Sun, September 07, 2014

松本昭夫『精神病棟の二十年―付・分裂病の治癒史』 (新潮文庫)

テーマ:人文・社会科学

松本明夫
精神病棟の二十年―付・分裂病の治癒史 (新潮文庫)

アマチュア詩人である作者が、40代半ばにして統合失調症である自身の病歴を振り返る回想録。

作者は独善的で自己愛が強く、とても好感がもてそうにない人物であることが行間からヒシヒシと伝わってくる。

統合失調症の内面を描いたものとしても、フロイトやヤスパースなどたまたま知った知識をこねくりまわすだけで、何ら伝わってくるものがない。

このことについて、病気が作用しているのかもしれないと書いているweb書評があったが、これは統合失調症というよりも、作者の性格の偏りがもたらしたものだと思われる。

もちろん断言はできないが、統合失調症がこのようなものだと理解されるのは危険極まりない。その点で、本書は統合失調症について参照すべきものとはとてもいえないのだ。

ただし昭和30年代から40年代にかけての精神病患者をめぐる状況について、患者の側から書いた書籍は極めて珍しい。

たとえば、インシュリンショック療法、ロボトミーなど、現在ではありえないことが行われていた精神病棟の姿は実に興味深い。

ただししきりに作者がその恐怖を描写する電気けいれん療法については、現在では再評価と発達が進み、有効な治療の一つとして認められつつあるので、誤解しないように留意したい。

全体的にみて、鼻持ちならない似非インテリの独演会に付き合わされたという感が否めない。それでもさすがに詩人だけあり、読みやすいことは確かだ。

日本における精神病治療史に興味があるひとならば、有用であるといえる。

★★☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mothra-flightさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。