いつだって最終回

あなたは忘れなさい。
代わりにわたしが忘れないでいてあげるから

NEW !
テーマ:


こないだあるお宅に遊びにうかがったら玄関に鰐の剥製が飾ってあってどうしてもにおいを嗅ぎたくなってしまった。ただ天井の方に飾られてあって玄関をよじのぼれないと嗅げないようになっている。しかし玄関をよじのぼって鰐を嗅いでいるところをみられたら私の人生はその時点でジ・エンドになるだろう
12/9 9:57

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こないだ美容院で熱いタオルを顔にかぶせられて、あれなんかこれ息できない感じだな、息するのがなんだか恥ずかしい感じだな、と思ったつかのま、呼吸困難におちいりそうになり、とても静かにばたばたとする。最近、呼吸困難になる機会が多く、階段がうまく降りられない、静かな呼吸困難など課題が続く
12/8 19:02

時実新子【川柳】@ ビルの谷間でどうでもいいって淋しいね
12/8 19:05

時実新子(新子流川柳入門)@ 私は市役所以外で本名を使ったことがありません。
12/8 19:05

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


階段がうまくおりられない時があって、階段の真ん中で手すりにしがみついている時がある。こんなとき私は本当に手すりがあってよかったと思う。私はごろんと海に浮かぶ丸太のような手すりにつかまる。他にもうまく降りられないひとがこうのとりのように手すりにつかまっている。やさしい世界だと思う
12/7 0:24

コーエン兄弟の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を観てコーエン兄弟ついて改めていろいろ考える。コーエン兄弟のひとつの特徴に、ほんとうにどうでもいい超卑俗なことを徹底して崇高に描くという特徴がある。それだけでなんでもないシーンが超越化して、そういうシーンが幾つか埋め込まれる。
12/7 18:11

だからコーエン兄弟の映画では「生きることは、素晴らしい」。それは生が素晴らしくない瞬間に近づけば近づくほど神々しく、崇高さをましていくからだ。つまりそれは適当に殺された死体なんかもそうだ。だからコーエン映画には死体が横行するが、それは素晴らしくないものがとっても素晴らしいからだ。
12/7 18:13

例えば『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』で猫と事故るシーンなんかは、〈どうでもいい〉シーンとして処理されることもありうるのに、まるで神獣に出会ったような、シシ神さまに出会ったような文体で描かれる。神々しいのはいつも〈くだらないもの〉としてそれまで処理されてきたものなのだ。
12/7 18:16

永田和宏【短歌】@ 雨の日の水族館(アカリウム)より出できたる身はほのぼのと蛍光をせり
12/7 20:44

山崎将志(残念な人の思考法)@ 一日が終わって「疲れた」状態になることを仕事が充実していると勘違いしているフシがある。
12/7 20:45

時々「なになにをどう思う!」と本質をついてくる人がいてドーン!!となる。目前がくるくるカラフルになり、私は慌ててわかめをなぎはらうように手をふりながら「が、概念が」とそのとき言ったが、それは不正解であることが自分でもすぐにわかって、食べていた苺を落としてしまう。ケーキ食べてたから
12/7 21:04

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。