1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Sun, August 04, 2013

Ohio Penitentiary 511 Ensemble "hard Luck Soul"

テーマ:ジャズ
$灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
Ohio Penitentiary 511 Ensemble "hard Luck Soul"

アレイスター・クロウリーなみに常人の何倍ものドラッグを喰らいこみ、酩酊状態で意識を失いながらも何とか録音を終えたというチャーリー・パーカーの伝説のラバーマン・セッションを思い出せば何となく想像はつくのだが、ジャズと刑務所は親和性が高い。

適当に思い出すだけでも、ヤク欲しさに強盗を働くようなやばいひとながら、末期がんに侵されてから、なおその演奏の輝きを増すというちょっと普通ではない天才のスタン・ゲッツや、30代から50代までの約30年間を麻薬のために刑務所と病院で過ごしながらも60前になって唐突に復活し、ビバップ・モンスターとして数多の録音を残したフランク・モーガン、かのマイルスやエバンスだって相当にはまっていたとかいうし、例のアート・ペッパーも麻薬で長いブランクがあいてるわで、とにもかくにもジャズメンというのは麻薬が大好きなのである。

となると、刑務所のなかにバンドを組めるくらいジャズメンがいてもおかしくないのだが、そんな刑務所ジャズの最高傑作として長いこと語り継がれてきた作品が、このオハイオ州立刑務所のジャズバンド、Ohio Penitentiary 511 Ensembleなのだ。

ノースカロライナにて"The Outer Limits"なるどこかで聞いたような名前のバンドを率いていたレイナード・バーサが、親友のソニー・ロリンズの甥っ子と仲良くムショ入りするところからこの話ははじまる。ちなみに彼らがなぜ刑務所に入ることになったかは明らかになっていないし、刑務所バンドを続ける上でいろいろな苦難があったというのだが、それも詳しくは書かれていない。

内容はファンク、スピリチュアル、ジャズ・ロックを呑み込んだ、一聴、驚愕のジャズ。たまたま刑務所を訪問していたオハイオ州立大学ののバンドが彼らのあまりの熱気と力量に驚き、録音の手はずを整えたというくらいだから、中身のすごさも想像がつく。

ギターとパーカッション、ピアノが延々と繰り返す快感のリフに乗せ、ローガン・ロリンズとバーサのソロがバシバシと決まりまくる一曲目で完全にヤラれると、捨て曲なしの30分をあっという間に過ごすことになる。

不思議とローカルで活動しているバンドには共通する雰囲気があり、そのよい意味での泥臭さや熱気、思い切った編曲、構成などになぜだかやたらと魅力を感じてしまう。念頭に置いているのは、The Frank Derrick Total ExperienceやHorace Tapscott with the Pan-Afrikan Peoples Arkestraなんだが、わかるひとなら頷いてくれるに違いない。

この刑務所バンドの録音は残念ながらこれのみで、全曲のアレンジを担当したロリンズもつまらないトラブルでギャングに射殺され、もはやこの世にはいない。なんとも伝説には事欠かない一枚である。

しかしさまざまなエピソードを抜きにして、刑務所のなかで溜め込んだ鬱憤をはらさんというのか、これは本当に素晴らしくグルーヴ感に満ちた演奏である。聴いたら間違いなく元気になり、ひとにお勧めしたくなる。ジャケ裏のメンバーたちのいかにも囚人然とした悪い顔も必見である。

★★★★☆





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, June 22, 2012

Woody Shaw, Complete Columbia Albums Collection 

テーマ:ジャズ
“Stepping Stones”の未発表曲が1時間も収められている!
───────────────────────────────────────────
$灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
Complete Columbia Albums Collection

ウディ・ショウのコロンビア時代のアルバムを集めたボックスセットだが、そんなことはどうでもいい。

あのヴィレッジヴァンガードでのライブの未発表曲が1時間近く入っている! あのアルバムをひとたび聴いたものなら、これだけで即座に買うことを決意するはずだ、決意しなくてはおかしい。

録音状況は素晴らしいのひとこと。演奏もすばらしい。何もかもがすばらしい。感動で震えながら聴いている。

以下、ヴィレッジヴァンガードのボーナスが入っている3枚目の内容だけを記載しておく。

1.It All Comes Back To You 10:14
2.Watership Down 13:48
3.Solar 16:20
4.On Green Dolphin Street 16:01
5.Days Of Wine And Roses 13:40


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, June 16, 2011

Charles Rouse, Two Is One:このspiritual funkはやばい

テーマ:ジャズ
$灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
Two Is One

なんでラウズがStrata-Eastなんだよと思ったが、これが驚愕のspiritual funk。

ラウズ独特の訥々としたサックスが、強力無比なリズムセクションをバックにうねるんだが、こんなにラウズは黒かったのか! と叫ばざるをえない横揺れ感。変拍子、ポリリズム、やりたい放題にやりまくる、これは間違いなくドラッグ。

ラウズっていうと、セロニアス・モンクのバンドでもごもご吹いてたいまいちなテナーという印象だったが、垢抜けなさ、黒さが素晴らしいアーシーなテナーだと訂正することにした。

プレミアが半端ないが、これはどうにかして手元に置いときたい。


1.Bitchin'
2.Hopscotch
3.In a Funky Way
4.Two Is One
5.In His Presence Searching
George Davis (g) Paul Metzke (g) Azzedin Weston (conga) David Lee (ds) Martin Rivera (b) Calo Scott (vc) Charles Rouse (ts) Airto Moreira (perc) Stanley Clark (b)
Rec 1974
★★★★★
にほんブログ村 トラコミュ ジャズ、JAZZへ
ジャズ、JAZZ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。