1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月29日(日) 18時25分18秒

16.5.17 雨の出撃 (山梨の渓へ) 後編

テーマ:釣り

府中世紀0016 5月17日(火)、山梨の郡内に出動した僕とテツ

 

真木の山を下って甲州街道に出ると、山では晴れていたのに雨が強く降っていた。

 

 

 

 

 

甲州街道を西に向かって笹子トンネルへ。

 

秘密の沢に行かなかったけど、これは去年テツとの行軍ルートと同じパターンなのだ。

 

 

 

 

さてここで後編オープニング。

 

 

 

 

「蒼き流星 SPT レイズナー」OPです。

 

走れメロスのように・・・

 

なのだ。

 

 

 

まずついたのは去年と同じ川の同じポイント。

 

雨が強いのでデジタル一眼が使えない(真木も車を出発すとき雨でデジ一は置いて行っていた)。

 

スマホが便りの今回の釣行。

 

 

去年、ここの入渓点で魚を掛けて手元でバラシタ苦い思い出がある。

 

でもあそこは出る。必ず出る。自信があるのだ。

 

 

「最初だけ僕にやらせてくれない?」とテツに言って姿勢を低くして障害物を避けるようにフライを送り込んだ。

 

 

 

 

 

バッチリです!

 

今回はがっちりとフライを咥えてくれました。

 

ありがとー()。

 

 

 

 

 

これはアマゴ?

 

僅かだけど朱点がある。

 

いやあ嬉しいわあ(ここホントにうれしいところ)。

 

 

 

 

 

 

アマゴを釣った僕は静かに後退してテツと場所を入れ替わる。

 

アマゴの写真を撮ったらそっとリリース。

 

もっと狡賢くなって生き残ってください。

 

 

ここで2~3回出たらしいが掛けられなかったそうだテツは・・・。

 

 

「ここから先は君が釣れるまで先行していいよ」と言って、

 

 

 

 

 

テツを先行させた。

 

 

 

 

 

もう僕が先行することは今日は無いかもしれない()。

 

でもいいじゃない。

 

 

北浅川では毎週毎週釣らせてもらっているし、なんだろ?最近の僕は一日の釣りで1尾に出会えればもう賢者モード(ここ笑うところ)。

 

あとは釣れなくてもいいというか集中力もなくなって景色を楽しんだり音や匂いを楽しむようになる。

 

だから今日はもういい。

 

テツが気のすむまで竿を振ればいいのだ。僕はその後ろを歩いて行こう。

 

 

 

 

 

このポイント最大の大場所が来ました。

 

出るでしょうか?

 

 

 

 

 

出ませんね。

 

 

よく見たら極浅くなっていました。

 

いいポイントだったのに残念です。

 

 

 

 

 

次行ってみよう!

 

 

大菩薩峠に向かうと霧が濃くなってきた!

 

前が見えないぜ()汗。

 

 

 

 

 

やってきたのは重川。

 

去年より上流へ行こうってことになって裂石より上に来ました。

 

 

ここでも僕は後ろからついていきます。

 

 

 

 

 

ガンガン登って行くテツ。

 

もうちょい慎重に小さなポイントを狙ってみたらいいのにと思ったり思わなかったりだけど、まあいいでしょう()。

 

 

 

 

おやつのボンタンアメなんかを喰ってまったりしよう。

 

 

 

そうそう、重川では小雨だったのでデジタル一眼です。

 

 

 

堰堤で一旦退渓すると上に入れる場所がなくて(垂直護岸で結構な高さ)、護岸を歩いていると、

 

 

 

 

 

マジか・・・。

 

このロープで降りるのか?

 

僕は体重72㎏あるぞ()、持ちこたえるかね。。

 

 

 

 

 

マジかああ・・・。

 

 

 

 

ロープを伝って入渓した僕らは再び遡行開始!

 

時刻は5時を過ぎている。

 

僕はテツの後ろから退渓出来そうな場所をキョロキョロ探しながらの遡行。

 

 

 

 

他にすることがないので、苔むす岩の上にマイタックルを置いて「ハアハア」撮影会()。

 

僕は釣り師というより、アンティークタックル収集家の色が濃い。

 

今日はフル―ガーのメダリスト1492。推定1960年代製です、もちろんアクロン市製。

 

 

 

 

5時半を過ぎたとこでタオルを投げた。

 

もう日没が迫っている。

 

「テツ、もうすぐ日が暮れる、あそこから退渓しよう」と。

 

 

 

 

悔しいだろうけど、仕方ない。

 

温泉が待っている()。

 

 

 

 

 

さあやってまいりました!

 

本日のメインイベント!

 

男だらけの水泳大会!

 

 

 

じゃなくって、大菩薩の湯です。

 

ここのお風呂いいです。露天風呂もあります。

 

 

 

 

 

風呂上りはやっぱり牛乳でしょう「ぎうにう」。

 

 

僕(テツ撮影)。

 

いやあ今日は遊んだ遊んだ。

 

これにジャケット着て歩いてます。昭和のチンピラみたいでしょ()。

 

 

 

ホントにいいお湯でした。

 

僕の膝もよくなるといいのだが。

 

 

 

 

お土産もバッチリ買ったぜ!

 

待ってろよ、ともちゃん、ガキどもたち!()

 

 

 

 

そして車は府中へ。

 

チェッ、また街へ戻ってきちまったか。

 

 

 

 

田舎だけどね府中・・・。

 

 

自宅に戻ると、

 

 

「どうだった?いいお湯だった?」

 

と、ともちゃん。

 

 

 

 

 

普通さ、、、

 

 

「釣れた?」じゃないのかね・・・。

 

 

 

 

「ああいい湯だったよ、これで僕の膝も少しはよくなるかのん」

 

 

 

 

 

まったく胸が熱くなるな。

 

 

 

 

女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

 

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)

 

 

ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年05月26日(木) 22時14分41秒

16.5.17 雨の出撃 (山梨の渓へ) 前編

テーマ:釣り

 

限界まで待ったのだ・・・。

 

なのに雨なのだ。

 

府中世紀0016 5月17日(火)午前8時。

 

火曜日の天気の悪さはオカルト!

 

なのだ。

 

 

 

 

 

 

まあ週末露天商をやっている僕としては週末の方が悪天候が多いことを感じているけど、ブログ的にそれは面白くない()。

 

ホントは5時に出動予定だったのだけど、雨に気後れして8時の出動、向かうはハンサム団館から5分のテツの家。

 

 

さてここでオープニング。

 

 

 

 

「蒼き流星 SPT レイズナー」なのだ。

 

 

 

 

 

 

傘をさしている図ってなかなか珍しいよな。

 

でも傘が必要な雨が降ってるわけで。

 

予報では昼過ぎには上がるはずなんだけどな。

 

 

 

テツはウェットウェーディングやる気満々な格好だけど、僕はウェーダーも装備、どちらでもいける態勢での出発(テツも持ってきたけど既に恰好がねえ・・・)。

 

今日は少し寒いね。

 

 

 

 

 

さて国立府中ICから高速に乗って大月を目指すが、雨はやむ気配がない。。。

 

雲は段々厚くしがらみ視界を悪くしていた。

 

 

 

いつものコンビニで釣り券ゲット!!!

 

雨は止む気配がないが、とにかくいつものポイントへ行ってみよう。

 

 

 

 

 

土砂降りです・・・。

 

二人とも戦う気力は旺盛なのだがなあ。

 

ここ笹子川は6月になると鮎が始まってしまう。

 

毛鉤ストが遊ぶなら今しかないのだ。

 

竿さえ振らせてくれれば勝てる。二人とも自信はあるのにこの雨。

 

雨でもやればいいじゃんって思われるかもしれないが、水面を賑やかに雨が叩いていて、こんな状況下でフライが、ドライフライが使えるのか?

 

経験の少ない僕らでは分からないのだ。

 

よく雨はチャンスとかいうけど、魚の警戒心が薄れるってのはボンヤリ分かる気もするが、現実に現場に立つと騒がしい水面に増水して濁った水を見ると途端に自信がなくなる、釣れる気がしないのだ。。。

 

 

「どうする?やってみるか?それとも真木の上の方見に行くか?」とテツに振るが、テツは態度を鮮明にしない。

 

 

 

テツは年下には結構強気に出る(扇島で知らない若人たちや、としまえんでオギワラクンに対して)(とかフカミズ君をフカミズ君と呼んだり())が、年長者には意外なほどに遠慮をするところがある。

 

言いたいことがあるのだろうけど、言えんのだろう・・・。

 

僕が読み取ったテツの腹は「こんな状況下で笹子は釣れない。どうせ釣れないのならまだ見たことがない真木を見てみたい。」

 

と、そんなところ。

 

 

 

「真木を見てみるか」と切り出すとあっさり「はい」ときた。

 

 

 

 

 

 

山を20~30分ほど登っただろうか?

 

いつもの真木川のポイントに着くと、藤の花が咲いていた。

 

山は僕らの街とは全く違う時間が流れている・・・。

 

こんなところで暮らしたならば、人生観も変わるのかもしれないと思うことがある。府中からたった1時間ちょっとである。。。

 

 

 

 

テツはタイツに砂利除け、ウェットソックスにウェーディングシューズの濡れる装備。

 

僕は悩んだけど従来型のウェーダーで出発。

 

 

 

 

 

風邪気味なんだよね()。

 

 

 

 

 

さあ真木は笹子と違うちょっと本格的な山岳渓流。

 

頑張って登って行きましょう。

 

 

入渓点でいきなり魚が出た!

 

 

掛けられなかったけど、長い時間、僕のドライフライを咥えようと水面から顔を出していた。

 

一瞬魚と目があった気がする。

 

それくらい長い時間、至近距離で僕と魚は対峙していた()。

 

こんなこともあるんだな。

 

まさやんは「入渓点なんかほって進め」と昔言っていたけど、この入渓点って油断できないよなって最近思う僕だったりする。

 

 

 

 

笹子と違って区間割をしないで二人ひっつきもっつきの釣り上がり。

 

一匹釣れたら交代では永遠に交代がないかもしれない(ここ笑うところ)。

 

なので「落ち込み」一段で代わる代わる行こうと話し合う。

 

僕らは長篠の鉄砲三段撃ちのように交代交代でフライを飛ばした。

 

二人だから三段にならないし、そもそも三段撃ちなんてなかったって話だけどね。

 

 

 

 

結構な角度を登っています。

 

写真は上から下流を見ています。

 

テツは僕より数年浅いキャリアなのだけど、大兄に負けないくらい、僕と遠征をしている感じがして、実力もそう変わらないと最近思っていたりする。

 

二人で渓流をやるとき、あまりに実力差がありすぎると色々楽しくないと思うのだが、僕らは激しく頭を叩きあって争うには丁度良いくらいの実力差なのだと思う(あくまで僕がちょい上(ここ笑うところ))。

 

どっちが勝ってもおかしくない。

 

 

 

気がついたら雨が上がって晴れ間が見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

堰堤を二つ乗り越えてお昼過ぎていることを知って林道へ退渓した。

 

先は長い。

 

ここで無理は出来ん。

 

 

 

 

お昼は花峰の裏のジェー(ジェーソン)で買ったカップラと、

 

 

 

ベーコンに、

 

 

 

 

ウィンナー。

 

 

 

 

テツにウェットウェーディングの感想を聞くと、

 

 

 

 

寒くはないらしい。

 

 

テツの場合、黒いタイツみたいのがあったかいんだろうな。

 

僕の場合、あの部位はワークマンの速乾ズボン(ポリエステルの薄いやつ)なので浸水したら冷たいだろうなあ()。

 

さあ下界へ降りて次のポイントへ急ごう。

 

山を下ろうとすると、雲が山の斜面を舐めるように昇って行くのが見えた。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kahougama.shop-pro.jp/  

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月20日(金) 06時55分38秒

16.5.10 北浅川な午後 (フライでヤマメ)

テーマ:北浅川編



いやあ、今日も正解しちゃったぜ、お天気検定()。

五月雨を あつめてはやし 最上川


ってかあ~。





今日は午後から雨らしいよお・・・参ったよう・・・





気がつきました?

我が家のTV、65インチなんです(プチ自慢)。







府中世紀0016 5月10日(火)、午前9時20分、荷物を積み込んで出発です。

今日は偶数週の火曜日、午前中はお仕事なのだ。

フライロッドが見えてるけどね。

今日は10時~12時まで仙川カルチャーのセンセ。




さてここでオープニング。







「蒼き流星 SPT レイズナー」です。

この自由と引き換えに 走れメロスのように~♪

止めないで~♪

僕をこのまま見送ってくれ~♪

ってか~~~。




仙川カルチャーの仕事を終えて、甲州街道に出ると下りは大渋滞。

急いでくれよ、僕を先に通してくれ~~~。



花峰に戻った僕は陶芸の荷物を降ろして、ジェー(ジェーソン)でパンと水を買って、来た道を大急ぎで戻る。





ジェーソンで買った頭脳パンを咥えて甲州街道・調布ICから中央道へ。

頭を働かせてヤマメと勝負だ!





調布ICから八王子ICまでは20分と掛からないんじゃないだろうか。

多摩川へ行く時間と元気があるなら渓流へ行ける。


北浅川だけどね()。

今の僕は多摩川より渓流。

仲間から裏切り者と言われそうだが()汗、今はそうなのだ。

渓流でフライフィッシングがしたいのだ。








追分から陣馬街道に入り、車を進めていくと山の中へ入ってきます。

北浅川は街道沿いを流れているので分かりやすいです。


さあ、いつものお気に入りの場所へ入りましょう。






北浅川上流の僕の鉄板ポイント。

この川は水量が少なく落差も小さいので、いわゆる音による遮蔽物がないに等しい。

それでいて木々が頭上に覆いかぶさっていてなかなかストレスを感じることが多いのだけど、色々なことを学ばせてくれる僕の中では「先生」のような川。

釣り堀の人を恐れないヤマメやイワナなんか釣ってちゃダメなのだ。

養沢や忍野も人を見ても逃げない異常な魚たちが溢れているよね。。。


ここではちょっとした物音でも魚は散るし、不用意に立ち上がれば魚が走って他の魚もパニックを起こしてポイントが壊れる。

まあ渓流では当たり前のことだけど・・・。


さあ一通り講釈をたれたとこで(ここ笑うところ)、フライを送り込みましょう。


姿勢を低くして、落ち込みの音を利用して距離を詰め、最小限の回数でフライを送り込む。




「敵を知り、敵に知らせず」






出た!!!!








けど掛け損ねた()汗。






オーマイガー


オーマイガー(出川哲郎 風)。



これはまずいです。


ここを外すと釣れる気がしません()。


いつものコースを駆け足で通り抜けて一旦退渓。



車でまだ行ったことのないポイントに入ることにします。



まあ、いいじゃないですか。

腕を自慢するブログは僕的にはつまらないからね(言い訳)。

自慢話ならチラシの裏にでも書いてろよって話で、渡辺は、ま~たバカやってるな(笑)って見てる人が思ったり、ホッとしてくれていればこのブログも存在価値があるってもので。

「釣り師ってのはみんなお山の大将だ」って茸べえさんが言っていたけど、ホント上から目線で語る奴の多さに呆れるんだよな。

カラオケは 歌う極楽 聞く地獄

ってやつで、他人の腕自慢なんて面白くもなんともないんだよね。語ってる本人がそれに気がついていないからホントに参る(ここ笑うところね)。



僕は・・・・・・・


超一流の

三流フライマンになりたい。


くらい言ってみろよな。


僕は胸を張って言うぜ!


「ベテランの初心者」です。








さあ気持ちを切り替えて再び入渓。

いつものポイントより谷が深いけど、なかなか良さげです。

日没にはまだ少し時間があります。

落ち着いていきましょう。


出来るだけ川に立ちこまないように進んでいくと、





ぎゃ~~~ん。

これは何かのトラップだろうか?


鹿留の山奥でも見たけど、川は多いよなこういうの。



釣り上がり始めて15分くらい経っただろうか。






一匹目!!!


ありがとうございます。

精神的に楽になりました。


今日のタックルはイーグルクローのグラスロッド「FL300」(6フィート6インチ)にマイセルボックのフェザーライトNo.260です。

100年以上経っているヴィンテージリールです。

ロッドは今出来のレプリカだけど、6フィート6インチというフライロッドとしては短いこの竿が、ここでは使いやすいです。

僕はね()。




ここからは要所要所で面白い位に釣れてあっという間にツ抜け。

小さいんだけどね()。

一回だけ大き目のが掛かったけどバレチャッタ。

それでも釣れているから怒らない怒らない♪





もう帰ってもいいのだけど退渓できる場所がないのでズンズン進みます。





水温は15℃ってとこかな?







こんな感じのとこもあって僕的にはなかなかワイルド()。




おっとまた釣れました。

小さいけど綺麗なヤマメたちです。

写真を撮らせてもらってそっとリリース。





谷が浅くなったところで道に出て山を下って車に戻ります。





弟子キャラ1号に「今からいくよ」とLineを出して西八王子へ。

北浅川から25分ってとこだね。





ちーちゃんの学校、デカいよなあ・・・。



待つこと10分、





弟子キャラ1号を乗せて日野バイパスを使って府中へ。






半日だけど、渓流を十分堪能してヤマメにも出会えた午後。

おうちでは、ともちゃんが夕飯を作って待っている(はず)。

「お腹すいたね、フルスロットルで帰ろうぜ」

暮らしイキイキなのだ。


君もホントはグラブっているんだろ?()





まったく胸が熱くなるな。



女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月12日(木) 20時33分17秒

16.5.3 北浅川 出撃!(早朝奇襲)

テーマ:北浅川編



5月2日(月)の夜、今日もせっせと「釣りキチ三平」を観ています。


気がつきました?


我が家のTV、65インチなんです(プチ自慢)。






世間はゴールデンウィーク真っ只中。

10連休なんてふざけた野郎もいるという。


ってかそれって君、社会的に不必要な人間なんじゃね?

みたいな愚痴を言ったり言わなかったり言ってもたいしたことなかったり。




そんな僕は日々の暮らしに忙殺されていて、もう何年も連休なんてないです。

月に1~2日休めればいい感じ()。





府中世紀0016.5月3日(火)午前4時過ぎ、この日は奇数週の火曜日なのでお休み。

世間は10連休、僕は1休。

寝ている家族を起こさないように静かに玄関を出て駐車場へ。





さてここでオープニング。






「蒼き流星SPTレイズナー」OPです。


そ~ら~に蒼い流星♪ 夜の運河を滑るようだね~♪

ってが~。









はやく動き出したつもりだけど、そこはGW。調布ICから乗った中央道下りは結構混んでいる()。

仕事もそれくらい熱心ならいいのにね(とイライラするわけです)。



八王子ICで渋滞ともおさらば。




国道16号で浅川を渡ってから進路を西に向けて追分から陣馬街道に入ります。







まだ時刻は5時、恩方のます釣り場もやってないよね。







さあ今日もやってきました北浅川上流。

3回目の北浅川出動です。


早朝の「ゲン散歩」スタートだ!!!






マムシ注意の看板から入渓します。





ここはこんな感じの小河川。

ちょっとした物音で魚は逃げ散るし、後方からでも5メートルも接近すれば逃げられてそのポイントは死ぬ。

そんな感じの釣り場なんだよね。






姿勢を低くして、摺り足で忍び寄ります。

何度でも書きます。


「敵を知り、、、敵に知らせず。。。」


静かにフライをアップストリームで送り込みます。



着水とほぼ同時に魚が出た!

合わせるとぶっ飛んで行った()汗。






釣れたのは小さなヤマメ。

小さいけどちゃんとヤマメのカラーリング!!!





とても可愛いです。


いっぱい食べて大きくなって下さい、とそっとリリース。


いつの頃からだろう・・・


僕は渓魚をキープしなくなった。

キャッチアンドリリースって人に勧められている頃は妙に反発した思い出がある。


「だったら釣りなんかするなよバカ」って思ったりしてさ。



それがなんだろ、いつの頃からか「分かる」ようになったのだろうか?

釣った魚をキープしていたら、川の資源なんてホントにあっという間に枯渇する。

自然にそう思う、そう理解するようになった気がするのだ。

そして釣りはしたい、と。






早朝の北浅川、ゴールデンウィークだというのに貸切だぜ。

朝の凛とした空気が気持ちいいです。




気温は16℃、




水温は15℃ってとこだね。






今日はいつもよりさらに奥に進んでみよう。





途中、谷が深くなってちょっと焦る場面もあったけど、谷が浅くなるとこまで釣り上がってなんとか退渓。

林道を歩いて、




いつもの神社に参拝。



まだ時間があるので車で下流へ。





初出動の時のカワムツポイントも釣り上がりました。





釣れない・・・。

ヤマメよりカワムツの方が難しく感じるようになってきたぞ・・・。


それにしてもこれからの季節の川歩きは水が美味しい。







そろそろ引き揚げようとしていたところに、初めての人間に遭遇()。


いや違った、初めての釣り人に接触。

餌釣りをされていたので、「釣れていますか?」って聞いたら、

「日曜日の放流の残りを狙いに来たが、釣りきられていねえな」と・・・。

平日しか知らない僕、日曜日は激戦なのかな?放流された魚が釣りきられてしまうなんて・・・。

まあ僕はカワムツ狙いだから関係ないけどね~~~()。






そして10時半には府中に帰還。

さあGW唯一のお休みの始まりだあ!






まったく胸が熱くなるな。





女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月05日(木) 21時09分10秒

16.4.26 愛娘・・・ (北浅川 出撃!!!)

テーマ:北浅川編



魚伸さんさあ、カッコいいよなあ。

フライフィッシングもやるんだよね。



気がつきました?








我が家のTV、65インチなんです(プチ自慢)()。


月曜日の夜、フライタックルやフライベストを点検しながら「釣りキチ三平」を観る僕。


「普通のTVにしてよ!そのTV、うちのばあちゃんが買ってくれたんだし!(怒)」と、ともちゃんが怒ってます()汗。


はい了解です()。



さてここでオープニング。







「未来警察ウラシマン」OPです。

これ観るとT山さん思い出すんだよなあ。







翌朝、去年の残りのハッカ油とエタノールを使って「虫除け」を作りました。

これ効くか効かないかは置いておいて、スース―気持ちいいよね。






旗艦オデッセイに荷物を積み込みます。

今日は4月26日(火)、第四火曜日なので仙川カルチャーのセンセをやる日なのだ。

頑張るぞ!!!


仕事と関係ない荷物が乗っかっているけどね・・・。





9時半に花峰を出発して10時前に仙川に到着の偶数週の火曜日。

12時過ぎまで、ここで陶芸を教えているのだ。

面白い講座なので是非受講してくれると嬉しいのだ。

受講しなくても登録して会費を納めてくれると僕的には有難かったりするんだけどね。




さて講座を終えた僕は甲州街道を東にフルスロットル!

花峰に陶芸の荷物を置いて、そのままお昼ご飯も食べずに飛び出します!





甲州街道を東に向かって調布ICから中央道へ。




小学生がランドセルを玄関に放り投げて飛び出すが如く、です。


僕は今年42歳になります。





男っていうのはアレだね。

いつまでも幼児性が抜けないね。

だから嫁さんがついていないとホントにヤバいよ(社会的に)。。





さああっという間に八王子ICを降りて国道16号です。



まさに



「疾きこと 風の如く」


です。




今日は午後からの2~3時間、どう使おう。


下流でカワムツのイブニングライズを静かに待つかな?

それとも一か八か上流でヤマメを狙うか?


ワクワクドキドキが止まらないぜ。






追分から陣馬街道に入って、恩方のマス釣り場を通過します。


「あのオネイサンはいるかなあ・・・?」






結局、今日は思い切って上流へ。



時刻は2時前。


急いでウェーダーを履いて、虫除けスプレーを手や首に吹き付けて。







む~~~~、マムシに注意かあ。


忍野でも笹子でも何度もマムシは間近で見ているけど、怖いよなあ。

相手があまり好戦的でないのが救いだけど・・・。







そういえば僕は単独で渓流ってあまりないんだよね。

大抵は大兄かテツと一緒。

過去では小菅や忍野を単独でやってはいるけど・・・。

今年の僕は一味違うのだ()。

かつてないフライ&渓流ブーム。これはお師匠様のT山さんの影響なのか、きくマンの影響なのか、それとも最近力をつけて来ているテツを牽制したいのか(ここ笑うとこね)。

僕はこの北浅川をホームにすると決めたのだ。



「通う」


ことが大切なのだ。

笹子だ重川だとつまみ食いではダメなのだ。



そんなことを考えながら釣り上がる。

ちょっとでも姿勢を高くしたり、音を立てると魚が逃げる。

それはウグイでもカワムツでもだ。

そんな初歩的な事だけれども大切なことをこの川は教えてくれている。

仲間たちとワイワイガヤガヤとバカやってると忘れてしまう事なのだが、この川はそんな釣りの基本をしっかりと僕に教えてくれている。


水量が少ないこの川は特に神経を使うような気がする。

落差も小さいので水による音の遮蔽物が少ない。

とにかく木化け石化けだ、静かに静かに。

敵を知り、敵に知らせず・・・

なのだ。






あの石のところで水が音を立てている。手前にフライを打った後は、あの石の手前まではかなりラフに歩いてもその上には音は伝わりにくい。

姿勢を低くして狙うならばあの石の向こう側だ。

ここは木々が覆いかぶさっていてまともなキャストが出来ないので、どうしても接近戦になってしまう。

静かにドライフライを送り込むと、




バシャっと派手に魚が出た!!!!!


したたか合わせるとブルブルっと反応がある!!!





ぎゃあ~~~~~~~~~ん!!!




よっしゃ!

ヤマメだ!!!

フライをガッチリ咥えてる!


6年間のハンサム団人生で今日は最良の日かもしれない。

こんなに魚が釣れて嬉しいのはないかも()。


そうそう今日のタックルはイーグルクローのグラスロッドFL300(6フィート6インチ#4)にマイセルボックのレインボー631、100年物のフライリールです。






いやあこの川のヤマメにしてはデカいよね?

茸べえさんがよくこの川に通って釣れたヤマメの写真SNSにアップしてたけどオイカワサイズだったもんな()。

この子は塩焼きサイズ。


写真を撮らせてもらって、そっとリリース。

「もう二度と捕まりなさんなよ、もっともっと狡賢くなりなさいな」







そうだ、水温を計ってみよう。

気温は23℃ってとこだな、結構暑いです今日。






水温は16℃ってとこかな?

もってこいじゃないですか。

もうちょい水量があるといいんだけどね。

夏場の水温はどうなるんだろう?

通うのが楽しみだなあ。







午前中は仕事をしていたのが嘘みたいな景色だなあ。

これ東京なんだよね。

奇跡の川じゃね?

府中から45分ですよ。





さらに釣り上がっていきます。

時々、フライに魚が飛び出すけど掛けられない()汗。

相手が小さいんだろうなあ・・・。


一旦車に戻ろうと退渓すると、





神社があった。

結構急な階段だけど、






お財布から小銭を出して参拝しました。

今日はとってもいい日です。



道を歩いていると、




満開の八重の桜にも出会った。

自然は若い力で満ち溢れている。






車に戻った僕はウェーダーのまま車を運転して夕焼け小焼けふれあいの里へ。






お土産を買っちゃいました。

自宅には「酒まん」、花峰にはクッキー。

更に車は下流へ。





初出動でカワムツを釣ったポイントへ。


帰りがけの駄賃にカワムツとか思ったけど、甘かったorz。

全然フライに興味を示さないカワムツたち()汗。

あらやだ、何が違うんだろう・・・。






でも今日はヤマメに出会えたからなあ、もう満足満足。


時刻は5時。

いい時間でしょう。





着替えた僕は八王子市街へ。

西八の石渡君ちや、理学療法士の荻野さんの家を過ぎて、






ちーちゃん(長女)の学校へ。



待つこと10分、




ちーちゃん(弟子キャラ1号)と合流しました。


そう、これを狙っていたのだ。

これのために北浅川をホームリバーにして、年券を買ったようなものなんだよね。

暮らしイキイキなのだ。




進学とか総合?の子たちは5~6時間授業でも、特進や選抜の子たちは7時間授業とかで下校がこんな時間になってしまうんだそうな・・・。






弟子キャラ1号を乗せた旗艦オデッセイは日野バイパスを使って府中へ。


「ちーちゃん、今日は北浅川でヤマメが釣れてさあ~」なんて話をしていたら、弟子キャラ1号の反応が鈍くなってくる。


信号待ちで後部座席を見たら、



寝息をたてている・・・。




疲れるんだろうなあ・・・。

ほんとお疲れ様です。






さあ夕食後は、お茶を入れて酒まんじゅうだあ~~~。


北浅川、第二回戦でヤマメに出会えた僕。

もし、弟子キャラ1号が八王子の高校になっていなかったら・・・、

あのヤマメと出会うことも、満開の八重桜を見ることも、カワムツを釣ることも、漁協のオネイサンに出会うこともなかった。







全ては天の思し召しやもしれない・・・。


そうに違いない。


これは疑ってはいけない。


全ては運命なのだ。


この北浅川を僕の最期の戦地にするぞ!!!





まったく胸が熱くなるな。



女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年05月01日(日) 09時00分20秒

16.4.19 旅立ち (北浅川 初出撃!)

テーマ:北浅川編



府中世紀0016(ダブルオーシックスティーン)4月19日(火)、今日はカルチャーのセンセの仕事もない完全終日お休みな火曜日。


普段なら早朝から海へ川へ飛び出しているところだけど、今日は8時近くなっても自宅でのんびり。

お天気検定もやっちゃったぜ。

気がつきました?




我が家のTV、65インチなんです、プチ自慢()。






準備は出来ているんだけどね。

9時近くまでお家でのんびりと過ごしました。

ハンサム団を結成してからの6年間、戦いに明け暮れて館でのんびりすることなんてまずなかったので、この時間がとても新鮮でなんだか不思議な心地なのです。

僕は昭和49年8月12日、東京都保谷市に生まれた。

僕が子供の頃はTVアニメ「釣りキチ三平」が流行っていて、大抵の男の子は釣りをしていた。

僕も海や川のない保谷ではあったけど、近所の武蔵関公園にある富士見池でヘラ師のおじいちゃんたちに混ざって振出式のヘラ竿に小物釣りの仕掛けを自作して日が暮れるまで遊んでいた。

僕は今年で42歳になる。

このまま死ななければ、バカボンのパパを追い抜いてしまう予定だ。

子供の頃は一日が長くて長くて、夏休みなんかは一日を過ごすのが途方もなく長く感じたことがあったけど、年々時間は加速している。

このまま加速を続けると、僕はあっという間にお墓に入ってしまいそうだ。

あとどれくらい、僕はこんなバカなことをやっていられるのだろうか・・・。

考えても仕方ないけどね。






さて荷物を積んだ。

忘れ物はないよな?

ウェーダーも積んだ。






午前9時、ハンサム団館を静かに出発し、定休日の花峰窯をゆっくりと通過して旧甲州街道に入る。

目指すのは西だ。





さてここでオープニング。







どうしても戦わざるを得ないのならば、早期講和。

これがもし失敗すれば、この国は滅びる。

のだ()。






講和への最後の戦いだ!







国立府中ICから高速に乗ると見せかけて、





日野バイパスへ。


何故高速に乗らないのか?

東京を出ないからなのだ。

それでも乗れば八王子まで20分なのだが、先を急ぐ必要がないのだ。







途中、給油もした。

緩々と西へ向かう旗艦オデッセイ。





甲州街道に入り、追分から陣馬街道に入った。

陣馬街道はシャッター通りの連続だった。

こういう風景を見てもらいたいよな、この国の舵取りをしているつもりの人たちに。。。







さて道はいよいよ山道っぽくなってきました。

府中を出発してから1時間。

高速を使っていたら40分くらいだったろう。




途中、車から降りて川を覗いて見た。

わぁ・・・・

微妙。

水少ないなあ。


気を取り直して再び車へ。







着いたのはここ。

恩方ます釣り場。

でも釣り堀で遊ぶ気はないですよ()。



北浅川の釣り券が欲しいのです。ここなら売ってくれるよね?漁協だもん。

受付で話を聞こうと中に入ると、漁協のおねいさんが微妙に綺麗な人で、日釣り券を買うつもりが見栄を張って、、、





年券買っちゃったよ()汗。

何やってんだよ僕・・・。










まあ、いっか。

おねいさんの笑顔が見られたし。


ここに来るのにはいろいろ事情があって、通えたらいいななんて思っていたしな。

ここが僕の最期の戦地になるのかもしれん。

今まで渓流って言ったら笹子川を中心とした郡内で、去年やっと峠を越えて日川・重川と国中へ進出したけど、今年は東京へ後退。。。



いやこれは「転進」だ!(大本営発表)。


今の僕に必要なのは「まん きん たん」

マンキンタンなのだ。







なんか違うぞ。


あん ぽん たん



じゃなくって、






「安 近 短」だわ。






はい、そんなわけで北浅川に降り立ちました。

北浅川はじめの一歩です。


瀬にフライを飛ばすけど反応は無し。

淵にはヤマメじゃない魚がいっぱいいる。なんだろ?ウグイ?アブラハヤ?

しかしフライに全く無関心・・・。

今日は時間がある、単独釣行なので代わる代わるってこともない。

マイペースで釣り上がって行こう。






ここでライズを発見!

ヤマメではなさそうだけど、狙ってみましょう。


ドライフライに出るけど、なかなか乗りません()汗。

相手が小さいのかな。






使ってるフライはこんなの。

CDCカディスとでもいおうか、僕はこのフライばっかり巻いてます、サイズを変えて。

#19・17・15って感じ。




おっと!乗ったぞ!

なんでしょうか、寄せてみましょう。






カワムツです。

あのライズはカワムツでしたかあ。


どうやらこの川に居る小魚の群れはカワムツのようだ。







ドライに飛び出してくるのはみんなカワムツ。

今日のタックルはイーグルクローのグラスロッドFL300(6フィート6インチ#4)にマイセルボックのレインボー631、ニュージャージー物です100年近く経ってます。





写真の左側、フライを流すとヤマメらしき魚が飛び出しました!

掛けられなかったけど。。

ん~、でもホントにヤマメかな。カワムツよりは大きかったけど、デカいカワムツかなあ。。

でもここまでカワムツは流れのないとこにしかいなかったような。。。






更に釣り上がると、結構険しいとこもあったりで僕的には難渋する遡行()汗。


その割に水面を割ってフライをかっさらうのは、





はい、カワムツです()。








一旦、退渓してウェーダーを履いたまま車で移動。

夕焼け小焼けふれあいの里まで来ました。

再び入渓して釣り上がり開始!




ここまで来るとカワムツもまだいるのだけど、違う魚の群れも見える。

よ~く見ると、




ウグイの群れ()。

いいじゃないですか。


ですがウグイの群れはフライに全く興味を示さない()汗。

しかも流れが弱く平面的なこの川は音による遮蔽物がないのでかなり距離をとっていても魚たちが逃げ散ってしまう。





まもなく案下川、醍醐川の合流点へ。

道路に上がるのが面倒くさくて、右岸に渡河して写真左の案下川へ。





ここも水量が少なく平坦な流れ・・・。

う~ん。

時計を見たら3時チョイ前。





陣馬街道に上がって車に戻ります。

なんか見たことあるような景色だなあと思ったら、あれよアレ。


養沢に似てない?


同じ東京だからかな、養沢を歩いているかのような感覚。


今日は挨拶程度の攻撃、これくらいで勘弁してやろう(ここ笑うところ)。


車に戻ろうと陣馬街道を歩いていると地元の人に声を掛けられて少しお話をした。

雨が降ってもう少し水量が増せばヤマメも釣れるよ、とのこと。

来週に期待だな。。





さて着替えた僕は車で八王子市街へ。


この春、弟子キャラ1号は高校生になったのだけど(はやいよね・・・)、その学校が八王子にあるのだ。

まだ見たことないので見ておきたいんだよね。






えっ!?




ええ!!!


なんか超巨大なんすけど()汗。


聞いたら地上9階地下4階だとか。。。




北浅川から弟子キャラ1号の学校まで車で25分。

これなら釣りをして帰りに弟子キャラ1号を迎えに行くなんて作戦行動も可能なのだ。


これから3年間、生きていたらこの川を僕のホームリバーにしよう。






まったく胸が熱くなるな。




女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年04月24日(日) 20時37分10秒

16.4.9 フライでオイカワの季節 (多摩川出撃!)

テーマ:釣り



宿河原以来、チャリでの釣行がめんどくさい()。

府中世紀0016(ダブルオーシックスティーン)4月9日(土)午前4時、館を出発して向かったのは、、、。





多摩川、是政橋!!!


さてここでオープニング。






「機動戦士Zガンダム」OP風です。

まさに今の僕の気分()









橋を渡った先、南多摩の駅前のコインパーキングに車を止めて橋まで歩く。

6年間のハンサム団の活動で是政橋に車で出動したのはこれが初めて!

今まではチャリだったのに、ついに自宅からチャリ10分のこの場所さえも車で来るようになってしまったのだ。


この是政橋、僕の親父が子供の頃は木製の橋だったらしい。

僕の親父は高円寺で生まれたのだけど、祖父が新宿歌舞伎町で古美術商をしていて、呉服屋のボンボンだった祖父が戦後の混乱を乗り切れるわけもなく没落し、府中へ都落ちしてきたのが昭和二十年代。

小学生だった親父はこの橋から飛び込んで遊んでいたらしい。

何人かは浮いてこないことがあって、翌日机に花瓶が置いてある・・・。

そんな時代だったようだ。






右岸を上流へテクテクと歩く。

東の空が明るくなってきた。




南多摩水再生センターの排水口へ降りて、スピンキャストリール・アブマチック140を乗せたミスタードンで18グラムのスプーンを投げる。

時々足元をナマズが通るのが見える。

しかしここ、浅くなったねえ。。。






しばらくするとテツがチャリで現れた。

テツもスプーンでナマズ狙い?




でも僕はそんなに真剣じゃないんだな。


そんなことよりやっておきたいことがあってさ。






場所をテツと入れ替わり、僕は下の瀬へ。


今日のタックルはイーグルクローのグラスロッドFL300(6フィート6インチ#4)にラングレー191-B。

フライをダウンクロスに流すと、プルプル反応あるよ。



来た来た!!!




夏の感触が!






今年初オイカワ!(当社比)


なんのこっちゃ。





いやあ多摩川の「フライでオイカワ」は5月のゴールデンウィーク明けが開幕ってのが例年なのだけど、今年ははやいぞ。


でもここんとこ暖かい日が続いていたから今日はこれを狙っていたのだ。


団の中で誰よりもはやくオイカワを釣りたかったのだ。

鯰なんてどうでも、なのだ。






まだサイズは小さいのだけどポンポンと釣れる。

フライでオイカワ楽しいよ♪



そうそう、僕らが住んでいる多摩地域ではオイカワのことを「バカッパヤ」と呼ぶんだ。

多摩川で最も釣れてしまう魚で、扱いが雑だとすぐに死にやがる魚。

どうか釣るときはバーブレスフックで出来るだけ素手で触らずにリリースしてあげてほしいのだ。





テツにオイカワポイントを譲ってあげると、





下流からヒデジイが歩いてきた。


オイカワのポイントを壊しながら向かってきよる()。。。







まあ僕はもういいけどね()笑。



テツとヒデジイがフライをやるのを少し見てから僕は仕事なので撤退。






今日もいい天気で暖かい。

多摩川は一気に夏に向かいそうだな。


フライでオイカワもやった。






次の戦地が待っている。

もうのんびり多摩川に留まっている時間は僕にはねえら・・・。

大雑把になってしまうが、一気に攻めに転じよう。





4月になると三河の山里にも桜の花が咲き乱れた。
自然は若い力で満ち溢れているのに、ついに彼は自分の死と向かい合った。
彼は諦めきれない気持ちを諦めた。



「人の力は弱いもので、自分が最後の果報を得られなかったのも天の命ずるところであろう。人はそれぞれ定まった運命を持っていて、それを越すことは誰にも出来ない・・・」

彼はしみじみ思いました。

彼は重臣たちに国の仕置きのことを細かく指図したあと、後継者の四男を呼んだ。

「儂の人生は今日で終わった。儂は甲斐の小国に起こり、諸国他郡を攻め伏せ、思ったことで望みを達しないことは一つも無かった。それはお前もよく知っていることと思う。だが京の都に旗を立てることなくこの世を去るのは妄執の随一じゃ。儂が死んだと聞いたなら敵が一度に蜂起するのは必定。そこで3年の間わしの喪を秘し、備えを厳重に固め、一度は都に攻め上ってくれよ。儂が死んでも、そなたが都に攻め上ってくれたなら、儂にとってこれに勝る喜びはない。」

勝頼は父の言葉を涙の中で聞きました。


まもなくして彼は幽冥境を異にした。。。







橋を渡りながら、高校生の頃よんだそんな本を思い出した。。。




まったく胸が熱くなるな。




女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016年04月22日(金) 22時16分15秒

16.4.5 宿河原最後の出陣! (多摩川マルタ)

テーマ:釣り



さっきの出動で水没させちゃったんだよなアブマチック140()。

サイドプレートを開けて水が入っていないか確認。

軽く掃除してハンドルを回すと、ハンドル基部にゆるみがあることに気がついた。

でも工具が自宅にない・・・。花峰に行けばあるんだけどな()。



府中世紀0016(ダブルオーシックスティーン)4月5日。

早朝はテツと宿河原に出かけた僕


休む暇なく大兄、オギワラクンと再出動なのだ。




さてここでオープニング。






「蒼き流星SPTレイズナー」OPです。


仲間の為に、走れメロスになるですよ。






なかなか雨が上がらず出動はお昼前になった。

大兄の車がハンサム団館に到着して荷物を旗艦オデッセイに乗せ換えるいつもの光景。

ま~た寝坊しているオギワラクンとも何とか連絡が取れて是政経由で車は東へ。。。







駐車場でウェーダーを履いて装備を整えます。

そうそう、結局アブマチックは140から120に交代。






やってきました本日二回目の多摩川、宿河原堰堤。

大兄は久しぶりのマルタ狩りだよね。






早朝と違って昼の宿河原は釣り堀のように人が等間隔に並んでた()汗。



大場所はフライフィッシャーで埋まっていたので、僕らは本流と細い瀬の出会いに荷物を置いてキャスト開始!!!


時々バシャバシャが起きるけどすぐに収まってしまう多摩川・・・。

何とも悩ましいな。







まだ来たばっかだけどお昼にしよう。

お湯を沸かしてカレーうどん。




僕にとって、仲間との釣りはお昼ご飯なんだよな。

釣りは二の次三の次()。





ソーセージも焼きましょう。

暮らしイキイキです。






さあ腹いっぱいになったしサクッとマルタを















釣れない・・・。

のだ。






そのうちオギワラクンが釣った!


連続で釣った!








大兄も釣った!







僕だけ釣れないのだ・・・。

この後何時間も釣れない時間が続いた。

彼らは釣れていたが・・・。







大兄に言われてルアーの先にガン玉を何個も着けて沈めるようにした。

それでも釣れないぜ()。


もうね、帰りたいわ。

いやだよねえ、自分だけ釣れないって。

一人で来ればよかったって思う瞬間。






がっ!!!

なんか掛かったぞ!!!


これは逃がせない()。





釣れたのはノーマルウグイ?

結構デカいです、よかったありがとう。



この後、細い瀬の出会いで三人で暗くなるまで遊びました。






大兄の500ルーメン(胡散臭い奴じゃないからホントに眩しい)のライトを点滅させて遊びました。

キャストするとこをピカピカさせるとコマ送りみたい()。

そんな下らん事でも腹を抱えて笑えるんだよな。

ホントに楽しかった。夏休みっぽい感じ。






宿河原への出動はこれが今年最後になるだろうなあ。

また来年、生きていて、釣りをしていたら出動しよう。

季節は刻々と移っていく。

次の戦地へ向かうのだ。





まったく胸が熱くなるな。





女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年04月18日(月) 21時44分08秒

16.4.5 早朝の宿河原 (帰ってきたテツ)()

テーマ:釣り



我が家のTVね、


65インチなんすよ。

しつこいプチ自慢です。







今日も始まりました「おはよう時代劇」。

早朝のテレ朝は飛ばし過ぎている。



府中世紀0016(ダブルオーシックスティーン)4月5日(火)午前4時、僕の一日のスタートです。

4時前に起きてるけどね・・・。






ハンサム団館の大手門で静かに待ちます。

雨がシトシト降っています。

予報は曇りなんだがな・・・。

スマホのレーダーウィジェット見ても雨は降っていないことになっている。。。


勇気凛凛 気持ち少な目 ですが行ってみましょうオープニング。







「Zガンダム」OP風です。

銀色ドレス、いいよね。

カミーユがガルダのブースターで宇宙(そら)へ帰るシーンの時に流れていました。

フォーが自分の命と引き換えにカミーユを空に帰そうとする泣けるシーン。

「カミーユ、、、そらへ・・・」って息絶え絶えに空を見上げるフォーと、「これでホントによかったのかよ、フォー――――――――――――」って泣き叫ぶカミーユ。










さて、今日はテツの車で移動なのだ。

僕は休日の火曜日だけど、テツは仕事。

なので早朝の1時間勝負の出動。





雨の宿河原です。

僕はもう見たくない景色ではあるけれども、テツがマルタウグイを釣るのを見届けたいのだ。






土手を降りて真っ暗闇の中、浅い瀬を探して渡河します。




やがて明るくなってきて、わずかではあるがバシャバシャがある。

テツはどうかな・・・。





少し遅れて釣り人が現れた。

フライフィッシャーのようだけど、今日はどうですか?なんて話をしていて気がついた。

子の方は、なんちゃら大学の先生をやっている人だ。




テツのすぐ下の瀬に入っていいかと聞くので、僕はテツと別れて更に下の細い瀬の出会いへ。






うおっ!!!

なんかスピナーに掛かったぞ!!!


今日のタックルはミスタードンにABUのスピンキャストリール「アブマチック140」。

なんだこの異様な重さは()。

ドラグMAXなのに滑ってしまう。






釣れたのは鯉だった。

でっぷり太ってるわあ。







更にヒット!!!


雨で前がよく見えないぜ。







今度はノーマルウグイ?

だな。


このウグイをテツに見せに上の瀬に走ると、テツはまだ釣れてなかった。

センセは釣ってるらしい。





そして間もなく時間切れ・・・。

僕らは濡れ鼠となって駐車場へ撤退。







ハンサム団館まで送ってもらったのだが、なんだか気の毒になってきたぜ・・・。





まあ僕も6連敗の後のマルタではあったけどね。

雨はいよいよ激しくなってきたが、これから大兄がマルタを狩るために新座を出発する。

僕も第二波攻撃の用意をせねば。。。






まったく胸が熱くなるな。





女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年04月12日(火) 06時23分11秒

16.4.1 多摩川 出撃!!!(第五次 宿河原対陣)

テーマ:釣り



府中世紀0016(ダブルオーシックスティーン)4月1日(金)、午前4時30分。

ついに新年度突入です。

そしてこの時間の運転。甲州街道を東に進み八雲台から狛江通りを南に下って、





やってきました多摩川、宿河原の堰堤。

多摩川出動7回目です。

月が綺麗です、真っ暗です()。


マルタを釣ろうと3月22日に出動してからの6回。今僕は苦境のどん底にあえいでいる。


それでも7回目の出動をして今また宿河原に陣を敷いた。

テツがまもなく広島から帰京する。

その前にこの作戦に成功して絶対優勢の状態で邀撃したいのだ。




真っ暗闇の中、180ルーメンのヘッドライトを頼りに土手を下って瀬を目指す。






うわ~~~。

これは「18禁」なのだ。


あちこちにエロ本が散乱していて、昼間ならいいけどこの暗さは怖すぎる。





瀬に到着すると、今までの六日間とはまるで違う状況が瀬にはあった。



無数のまったく無防備な魚たちがバシャバシャと音を立てているではないか!!!



日の出時刻を確認してジッとその時を待つ。



























ファイヤーーーーーーーーー!!!

無防備の敵艦隊に殺到するハンサム団。


六日間本当に屈辱的な毎日だったのだ。


全機突撃せよ!

の信号弾発射なのだ。



ここでオープニング代わりのこれ行っとこう。







「暴れん坊将軍」殺陣シーンです。

この爽快感をお楽しみください()。


僕もスッキリです。







寄せてみたら55㎝のマルタウグイだった!!!

ここまで長かった。

7回だよ7回。






次もすぐ来た!!!






今度は50㎝!!!





瀬には無数のバシャバシャ。かなり接近しても散らない。やりたい放題の宿河原。








スピンキャストにスピナーでやってもすぐに竿が満月になる。


今日のタックルはミスタードンにABUのアブマチック120。






マルタウグイです。

綺麗な婚姻色が出ています。







東の空には朝日が。


まだまだ攻撃は続きます。






これはノーマルウグイ?

僕的にはマルタウグイよりこちらの方が好きなカラーリングだったりします。






また来ました!


この時点でツ抜けです。


ケンタンと話したのだけど、このサイズのウグイ、海に降りないウグイたちは普段どこにいるのだろう?

普段からドライフライで釣れたら面白いのにな。





瀬ではバシャバシャが続いています。


ホントにしんどい一週間であったけれども、7回の出動、途中三沢への出動もあったので8回の作戦で、どうにかここまで状況を好転させることが出来たのだ。






おっとまたノーマルウグイ~~~。





終わってみたら1時間ちょっとの攻撃で11匹のマルタ(&ウグイ)を仕留めていた。

フライで9匹、ルアー(スピナー)で2匹。






助手席にはコインパーキングの領収証が・・・。

戦いの記録がここにはあるのだ()。





7時前には府中へ帰還。

便秘が解消したかのようなスッキリした気分で新年度スタート!なのだ。












便秘の経験ないんだけどね()






まったく胸が熱くなるな。




女子団員は熱烈歓迎!

男子団員も嫌々ながら(ここ笑うところ)ひっそりこっそり募集中!

君の住んでる街の河で事件が起きたなら、ハンサム団まで知らせてくれたまえ。

(多摩川ハンサム団・団員ひっそり募集中)

入団資格

・年齢性別不問

・経験不問

・多摩川(及びその支流)、又は各自の近所の河川に釣具をもって出没できること。

・川(海も可)釣りが好きなこと。

・漁協組合員と喧嘩しないこと(法令遵守)





ハンサム団若松町出張所

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

花峰窯ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kahougama

オンラインショップ始めました

http://kahougama.shop-pro.jp/  




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。