EAST1 ライディングスクール

テーマ:

$NON OFFICIAL


5月19日、日光サーキットでMOTO1 EASTとしては初めてのスクールを開催しました。講師陣はMOTO1 ALL STASで活躍する6名。日本のモタードトップカテゴリーのMOTO1 PROまで上り詰めた選手と一緒に走れたり直接指導を受けられるカリキュラムで行いました。

教室での講義の時間を設ける等、今までと少し違ったスタイルで行いましたが参加者の皆さんの真剣な目が凄く印象的でした。

ライディングスクールと言うとどうしても実技中心のイメージが有りますが、スポーツライディングを行うのに必要な整備の知識やセットUP、ライディングフォームや身体の使い方の知識も大切です。

EAST1として今回始めてのスクールと言う事も有り、どの位のレベルの座学講義を行えば良いのか講師陣も試行錯誤しながら講義を行いましたが、参加者の皆さんの真剣に聞き入り、そして質問をする姿を拝見し、今回のレベルの内容は必要な物だと感じました。

そして参加車両は公道を走れる車両が多く、Dトラッカー(KLX、SB)とWRが半数以上を占めています。やはり国産市販車250のモタードは手軽に乗れるのでオーナーも多いのだと思います。

$NON OFFICIAL


近年のmoto3からは姿を消しつつ有るDトラッカーですが、スポーツライディングを楽しむにはまだまだ現役で、カスタムパーツも豊富に有るので自分に合ったスタイルで楽しめます。

設計自体は古いのですがバブル期設計で戦う4ストKLX250SR直系で有るDトラやSBは当時の最新技術が惜しみなく使われており、近年のコストダウン重視のマシンとは作りが違います。

最新マシンを持っている方は最新マシンの楽しみ方を、DトラやKDXを持っている方はその車両の長所を生かした楽しみ方を。参加者の皆さんが走っている姿を見て、そんな事を改めて感じました。

次のスクールの日程はまだ未定ですが、普段街乗りで乗っているバイクでもっと楽しく走りたい。速い、遅いでは無く、スポーツとしてライディングを楽しみたい方にどんどん参加して頂ければと思います。

参加して下さいました皆様、ありがとうございました。


公式レポートはこちら


$NON OFFICIAL
AD
東日本大震災から二ヶ月以上経ちました。私の周りでは震災の爪あとも殆ど見る事が無く普通の生活をしていますが、ニュース等でまだ避難所生活をしていらっしゃる方や行方不明の方がいらっしゃる事を見る度に気を引き締めなおします。

今回の震災は復興に架かれない地域も有り、被災された皆さんが今まで同様の生活を取り戻すには大変な年月が必要です。被災された皆様には先が見えない中、心からお見舞い申し上げます。

MOTO1 EASTではFAiCOとコラボレートさせて頂き応援ソングを制作して頂きました。頑張り過ぎて疲れた時、何かをやり遂げようとしている時、少しでも心の栄養になればと思います。

FAiCOのMiSAさん、トヨ太さん、素敵な曲をありがとうございます。

Start Line




FAiCOのwebサイトよりMP3ダウンロード頂けます。(192kbps/6.62MB)
http://www.fec-sound.com/

MP3 320kbps/11.0MB はこちらからダウンロード頂けます。


Start Line

作詞 tatsuya with FAiCO 
作曲 編曲 豊田修一郎
歌  MiSA

そばにいるだけで 幸せ
無口なあなたの 背中を見る時間が好きだった


思い通りに進めない時も うつむく夜も
秘めた力で大きく見えた


今新たな試練に立ちふさがれて 小さく映るその背中
初めて見せるとても不安な瞳
そんな自分に戸惑っている


ひとりじゃない
あなたを支えるみんなのココロ 優しいキモチ
ひとりじゃない
あなたを支えるわたしのココロ
感じていてね


まだスタートラインにさえ 辿り着いてはいないけれど
全てはいまから


そう明日の向こうのゴールにむけて 歩き出そう みんなと
自分だけで乗り切ろうとしないで
きっと 誰かに包まれている


ひとりじゃない
あなたを支えるみんなのココロ 優しいキモチ
ひとりじゃない
あなたを支えるわたしのココロ
感じていてね

ひとりじゃない
あなたを支えるみんなのココロ 優しいキモチ
ひとりじゃない
あなたを支えるわたしのココロ
感じていてね



AD
R1伊那大会、皆様お疲れ様でした。色々と有る中、参加された皆様はいつも通りの熱いレースを見せ、新しい流れに向かいつつ有る兆しも見えた開幕戦でした。

取り急ぎmoto1 OPENクラスの写真とmoto1 OPEN、moto2、moto3クラスの決勝動画をUPしました。

準備が出来た物から上げて行きますので、レースレポや他のクラスの写真、動画等々、もうしばらくお待ち下さい。

当日怪我を押して動画撮影して下さいましたOosakaさん、急遽写真撮影して下さいましたsynさん、いつも写真を撮って下さるEDAさん、ありがとうございました!。

moto1 OPENクラス写真

moto1、moto2、moto3、クラス動画
AD