楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

週末にも、いくつか決まりましたね。
ページトップに、都道府県結果一覧をリンクしました。
まだ更新されていない県もありますけれど。


みなさんが、応援しているチーム、注目しているチームは、どこですか?


関東男子の状況をまとめてみました。
決まったのは下記です。


栃木 足利工大附
茨城 霞ヶ浦
山梨 日本航空


都道府県大会決勝日・会場(PDF) によると、今後の予定は下記です。
時間は、男子決勝の予定時刻です。
3代表の東京と2代表の神奈川は、決勝前に代表校が決まります。


群馬 11/5 14:30 群馬県総合スポーツセンター(ぐんまアリーナ)
千葉 11/6 12:00 東金アリーナ 
埼玉 11/12 15:00 さいたま市記念総合体育館 
神奈川 11/13 13:00 秋葉台文化体育館
東京 11/26 15:00 墨田区総合体育館

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「天皇杯・皇后杯」ブロックラウンド閉幕 ファイナルラウンド出場チーム出揃う

ということで、ブロックラウンドの結果を順に見てみました。


北海道(PDF)  東海大学札幌校舎


北海道クラブを接戦の末破った東海大学札幌校舎、どんな選手がいるのでしょうね。
最近、インカレでちゃんと見た記憶がないので。


東北(PDF)  仙台大学


仙台大は、いい選手が多いようですね。
細川兄弟、国体では秋田選抜でしたけれど。


関東(PDF)  東海大学 国際武道大学 筑波大学 富士通カワサキレッドスピリッツ


今年は行かれなかったので、観戦された方のブログを読みました。
東海大は一番楽なグループだと思いましたが、習志野高に苦戦したようです。
習志野はいつものスタメンとちょっと違っていて、ワンセッターだったということで、びっくり!
武大は中大には自信持ってますよね。なにか根拠があるのかしら?(笑)
組合せをみたときから、筑波とつくばは、どちらが強いのだろうかと考えているのですが……どっちだと思います?(笑)
筑波は、リーグ後半は休んでいた出耒田さんが出ていたそうなので、勝ちにいったということですね。
つくばの方が、一番厳しいブロックに入って、出場権獲得ならず。
つくばは、柴田和井田対角で、加藤さんがOPですか。MBに椿山さんがいますから、攻撃は厚いですね。
それぞれの時代の(笑)大バレを代表するエースを4人もそろえているのですから、見ごたえはあったと思いますが、何が分かれ目だったのでしょう?
パワーのつくばvsスピードの富士通という感じでしょうか? 対照的なチームですよね。
大学生がいると高さのつくば?


北信越(PDF)  長野日本大学高校


北信越の長野日大高は、ちょっと意外でした。
創造学園高に勝った新潟教員に勝って、決勝は福井工大福井高ですか。
接戦を勝ち抜いての代表なんですね。


東海(PDF)   愛知学院大学 ジェイテクトSTINGS


東海はチャレンジが強い印象ですけれど、もう1つは愛知学院大なんですね。
今年の愛知学院大は強いのでしょうか? インカレ楽しみですね。


近畿(PDF)  尼崎市立尼崎高校 阪神デルフィーノ モリタ製作所


近畿からも高校が出るんだと思ったら、大産大が市立尼崎高に負けたんですね。
どういう試合だったのでしょう?
Cグループの接戦を勝ち抜いたのは、モリタ製作所ですか。
きんでんは初戦敗退って……相手の姫路獨協大は、昨年の全カレで見たチームだったかしら?


中国(PDF)  東亜大学


中国は東亜大が危なげなく。東亜大は、見たい選手が多いので楽しみです。


四国(PDF)  松山工業高校


四国は昨年も高校でしたね。高松工芸がファイナルラウンドでいい試合をしていました。

九州(PDF)  筑紫台高校 大村工業高校


九州も2つとも高校ですか。確かに高校のレベルは高いのですが……
東築は春高予選ベスト4、福岡の高校すごいです。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日と明日は入替戦です。


組合せはこちら(PDF)


今日の結果はこちら


気になりますが、今回は観戦予定はありません。
どなたか、ツイッターで速報していただけるかしら?


今季2部は1日だけ観戦しました。

そのときのスタメンは下記です。


2011関東秋季リーグ2部観戦


宇大 3生澤 6村上 7佐々木 10黒澤 12木村 15栗木 L13狩野
学芸 14柴 15大和田 19井上 18加藤 7横田 9金丸 L3長島
中院 5境 1平井 4李 32吉野 25橘 8渡邉 L12田中
亜大 16中保 17内田 1福永 20羽田 7香川 9鳥谷部 L3関根


3部の立教は六大学で見たときの記事は下記です。


東京六大学交流戦 110508 追記あり


立教 1野間MB 2村前S 14清水WS 4大井MB 16庄司OP 13田上WS リベロ7真貝


立教のメンバー、代わっているでしょうか?


大東文化は見ていないのですが、プログラムによると、地元埼玉と千葉の選手が多いのですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

間違い等ありましたら、お知らせいただけると助かります。

2回戦

福岡選抜 2(25-20 25-20)0 愛媛選抜


福岡 L2緒方 R7米田 C8川波 L9佐々木 S1藤岡 C3松浦 リベロ10野瀬
福岡スタメン、東福岡4九産大九産1福岡大大濠1筑紫台1。


愛媛 S11志波 L1山本 C5松井 R7近藤 L10足立 C6三好 リベロ12橋田
愛媛スタメン、松山工5松山北1今治工1。

千葉習志野高 2(19-25 25-23 25-16)1 長野選抜


習志野 9松崎 5アハンガル 4原 3千住 6濱田 1篠村賢 L11小林


長野 C7塩原 R9大槻 L1柳澤 C3小林 S2渡邉 L6峯村 リベロ12瀧野
長野スタメン、峯村くん(長野日大)以外は創造学園。

埼玉選抜 2(25-14 26-24)0 山形選抜


埼玉 L2池田 S3伊藤 C5雷 L10徳永 R1林 C8小島 リベロ12岩根
埼玉スタメン、埼玉栄4深谷2坂戸西1。


山形 L9高子 R5佐藤 C1石山 L4笹原 S8小松 C11高橋 リベロ12加藤
山形スタメン、山形中央3日大山形2山形南1米沢中央1。

広島選抜 2(22-25 31-29 25-17)1 鹿児島選抜


広島 S6古本 L5勝岡 C4谷本 R12鳥越 L1藤井 C2田中 リベロ7井上
広島スタメンは確か第2セットのもの、鳥越くん(神辺旭)以外は崇徳。


鹿児島 L4迫田 C3大保 R7鳥原 L1與崎 C6兒玉 S2飯沼 リベロ9平谷
鹿児島スタメンは全員鹿児島商。

兵庫選抜 2(25-15 25-21)0 東京東洋高


兵庫 S10政井 L1東田 C6中村 R5和田 L4久原 C3ロジャース リベロ12佐藤 11鎌田
兵庫スタメンは全員市立尼崎。


東京 S2関田 L1新田 C4小野寺 R5石井 L6中尾 C3小泉 リベロ7小芝 12藤井

長崎選抜 2(25-13 25-22)0 福島選抜


長崎 S12山口 C8徳永 L1冨永 R4山下 C7高山 L10平山 リベロ9福島 11今富
長崎スタメン、今富くん(鎮西学院)以外は大村工業。


福島 S2加藤 1佐々木 7佐藤郁也 R9小原 3後藤 4佐藤雄河 リベロ5浜名
福島スタメンは全員相馬。

山口宇部商高 2(25-23 25-18)0 沖縄選抜


山口 L3宋 C2西村 S6長谷川 L1藤中 C5田中 R4橋本 リベロ12伊藤


沖縄 L3具志堅 C5渡口 S4新垣輪太 L1金嶺 C7吉田 R6大濱 リベロ12新垣東麻
沖縄スタメンは全員西原。

愛知選抜 2(25-22 25-22)0 北海道選抜


愛知 S3横井 C8関谷 L1滝沢 R9山﨑 C5山内 L11石川 リベロ12川口
愛知スタメンは全員星城。


北海道 L7浅川 R9二川 C2トイード L4堤 S1小野寺 C3奥田 リベロ10山本
北海道スタメン、とわの森三愛3札幌第一3東海大四1。

遅くなって、すみません。
とりあえずスタメン。
感想は後ほど書きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

また書きかけで放置しちゃったので、簡単に。


スタメンやレポなどは下記の記事に掲載されています。


関東大学リーグ(男女1-2部最終日)


関東男子1部リーグ11日目(最終日)


10/16


A1 法政 0(16-25 22-25 19-25)3 中大


中大は、この日もやや硬いような気がしましたが、さすがに連敗はしないという堅さで。
法政は中大の強いサーブに押され気味だったので、まずはそこからでしょうか。


B1 国士 3(22-25 20-25 25-23 25-17 15-13)2 早大


早稲田が前日同様に集中力を見せて2セット連取。
負けると降格決定の国士が、そこから粘って逆転しました。
第4セット途中、七里さんの負傷交代が残念でしたが、すでに国士ペースだったので、結果としてはしかたなかったかと。
早稲田は専修の結果待ちに。


A2 専修 0(23-25 22-25 18-25)3 日体


1、2セットは競りながら日体。
第3セット終盤は、専修が切れてしまいました。
あそこであっさりいってしまうのは、リーダー不在だからでしょうか?
タイムと交代が残っていたのかどうかわからなかったのですが、ベンチも動かず、コート内もズルズルと。
最終戦でホームの日体に勝つことは難しかったと思いますが、専修は勝たなくても2セット取れば降格にはならなかったようです。


B2 筑波 0(19-25 23-25 19-25)3 慶應


ベストメンバーで臨めない筑波は、MBとOPを入れ換えたり、途中から1年生の竹澤さん宮内さんを出したり。
ムードを変えるというよりは、「試す」「使ってみる」という意味合いでしょうか。
リーグを通してベストメンバーで臨めなかった慶應ですが、取れる試合は取れたという印象。
早慶戦は悔いが残ったかもしれませんが。
MBを欠き、ブロックが厳しい試合もありましたが、この日はよく決まっていました。


A3 東海 3(25-17 25-21 25-21)0 武大


入替戦圏内に突入した武大の粘りが予想されましたが、東海が安定していました。


B3 明治 3(25-20 25-22 23-25 25-23)1 順大


リーグ終盤は4年生多めにしてきた順大でしたが、届かず。
明治はある程度安定感を取り戻して終わった感じです。


各種表彰について。
概ね予想通りでしたが……。
ブロック1位2位が2年1年というのは、上級生、もっとがんばらなきゃです。(笑)
猛打賞はとりにいくものではないけれど、1位2位が2年。
リーグを代表するエースになっちゃいました?(笑)
明治・武大あたりは、賞に縁がないですね。
古賀さんすごかったのに受賞しなかったのは、チーム成績がいまいちだったからでしょうか?
リベロ賞でもレシーブ賞でもよかったと思うけれど。
確かにチームスポーツですから……個人表彰されなくても、チームとしてキッチリ結果を出せた選手たちは、みな讃えられるべきだと思います。
逆に、個人として活躍しても、チームがいまいちだった選手は、どうしてなのかと……
上位チームの選手と目立つ選手の受賞が多いですが、その他の選手たちのプレーを、心に留めている人も少なくないと思います。
このチーム、この選手の、こんなところがよかったと、多くの人に取り上げてもらえると嬉しいです。


今季は、スーパースターが大活躍というよりは、混戦でイロイロな選手がよいところもそうでないところも(笑)見せてくれたという印象でした。
全日本インカレはどうなりますか?
関東以外の大学も、かなり楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2日間、まとめちゃいましょうか?


まず結果、運命の分かれ道で分けた順位です。


1位 東海 2位 中大 3位 日体(インカレ4シード)
4位 明治 5位 筑波 6位 慶應(インカレ8シード)
7位 順大 8位 国士
9位 武大 10位 早大(入替戦)
11位 専修 12位 法政(降格)
インカレ16シードは、9位まででしたか……


結果は関東学連のサイト に掲載されています。


各種表彰の次点も下記の記事に掲載されています。


関東1部男子 2011/10/16(最終日)


スタメンやレポなどは下記の記事に掲載されています。


関東大学リーグ(男子1部10日目)


関東1部男子10日目


10/15


A1 中央 1(21-25 22-25 25-19 21-25)3 国士


優勝がかかった中大と降格がかかった国士の対戦。
どちらにとっても負けられない試合ですが、序盤は中大が硬かったと思います。
国士が押し気味に試合を進めました。
千々木さんサーブ時の連続得点とか、国士のスパイクミス連発とか、途中何度か流れが変わる可能性もありました。
もったいないミスは、どちらのチームにもありました。
第3セットを中大が取ったときには、国士は筑波戦のように結局ひっくり返されるのかと思いました。
けれど、最後まで中大は……なんと言ったらいいのか……力が出せませんでした。
誰がということではなく、みんなが。
サーブレシーブが不安定だったり、トスが合わなかったり、1枚ブロックにシャットされたり。
自分たちのバレーを取り戻す力を、試合の中でみつけることができませんでした。
国士にとっては、本当に大きな勝利。
そして、降格争いはわからなくなりました。


B1 日体 3(25-14 23-25 20-25 25-21 15-9)2 順大


たぶん順大は、日体に対して苦手意識があるのだと思います。
それでもこの日は、第2第3と取り返して、日体ホームで勝利するかと思わせました。
でも、結局日体。
順大はツーセッターで開幕したような気がするのですが、→藤井→矢口。
これで安定するのか、また代わるのか?
日体は、しばしば試合途中で井口→渡辺、リベロは吉武さん1人で定着?
イロイロ理由はあるのでしょうけれど、今季はメンバーが代わるチームが少なくないですね。


A2 慶應 1(22-25 25-14 14-25 23-25)3 早大


翌日に対戦する国士の勝利を見て、負けられない早稲田は集中力がありました。
慶應は少しミスが多く、乗りきれない感じでした。


B2 東海 3(25-16 25-15 25-19)0 明治


中大が負けて優勝のチャンスが広がった東海も、モチベーションアップでしょう。
リーグ前半と比べると、安定したゲームができるようになりました。
明治は、ちょっと元気がなかったような。
第3セットにスタメンを代えるのは、パターン?


土曜日の第3試合は時間的に厳しいので、後ろ髪を引かれながら帰路。
筑波がベストメンバーではないようなので、もしや……という思いと、降格の可能性が高まった専修がどういう試合をするかという興味はあったのですが。


A3 筑波 2(25-18 23-25 25-21 23-25 11-15)3 法政


予感的中で、法政の初勝利でした。見たかったですね。
ストレートで勝つのはもちろんいいことですけれど、フルセットで勝てるというのは意味があることです。
今後につなげてほしいですね。
筑波は、出耒田さん抜きでも国士は振り切ったのですが、この試合はどうだったのでしょう?
2、3年生中心のチームだと思うので……


B3 武大 0(19-25 22-25 30-32)3 専修


国士の勝利で降格の可能性が出てきた専修も、負けられないということだったのでしょうか?
武大も入替戦圏内なんですけれど……今季は上位下位より相性や勢いで勝敗が決まるケースが多いのでしょうか?


「勝ちたい気持ちが強い方が勝つ」という言葉がありますが、私はキライです。
「気持ち」で勝てるものではないと思っています。
ただ、今季のような混戦では、「勝ちたい気持ち」を上手くコントロールできた方が勝利に近づけると感じました。
「気持ちが強い」だけでは、時としてマイナスに働いてしまいます。
「気持ち」をプラスの力として、プレーに乗せること。
訓練しなくてもできる人と、そうでない人がいますよね。
同じ人でも、できるときもできないときもあったり。
高校までなら「○○マジック」とかなんとか、監督が魔法をかけちゃうようなチームもありますけれど(笑)大学はやはり、選手たち自身で切り開いていくものなのでしょうね。


やっぱり長くなったので、最終日は別記事で。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そもそもこれが書きかけでした。
記憶が薄れてきているので、サラッと。(笑)


結果は関東学連のサイト に掲載されています。


スタメンやレポなどは下記の記事に掲載中されています。


関東大学リーグ9日目
1部9試合終了時点での順位(残2試合)も掲載されています。


関東1部男子9日目


A1 東海 3(25-14 25-19 25-15)0 専修


どちらも、こういう対戦はサラッと終わるタイプ?
ポイントゲッターの長友さんがベンチに下がった時点で、この試合は……という感じでした。
「さあ、次、次!」ですかね。


B1 武大 3(25-22 30-28 28-26)0 順大


競り勝てない今年の順大。
イロイロと選手が出てくるけれど、それがいいのか悪いのか……
遠目で、順大は33が出ているけれど誰だろうと思ったら、1年の廣瀬さんでした。
大きなMB多過ぎ。(笑)
武大は高志保さんが順大の高さをスルッとかわしてよかった感じ。

そしてもちろん、古賀さんのディグ。


A2 筑波 3(19-25 24-26 25-20 25-21 15-12)2 国士


とにかく勝星がほしい国士は、上位相手でも向かっていくので気持ちがいいですね。
ただ、残念ながら失速してしまいました。
勝ちを意識した感じもなくもなく、出なかったミスが出るとか。
筑波は早い段階で出耒田→田城だったと思います。
東海戦で、筑波はセッター交代しないのかなあ? と思ったら、この日は交代しました。
前日も前田→矢野があったそうです。
コンディションや調子が落ちてきたスタメンを控に代えて、持ち直した感じでしょうか?
控選手は、試合に出られて嬉しいですものね。


B2 明治 3(25-21 25-23 25-22)0 日体


これはちょっと意外。
でも、明治は日体には強いのかなあ?
上手く回っているときの明治は、スマートで隙のないバレーをしますよね。
日体は、レシーブで粘れるかどうかがカギなのでしょうか?
前日フルの影響はあったのか?
他にも負けていますから、コンスタントが難しいチームなのかも知れません。


A3 法政 1(20-25 18-25 25-18 26-28)3 慶應


法政は前日からセッター佐々木さんに戻ったそうです。
リーグ序盤よりよくなっていると思います。
慶應はMBのやりくりがたいへんだったのですが、やはり前日から山本さんが戻ったそうです。
サーブがいいコースに入ってノータッチエースという場面が、両チームありました。
どちらもいい攻撃はあるので、レシーブが安定すれば、もっと勝てるチームだと思います。


B3 中大 3(25-18 25-22 18-25 25-20)1早大


中大は強いのだけれど、ときどきかみ合わなくなるのでしょうか?
早稲田もよい選手がそろっているので、力をつけてきた感じです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から日テレG+でアジア選手権男子大会の放送ですけれど、フジテレビONEで放送中のワールドカップバレー黄金伝説 と時間がかぶってます。


もったいないですね。
うちは1つしか録画できないので。
まあ、録画しても、いつ見るのかわからないのですが。(笑)
みなさんは、どちらですか?
両方ですか?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

国体のことを書いている途中で、大学リーグの最終週になってしまったので……
大学を先に書きます。

その後、国体少年と感想と。その後、なんでしたっけ?(笑)


今週末には、天皇杯関東ブロックもありますが……
遠いから……と思っていたら、日曜はバレーじゃない用事があることが判明。
なので、観戦できません。


入替戦も予定していないので、ちょっとバタバタから抜け出せるかと思います。
次は11月の春高予選です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。