楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

土曜はニコ生、日曜はBS1で観戦しました。
日曜のニコ生はタイムシフト予約で、まだ少ししか見てません。


まずは土曜ニコ生の感想。


JTは越川さん加入で安定してきたということでしょうか? 下のラインが上がった?(笑)
八子さんのケガは心配です。
サイドはいっぱいいるので、しっかり直してください。


FC東京は、誰がベストなのかわかりませんね。
コンディションのよくない選手とか、しばらく主力から外れていた選手とか。
後半に調子を上げられるように、今は準備期間?


パナソニックは伊東さんスタメンでちょっとびっくり。悪くなかったですよね。
清水さんの調子もイマイチわからないのですが、福澤さんは安定しています。
本当に強いパナソニックまでは、もう少し?


東レは、誰もベストなのかわかりませんね。
その日の調子とか相性とか?
好調なチームは、メンバーが固まってきているような気がします。
基本のメンバーがあって、その上で他の選手も起用できることが望ましいのかなあ?


続いて日曜BS1の感想。


先日は「土曜の堺vs豊田合成が見たい」と書きましたが、結果を見た限り、土曜より日曜の方が面白かったようです。
豊田合成vsジェイテクトも、堺vsサントリーも、試合展開はやや一方的になる場面もありましたが、個々のプレーは見ごたえがありました。


ジェイテクトは、サンチェス選手がやっと慣れてきた感じでしょうか? 
清野さんもいいプレーをしているようなので、どちらも使えることが今後の強みになるといいですね。
この日はブロックもよく決まっていました。


好調な合成ですが、この試合はちょっとブロックにつかまり気味。
な中で、レオナルド選手はよく決まってました。
対策を練られた後半、どういうバレーを見せてくれるのか楽しみです。


前日、合成に完敗した堺、この日は集中力がありました。
結局はペピチ選手で決めるという感じもしましたが。(笑)
伊藤さん内藤さんが今村さんと合ってるのは当然かな。
出耒田さんがほとんど出なかったのは残念。今後、どういう使われ方をするのでしょうか?


サントリーもいいプレーはあったのですが、全体としては……本来、もっと力のあるチームですよね。
スパイクがナカナカ決まらなかったのは、堺がブロックもディグもよかったからもあるのですが。
スタンリー選手の不調が残念ですが、椿山さんは活躍の機会が多くなりますね。
筑波大学でOPになって活躍したのに、つくばではMB、ちょっと時間を無駄にしちゃったかも。


コンディション的に心配な選手のいるチームも少なくないので残念なのですが、まだ先は長いですから、体調を整えて元気なプレーを見せてもらいたいですね。


第1試合は大竹さん、第2試合は植田さんの解説。
いままでよりは、ヒドイコト言ってなかった印象。(笑)


観戦された方は、どんな感想でしょうか?


チーム技術集計表 を見てみると……


アタック決定率はかなり順位に反映されていますが、サーブ効果率は反映されていません。
ちょっと意外。


現在1位の豊田合成はサーブレシーブ1位ですがブロックは7位。
3位の堺はブロック1位ですがサーブレシーブは8位。


2位のパナソニックと5位の東レは、ブロックとサーブレシーブが2位と3位でどちらも上位につけています。


今のところ、チーム別の数字が、順位にわかりやすく表れてはいませんね。
この数字以外のところで勝敗が決まっているということでしょうか?


個人技術集計表 を見てみると……


アタック決定率にミドルがいません!
打数が足りていないんですよね。
プレミアはそういう傾向にあると思っていましたが、1人もいないのはビックリです。


堺はブロックで石島さん松本さん、サーブレシーブで井上さんが入っていますが、他はペピチ選手のみ。
かなりペピチ・ブレイザーズなんでしょうか?


ブロックはミドル以外の選手が多い感じがします。
MB9人、WS1人、OP3人、S2人ですから。


サーブ上位に日本人選手が多いことは喜ばしいのですが……
これって、外国人選手のサーブがイマイチってこともありますか?
国際試合で見る外国人選手のサーブほど威力を感じません。
一方、日本人選手は国際試合よりいいサーブが打ててますよね。
これってメンタルですか?(笑)


今週末も土曜はNHK-BS1で放送があるので楽しみです。


2/01(土)13:00 ~ サントリーvs東レ 堺vsFC東京
山梨の小瀬スポーツ公園体育館なので、首都圏から観戦に行く方も多いのかな?
でもやっぱり、日曜の堺vs東レ、サントリーvsFC東京の方がキニナリマス。(笑)
パナソニックアリーナのパナソニックvs豊田合成も。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

女子の全試合プレイバックが1/20(月)からCS(フジテレビONE)で始まってますがDVDの空きが少ないので、女子はあまり録画できません。
でも、これは録画したいと思います。


1/30(木)12:00~13:15 熊本信愛女(熊本) vs 大和南(神奈川)


それから進徳女の監督は確か、元JT監督の小田さん、小田パパだったと春高ガイドを見たら……
弘前学院聖愛の塚本監督、奈良女の鬼嶋監督、山形市商の結城監督って、そうなんですか?
山形市商は1回戦終わっちゃってるし。
録画予約増えちゃいそうです。


1/28(火)12:50~13:50 近江兄弟社(滋賀)vs 進徳女(広島)
1/28(火)13:50~14:50 富山第一(富山)vs 弘前学院聖愛(青森)
1/29(水)12:00~12:50 九州文化学園(長崎)vs 奈良女(奈良)
2/05(水)14:00~15:00 県岐阜商(岐阜)vs 山形市商(山形)


番組サイトはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コメントしてくださったみなさん、ありがとうございます。
お返事していなくて、すみません。
全部読んでいるのですが、なんてお返事しようか考えているうちに月日が……

たいへん遅くなりましたが、書いてみました。

全部は書けなくて、すみません。


CSフジで春高男子の再放送が近づいてきたら、また各チームの印象なども書きたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末は墨田区総合体育館でプレミアがあるので、お出かけになる方も多いと思います。
あそこは駅から近くて便利ですよね。
でも私は自宅待機の予定です。
ニコ生とBS1があるので、家で観戦しながら用事を片づけることになりそうです。


プレミア男子の予定は以下です。


1/25(土)
東京 墨田区総合体育館 FC東京vsJT パナソニックvs東レ
放送 13:50 ~ ニコニコ生放送
大分 別府市総合体育館(べっぷアリーナ) サントリーvsジェイテクト 堺vs豊田合成
放送 なし


1/26(日)
東京 墨田区総合体育館 FC東京vs東レ パナソニックvsJT
放送 12:50 ~ ニコニコ生放送
大分 日田市総合体育館 豊田合成vsジェイテクト 堺vsサントリー
放送 13:00 ~ NHK-BS1


チャレンジ男子は兵庫1会場で土日とも2試合ずつ。


詳細はVリーグ公式サイト で。
公式サイト、リニューアルしてからわかり難くなったような気がするのですが、慣れてないだけでしょうか?


ジェイテクトの放送予定は、今のところ1/26だけなので、お見逃しなく。
今季は豊田合成の放送が多いですね。好調ですし、楽しみです。
堺も好調なので、25日の堺vs豊田合成が放送ないのは残念です。
放送があるときによい試合を見せてもらえると、ファンも増えると思いますので、よろしくお願いします。(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1/20(月)からCS(フジテレビONE)で始まってます。


番組サイトはこちら


女子はあまり見ないのですが、高校は同じ会場でやることも多いので、少し見ます。
監督さんの名前見て、見ることもあります。(笑)


男子は2月半ばくらいからですかね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土日はGAORA見ながら家事をしていました。
ときどきツイッターを見て、みなさん元気に遠征されているんだなあと感心。
やっぱり、応援しているチームがあると違うんでしょうね。
私も応援している選手は何人かいるのですが……チームとしては……
でも、ちょっとくらいは見たいので、東京体育館かなあ? と考えています。
ずいぶん先の話ですけれど。


この時期、やはりまだ、先日までの春高の余韻が残っています。
そんな中でプレミアの試合を見るとイロイロと考えてしまいます。
「ああ、この選手は春高で見たなあ、活躍してたなあ」と思うこともしばしば。
高校バレーファンとしては「高校のときはこうこうで」と話をするのも楽しい。
一方で、高校時代の知名度がなくてもプレミアで活躍している選手も少なくありませんし、すごいなあと思います。
米山兄弟も古賀兄弟も、県内強豪校の陰でひっそり育った存在だったのでしょうか?
国体選抜チームには出てたりしますけれど。


春高はバレーを見たりやったりする上でのきっかけとしては、ワールドカップなど全日本の国際大会に匹敵する力があると思います。
私も最初の生観戦は春高でした。


ただ、選手育成の道としては、春高よりユース・ジュニア・ユニバという各カテゴリーの代表チームが中心であるはずです。
そこに選ばれる道の1つが、春高など全国大会の活躍であるとしても。
ですから、春高だけでなく、ユース・ジュニア・ユニバという各カテゴリーの代表チームが、もっと注目されるべきだと思いますし、協会もテレビも雑誌もネットも、そこをもっと紹介してもらえたらと思います。
夢は春高だけでなく、世代別の代表チームということが望ましいと思うのですが、その実態があまりにも見えてきませんよね。
どこにどんな夢を抱いたらいいのか、わかり難いですよね。


ああ、また話がそれてきました。
この話はまたそのうち。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

番組サイトはこちら


1月17日(金) 24:00~24:55 再放送 1月19日(日) 12:00~12:55


みどころ
ついに今年の王者が決定!! 春高バレー特集!
いよいよ中盤、折り返しを迎えたV・プレミアリーグ
木村沙織がガラタサライ・ダイキン(トルコ)で大活躍!! 女子バレーボール ヨーロッパチャンピオンズリーグ情報

全部で50分くらいですから……春高は、優勝チームと注目選手くらいでしょうか?


追記


気になったので、起きていて見ました。


春高は少なめでした。
古賀さんと白井さんの対決がメイン。
V・プレミアリーグの話題なんてありましたっけ?
かわりに全日本の話題。
ゲーリーさんのインタビューと、真鍋さん大山さん対談。
木村沙織さんのトルコリーグはありましたよ。


興味のある方は再放送見てみてください。
やっぱり50分じゃ足りないですよね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネガティブな報道の多い男子バレーの世界で、久しぶりに明るい話題ということでしょうか?
かなり盛り上がりましたね。
それを見て、男子バレーに興味を持ってくれる人が増えたらいいなあと思います。
男子バレーでも注目されて人気が出る可能性というものが、子どもたちの競技意欲につながるといいのですが。(笑)

ただ、出てくる記事の内容は同じような話ばかりで、ちょっと物足りない気がします。


史上初連続三冠の星城。男子バレーに光もたらす東京五輪担う逸材たちの魅力とは。
大林素子


大林さんは星城と東亜学園を比べていますが、1983年の「ミラクル東亜」は高校バレーならではの小さくて動き回るチームで、実業団行ったのはセッターの中村さんだけだったのでは?
2007年、2008年のメンバーは、今、プレミアにもいますけれど。


他の人もつぶやいていましたが、この比較は強引すぎませんか?
富松さんのときの東北とか、八子さんのときの深谷とかならまだしも。


エースだけじゃないチームは過去にいくつもありました。

それらと星城がどう違うのか?
読んでもよくわからなかったのですが……


選手がビデオを見て考えて作戦を組み立てる話、これも特別なことじゃないでしょう。

程度の差はあれ、やっているチームはいくつもあると思いますよ。
大林さんの現役時代には考えられないことだったかも知れませんけれど。
選手の自主性を星城だけの特別なことと書くと、バレーが時代遅れのスポーツみたいに思われませんか?
そういう書き方をする人もいますが、たくさんの現場を見た上で書いているのか疑問に思います。


このチームから東京五輪選手が出ることを期待するのはいいのですが、「このチームで東京五輪」というとちょっと違うような……
川口くんが思うのはいいけれど、大林さんはちょっと……
他の高校にも、上の学年にも下にも、楽しみな選手がたくさんいるのですから。


最後に雄物川の鈴木くん、東亜学園の大竹くんの名前が出てきますが、大竹くんウイングスパイカーになるんですか?
中大ではWS余ってるからMBのような気がするのですが。


そんな感じで、大林さんの記事は気持ちが前面に出ている感じですね。
次の田中さんの記事は、より具体的です。


圧巻の星城と総力戦を制した九州文化学園 第66回 春高バレー総括
田中夕子


昨秋の東京国体で、東福岡を主体とする福岡選抜に勝利はしたものの、主導権を握っていたのは相手のほう。
サーブで崩され、攻撃が石川頼みになったことが、苦戦を招いた1つの要因だった。


東京国体を終えてからはサーブレシーブを中心とした守備練習に重きを置いた。


という話は、なるほどと思いました。
東京国体の試合を見ましたが、確かにそのときよりレシーブ力が向上していると思います。
一方で、福岡の攻撃にブロックがついていけなかったこと、その対策が考えられたのかどうかということには触れられていません。


「バックアタックに対しノーブロック」という選択について、見ていて疑問を持った人も多いと思います。
川口くんのコメントを入れてもらえて、スッキリしましたね。
このチームの中心は川口くんなのだと思います。
川口くんのレシーブ力を活かすためにも「ブロック<レシーブ」というチーム。


この記事でというわけではないのですが、圧倒的な高さの差がありながらブロックを重視しないというチーム作りについての解説もどこかで読みたいですね。


ただ、ちょっと残念なのは以下の部分。


相手の思惑を読み、さらにその1枚、2枚上を行く。対戦相手からすれば、為す術がなくなって当然と言っても過言ではない、まさに圧巻、と言うべき強さを最後まで発揮した。


確かに他のチームは星城に勝てなかったのですが、何もできなかったわけではないのです。
1セット先取して、第3セットも魅せてくれた開智のバレー。
直接対決では十分力を発揮できなかったけれど、東福岡も鹿児島商も、通用した攻撃がたくさんありました。
結果的に、星城のサーブと石川くん高い打点と川口くんのディグに負けたとしても。
個人的には各チームの「打倒星城」に向けた取り組みの方に興味がありました。(笑)


そしてまた、最後の一文……


「日の丸をつけて、またこのメンバーで戦いたいです」
最強星城を知る者なら、きっと誰もがその日を心待ちにしている。


この流れだと、そうなりますかねえ。(笑)
それより男子バレー全体の、これからが気になるのですけれど……
私は高校で星城に勝てなかった選手たちの、これからの活躍にも期待していますよ。


中根の言葉を借りるならば、おそらくもう、これほどに成熟した高校生のチームが現れることはないだろう。


とありますが、その背景までは語られていません。
星城スタメンのほとんどがJOCで3位になった愛知チームのスタメンで、武智くんだけJOC愛媛チームで活躍した選手だということは、みんな知っているという前提なのでしょうか?
石川くんと中根くん、神谷くんと山崎くんは、それぞれ中学も一緒なんですね。


星城から学ぶことは何でしょう?
JOCで好成績をあげたチームを丸々引き継ぐこと?
高いレベルの選手を集めて、自主性を持たせること?


もちろんそれは星城に始まったことではなく、これまでも多くのチームが試みたことですけれど、これほど効果があった例はいままでになかったということですね。
そもそも中学のレベルが高い県は非常に限られていますし、JOCスタメンや有望選手を1つのチームに集めることに抵抗があったりします。


せっかく集めても、チームのコンディションが整わず結果を出せないこともあります。
今大会も、主力選手が故障を抱えていたチームが少なくないようです。
そう考えると、星城のすごいところは大会に合わせたコンディショニングにあるのかも知れません。


男女とも中高一貫のバレー強豪校がいくつかありますが、そういった方向が強化としては有効なのでしょうか?
優秀な選手、有望な選手を、早いうちから集めて強化するという考え方がありますが、その利点と欠点は?


高校上位校にはJOCで活躍した選手が多いのですが、大学になるとかなり減りますし、Vリーグとなると……
当然と言えば当然なのでしょうけれど、考えた方がいい問題もあると思います。


高校バレーの現状を考えるとき、大きなウエイトを占めているのは中学バレーのレベルの問題だと考える人は多いと思いますが、それがあまり話題にならないのはなぜでしょう?
星城6冠というこの機会に、中学バレーの強化について活発な議論がされるといいのですが。


中学の全国大会やJOCにも、もっと注目してもらいたいですね。
華やかな春高バレーの陰で、部員不足や顧問の移動で廃部の危機にある中学男子バレー部は多いのですから。
すでに男子バレー部ないところは、さらに多いですし。


だんだん話がそれてきましたが(笑)この機会に、多くの方に考えてもらいたい問題がたくさんあるのだと思います。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜は第2試合途中に東京体育館に着きました。
男子準決勝2試合観戦する予定だったのですが、開始が遅れた上に帰りに寄るところができてしまい、鹿児島商vs雄物川の途中で会場を出ました。
日曜は家でテレビ観戦して、2014の春高も終わりました。


とりあえずの感想。


星城、強かったですね。
準々決勝の開智戦で一度崩れたので、その後は安定していました。
毎度、星城が高さで押し切る展開になってしまうのは残念でした。
他の引き出しも開けてみたかったですね。(笑)
高さのあるチームが他にないわけではないのですが、なぜか星城と当たる前に、小さいチームに負けちゃうんですよね。
今年も去年も。
なので、高さのぶつかり合いは、一度も見られませんでした。


ベスト4に残ったチームはどこも魅力があったので、決勝の舞台でも見たかったのですが……


東福岡は、硬かったですね。
ラリー中にいいトスが上がらなかったり、サーブがミスになったり。
本来はもっと躍動感のあるチームだと思います。
第3セットでようやくという感じに見えました。
石川くんの高さ負けたようでもありますけれど……川口くんのレシーブに負けた部分が大きいかも。
金子くんは1年とは思えない活躍でしたし、どのあたりまで可能性が広がっているのか見えない感じで。(笑)


雄物川はようやく大塚の壁を破ったのに……鹿児島商のバレーについていけなかったのでしょうか?
「高さは雄物川が上」なのは見ればわかります。
テレビ放送で「キャリアは鹿児島商が上」というようなことを言っていたと思います。
勝敗を分けたのはなんだったのでしょう?
どなたか解説していただけると嬉しいです。
201の鈴木くんは、大会期間中にも成長していたと思います。
今度見るときには、どんな選手になっているでしょうか?


鹿児島商はずっといいパレーをしていたと思います。
決勝は高さでもキャリアでも星城が上なので難しかったですね。
でも、去年は1年生だった両エースは成長したと思いますし、これからも成長してくれるでしょう。


そんな感じて、どこも新チームが楽しみですね。

また、思いついたらも書きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まとめる時間がないので、思いついたことから書いていきます。


男子のブロードが多い。
ブロードで得点できるってことは、アレなんですかね?(笑)

ブロックがいいチーム、いい選手が少ない。

サーブで攻めるチームが多くなった。

高校男子のレベルが低下しているという人がいますが、どうなんでしょうね。
全体的に判断するのは難しいのですが、ブロック↓サーブ↑という印象。

準決勝進出の4チーム、ザックリ言えば(笑)星城と雄物川が高さのバレー、東福岡と鹿児島商が速さのバレー。
と言うと誤解を招く?
全力助走とジャンプで速いトスを打つのも、高校男子バレーの1つのスタイルです。


続きは後ほど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。