄くドライで、裏切りなんか平気なんですよね。
よく歴史家がいうような、後醍醐天皇に忠誠を尽くした楠木正成の話が、すべてではない。
西国の武士の南朝方と、鎌倉幕府軍の北朝方が戦う時に、鎌倉幕府は伝統的なやり方をするので名乗りを上げるわけですね、「やあやあ我こそは」と。
すると西方の武将たちはきょとんとする。
あれは一体何なのかと。
どうやって対応していいか分からないんです。
そのうち誰かが「あれは平家物語に描いてあるやつじゃないですか」と気が付く。
かといって、それに応えるわけじゃない。
楠軍の兵士たちは、「あれは要するに戦記物を読み過ぎておかしくなっちゃった兵士なんだ」と笑うんですよ。
笑われた兵士はあんまり悔しいんでそのまま憤死する(笑)。

    中沢新一『週刊読書人2015/3/27』
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

御前田あなたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。