楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

録画したものを見ました。


内容は、バボちゃんネット に紹介されています。


女子中心だったので、ここでは詳しい内容を紹介しません。
知りたい方は、検索してみてください。
女子ファンの方が、ブログに書いています。


いつも思うことですが、どういう人を対象にしているのでしょうね。
女子バレーファンの方や、徳井さんファンの方は、面白いのでしょうか?
まあ、今回は真鍋さんファンは面白かったかも知れませんけれど。
ちょっとかわいかったですよね。(笑)


男子の話題は、東洋高校の柳田くん。
春高の映像、高校で撮影した映像、監督とチームメイトの一言。
ユース合宿の映像が、ほんの一瞬!
あれ撮るためだけに、合宿に撮影に行ったのでしょうか?
スタジオで川合さんが「スパイクフォームがジバに似ている」と、また同じ話。(笑)


最後にちょっとだけ「東海大黄金時代」と映像が流れましたけれど……
あれって、どういう意味? みたいな感じで。(笑)

フジが注目しているのは、柳田くんと八子さんだけってことですか?
ひとりふたりのスターやアイドルを創り出すことが、テレビのお仕事だということでしょうか?


ユース合宿を取材したのなら……
限られた時間の中で、どんな取り組みをしていたのか?
そこで見せる選手たちの真剣な表情、そっちの方が見たかったのですけれど。
もちろん、ユースの試合は、もっと見たかったけれど、イランじゃ無理ですか?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

決まりました。


東日本インカレ公式HP に掲載されています。


男子は、駒沢と墨田区に分かれるんですね。


dhalmelさんのブログ で、注目のカードが紹介されています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第8回アジアユース大会が終了し、JVAのサイト にも最終順位まで掲載されました。


世界ユースに出場できないことは残念ですが、ジュニア代表へと進む選手も多いと思いますので、今回の経験は次につながるはずです。
全選手に活躍の場面があったようなので、それは大きな財産になったことと思います。


10/1(金)~9(土)には、タイで第15回アジアジュニア男子選手権大会が開催されます。


ジュニアは大学1年中心のチームでしょうか?
大学の秋季リーグと重なるので、また日程的には厳しい大会になると思いますが、世界ユースに出場したメンバーが中心になると思いますので、経験を活かして、よいチームを作ってもらいたいと思います。
スタッフ・関係者のみなさんには、選手が力を出し切れるような環境作りをお願いしたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JVAのサイトにはまだ掲載されていないようですが……バレモバによると


日本 3(25-21 20-25 25-20 26-24)1 チャイニーズタイペイ


スタメンと戦評は、後ほど掲載予定だそうです。


最終順位
1 イラン
2 中国
3 韓国
4 インド
5 日本
6 チャイニーズタイペイ
7 タイ
8 スリランカ
9 オーストラリア
10カザフスタン


諸隈さんのブログ には下記のように書かれていました。


ユースの目標であった、
3位以内に入り来年の世界選手権出場権獲得、
優勝し8月に行われるユースオリンピックの出場権獲得といった目標を達成できなかったことは、
本当に自分の無力さを感じました。


なぜか毎回アジアユース開催地のイランはコンスタントに強いですね。
中国・韓国は年によってバラつきがあるようですが、ユースは韓国の方が強いという印象でした。
中国の好成績は久しぶりなのではないかと思います。
前回は韓国が出場していませんでした。
インドもユース・ジュニアは強いです。かなり大きいんですよね。
オーストラリアはユースは強化していないのかな?


こうして見ると、アジアは5強なのか?
今回の日本は、上位4チームには勝てなかったし、6位のチャイニーズタイペイとは競ったのですが……
第7回 は準優勝だったので、まあ5強に入れてもらってもいいかと思います。(笑)

第6回第5回 はともに5位でした。
第4回 は、国際情勢のため参加を取り止め。 
けれど、次回を考えると、さらに厳しいと思いますので、関係者のみなさんには、すぐにでも対策を考えていただきたいです。

今回のメンバーを見ると、1992年1993年に生まれた選手が選ばれています。
過去数回のメンバーを見てもわかると思いますが、2年間という狭い範囲で長身選手をそろえることは難しいというのが日本の現状です。
体格差を持ち出してもしかたないとしても、体格差があるなら、緻密なバレーをするために、それなりの練習量や場数が必要だと思います。
セッターもアタッカーも、個々の技術では他の国に負けてはいないと思いますので、大会で勝つためには何が必要か、再度検討お願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結果はこちら (PDF)。


掲載、早いですね。


今日は、twitterで書いていました。
こちらにまとめます。
後ほど、追記できたらします。(笑)


試合開始に間に合わず、着いたら、第1試合は、すぐ終わってしまいました。


駿台学園中2(25-10 25-9)0小平三


諏訪台2(25-18 25-19)0貝塚


第1セットは貝塚リードだったけれど、諏訪台はブロックがいいです。
貝塚は、1左の主将と2の二枚エース。
諏訪台は1主将と4がエース。4は打ち方とか誰かに似ている。


渕江2(25-16 25-11)0大森二


大森二のリベロがリベロベストの下で半袖をまくっていたのが印象的。何センチかなあ?


中学生? と思ったら、大竹ジュニア。


サレジオ2(25-17 25-21)0足立十一


大竹パパ発見、気づかない方が無理。
両チームともおとなしい。
サレジオ3高い。去年も出てたよね。
足立十一は、ツーセッターでした。


駿台学園中2(25-13 26-24)0諏訪台


駿台は高校みたい。


サレジオ1(25-21 26-28 21-25)2渕江


ミスとファインプレーで大熱戦!
今日初のフルでした。決勝は駿台学園中と渕江。


駿台学園中2(25-14 25-15)0渕江


1位 駿台学園中
2位 渕江
3位 諏訪台、サレジオ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

友人に教えてもらうまで、バレモバのことを忘れていました。
バレモバの方が更新が早いんでしたね。
内容は同じみたいですが。


そしてやはり、イラン を見るべきだったんですね。
でも、読めないので(笑)記録くらいしかわかりません。


http://www.volleyball.ir/images/stories/p2-8.jpg
http://www.volleyball.ir/images/stories/p2-12.jpg
http://www.volleyball.ir/images/stories/p2-16.jpg
http://www.volleyball.ir/images/stories/p2-18.jpg
http://www.volleyball.ir/images/stories/p2-25.jpg
http://www.volleyball.ir/images/stories/p2-26.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっとJVAのサイト に掲載されました。


スタメンは、ほぼ固定、ほとんど予想通りですが、セッター関田くんが多いのは意外でした。
三羽ガラスがそろってコートに立つのではないかと思いましたが、本当にそうなったんですね。

見たいなあ、見たいですよね。 (笑)


OP山田 MB鈴木 WS池田
WS柳田 MB南 S関田(久保山)
リベロ: 専田


下記の3人の名前もありました。


WS吉岡 WS細川 MB今村


インド戦は、こんな点数でした。


日本 0(23-25 21-25 23-25)3 インド


戦評には「インドの高さを誇るスパイクを止める事が出来ず」という記述があります。
インドは2mクラスなのではないかと思います。
リードする場面もあったようなので残念です。


他の試合の戦評も含めて、サーブミス、クイックミス、コンビミスというミスの記述が目立ちます。
サーブミスは、サーブで攻めなければダメだと思うので、ある程度しかたないかと思います。
コンビミスはやはり、練習期間の短さが響いているような気がします。
関田くんは度胸のあるいいセッターですけれど、3月末のジュニアオールスターではユースに入ってなかったので。


大浦監督は、昨年の世界ユースでセッターを前田くんから久保山くんに代えて、今度は久保山くんから関田くんに代えて……
久保山くんも関田くんも、いいセッターだと思いますが、どんな感じなのでしょうね。
サイドによい選手がそろっていると思うので、もう少しコンビ練習ができるとよかったのですが。
池田くんはライトからのスパイクがいいと思いましたが、OPは山田くんなんですね。
池田くんは去年の世界ユースでMBやっていたのでMBにして、サイドに細川くんを入れても面白いかも知れません。


AVCの記事はこちら
写真は日本vsインドですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日19:00~20:50放送です。


番組サイトはこちら


100回記念SP!! 新選出!!2010日本代表特集!!


だそうです。


男子は国内で大会がないから、今回も女子メイン?
もう少し詳しい内容が知りたいですよね。


生では見られないと思うので、録画予定です。
DVDの空きがギリギリ。


見てから内容や感想を書きたいと思います。


東海大、たくさん出ました。

黒鷲と大学リーグ。

見逃した方は、再放送をチェックしてください。


まだ全部見ていないので、こちらの記事を紹介させていただきます。


バボchannel#100(2010年5月18日放送)その1


バボchannel#100(2010年5月18日放送)その2

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

諸隈さんのブログ によると、インドにストレート負けだったそうです。


日本はPoolB3勝1敗の2位で、5/19にPoolA3位の中国と対戦することになります。


JVAのサイトに試合結果 が掲載されましたが、まだ5/15のカザフスタン戦までです。
点数だけでスタメンも戦評もなし。
今後、掲載されるのでしょうか?


諸隈さんは「覇気がなかった」と書いています。
ジュニアオールスタードリームマッチ1日目も、そんな印象でした。
あのときからメンバーは3人代わりましたが、主力は同じだと思うので……


ただ、ひとりひとりの選手がどうということだけでなく、チームとしての経験不足もあるのではないかと思います。
ユース合宿は7日集合で10日には出発だったそうです。
短いですよね。


練習試合はしたと思いますが、観客の前で、負けられない試合をする機会があったかというと……
ユース大会本番で、試合をしながらチームを作っていくような状況なのではないかと思います。
それでも、実力差のあるチームには勝てたのだと思いますが、力のあるチームとは……


今回のチームは、大学1年2人、高校2年2人、後の8人は高校3年です。
2人の大学生と高校3年生の多くは1992年生まれですが、日本の習慣からすると、どうしても学年が上の大学生に頼りがちになるのかも知れません。
ただ、早生まれの上級生が、必ずしもリーダーシップを発揮できるとは限らないので、学年に関わらず、チームの中心となる気持ちが必要なのではないかと思います。
これは今年に限らず、ユース・ジュニアが抱える問題です。
ユニバは卒業年で資格が判断されるので、早生まれの問題はないのですが。


今回のメンバーだと、誰がチームを盛り上げてくれるのかなあ?
難しいですね。
選抜チームで国際試合に臨むという、普段と違う場面で戦うとことで、選手たちが成長してくれることを願っています。
その場に立てることの、意味を考えて、誇りを感じて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。