楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

まだまだ先と思っていたOQTが始まります。


ここに照準を合わせられなかったということなのかも知れないと思った。
一番いい状態を、ここに持ってこられなかったこと……


昨年、全日本に選ばれた頃のインタビュー記事だったか、正確な言葉は覚えていないのだけれど。
小さいから、すぐに結果を出さなければ外すというようなことを言われたと。
他の選手にもそんなこと言ってましたっけ?


小さい選手は調子が悪ければ外される。
大きい選手は故障や不調があっても待ってもらえる。
そういうことなんでしょうか?


小さいとか大きいとかじゃなくて、どうしても必要かどうか、そういう言葉に置き換えて欲しい。
「どうしても必要な選手」と監督に言わせたい。
なんて、私が言うことじゃないけれど。
気持ちを切り替えるためにも、ちょっとボヤいてみました。(笑)


全日本インカレから、ずっと走り続けでしたか?
立ち止まったとき、見えてくる風景もありますから。
今まで全日本でやってきたことが無駄になることはないですから。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

予想はできたメンバーなんだけれど、どうにも、どよ~んとした気持ちになってしまう。
富松さんいないの、やっぱりショックです。


このOQTのポイントはブロックだと思っていたのになあ。
キャロル選手とかムン・ソンミン選手とか止めないと、彼らに気持ちよく決められては、日本がスパイク決めても勝てないんじゃないかと不安になります。
富松さんに止めて欲しかった。


どっちのセッターとも合っていないという噂で、心配はしていたのですが……
大学4年でスパイク賞を取った、あのときのクイックをまた見たいのに、何が違っているのでしょうか?


レシーブ力をつけた柴田さんも見たかったのですが、他に代えられる選手はいないんですよね。
サイドの層が厚くなったと喜ぶべきか、何人いても不安が拭い去れないと考えてしまうか……


選ばれた12人は、最高のバレーを見せてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

話題になっている福澤さん。


経験がないとか早すぎるみたいに言う人もいますが、私は遅すぎるのでは? と思います。
昨年、WC前の合宿で福澤さんを見て、植田監督も「失敗した」と思ったのでは?
何を失敗したのかって? もっと早くWLなんかで使っておけばよかったと。
結局、経験不足ということで12人に入れられなかったけれど、もったいなかったと思ったからこそ、清水さんと2人だけの合宿をやったんですよね。


スポーツナビのコラム にも取り上げられています。
誰が全日本のフェリッペになるのか?
多くのファンは越川さんと思うのでしょうけれど……
福澤さん、狙っているみたいです。(笑)
OQTには完成しないと思うけれど、まだその先がありますから、期待しましょう。


メンバー表 の写真もそろっていました。
撮ったばっかり? なんか表情が不思議。スナップ写真という感じ。


中垣内2世とか話題になる選手がいるけれど(笑)私が一番近いかな? と、思ったのは福澤さん。
それから、中垣内さんと加藤さんの間くらいのタイプかなあ? と、思ったり。
という話は、ずいぶん前にどこかに書いたような気がします。
そう思ったのは、福澤さんが高校3年のときか、大学1年のときか……


春高でベスト8くらいでしたっけ?
それでも全日本と言われて。
でも、大学生になるとメディアに登場しないから「なんで?」と思う人が多いんでしょうね。
大学バレーファンとしては「当然」なんですけれどね。
メディアに出ていない、それが問題ですよね。


大学の試合でテレビ放送があるのは全日本インカレくらいなのですが、なぜか中大は全日本インカレでコケ易くて。(笑)
考えてみれば、福澤さんは中大に入ってから3年間、ベスト4に残ってないですね。
テレビ放送は準決勝からなのに。
オマケに、翌年の黒鷲出場権も全日本インカレベスト4。
関東以外のファンも「福澤が見たい」と思っているのに実現せず。


書き始めると長くなる。(笑)
続きは後ほど。

AD
いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がこのブログを書き始めたのは、2005ユニバチームの練習見学に行った頃からです。

このときのユニバチームはステキでした。(笑)


スタメンは、
S:阿部(東海→東レ)OP:柴田(筑波→東レ)WS:北島(筑波→堺)谷村(中大→パナソニック)
MB:枩田(東海→パナソニック)石島(筑波→堺)L:酒井(東海→JT)。


控が、
S:山内(東海→FC東京)MB:鈴木(東海→NEC)WS:小川(順大→JT)金子(東海→NEC)富松(東海→東レ)


石島さんは筑波でWSに転向したばかりで、ユニバではMBでした。
富松さんはまだWSで、ユニバから帰ってMBに転向しました。


この選手たちがシニアの全日本でも活躍してくれるのだと思っていました。
今、Vリーグで活躍している選手がほとんどですが。


今年、全日本の19人が選ばれたとき、柴田・酒井・北島・谷村・石島・富松の6人が入っていました。
今、14人に残っているのは、柴田・石島・富松の3人だけです。
残っているメンバーもボーダーライン上との噂。


なぜなんだろう?
イロイロな思いが頭に浮かんできますが……
阿部さんも枩田さんも候補に入っているべき選手だと思うのですが。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベリーロールな日々のこの記事 のコメントを読んでからイロイロ考えていて、コメントもさせてもらったのですが、なんだかスッキリしなくて。


確かに「身体能力で劣る」という言葉に甘えてはいけないのだと思います。
でも……


昨日の女子の試合、日本vsセルビアを途中から見たのですが……
やはり「日本はセルビアと比べて、身体能力で劣る」ように見えます。
日本が高さやパワーで劣っている理由は、長身選手の育成に失敗しているとか、トレーニングに問題があるとか、そういうことなんでしょうか?
それもあるとは思いますが、人種的先天的特性というのは、小さくないように思えます。


他競技で世界を相手に活躍する日本人が少なくないことは事実です。
でも、それってほとんどが個人競技ですよね。
個人競技なら、1人の天才でもいいのです。
その1人の天才にあこがれて、2、3人の天才が出てくればもう、「日本は強い」ということになります。(笑)


前にも紹介したかもしれない昔話ですが、前回OQTの男子監督田中幹保さんの全盛期に「幹保が5人いれば勝てる」と言った人がいました。
当時リベロ制ではなかったので、セッター以外全員田中幹保というチームですね。(笑)

幹保さんはオールラウンドではなく大砲と言われた選手ですから、実際にはセンターやレシーブする選手がいないと勝てるわけではないのですが、そう言いたくなるくらい、幹保さん1人突出していました。
現実的には「幹保が2人いれば勝てる」という方が正しいと思います。
まだ、バックアタックも定着していない時代ですから、エースが下がると得点力が落ちてしまったんですね。
20代前半からおよそ10年間全日本のエースを務めた幹保さんは、ミュンヘン金メダルの大古・横田以上と言われながら、全日本では勝ちに恵まれない悲運のエースでした。


能力の高い選手が同時代に何人も現れないと勝てないところが、集団競技のツライところですね。
少なくとも「日本は国民の平均的身体能力で劣る」のではないかと思います。
数少ない身体能力の高い子どもを、多くの競技で取り合っているのでは?
頭数をそろえなくてはならない集団競技はキビシイです。
野球・サッカーと比べても、「長身で」という条件が加わるバレーとバスケは、さらにキビシイ。


それでも諦めるわけにはいきません。
まだまだできることはあるのですから。
がんばれ、ニッポン!(笑)


紹介した記事のコメントは、主に女子バレーの現状についての話なんでしょうね。
女子と男子では、イロイロ違うので。
その辺については、また後ほど。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

素子さんのブログによると、14時から男子12名発表の会見が行われるそうです。


でも、特番はないんですよね。(笑)
やっぱり男子は、そーゆー扱い。
夜のスポーツニュースで発表?


男子が始まるので、イロイロとチャックしなきゃ。(笑)


JVA


フジテレビ


TBS


スポーツナビ のメンバー表は、いまだに写真のない選手が。
12人が決まってから、ちゃんとしてくれるんでしょうか?
入らなかった選手の写真を探す手間を省くため?(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女子は決定、男子は?
考えると不安がいっぱい!(笑)
とにかく、故障者が……


なんて考えると暗くなるだけなので、ここはもう開き直って。
石島さんの代わりがいないなんて、そんな考えはやめちゃいましょう。


代わりがいないのは、津曲さんと宇佐美さんくらいのもので。
リベロは、植田全日本が他のリベロを育ててこなかったからしかたないのです。
セッターも、今は宇佐美さんに代わるセッターはいないですね。
これも、育ててこなかったからと言えば、そうなんですけれど。


でも、アタッカーは、いないことないじゃないですか?
WCのメンバーを基本にした方が、コンビの面では楽ですが、新メンバーも悪くないかも知れません。
オーストラリアも韓国も、WCとは違うメンバーでしょう。
日本も同じメンバーで同じバレーをするより、いいかも知れません。


問題は宇佐美さんと新メンバーがどうかということですね。
キーマンは宇佐美さんだと思います。
一番状態のいいアタッカーを、宇佐美さんが上手く使ってくれること、それが勝利への道ではないかと。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

発売日に買ったのですが、ほとんど読んでませんでした。
やっと読み始めて……

女子のOQTが始まっているので、今月は女子の記事も読んでいます。


柳本×吉原対談と、植田×中垣内対談。
この、違いすぎ加減、どう考えたらいいのか……
柳本監督は、こういうところでちゃんと話ができる人ですよね。
ベンチでは、たいしたこと言ってなくても。(笑)


植田×中垣内は企画ミスじゃないですか?
この雰囲気は何? すっごくよそよそしいの。監督と解説者というスタンス? それにしても……
(WC前だったか、他誌の対談植田×真鍋はくだけ過ぎでしたけれど、面白かったですね。)


いきなり故障者の話で、暗~いスタート。
もちろん大事な話だし、ファンも知りたいけれど、ここで「もうダメかあ」と思ってしまう人もいるのでは?(笑)
中垣内さんが石島さんの故障について「所属チーム側が見極められなかったことは非常に申し訳ないと思っています」と言っているけれど、これは今後の課題としても残るのでは?
植田監督が越川vs福澤、荻野vs北島みたいにいっているけれど、石島vs誰? それを考えていなかったことが問題かも。


中垣内さんが岩田さんについて「ただあの小ささをどう考えるか。ブロックはまったく期待できないですからね。」と言っているのも気になりました。
確かに岩田さんは朝長さんより小さいけれど、高さと言う点では、それほど変わらないのでは?
メンバー表によると、宇佐美-10=朝長-10=岩田という感じでしょうか?
実感としては朝長vs岩田より、宇佐美vs朝長の方が差があるように感じます。
千葉さんが外れて、石島さんが故障で、朝長さんには確実に残ってもらわないと堺的に困るのでしょうけれど。
まあ、セッターはもう確定していますね。


女子は柳本監督が初戦のポーランドにこだわって、作戦通り勝ったけれど、男子は……
試合順について中垣内さんが「戦っている側は正直、どうでもかまわないと思う。」といい、「ガイチの言うとおり。僕は今回については何が得なのか、損なのかは考えずに協会に任せました。」と植田監督。
ええーっ!? それでいいの?
最終戦がアルジェリアというのが、なんとも不思議。


大会のポイントは「力は持っているから、短期決戦の中でどれだけ勢いをつけていくか」ですって?
戦術的な話は全然なし。
日本側の作戦はマル秘としても、オーストラリアや韓国とどう戦うのか、そういう話があってもいいと思うのだけれど。
本当に思い切りやるだけなんてこと、ないですよね?(笑)


4/29の取材なので、今とはかなり状況が違いそう。
写真とかなくてもいいから、もっとギリギリに取材して欲しかったですね。
で、なんで焼肉屋で取材したの?


栗原×荒木×木村は、面白かったです。
内容がないようで、あるようで。(笑)
荒木さん、こーゆーの読むとかわいいですね。
東レは明るい雰囲気なのかなあ?
自分のこと「サオリ」って言うの、許せるキャラだから可?(笑)


山本×越川は、特にこれと言ってないんですけれど(笑)石島さんが間に合わなければ、2人に掛かってくるのかなあ?


荻野×清水読んで、荻野さんのやる気はいいんだけれど、なんか荻野さん頼りになりそうで、不安。
荻野さん頼りでも、勝てればまあ、よくはなくても悪くはないとして、それで負けたら何にも残らないかも。
他の11人は「荻野さんを頼りにしている」というのは口だけで、心の中では「俺がやる」と思っていてくださいね。(笑)


選手紹介のページ
福澤さんのところに「強靭な体力はバレーボール以外でもオリンピックを目指せるといわれている。」とありました。
私も思っていました。
そんな福澤さん、バレーで行けなかったら他に転向しちゃうかも。
それは大きな損失ですからね。(笑)


松平さんの対談は「日本バレーの名将」ということで、元藤商監督黒田先生と元弘前工監督春藤先生。
古川さんの恩師、三橋さんの恩師ということで有名な両先生ですが……
古川さん・三橋さんの高校時代の写真もあります。
プレーも見た目も高校生とは思えない三橋さん。(笑)
古川さんはモンチッチ。(笑)
インタビューを受けているのは1つ上のセッター上原さんで、隣が古川さんです。


大学のページは新人特集。
今年の新人は思ったよりいいですね。
関東以外の選手も早くみたいです。


テクニック直伝は、高校生編。
東亜学園のブロック、星城のコンビ、岸根の体作り。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

中央学院3-2亜細亜


中央学院
S:渡邉(本庄一④182) MB:植村(藤沢翔陵④197),山形(雄物川②190)
WS:手塚(日大山形②191),秋山(霞ヶ浦②183),小林(東農三②185) L:橘(松山工②173)


亜細亜
S:高橋(深谷④180) MB:鎌田(岸根②180),福永(東洋①192)
WS:大上(高松工芸④175),李(日本航空④197),金子(前橋商②184) L:相澤((清水市商②172)


中央学院は先週と同じでしたが、亜細亜はMB1人代わっていました。岩橋(東洋③188)→鎌田(岸根②180)
途中、WSも1人交代。(前橋商②184)→西田(宮崎工②178)


亜細亜が2セット取ってから、3セット取られました。
うーん、ミスが多くなってきたからかなあ?


エース手塚さん、李さんの打ち合いになるのかと思いましたが、手塚さんの打数が少ないようでした。
調子がよくないのかな?
秋山さん・大上さんが目立ってました。
キャプテンの大上さん、175でプログラムではリベロになっていますが、ブロック2枚ついてもよく決めていました。


リベロは橘さんが上ですね。やっぱり上手い。


センターに入った鎌田さん、180でガッチリしていて、とてもセンターには見えない体型。(笑)
力強いクイックが、初めの方は決まっていたんだけれど、だんだん決まらなくなって……


負けはしましたが、スパイク賞・ベストスコアラー賞・サーブ賞の李豊さん、2部の大エースといったところでしょうか。
4年生ですから、卒業後も注目ですね。


国際武道1-3明治


国際武道
S:内山(東洋③183) MB:小橋口(鹿児島玉龍④186),橋本(大井②197)
WS:外山(小樽工③184),中村(岡谷工③182),吉田(岡谷工②193) L:山本(橘④170)


明治
S:深町(福岡大大濠④175) MB:山田(五所川原工③191),田辺(東亜学園②188)
WS:渡辺(下田南③188),廣本(崇徳③183),関(岡谷工②185) L:芳賀(岡谷工②168)


国際武道、明治ともに、先週と同じメンバー。


前の週の観戦も同じカードでした。

大人のチームと若者のチームの対戦という印象。(笑)


3-2→3-1ですが、2チームの差が開いたという感じはしませんでした。

武大はどのセットも元気がよく、よくレシーブしていました。
ラリーは武大の方が取っていたのではないかと思うくらいです。


それでも勝てないのは、ブロックかなあ?
平均身長は武大の方が高いのですが、止まりません。(笑)
明治は、ブロック賞の田辺さんがいるし、ブロックがそろっているようで。
武大は、かなりザルかも……大きいのにザルって、東海大と同じ?(笑)
ここを改善すれば、1部でもかなりやれそうだと思うのですが。


明治は上手いチームというイメージですが、サイドは3人ともパワーヒッターでもありますね。
安定しています。につきるかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。