Sun, August 11, 2013

浜尾四郎『博士邸の怪事件』(春陽文庫)

テーマ:ミステリ
$灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
博士邸の怪事件 (春陽文庫)

乱歩により、代表作『殺人鬼』をドイルの平明なる文章を以って、ヴァン・ダイン流の長編を書くと激賞された浜尾だが、その諸作品を読めばこれが過褒であることは瞭然だろう。

邪推すれば、

元帝大総長の養嗣子で、子爵という肩書をもっていられる現職の検事を探偵小説文壇にひっぱりこむということは、探偵小説に対する一般の認識を昂めるためにも有効なのではないか


という『新青年』の編集長でもあった横溝正史の回想が、浜尾への評価の甘さの原因を物語っているようにも思える。

私事だが、博士課程在籍中、日本における探偵小説への蔑視の様相を探りながら、1960年台になぜ松本清張がバカ売れしたのか、また1980年台になぜ横溝正史ブームが発生したのかを考察した論文を執筆したのはよき思い出であるw

さて、本書は1931年=昭和6年にラジオドラマとして放映されたものを出版したものである。

ある歴史学の博士がラジオ講演のために外出中、留守番中の妻女が絞殺される。

奇妙なのは、19時過ぎに彼女からの電話を受け会話をしているにもかかわらず、その死亡推定時刻が13時近辺であるということだ。

俄然、博士への疑いが濃くなるなか、彼女の前科持ちの前夫が現れ、奇しくも娘と同日に死んだという彼女の母親が遺した莫大な財産をめぐる、怪しい駆け引きの様相が明らかになるといったところで、ラジオドラマらしく、さして混み入ったものではない。

中心となるのは、いうまでもなく死亡推定時刻のズレであり、これをいかにして処理するのかという興味で読み進めていくのだが、これが驚愕の肩透かし。

先の乱歩の評言を俟つまでもなく、和製ヴァン・ダインとして今も名高い浜尾だが、皮肉にも彼が本格のルールとして提唱した「ヴァン・ダインの二十則」に思い切り反しているのである。

もちろん、ノックスやヴァン・ダインのそれを破ろうと、作品の魅力に寄与していれば何ら問題はないのだが、本書の場合、いかにも苦し紛れの取って付けたような破戒ぶりなのだ。

しかも名探偵藤枝にもさして精彩がなく、全体的に何とも低調な作品である。よほどの好事家以外、読む必要はないと思われる。

ちなみに併載されている短編「不幸な人達」は、実は浜尾が短編向きの作家であることをよく示している佳品である。

★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mothra-flightさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。