楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:
昼間、何も書けなかったのは、会場に行ってたからです。
今、帰りの新幹線です。
速報サイトがあるので、試合に集中させてもらいました。(笑)
応援しているチームは負けてしまいましたが、高校バレーは楽しいです。
感想は帰ったら書きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

月パレの速報はこちら


公式の速報はこちら から。


1回戦

東亜学園(東京) 2 - 0 宇部商(山口)
弘前工(青森) 2 - 0 清風(大阪)
相馬(福島) 2 - 0 市立船橋(千葉)
佐世保南(長崎) 2 - 0 近江(滋賀)
伊良部(沖縄) 2 - 0 雄物川(秋田)
高知(高知) 2 - 0 開智(和歌山)
松山工(愛媛) 2 - 0 東海大三(長野)
山形南(山形) 2 - 0 安来(島根)
聖隷クリストファー(静岡) 2 - 0 姫路工(兵庫)
川崎橘(神奈川) 2 - 1 皇學館(三重)
東山(京都) 2 - 0 東北(宮城)


東山vs東北、伊良部vs雄物川、弘前工vs清風あたりは、どちらが勝つのかと思いましたが、1回戦はほとんどストレートでした。
意外と実力差があったのでしょうか?


2回戦

都城工(宮崎) 2 - 0 東亜学園(東京)
日本航空(山梨) 2 - 0 石川工(石川)
弘前工(青森) 2 - 0 不来方(岩手)
相馬(福島) 2 - 1 鹿児島商(鹿児島)
佐世保南(長崎) 2 - 0 添上(奈良)
埼玉栄(埼玉) 2 - 1 福井工大福井(福井)
市尼崎(兵庫) 2 - 0 霞ケ浦(茨城)
弥栄(神奈川) 2 - 0 伊良部(沖縄)
高知(高知) 2 - 0 深谷(埼玉)
大塚(大阪) 2 - 1 玉野光南(岡山)
崇徳(広島) 2 - 0 松山工(愛媛)
佐賀商(佐賀) 2 - 0 山形南(山形)
聖隷クリストファー(静岡) 2 - 0 習志野(千葉)
鎮西(熊本) 2 - 1 橘(神奈川)
東洋(東京) 2 - 0 高松工芸(香川)
東福岡(福岡) 2 - 0 東山(京都)


日本航空vs石川工、相馬vs鹿児島商、埼玉栄vs福井工大福井あたりは、実力差はなかったのかなあ? と思います。
大塚から第1セットを取った玉野光南、鎮西から第1セットを取った橘は、健闘したのではないかと思います。
弥栄vs伊良部は、専田くん・上地くんともに173のちっちゃいエース対決、弥栄の方が総合力で上回ったのだと思います。
東亜学園は、やはりちょっと決定力に欠けたかなあという気がします。
東亜学園も霞ヶ浦も、組み合わせに恵まれなかったということもありますね。
松山工もいいチームですが、崇徳はやり難かったかなあ?


1回戦・2回戦は、それほど波乱はなかったと思います。
東亜学園・深谷・東北などは、今年は厳しいという感じでしたから。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちら からです。

トーナメント表(詳細)、バレーボール、男子で。

ショック……


月刊バレーボールインターハイサイトではこちら

もう、奈良に行っちゃおうかと思って電車の時間を調べましたが、あきらめました。

今日、どちらかが負けることは決定。

どんな試合をするのか見たかったのですが。

勝てる力があるところは、しっかり勝ってほしいです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

書きかけだったような気がします。
インターハイ、始まっちゃいましたね。


各チームのスタメンは、たぶんこんな感じです。
番号のみメモしてきたので、名前や身長は、春高バレーの男子出場校一覧 ・奈良インターハイ完全ガイドを参考にして入れてみました。
大会のメンバー表がないため、間違いがあるかも知れません。ご指摘いただけると嬉しいです。


スタメン(上がネット)


弥栄 平均身長:178.8

|C②荻野3年186 SR①本間3年179 L⑤河西2年180|
|L④専田2年173 SR③菅原3年178 C⑥新垣2年177| リベロ⑫早川3年173


市立橘 平均身長:177.7

|C②板宮3年185 L⑩藤井1年182 R⑥須藤2年172|
|S①村田3年165 L③渡辺2年180 C⑪中篠1年182| リベロ⑫松尾2年163


秦野総合 平均身長:179.7

|L①関 3年185 R⑨河野3年178 C⑤伊藤3年185|
|C③柴田3年188 S②木村3年170 L⑥博田3年172| リベロ⑦峰尾2年168


岸根
|①L ⑥S ②C|
|③C ⑦R ⑤L| ⑫リベロ

岸根は、春高もインハイも出ないので、名前がわかりません。


①弥栄2(25-13 25-21)0岸根
第1試合には間に合わず。


②橘2(25-20 27-25)0秦野総合
春高予選では秦野総合、関東大会予選では橘が勝ったようなので、実力差はないのかなあと思っていました。
この試合に勝った方がインターハイ出場権を得る可能性が高い、大事な試合でした。
第1セット秦野総合は、レフトの⑥博田くん中心の攻撃。
博田くんはいいアタッカーですが172なので、ブロック2枚3枚つくと厳しいと思うのですが……
サーブレシーブは悪くないのにセンターを使いません。
秦野総合は、もっとセンターを使うチームだと思っていたのですが。
橘はまんべんなくトスが上がっていたと思いますが、ライト⑥須藤くんのスパイクがよく決まっていました。
須藤くんも172なので、ちっちゃい6番同士の打ち合いになってました。
セット中盤、須藤くんのスパイクを博田くんがレシーブしたのですが、後にそらしてしまいました。
そのボールがバスケットゴールに入りました。ナイスシュート!
ボールがバスケットゴールに当たることはときどきありますが、ナイスシュートを見たのは初めてかも。
これは橘の得点ですから、ナイスじゃないんですけれど。(笑)
セット終盤、秦野総合の①関くんが足を痛めてベンチに下がりました。
秦野総合にとってはアンラッキーでしたが、第1セットの流れはそれと関係なく橘だったような気がします。
関くんは第2セットから復帰して、いいサーブやスパイクを決めていました。
第2セットも中盤まで橘かリードしますが、20-20で秦野総合が追いつきました。
関くんのスパイクなどで22-24と秦野総合のセットポイント。
橘③渡辺くんがスパイクを決めた後、秦野総合のサーブレシーブが長く、橘に押し込まれ24-24のジュース。
ラリーから博田くんのスパイクを橘⑪中篠くんがブロックして25-24。
ラリーから橘⑩藤井くんのスパイクがアウトで25-25。
須藤くんのライト並行が決まり26-25。
秦野総合のサーブレシーブが長く、橘②板宮くんが押し込み27-25。
終盤は大接戦でした。
秦野総合のサーブレシーブは、ほとんどオーバーです。
あまり強いサーブを打つ選手がいないのでいいのかと思いますが、その割には単調な攻撃でした。
橘はほとんどアンダーでしたが、リベロ⑫松尾くんが安定していて、セッター①村田くんがスパイカーを活かしていたと思います。
1年の藤井くんはミスもありましたが、思い切りのよいスパイクを打っていました。
秦野総合は大事なところでサーブレシーブが長く、相手コートに返ってしまったことが悔やまれると思います。


③弥栄2(25-10 25-15)0秦野総合
昼食に出て、戻ったら第2セット途中、弥栄ペースで早い展開だったようです。
秦野総合は、橘に負けた直後の試合で、心身ともに厳しかったと思います。
春高予選でも弥栄相手に思うような試合ができていなかったようなので、苦手意識もあったのかなあ。
弥栄のサーブレシーブもオーバー多いけれど、秦野総合ほどではないです。


続きは後ほど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月刊バレーボールインターハイサイトの結果速報


もう、終わっている試合もあるんですね!


月バレの方がセットごとにアップされるので早いのですが、試合会場によっては、公式 の方が速報が早いこともあります。
桜井市芝運動公園総合体育館とか。


予選グループ戦


橘(神奈川) 2 - 0 岐阜工(岐阜)
開智(和歌山) 2 - 1 阿南工(徳島)
弘前工(青森) 2 - 0 名城大付(愛知)
東山(京都) 2 - 0 玉野光南(岡山)
習志野(千葉) 2 - 0 山形南(山形)
清風(大阪) 2 - 0 桐生商(群馬)
市船橋(千葉) 2 - 0 米子工(鳥取)
佐賀商(佐賀) 2 - 0 霞ヶ浦(茨城)
相馬(福島) 2 - 0 南砺総合平(富山)
崇徳(広島) 2 - 0 東北(宮城)

皇學館(三重) 2 - 1 別府鶴見丘(大分)
鎮西(熊本) 2 - 0 東海大付三(長野)
日本航空(山梨) 2 - 0 宇部商(山口)

鹿児島商(鹿児島) 2 - 1 高松工芸(香川)
聖隷クリストファー(静岡) 2 - 0 白樺学園(北海道)
伊良部(沖縄) 2 - 1 天理(奈良)
東洋(東京) 2 - 1 松山工(愛媛)
埼玉栄(埼玉) 2 - 1 高知(高知)
東亜学園(東京) 2 - 0 石川県工(石川)
大塚(大阪) 2 - 0 大同大大同(愛知)
弥栄(神奈川) 2 - 0 不来方(岩手)
佐世保南(長崎) 2 - 0 札幌一(北海道)
姫路工(兵庫) 2 - 1 安来(島根)


グループ戦の結果は、だいたい予想通りです。


霞ヶ浦が負けるとは思いませんでしたが。
東北は、大差をつけられちゃいましたが、どうしたんでしょうね。
東洋vs松山工は接戦になるのではないかと思っていました。
東洋は危なかったですね。ちょっとスロースターター気味かな?
鹿児島商vs高松工芸も、どっちが勝ってもおかしくないと思いましたが、やはり接戦になりましたね。
高松工芸は勝負弱いような気がします。


グループ戦は、終了しました。
続いて敗者復活戦です。


敗者復活戦


高松工芸(香川) 2 - 0 岐阜工(岐阜)
福井工大福井(福井) 2 - 0 足利工大付(栃木)
宇部商(山口) 2 - 0 阿南工(徳島)
霞ケ浦(茨城) 2 - 1 名城大付(愛知)
石川工(石川) 2 - 0 天理(奈良)
玉野光南(岡山) 2 - 1 南砺総合高平(富山)
松山工(愛媛) 2 - 0 大同大大同(愛知)
山形南(山形) 2 - 1 別府鶴見丘(大分)
高知(高知) 2 - 0 札幌一(北海道)
東北(宮城) 2 - 0 桐生商(群馬)
安来(島根) 2 - 0 白樺学園(北海道)
東海大三(長野) 2 - 0 米子工(鳥取)
不来方(岩手) 2 - 1 東京学館新潟(新潟)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成21年度インターハイ「2009近畿まほろば総体」


公式HPはこちら

競技記録ページはこちら から。


月刊バレーボールインターハイサイトはこちら


インターハイは、明日のグループ戦から8/1の準決勝・決勝まで1日2試合ペースで4日間。
真夏の過酷な大会ですが、どのチームも元気でよい試合ができることを願っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全日本ビーチバレー大学男女選手権大会
8月7日(金)~10日(日)
神戸市須磨海岸「須磨海水浴場特設コート」


大会要項は、こちら 。(PDF)


組み合わせは、こちら から。


ビーチはしばらく観戦していません。
たまにテレビでちょっと見るくらい。
でも、ビーチで見てみたいと思う選手って、けっこういますよね。


7/12に行われた関東大学ビーチバレー選手権大会の結果はこちら 。(PDF)
その結果、全国の出場権を得たのは以下の大学のチーム。


国士館大
桜美林大
産業能率大
早稲田大
日本大
慶應義塾大


今年は、関東1部の大学、関東予選に出場していないんですね。
なぜなんでしょう?
去年も少なかったけれど。
日程の関係?
ビーチに関心がない?


部員の多い大学もあるので、出てきてほしいですね。
ビーチは九州が強いというイメージがありますが、関東でも海に近い大学もありますし。(笑)
スタメンが出ている大学もありますが、控えでもビーチで活躍できそうな選手もいますよね。
試合に出る機会の少ない選手には、いい経験になるのでは?


同じようなこと、前にも書きましたっけ?(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

注目の若手選手というだけではなく、2人には共通点があるのです。
何だかわかりますか?


バレーボールワールドVol.6の八子千々木対談、1つ見逃せないフレーズがありました。
今193センチの千々木さんが「中学卒業する頃185センチくらいで、バレー選手としてはそんなに高くなかった」という部分です。
月刊バレー7月号のPICK UP PLAYER が柳田くんだったのですが、同じようなフレーズがありました。
「JOC杯の登録では177㎝だった」とありますが、今は185センチです。


千々木さんを初めて見たのは、高校の東西対抗だったと思います。
そのときは、いいスパイクを打つ選手という印象でしたが、大学リーグで見ていると、大きいのに守備がいいところが目につきます。
柳田くんを初めて見たのは、去年のインターハイ予選です。
スパイクが上手いと思いました。1年生だとは気づかないくらい。


千々木さんの守備力って185センチの選手のそれだし、柳田くんのスパイクテクニックって177センチの選手のそれなのだと思います。
185センチくらいだと守備のいい選手が多いし、177センチで技術がなければスパイクは決まりません。
つまり、元々大きくなかったけれど、後から大きくなったという選手が、大きい割りに上手いんですよね。
他にもいたと思いますが、誰だったかなあ?


千々木さんはともかく、「バレー選手としてはそんなに高くない」185の柳田くんがなんでそんなに注目されるの?
と、全日本ファン・プレミアファンの方は思いますよね。
月刊バレー8月号の越川柳田対談にもあるように、高校2年の柳田くんは、まだ身長伸びるのではないかと思います。
とりあえず、高校・大学では185あればOKです。


柳田くんは、最高到達点325とか330とかになっているので数字の上では、そんなに高くないですよね。
高校生でも340くらいの選手もいますから。
でも、時間差とか高いと感じます。スパイク高いっていわれます。
最高到達点近くで打っているからかなあと思います。
長身選手って、最高到達点近くで打っていないことが多いような気がします。
特に高校生とか、キャリアのない選手とか。
小さい選手は、最高到達点近くで打たないと勝負できませんから、常にそこで打つ努力をしていると思います。
やっぱり、小さい選手の技術を持っているのでしょうね。


でも、柳田くんのスパイクの魅力は、高さでもパワーでもないと思います。
春高のテレビ放送で解説の前田健さんが、柳田くんは上体のバランスがいいから、イロイロなスパイクが打てるというような話をしていました。
他の選手にも見てほしいと。


雑誌でクローズアップされると、アイドル的なイメージになりがちですが、柳田くんはスパイクで魅せる選手です。
それに、柳田くんのプレーには「バレーが大好き」という気持ちが見えるんですよね。
バレーをやっている人にも、バレー好きな人にも、ぜひ見てもらいたい選手です。
奈良インターハイ、勝ち進んで、多くの人に見てもらえたらいいなあと思っています。


千々木さんは、ユニバ出場。
途中交代で活躍した試合もあったようです。
東西インカレに出るのかな?
私は見に行かれないので、秋季リーグで。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「東海大の清水さん」といえば、今は清水邦広さんを思い浮かべる人が多いと思いますので「東海大四の清水さん」といった方がいいでしょうか?


東海大四が一番強かったときのエース清水克彦さん。
鎮西高校の監督になったんですね。


月刊バレー別冊の奈良インターハイ完全ガイドと同じ写真を、インターハイ速報サイトのこちら でも見ることができます。


なんだか、びっくりしたような、しないような。(笑)
チームメイトだった成田さんが鎮西女子の監督をしているのですから、縁がないこともないのですが。
東海大四→東海大→富士フィルムと、清水さんの活躍をご存知の方も多いと思います。
鎮西でどんなチームを作るのか、楽しみですね。


放送中の春高決勝プレイバックにも、17回18回と出ていましたね。

まだ、ちょっとしか見ていないのですが。


でも、大学の選手としては、このあたりの方々が懐かしかったり。(笑)


山形南の佐藤裕恒監督(東海大)
桐生市商の遠藤真佐美監督(順大)
深谷高の小林旭監督(筑波大)
市立船橋の石井利広監督(法政大)
石川県工の大塚正則監督(日体大)
岐阜工の宮浦英夫監督(順大)


監督としての活躍は、まだ見ていない人もいるのですが、お変わりないでしょうか?(笑)
奈良インターハイ、近づいてきました。
観戦される方は、監督さんにも注目して(笑)感想など聞かせていただけると嬉しいです。


高校の話ですが、テーマはオールドにしました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ほとんど女子でしたが……


越川さんの記者会見


NECブルーロケッツファン感謝祭


が放送されました。


7/29 3:00から再放送があるようなので、見逃した方は確認してみてください。


「OB対ブルーロケッツ」や選手・OBのインタビューが見られます。
インタビューは、竹内さん・細川さん・前田さん・金子さん・三上さん……だったかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。