楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

JVAのトップページ にユニバの写真でました!

みなさん、見に行ってくださいね。

ホントは大会前にトップページに出して欲しかったなあ。

出場選手のファンでもユニバに行ったこと知らなかった人、いるみたいなんで……

雑誌とか読まないんでしょうかねえ。

買わないとしても、立ち読みもしないのかなあ。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、買い物のついでに大型書店をのぞいたら、平積みにされた本の表紙に東海大の青ユニを見つけました。

東海大部長成田明彦氏の「確実に勝てる!バレーボール」でした。

表紙の写真は金子さんです。

この本はネットで見て、金子さんが表紙だということは知っていたのですが、手にとってびっくり!

表紙だけでなく中も金子さんの写真、金子さんの写真、金子さんの写真……(笑)

プレーの連続写真など写真を多用している本のようですが、それが全部金子さんみたいでした。

東海大の他の選手もちょっとは写っていたと思いますけど。

連れがいたので、よくは見られなかったし、買ってもこなかったのですが、やっぱり買っちゃおうかな?

このことを全国の金子さんファン(笑)は知っているのでしょうか?

知らないファンがいたら、教えてあげてくださいね。

それにしても、こういう本を平積みにしてくれるなんて、いい本屋だなあ。

でなきゃ、気づきませんでしたもの。

楽天ブックス にもYahoo!ブックス にも、表紙の写真が載ってます。

積山監督が書いた本なら、躊躇なく買っちゃうんですけどね。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アジア選手権が近づいて、最終的なメンバーが気になるところですね。
ユニバ組からは北島さん・柴田さんの2人が登録メンバーに入ってます。
北島さんはWLでも出ているので、今回は柴田さんの活躍が見たいところですが、サーブレシーブを考えると北島さんなのかな?
柴田さんと松永さんは、一緒にコートに立つという可能性が少ないのかな? とも思います。
植田監督としては勝ちに行くメンバーを選ぶのでしょうけれど、「うーん」って考えちゃいます。
ユニバチームと比べて魅力がないと思えるのは、阿部さん・酒井さんがいないせいでしょうか?
それって、私が東海大ファンだから?
東海大ファンでなくても、2人は全日本に必要な選手だって思ってくれますよね。(笑)
グラチャンでは、2人のプレーが見られることを願ってます。
植田監督、ユニバのビデオ見たのかなあ? 見て欲しいですよね。私も見たい!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

北川さんのブログ で高校男子のレベルの低下について語られています。
ファンの間でもレベルが低下していると言う人は多いのですが、私は否定してきました。
でも、北川さんに言われると辛いなあ。(笑)
確かに高校のバレー部数は減少しているでしょうし、長身選手の活躍が少なくなったような気がします。
でも、トップクラスの技術レベルは低下しているわけではないと思うのです。

普通のバレーファンにとって、高校バレーを見る機会は少ないと思うのですが、ここ数年の春高決勝を思い出してみてください。


2005年、深谷vs東北、八子くんの1年とは思えないプレー、篠村くんのブロック、東北のスピードのあるバレー。
2004年、佐世保南vs東北、佐世保南の選手はみんな上手かった、解説の中垣内さんが全日本以上と言っていた(笑)つなぎ、東北は一年生も上手かったです。
2003年、岡谷工vs鎮西、岡谷のリードブロック対岡本くんのトスワーク、両チームとも上手かったです。
2002年、東北vs岡谷工、富松くん・三上くん対越川くん、力のあるスパイカーの打ち合い。

決勝だけでなく、多くの試合で好ゲーム、有望選手が見られます。


それで、北川さんがレベル低下と感じられた原因を考えてみました。

、新チームになったばかりのチームが多かったのではないかということ。高校生の場合、春高予選から春高大会までの間にも上手くなるくらいですから、これからに期待してあげてください。

、今年の3年はレベルがいまいちなこと。(3年が出ていた場合)去年の福澤くん、清水くん、岡本くんほどの注目選手はいないようです。

、大都市圏でレベルが低下していると思われること。今年のインターハイは埼玉が強かったのですが、ここ数年強いと感じるのは、東北・岡谷工・九州勢です。東京・大阪のレベルは明らかに低下していると思います。東海地区もそれに次ぐ大都市圏なので、同様の傾向があるのでは?


人口の多い大都市圏でのレベル低下は重大な問題と思いますが、九州のように人口がそれほど多くない地区でも、中学から強化に力を入れることによって、成果を上げている例もあります。
危機感を持ちながらも失望せず、強化していって欲しいです。


東京の高校バレーのレベルが高かったのは、東亜や東洋が全国優勝した頃ですね。
それから学校としては全国で上位進出できませんでしたが、川合さん・春田さんの代も個人レベルは高かったです。
神奈川に熊田さん・長谷部さんがいて、関東大会はスゴかったですよ。
昔話でした。(笑)


先日、ビデオを整理していたら、線の入った古いビデオに春高が録画されていました。
細川さんが1年のときの東亜もあって、細川さんは全然目だってませんでした。
セッター奥田さんがブロック連発してチームを引っ張ってました。
森本さん(神辺旭→早大→サントリー)もエースでがんばっていました。
一回戦のせいもあるのか、みんなあまり上手くなかったですよ。(笑)
でも、昔は一回戦から男子の放送あったんですね。今は女子ばっかりです。


高校バレー、私の記憶の中でスゴイ! と感じているのは、古川さんがいたときの藤商と小糸さん・西村さんがいたときの花園です。
成田さん・清水さん・南さんの東海大四も圧倒的な強さだったような……


今の大学1年・3年は、いい選手が揃っていると思います。
北川さんも、ファンのみなさんも、大学バレーを見に行きましょう。
それから来年の春高も、みんな打倒深谷で燃えていると思いますよ。(笑)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
関東学連携帯掲示板を見ていたら、秋季リーグ第1週9/10・11が会場未定になったとか、佐倉市民体育館が駒澤大学に変更になったと聞いたとかいう書き込みがありました。
関東学連HP を見に行ったら、本当に駒澤大学体育館に変更になってました。
私は佐倉市民体育館は遠いからと、別の予定を入れちゃいました。
駒澤大学なら行ってもよかったかな?(笑)
まあ第1週は上位と下位の対戦が多いので、接戦は少ないかも知れません。
でも、ご贔屓の選手がいる方は、行きますよね。

第1日目、一番注目のカードは第1試合順大vs早稲田、第2日目も第1試合中央大vs早稲田と思います。
この勝敗で早稲田が上位リーグに残れるかどうかが決まるといっても過言ではないです。
早稲田およびファンのみなさんは、開幕早々、気が抜けませんね。
9/17の第3日目は東海大vs早稲田です。
この日は見に行く予定です。

秋季リーグ観戦された方は、レポ・感想などコメントしていただけると嬉しいです。
大学バレーを見たことがないという方は、ぜひ行ってみてください。
面白いですよ。はまったら、抜けられないかも。(笑)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本 2 (25-21 25-23 12-25 14-25 13-15) 3 トルコ
というスコアを見て、第4セットにメンバーを替えた方がよかったのではないかと思いました。
けれど、戦評を読んで、特に誰が悪かったというわけでもなく取られたという印象を受けました。
こういうときって、メンバーチェンジ難しいですよね。
もともとこのチームが目指していたバレーは「常時4人がスパイクに参加する高速のコンビバレーを駆使できるチーム」なのですが、練習期間が短いこともあって、結果的にはスーパーエース柴田さんを中心としたバレーになっていたように思えます。
ほとんどの試合で、柴田さんの決定数が多いです。かなり乗っていたのではないかと思います。
香港戦に限って控え選手を出していますが、ミスによる失点が多かったので、やはり練習不足かと思います。
セッター対角に金子さんを入れたコンビバレーも、もっと使って欲しかったけど、金子さんの調子もいまひとつだったのかな? 故障かな?
それにトルコのサーブが、かなり強力だったようです。
それほどキャリアのない選手でも、体格・体力さえあれば短期間の練習でも強いサーブを打てるようになるのではないかと思います。
トルコチームは平均身長198平均体重91キロ、ロシア並みの体格でした。
日本は平均190/83、一番下の方ですね。(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は堅苦しいことを書いてしまいましたが……

「ユニバもたフルセット負けか」「トルコなんかに負けて」「アウェイで勝てないのは精神力がないから」などと簡単に思わないで欲しいのです。

確かに他国に比べシニアの選手が多く、勝って当然のメンバーかも知れません。

けれど相手はキャリアがないとはいえ、平均で195から198あるチームがほとんどです。

身長だけでなく、日本人より手が長く肩幅が広い選手たちです。

日本で唯一の2メートル選手枩田さんが予選で負傷し、日本はますます低くなってしまいました。

レギュラーセッターの阿部さんも故障のため、十分な練習ができませんでした。

このチームが思い描いていたバレーが100パーセントできたわけではないと思います。

ともすれば、金メダルという目標をあきらめてしまいかねないような状況だったかも知れません。

それでもこのチームは、最後まで目標に向かって戦ってくれました。


試合を見ることはできませんでしたが、戦評を読んでチームワークの力を感じました。

もっと時間があれば、もっと強くなれる、すばらしいチームになれる、そう思うと残念です。

柴田さんや北島さんや谷村さんが、東海大のような速い平行を打って、時間差を決めて。

そういうバレーが見たかったな。

たぶん、そこまでの時間はなかったと思うのです。

大学生たちには、次のユニバでそんなバレーを見せて欲しいです。

二年後もこのスタッフだったらいいのになあ。(笑)

社会人の選手たちには、全日本の中心になってもらいたいですね。

本当は、このチームで北京を目指して欲しいくらい。(笑)

もちろん、他の選手は入れないってことじゃないんだけど、このチームのよさが、そのまま全日本に活かせたらいいですよね。

2005ユニバは終わってしまったけれど、私の中ではまだまだ消えそうにないです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トルコに2-3で負けました。銀メダルです。

結果を知ったときは、「どうして?」という思いで一杯でした。

一夜明けて、悔しいことには変わりないけれど、それだけトルコが力を入れていたのだと思いました。

ユニバは大学生のオリンピックと言われるけれど、日本の国体に似た側面もあると感じました。

オリンピックは開催地はもちろん、参加国はどこも力を入れてきます。

世界№1を決めるために。

ユニバや国体は開催地と他の参加チームでは、力の入れ方に大きな違いがあります。

今回のトルコ、前回の韓国と、続けて開催地が優勝しています。

日本も神戸ユニバで優勝しました。このときは、日本もかなり力を入れていました。

(福岡ユニバはどうだったのか、ご存知の方いましたら、教えてください)

今回のユニバチーム、選手もスタッフも本当にがんばったと思います。

心から拍手を贈ります。

でも、トルコに勝って優勝するためには、Vリーグや大学の試合を犠牲にしても強化しなくてはならなかったのかも知れません。

そう思うのはNLPでの練習を見学したからかも……

昨年のOQTの前の黒鷲には全日本候補選手は出場しませんでした。

ユニバでそこまですることは、所属チームが許さないかも知れません。

協会も考えないでしょう。

でも、今の男子バレーで金メダルを狙えるのは、ユニバだけなのではないでしょうか?

男子バレー界全体で、ユニバの位置づけをもっと考えてもらえたらと思います。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

LALALAK3(バレ-ボール盛り上げ隊)  の、トルコマメ知識見てください。


スタメンはこんな感じでしょうか?


2 KOC Huseyiin 197 1979 S
14 AYVAZOGLU Can 190 1979 L
3 TOCOGLU Ahmet 201 1980 C 
18 CAYIR Ali Alp 196 1981(4 GUC Volkan 202 1980) R
7 TANKI Sinan Cem 198 1980 L
8 HAYIRLI Ozkan 201 1984 C
5 SAHIN Nuri 198 1980 リベロ


たぶん2番がセッターだと思うんだけど、自信ないです。他のポジションも。


トルコに負けたイタリアはこんな感じでした。


1 MORO 200 1982 R
13 PERAZZOLO 195 1984 L
2 GUARISE 200 1983 C
5 TIBERTY 185 1980 S
4 MORSUT 200 1980 L
12 CRICCA 198 1981 C
6 BARI 185 1980 リベロ


トルコよりイタリアの方が強いのかと思いましたが、やっぱり地元ですね。

力の入り方、入れ方が違うんじゃないでしょうか?

日本チームが実力を出し切れることを願ってます。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。